先週と今週の雑談

  • 2018/05/29(火) 07:02:59

-6月10日・日曜午後6時19分の追記-

話題にするのを忘れてましたが、
「33rd サンリオキャラクター大賞」が始まってますね。
明日で投票は終わるんですけども。

この賞は簡単に投票できたときは参加してたんですけど、
いつしか入力項目とかがあって見るだけになって
しまいました。
それに公約もなくなり、今回も簡単な一言コメントだけに
なりましたし…。

あとですね、この賞って全部のキャラがいるわけじゃ
ないみたいですね。
というか、昔いた「シュガークリームパフ」が消えてます。
可愛くて好きだったのになんで消えたんでしょう?
残念ですよ。

でもお祭りみたいなものなので、結果が楽しみです。
上位はだいたいハローキティやマイメロディ、ぐでたま、
シナモロールあたりが来てたはずですけどね。
まあ1位は取れなくてもそのキャラクターを愛するファンの
気持ち、それが見たいし大事だと思います。

発表はまだ先ですが、楽しみに待ちたいと思います。





-6月9日・土曜午後11時43分の追記-

梅雨に入りましたね。
そして明日から台風が接近するとのことで、
ニュースだけじゃなく天候でも日本列島が
騒がしくなりそうです。

ちなみに部屋から出ない分には雨の日は好きです。
翌日のぬかるんだ地面は勘弁してもらいたいですけどね。
雨が多い国ではいちいち傘を差さないところもあるようで、
なんとなく国民性もおおらかなのかなあと思います。

さて、これからしばらくは雨が多くなることでしょうが
腐らずにいたいものですね。
ああ、そういえば部屋掃除が途中で止まってました……。
ちょうどいい機会だとポジティブに考えたいものです……。





-6月7日・木曜午前6時33分の追記-

もう7日ですか……6月が本気を出してきた気がします。
徐々に時間の流れが速くなってきてますよ。
下手に気を抜くとあっという間に過ぎ去るかもしれません。

さて……世間話ですが……また思いついたらしましょう。
ひとまず、それでは。





-6月5日・火曜午後11時56分の追記-

ゲームと漫画とアニメは三種の神器じゃないですか。
でも最近、漫画で欲しい単行本が思いつかないことに
気づいてしまいました。

なんででしょうね?
一度読めば十分と思うようになったんでしょうか。
…違う気がします。
じゃあ、面白い漫画がなくなった?
そんなはずありません。

うーん、理由がいまいち思いつかないです。
読む量が減ってることは自覚してるんですが…。
あ、「単行本を欲しいと思わなくなった」かもしれません。
うん、今のところこれが一番近いです。
面白い漫画はあるけど長期連載になると巻数も増えるし、
手が伸びにくくなってるのかもしれません。
昔は当然のこととして集めてたんですけどね。

でも決して漫画への熱が冷めたわけではありませんよ。
三種の神器はそろってこそなのです……あ。
ずいぶん前からアニメを見るのはつらくなってました。
…まあ、それはおいおいなんとかなるとして、
この話題を終えたいと思います。


-6月3日・日曜午後6時32分の追記-

ここ数日世間を驚かせた話題といえば、
「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけを演じる
矢島晶子さんの降板ですね。

理由は声を作るのが難しくなって、演技に支障が出るから
だということですが、矢島さんはまだ51歳なんですよね。
限界を感じるには早い年齢だと思うので、
その意味でも驚きました。
でも他の役なら問題ないとのことだから
他に理由があるんじゃないかみたいなことは
考えなくていいのでしょう。
個人的に矢島晶子さんといえば「THE ビッグオー」の
R・ドロシー・ウェインライトでもあるわけだし、
無理なく演じられるキャラクターで活躍していただきたい
ものです。

ちなみに主役の降板、しかも特徴的な声ということで
次の声優の演技のことで今から不安になる人がいますが、
全く問題ないと思います。
正直言って、しんのすけの声まねって
簡単みたいなんですよね。
たとえば平野綾さんなんかもそっくりの声を出してたし、
下手すると一般人が物まねするキャラクターの
代表格の可能性もあります。
だから全然気にしなくていいはずですよ。
もちろんこれは誰でもできると言ってるんじゃなく、
特にしんのすけのあの演技を考えたことは
発明に近い功績ではないでしょうか。

矢島さん演じるしんのすけが見られるのは
今月の終わりまででしたっけ?
録画する人も多いことでしょう。

では、少し早いですが、矢島さん、お疲れ様でした。





-6月2日・土曜午後7時33分の追記-

6月ですか。
早いようなそうでもないような、やっぱり早いですね。

さて世間の動向ですが、アメフトは内田前監督が
常任理事を辞めることが決まりましたね。
珍しく世論が悪を退治した形となりました。
が、その裏で財務省の役員は全員不起訴という
更なる悪が逃げ切るニュースも報じられました。
全員シロだなんて到底信じられません。
それにアメフトも、次の監督は内田のように評判よからぬ
人間が選ばれるかもしれないとのことで、
まったく気分が暗くなりますね。
世の中ろくなもんじゃありません。

これを変えられるのは国民だけですから、
なんとかこう、立ち上がる流れができて欲しいですね。
では、明日はまた別の話をしようと思います。





-31日・木曜午前0時24分の追記-

更新しないのはいけませんがあまり時間を取られるのも
良くないので、手短に書くとしましょう。

雑談雑談……ああ、アメフトの話がありました。
アメフトの連盟か何かで、内田と井上の処分が
決まりましたね。
一番重く、過去に例のない「除名」となったようです。
これで大学のアメフト界からは追放されました。

しかし世間の関心は今はそこにはないと思うんですよね。
日大の中でちゃんと処分されるか、もっと言うと常任理事の
座がどうなるかが重要だと思うんです。
ここで何もなければ内田の生活は安泰でしょうし、
日大はいよいよ腐りきった大学として印象付けられます。
ゆえに、除名という処分は思ったよりちゃんとしてましたが、
これが手打ちだと誤解しないようにしなければなりません。

ただ、一つ良かったのが、試合を録画した映像が
見つかり、内田の嘘が暴かれたことです。
内田は危険なタックルが行われた瞬間を見ていました。
インカムを落としてたなんて話もしてたようですが、
それも嘘だと判明しました。
とても良い展開ですね。
除名処分、そしてこの映像を足掛かりにもっと内田を
追い詰めて欲しいものです。
その結果、本当に内田がかかわってなかったら
それはそれで良いことでしょうからね。

この件は一歩一歩と前進してますね。
次の情報が待たれます。
ではまたお会いしましょう。

-追記終わり-





木村拓哉と工藤静香の娘が芸能界入りしましたね。
二人の次女で、芸名はKoki(コーキ)、
本名は光希(みつき)とのことですが……
いやあ、そっっっっくりですね。
木村拓哉そっくりです。

本当にびっくりしましたよ。
最初は「ふーん」って感じだったのに、
顔を見たらこんな似てるなんて。
昔見た幼少期の写真では目と眉が静香そっくり
だったんですが、あれは長女なんですね。
次女は木村そっくりですよ。
木村拓哉を女にしたらああなる、という感じで
その意味では興味深くもありますね。
逆にもし男の子だったらまさしく木村二世に
なったんでしょうけど、あの家は娘だけなんでしょうか。

でもまあ、メイク等で木村に寄せた部分はあるかも
しれないですね。
正面と横顔は木村でも、少し斜めからの写真は
別人って感じがしましたから。

あ、本人のインスタグラムに動画がありますね。
やっぱり写真と動画は違いますからね、
動画はごまかせないからちょっと見てみましょう……。
おやまあ、動画ではそこまで似てないです。
鼻や口は木村そっくりなんだけど、土台となる輪郭が
全然違います。
木村は面長なのに対して、娘は丸顔です。
これはかなり大きい。
斜めからの写真が別人に見えた理由もこれですね。
写真はやっぱり嘘をつけますからね。
目を見開いたり頬をすぼめたり小鼻に力を入れたり
唇をかんだり、そしてフォトショップで修正したり。
これらは一瞬を切るとるからできる芸当です。
でも動画はどうしようもないですからね。

とはいえ、パーツだけ見ればかなり木村ですよ。
静香に似てる部分はあまりないように見えます。
でも静香も面長なので、いったいどこで丸顔が出たか…
隔世遺伝ですかね?
動画の最後には笑顔を見えてましたが、
それだともう木村でも静香でもなく沢尻エリカに
似てましたよ。
親じゃなくすでに売れてる他人に似てるのは
マイナスでしかないんですが、遺伝とは不思議な
ものですね。

娘…Kokiはまずモデルとしてデビューするようです。
最近の二世タレントはいまいち上手くいってない状況
ですけども、どうなりますやらね。
というか木村は子供を芸能マスコミから守ってた気が
するんですけどね。
結局芸能界に入れるんですね。

まあ、とりあえずは成人して顔が固定されるのが
楽しみです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する