白い春 6話

  • 2009/05/20(水) 18:35:30

最初にこれまでのダイジェストがありましたね。
気分一新ってとこでしょうか。



パン屋と話してるときに、春男がポニョのことを
「さっちゃん」って言ってました。

でも自分はポニョって呼び続けます(笑)。
さすがに名前も覚えたんですけど変えません。

ポニョが自分の子とわかったことが
春男の心をいい方向へ向かわせたんですね。

真面目に仕事探しを始めた春男と
同居人の二人とのやりとりも面白かったです。

ようやく栞たちのことが好きになってきました。

そして親子で挑む試練の定番、逆上がり(笑)。

どうしても春男が素手で触ることを避けてしまうのは
ともかく、親子らしいコミュニケーションが取れたのは
良かったですね。

春男はあんまり自覚してないような感じでしたが。



今までどちらかといえば責める側だったパン屋は
今回いろいろ責められてました。

ちょうど多忙で授業参観に行けそうにないってときに
「授業参観とか行ってやってんのか」と春男に
ピンポイントなツッコミを食らったり、新しい従業員が
見つかってないのに仕事を引き受けてポニョと妹に
突っ込まれたり。

でも、春男をポニョに全く会わせないのは
フェアじゃないからという理由で春男を雇ったのは
良かったですね。

先週の予告では、ただ嫌味に自分たちが親子らしく
振舞うのを見せ付けたかっただけに見えたので。

ここでちょっとイメージアップしましたね。



このドラマの最後、まだあんまり見えてこないのは
自分だけでしょうか?

「わたしにはお父さんがふたりいます」的な終わりも
なくはないと思うんですが、ただそれだとポニョが
自分の出生に気付いちゃうんですよね。

それはまだちょっとポニョには重過ぎる気がします。

秘密を知るのはもっと大きくなってからでいいとして、
あとは春男が遠くに行く展開ですね。

まさか最後死んでしまうようなことはない…というか
やめといた方がいいと思うんですが、ただ最近見ない
デビット伊東が気になります。

今何やってるんでしょうか。
みんな忘れてる800万はやっぱりデビットの店の
開店資金になったんですかね?



まあとりあえずは次回です。

来週の白い春は、女二人がぶち切れます。

春男に姉の話を振られたパン屋の義理の妹が切れ、
実の娘と楽しく話せるようになった春男に嫉妬した
栞が自分のブログで他人の秘密を暴露します。

まあ栞の方はアップせず書いてすぐに消すでしょう。
「何やってんだろあたし」的な。

問題は白石美帆の方で、目を剥いて怒らないで下さい。

引きました。
予告の時点でドン引きです。

次回が気になりますね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する