9月終了アニメの評価 1 「少年突破バシン、うみものがたり」

  • 2009/10/10(土) 17:51:02

というわけで今期も
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの
企画に参加。

今回は
「バトルスピリッツ 少年突破バシン」と
「うみものがたり」の2作品。

ちなみにこの前頂いた、前回の参加者へのお礼と
お誘いコメントの返事についてはあちらのブログに
書かせて頂いた。
ご丁寧にどうもありがとうございますー。



●バトルスピリッツ 少年突破バシン

ストーリー…5
なんせカードゲームに全く興味のない俺を、
今でも興味がない俺を、プリキュアの前にやってるから
たまたま見たとき以来、最後まで見続けさせたのだから
5点と評価せざるをえない。
最高とまでは言わないにせよ、最終回まで大きな不満なし。


キャラクター性…4
主人公であるバシンら子供たちは子供らしく考え、
大人はそれよりも少し年齢の高い考えで動く。
要するに、子供向け番組だからといって
子供のみをターゲットにしなかった。
その辺が魅力に繋がっていたんじゃないだろうか。


画…3
アニメで使われるCGは違和感バリバリで
手抜き以外の何者でもない、という主義の俺としては
カードのモンスターたちが全てCGで描かれているのは
非常に気に入らないが、絵はまあ普通だったと思う。


演出…3
CGだからどうということもなく、普通だった。
全然関係ないけど、このアニメって間に入るCMが
全部一分なんだよね。
短くて良かったです。


音楽…4
作中でアイドルという設定のキャラにEDを歌わせていて、
音楽方面に力を入れているのがよく分かる。
曲も悪くない。
OPの及川光博の曲も良かった。


総合的な評価…4
実は今でも何でこのアニメが面白かったのか
良くわかっていない。
飛び抜けて話が良かったというわけでも、
物凄くキャラに魅力があったわけでもなかったと思う。
でも面白かったんだよね。
なんで楽しみにしてたんだっけなー。

そういえば、カードゲームは運が大きく絡むらしく、
主人公とその仲間がしょっちゅう負けるのが驚きだった。
作中でも運は奇跡の力という扱いだった。
うーん、この辺かな?
この辺が、Bパートでバトルが始まって主人公が勝って終わり、
みたいな予定調和を崩していたのかもしれない。

まあ、でもあれだな。
話もキャラも確実に平均以上を行ってたんだと思う。
だからカードに興味のない俺でも最後まで楽しめたんだろう。


今気付いたけど、俺がここまで褒めるのって
ゲームやドラマも含めても珍しいな。
辛口カッコイイとかじゃなくて
思ったことを書いてるだけなんだけど。
ひょっとしてあれか、見る目がないってことか(笑)。


予想外に面白い作品でした。

総合点…23点





●うみものがたり

ストーリー…1
最初から最後までとにかく退屈だった。

ヒロインの……えーとだれだっけ。
名前もろくに覚えてないんですけども。

ああカノンね、夏音。
夏音は幼い頃から邪悪だと周囲から敬遠されてて、
そんな夏音の内面を描いていくのかなと
一瞬思わせつつそんなことはなかったし、
マリンはマリンでセドナの影響によって純白だった心に
邪悪が宿っちゃって、これである意味人間らしく
描かれるのかなと思ったらただ悪口をズケズケ言う
性格の悪いキャラになっちゃったしで、
おい佐藤順一、お前一体何がしたかったんだよ!
と言いたくなった。

これだけ中身がないと後はなんとなくの雰囲気しか
残っておらず、じゃあせいぜい女にでも受けを狙うのかと
思いきや、なんといきなりおっぱいを揺らし始めた。
だから佐藤順一、お前一体何がしたかったんだよ!

戦闘がつまらないのは全てのバトルヒロインアニメに
言えることだろうからいちいち減点しない。
もし面白くできたら革命が起きるんじゃないでしょうかね?
なんで誰もやらないの?
待ってる人多いと思うんですが。


キャラクター性…2
魅力のあるキャラ…ですか。
いない、なあ。
強いて言うならいつも不機嫌そうな顔をしている
ウリンがちょっと可愛かったくらいか。


画…4
絵は綺麗だったと思う。
これは良かったんじゃないですかね。


演出…1
もう本当に淡々と進んでいってね。
戦闘中でも穏やかな曲が流れるもんだから
盛り上がりもなく本当に退屈でね。
でも眠くはならないんだよね。
惰性で見てる苦痛を地味に感じてるから(笑)。


音楽…3
記憶に残る曲はないけど悪くはなかったんじゃないか、なあ。
多分。
ただやっぱりどうしても同じ系統の曲ばっかりだから
聞いてて楽しくなることはない。


総合的な評価…1
いや、ダメでしょう。
話も面白くないしキャラにも魅力がないんじゃあ
良い評価のしようがない。

このアニメのスタッフは過去に「ARIA」というアニメを作ってて、
見たことはないけど3期も製作されてるんだから
おそらく良くできたアニメなんだと思う。
そのスタッフでなぜ「うみものがたり」がこんな出来に
なるのか不思議でしょうがない。

ちょっと考えてみたら、たしか「ARIA」には原作があった。
原作の漫画があるから、アニメ版の出来がいいんだろう。
もちろん俺は原作も読んだことはないけど、
作者の天野こずえは「浪漫倶楽部」で知っている。
あれは結構好きだったなあ。
ヒットが出て良かった良かった。

話を戻すと、まあこのスタッフにオリジナルで
勝負する力量はなかったんだろうと、
そんなとこだろうか。


最初の印象通り、最後まで退屈なアニメでした。

総合点…12点





次はハルヒ、そして最後はバスカッシュを書く予定。
ちなみにバトルスピリッツの最終回を見たときの記事はここから

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する