仰天。WiiのNEWマリオには勝手にクリアする機能を搭載。

  • 2009/06/17(水) 18:59:21

http://gs.inside-games.jp/news/191/19174.html

この記事によると、
任天堂は「New スーパーマリオブラザーズ Wii」から、
プレイヤーがゲームに詰まったらコンピューターが
自動でクリアしてくれる機能を搭載するようだ。


タイトルにも書いたが、仰天した。
ついに任天堂はこんなことまでするようになってしまったのか。

確かに、アクションゲームが苦手な人間には
何度やってもクリアできないこともあるだろう。
自分じゃクリアできないからゲームが上手い人間に
変わってもらうなんて風景は日常的にある。

だが、コンピューターがその役目を負うのは話が違う。

クイズ番組で言うなら出題者に答えてもらうようなものだ。
ミリオネアで言うならみのもんたに答えてもらうようなものだ。

それも答えるだけでなく、回答者の役割まで
みのに任せるということだぞ。


みのもんた「問題。~~で~~のは次の4つのうち、どれ?」
回答者「わからないのでヘルプ機能、みのを使います」
みのもんた「正解はBの○○です」
みのもんた「ファイナルアンサー?」
みのもんた「ファイナルアンサー」

(みのもんた、正解したような表情をする)
(みのもんた、残念そうな表情をする)
(みのもんた、沈黙)

みのもんた「せぇ~かぁ~~い!」


みたいなものだ。
ちょっと面白いじゃねえか。

だが、クイズ番組としては成立していない。


ゲームも一緒だ。

何度かミスったとしても、自分で考えて、自分で操作して、
そうしてクリアするからこそ面白いのだ。

そのために作り手ができることは、それとなくヒントを与え、
丁寧に操作を説明し、どこまでが達成感を得られる
ギリギリの難易度なのかを徹底的に探ることだろう。

面白さの根幹を抜きにした親切なんて親切ではない。
ただ媚びているだけだ。

難しいステージがあるなら別に易しめのステージを
用意するなど、やれることはいくらだってある。

任天堂はその労力すら惜しむのか。



人間だろうとコンピューターだろうと、他人に任せて
見ている間、プレイヤーはゲームを楽しんでいない。

ただハードルを下げただけで面白さを伝えないのであれば、
一時受けたとしてもすぐに飽きられるだろう。

ゲームの楽しみを否定するような機能を付けるのであれば、
それが参考となってもう一度自力でプレイしたくなるような
今までにないゲームデザインが求められる。

任天堂はそれを理解しているのだろうか。


残念ながら、俺は今の任天堂に期待できない。

つくづく作品ではなく商品を売ることにご執心な
会社になったと、改めて落胆させられた。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マリオ&ルイージRPG3!!!

「マリオ&ルイージRPG3!!!」に関連するブログを新着 10 件表示しています。

  • From: マリオ&ルイージRPG3!!! |
  • 2009/06/18(木) 05:00:54

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する