バスカッシュ! 最終回

  • 2009/10/05(月) 01:21:46

おっぱいバスケ最終回。
最後なんで懐かしい出だしにしてみた。


う~~~~~~~ん。
いや~~~。

それにしても……。


ダメだったね(笑)。


前回あんだけ盛り上げて終わったのに
まさかまさか、その勢いを全く持ち込めないとはなあ。

あの展開なら普通に試合やってドッカーンみたいな
王道的流れで終わると思ったのに。

ろくに試合もさせないとは。


まあダンだけを伝説にしないでみんなが伝説…って
言い方をするとなんだか歪んだ平等主義みたいで
気持ち悪いな(笑)。

バスカッシュに関わる全ての人間で伝説を創り上げるのは
予想外だったし、大きく映る影に伝説の巨人を重ねたり、
コートが壊れたところからバスケという競技、そして何より
このアニメの原点であるストリートバスケを始める展開は
良かったと思う。

あとハリスが月を砕くつもりで撃った弾が
大きな役目を果たしてたところとかね。


ただ…っていうかむしろせいぜい、
最終回で良かったのってその辺だけなのがねー。

あとはもうこれまで来たもの全部
放り投げたわけじゃないですか。

結局ハリスが月を憎む理由は不明のまま。

ダンを巡る恋愛模様もココとルージュが挨拶したとはいえ
どうにもすっきりしない。
ダンとミユキを一時的に接近させたのはなんだったのか。

ミユキとソーイチは「まだやれることがある!」とか言って
タワーみたいな場所に行ったけど、推測はできても
何を悟って何をやっていたか直接のシーンはなかったはず。

アンダーグラウンドの殺し屋はなんだったんだ。

王宮に忍び込んだガンツたちは避難民の誘導をしただけ。

忘れ去られたおっぱい要素。

そして番組も終盤になったところで
突如始まったエクリップスインフォメーション。

どれもこれもがぶっ放されたまま帰ってこなかった。

とりあえず最後に主人公出しとけばまとまったように
見えるだろうとか、そんなん無理ですから!

ココが立ったところで「ああ忘れてなかったのね」
ぐらいにしか思わなかったよ。


たしかに俺もOPにならってその手でぶち壊すぐらいのものを
見せて欲しいと言ったが、作品の完成をぶち壊してどうする(笑)。

まるで全く関わってない脚本家に最終回前の展開・設定を
いきなり見せて「さあ、ここから終わらせてみてください」って
言って話を書かせたような、そんな最終回だった。

全26話って決まってたんだろ?
でもこれじゃあ39話、52話のつもりだったようにすら見える。
それを強引に切り張りした、みたいな。

まさかこんな空中分解した終わり方をするとはなあ。



結局こうなってしまったのは、作品のコンセプトである
「ジグザグにパスされるストーリー」が原因だったのでは
ないかと思う。

だって意味わかんないもの!

予測不能な展開とかジャンル分け不可能な内容とか
要求してることが抽象的なくせにハイレベル。

多分「要するになんでもありですね」って答えたら
すんごい怒られるんだろうなー。

こんなのを成立させようと思ったらまずエンターテイメントとして
とんでもなく面白くないといけないだろう。

でもそんなの無理に決まってるから
こうして支離滅裂な内容になってしまった。

一番責任が重いのはこんなコンセプトを言い出した奴だな。

現場にゃどうしようもないと思うよ。
俺は素人だし内部事情なんて全然わからないけど。



ということで、このような結果に終わったバスカッシュ。

色んなものを放り投げられたけどなんか最後は盛り上がった、
みたいな最終回になると思ってたのにまさか最後が
楽しめないとはなあ。

番組の終わりにプロジェクトは続くとか出てたけど
評判に関わらず続けざるをえないのが本音だろう。

こんな低い位置で着地するとは思いもよらなかった。
残念な出来だった。


ああ今日やってた憑神見たかったなあ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する