FRAGILE(フラジール)をプレイ 10

  • 2009/09/07(月) 19:45:57

いよいよ終盤ということでね、
もう少しで終わるわけですけれども。

えー……、始めるか。



●共同溝

クロシェットうぜええええええ!!!!!!!

ここで全部揃うんだけど、最近はちょっと歩くと
続きが落ちてて読むのが面倒くせええええええ!!!!!

長いんだよ一つ一つが!
ラノベ作家かなんかが書いたか知らんが
もっとなんとかしろよ!

大体記憶アイテムなんてプレイの合間に読むもんだろ!
クロシェットは話が長いからプレイできなくて
イライラすんだよ!!
プレイ中断させんじゃねえよ!!!

もっと場所を散らしておけよ開発者!
読むばっかりになって面倒くせえんだよ!
配分考えろ配分!
クロシェットの話も山場だからとか思ってたのか馬鹿めが!

なんだよこのクロシェット地獄!
これじゃ感動も切なさもねえよ!
猫なんだろねって思ってたし!

ああーストレスだった!
もういい!
もう結構だ!

二度と読みたくない!


…ふう、はあ。



●研究所

グラスケイジの実験が行われていたのだろう。
触媒となる子供たちの部屋がある。

新聞記事にはグラスケイジ失敗の文字が見える。
中枢神経に障害、睡眠後に心停止。
北米大陸からの通信が完全に途絶、か。

ちょっと待てよ。
新聞があるってことは社会はちゃんと機能してたって
ことになるんじゃないのか?
記事を書く人間、印刷する人間、配達する人間、
かなりの人数が生き残ってないとそれどころじゃないだろ?
きっと開発者が何も考えずに記事にして謎を明かすって
スタイルにしたからだろうな。

レンの部屋に入った。
今更だけど、こんなところに焚き火が
あるのっておかしいよな。

隣の部屋からマジックミラーで
様子が見られる作りになっている。
つまりレンのあんなところやこんなところが
見放題というわけでエッヘッヘッヘッヘ。

…まあ、もう覗く人間も残ってやしないけどね。

ああでも、隣の部屋ってクラゲの敵が一杯いたな。
生前、さんざん覗いた連中だったりして。
あくまで実験体として。

ここから特別な部屋が続いた。
入っている間ダメージを受け続ける部屋と、
モーションセンサーとやらに感知されると敵が出てくる部屋。

モーションセンサー部屋は面倒だったなあ。
リモコンのポインターを画面から外して動かなければ
いいんだけど、本当にちょっとでも動くとやり直しになる。

くぐり抜けた先には、前にモニターで見たレンの入ってる機械と
全体的に白い男…シンがいた。

いろいろな謎が明かされると思われたが、
やっぱり言葉って回りくどいよねとの結論に達し、
あっさり戦闘に入った。

攻撃の後などに勝手に苦しみ始めることがあるので
そこを攻撃して倒した。
神経質そうな奴だからなあ。

どこかへ消えたシンはひとまず置いておき、レンを解放する。
この機械に入るとしばらく目が見えなくなるらしい。
セトは自分の名を名乗ると、レンと手を繋ぐ。
こいつう、やりやがって!




と、いきなりだが今回はここまで。
次でクリアの予定。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する