任侠ヘルパー 9話

  • 2009/09/04(金) 17:49:23

いや、なかなか面白かったですよね。
なんかフォローから入ってますけど(笑)。

いやでも、面白かったと思います。


夏夫は前回の入院で終わりかと思ってたら
看取り介護をされるという立場で再登場しました。

そういえば前回はタイヨウに入所してる老人を
看取るところから始まってました。
なるほど、ここまでで一つの話だったんですね。

肺炎にかかっても医者が特に何もしなかったところを見ると
それの処置も延命に入るってことなんでしょうか。

原始的というとなんだかイメージ悪いですけど
これが自然に任せるってことなんでしょう…ね?
よくわかんないです。

まあでも、家族はいなくても多くの人に囲まれて、
歌まで歌ってもらって旅立てたんなら
あの場で悲しみの涙は流さないと思います。

意識があった頃に書いた感謝のメッセージは
素直な気持ちでしょう。

少なくとも、悲しいだけの最期じゃなかったのは
間違いないと思います。



そしてもうひとつの見所、
彦一達がりこと三樹矢を救出しに行くシーン。
四人のヤクザが暴れ回りました。

頭突きが得意な彦一の立ち回り、
頑丈さと力で相手をねじ伏せる二本橋、
小さな武器で敵を倒していくもののいまいち地味な五郎、
お笑い役に徹したインテリヤクザ・六車。

六車なにやってんですか(笑)。

なんですあの掴みかかってきた相手の背中を
ぺしぺし叩く攻撃は。
あの連携プレーをしているようで実は彦一まかせの
動きは、あの階段の上がり方は。

インテリだから意外に格闘技の知識だけは
豊富かと思ったら完全に見た目どおりでした。
いや、見た目以下ですよ(笑)。

絶対に視聴者人気が上がったことでしょう。

今回の影の主役でした。



とまあ、今回も面白かったは面白かったんですけど、
どうでしょう、正直期待していたほどでも…という気も
しないでもないような気もしました。

意味わかんなくなっちゃってますが。

もうちょっと時間をかけるというか、何か欲しかったというか。

ただ、自分が運動しながら見ててドラマに
集中できなかったせいかもという可能性も
なくはないです、はい。

……次回からは何もしないで見ることにしましょう。



今回のラストで、彦一達の暴れっぷりを収めた写真が
タイヨウに送られ、羽鳥はついに自分の子供のことも
分からなくなってしまいました。

急展開ですね。

個人的には羽鳥がどんな姿を晒すのかが気になります。
次回予告じゃ結構なことになってました。

涼太も受け入れたしこれ以上羽鳥のことで
盛り上がることはないのかもと思ってましたが、
今まで介護する側の立場にいた羽鳥が介護される側に
立つのは、心理を描く上で非常に深いものに
なるのかもしれませんね。

それでは、人参嫌いの彦一のためにカレーに人参を入れない
りこを温かい目で見つつ、次回を待つとしましょう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する