FRAGILE(フラジール)をプレイ 8

  • 2009/09/03(木) 17:31:36

ゲームをあっさり終わらせようとしたつもりが
長くなってるように、プレイ日記までもが長くなってる。

ううーん…もうそろそろ終わりそうだからまあいいか。



●ダム

記憶アイテムに不自然な空欄があるので
攻略サイトを見たら、2つほど取り逃していた。
ええー。
すっごい隅々まで見ながらプレイしてきたのに。

試しに戻ってみようとしたものの、
巨大モグラの死骸が邪魔をして戻れなかった。
仕方なく一番古いデータで記憶の内容だけ確認。
コンプリートは無理でも話を見られればいいや。
記憶アイテムは確かに見落としがちなところにあった。

新しいデータに戻り、話を進める。
そういえば新聞記事があった。
結晶型コンピュータで人類を超えるAIが誕生したとか。
それより、「昭和三十」の文字が気になるな。
これで時代がハッキリした。
間違いない、昭和三十年代だ。
三十年代「風」の世界じゃなくて、そのまま三十年代。
何気に重大な事実じゃないだろうか。

やけに綺麗な空間に出た。
そこのモニターでレンが変な機械の中に
入れられているのを見る。
そろそろ大掛かりな機械が作動しそうだ。
イベントにより一瞬にしてダムの外まで出ると、
そこで巨大な作業機械と戦うことに。
作業機械なので攻撃はショベルとか
クレーンにつるされた鉄球とか。
これがまた妙に回避が難しく、やられてしまった。
結局普通に戦うのは諦め、回復アイテム多用による
ゴリ押しで勝利。
一応、鉄球はボス側の道路の端にくっつくことで、
ショベルは早めに攻撃を切り上げて離れれば
当たらないようだが、すまん、面倒くさかった。

倒した後、サイが人類滅亡を予言する。
オーロラが見えるのはグラスケイジが起動するからなんだと。

レンを追おうとするセトに、サイがきついことを言い出す。
完全に分かり合うことなんてできないとか、
会ったところで拒絶されるかもしれないとか。
セトはそれでも追うと言い返すが、泣いてしまった。
強い口調で「もう泣き止みなさい」と言うサイ。

お前が泣かせたんじゃねえか!

覚悟を試したのは分かるがその言い方は違うだろ。
厳しいことを言った後は優しく接するのが普通だろ。
なんで泣かされた上に叱るように泣き止めとか
言われなきゃならないんだよ!
教師役としてこの態度は失格だよ。

何考えてんだサイ。
ていうか開発者。
おかしいぞこいつ。
おそらくいい性格してないな。

たくさんの猫と、レンと会った場所から奥に進めるらしい。
サイに促されて、来た道を戻る。


あ、無線機で通信したのってここだっけ?
どうも記憶がハッキリしないんだけど、
確かこのあたりで生き残った人々が
無線機に向かって叫んでるイベントがあった。

んで、セトはしばらくその声を堪能した後、
ようやく少年の声に対してだけ返事をしたんだった。
必ず会いに行くよ、と。

おお、まだまだ多くの人間が生きてるのか。
でも生き残りの声が聞こえたら普通
誰であろうとまず返事をすると思うんだけど。
しかもみんなとにかく誰かに返事をして欲しいって
叫んでるのに、セトが返事をしたのは少年にだけ。

このあたりにセトの冷酷さが垣間見える。
こいつは平和な時代に生まれたらさぞかし立派な
独裁者となって世界を恐怖に陥れるだろう。


来た道を戻ると、モグラの死骸が消えていた。
これで最初まで戻れるようになったので、
すでに記憶は読んでいたが取り逃したアイテムを回収。
これで気持ちよく先に進めるな。
これからは攻略サイトでこまめに取り逃しを確認しよう。




今回はここまで。
そろっそろ終わりが見えそうだ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FRAGILE(フラジール) さよなら月の廃墟

FRAGILE(フラジール) さよなら月の廃墟の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「FRAGILE(フラジール) さよなら月の廃墟」へ!

  • From: FRAGILE(フラジール) さよなら月の廃墟 |
  • 2009/09/04(金) 04:04:34

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する