先週と今週の雑談

  • 2017/11/28(火) 20:04:16

-12月9日・土曜午後10時21分の追記-

明日は外出するので早く寝たほうがいいんですが、
少し更新してしまいます。

……と思ったのですが、やっぱりやめます。
予想より文章が長くなってしまい、
しかもまとめるのに時間がかかりそうです。
さくっと軽く書くつもりだったのですが。

ということで、明日以降にします。
ちなみに何の話題かというと、
「ブルゾンちえみは消えるか否か」です。


それから、拍手ありがとうございます。
拍手をいただいたゲームは残念な部分もありましたが、
零シリーズは今でも好きなのでいつかWiiUを買って
新作もやりたいなと思ってます。
そうしたらまた、プレイして感じたことを記事に書くかも
しれないですね。
それが楽しかった思い出であることを
祈るばかりでございます。





-12月8日・金曜午前7時1分の追記-

えっ今日もう金曜日ですか?
早くないですか?
早いですよね?
なんということでしょう。

さて、今日の金曜ロードショーはと……
ああ、スターウォーズ。
3週連続でやるんでしたっけ?
とてもメジャーな作品なので見といたほうがいいのは
分かってるんですが、どうしても見る気が
起きないんですよね。
昔の放送で1作目か、新シリーズの1作目を見たっきり
だと思います。
なので今回もまあ、いいですね。

では、またお会いしましょう。





-12月5日・火曜午後10時9分の追記-

今日は寒いですね。
雪が降ったところもあるんですって?
11月まではまだ去年より暖かいような感じだったのに、
12月になったとたんに寒くなったように思います。
天気も今が何月か見てその季節らしくふるまおうと
思うのかもしれませんね。

さて……じゃあ、まあ明日にでもまた追記しましょう。


-12月2日・土曜午前4時44分の追記-

ついに12月…ですか……。
もう早いという気持ちすらないですよ。
理解が追いつきません。
もう12月って、なんでこんなことに……。

さて、相撲は相変わらずいろんな情報が流れてますね。
モンゴル力士と相撲協会を責める流れと、
貴乃花親方を責める流れ。
テレビは貴乃花を責めてるらしいですが、
あまり利口という感じはしないです。

というのもやっぱり、貴乃花サイドは貴ノ岩が実際に
怪我をしていて、頭を縫った写真も公開してますからね。
それに比べモンゴルサイドは「ビール瓶で殴ったと
言ったけどやっぱりリモコンで殴ってたと言ったけど
実はワイン瓶でそれも殴ろうとしたけど手が滑って
落ちた、殴った回数も30発じゃなく15発だった」
などと言うことが二転三転しています。
おまけに、貴乃花親方が巡業に参加するなら
行きたくない、とごねたモンゴル力士は白鵬だと
判明しました。
そして、それを受け入れ、貴乃花親方を外した相撲協会。
さすがにどうしようもないと思います。

そのうえ、白鵬は他にも失点があるんですよね。
貴ノ岩を暴行した直後にナンパしていたという話も
ありますし、勝負で負けた後には土俵の上で抗議をし、
優勝インタビューでは万歳三唱や日馬富士を
土俵に戻したいと発言して……。
かつては朝青龍が、どうにもヒールというか幼稚な
性格だったため、対照的に「真面目なモンゴル力士」
というイメージで見られていたわけですが、
それは自分も含めた世間が単純に物事を
考えすぎていたのでしょう。
そもそも今回の発端は、過去の対戦で白鵬が貴ノ岩に
負け、優勝を逃したからだという見方があります。
そしてその裏にはモンゴル人同士での八百長も
絡んでいたため、余計に大きな一番だったのだと……。
日馬富士が暴行したとき、白鵬も一緒にいたのに
止められなかったのがどうにも解せませんでしたが、
それなら腑に落ちます。
白鵬こそが日馬富士に暴行を命じた可能性も、
考えられるのではないでしょうか。

こうしたことを考えると、白鵬に横綱の資格があるか、
はなはだ疑問に思います。
この品格のなさはなんなのでしょうか。
モンゴル人はそういった価値観が薄い?
あるいは「地位に溺れる」という誰にでも起こりうること?
なんであれ、白鵬には横綱としての品格がなく、
それどころか犯罪者の可能性すらはらんでいるのは
間違いないでしょう。
こうなると日馬富士一人を切って終わることでは
ないように思います。
相撲協会は白鵬と結託している、あるいは貴乃花親方を
疎んでいるため、期待できません。
一方の貴乃花親方も、警察に任せているせいか
派手な動きがありません。
捜査の終了とともに次の手があれば怖いのですが、
どうでしょうか。

今、相撲界は存亡の危機にある気がします。
これで体制側が勝ち、事件をうやむやに片づけた場合、
ひとまず罪に問われることはないのでしょうが、
国民の多くは相撲を見限るでしょう。
よって、貴乃花親方が勝利し、腐敗した相撲界に
革命を起こすことが望まれますが、もし貴乃花親方に
不手際があれば風向きが変わります。

真実を明らかにすること。
大切なものは、それだけではないでしょうか。





-29日・水曜午後7時59分の追記-

昨日、ニコニコ動画で発表があったんですね。
新しいシステムになることを、予定より遅れてることも
含めて説明したものの、大不評に終わったようです。

まあ、これは妥当な反応だったと思います。
ニコニコに求められているのは、誰でもシークできるように
すること、高画質、生放送の追い出しをなくすこと、
後は会員にならなくても動画を見られるように
することあたりでしょうか。
それが何も変わらなかったわけですから。
そしてこれらは他の動画サイトが当たり前に
できていることです。
Youtubeみたいな世界的に展開しているサイトだけでなく、
国内のabemaTVにも負けているのが痛い。

ただ、そうすると逆に気づくこともあります。
ニコニコのやってること、人気コンテンツって
大衆受けするものではないんですよね。
しかもそれらは、ユーザーが作り上げてきました。
つまり内輪的な盛り上がりで成り立っていたわけで、
広く展開することは最初から無理なのではないか、
そしてそんな狭いコミュニティで莫大な金額を
動かすことなどできないのではないでしょうか。

残念なのは、中国のニコニコ動画ファン(?)が作った
パクリサイト「bilibili動画」は好調らしいことです。
中国ってなぜあんな簡単に大金が動くのか
よく分からないんですが、あちらはニコニコより
アップロードできる動画の容量が多かったりして、
あれこそユーザーが求めていたこと、
ニコニコがやりたかったことではないでしょうか。
だったら、中国進出など、ニコニコがもっと攻めの姿勢で
展開していたら、今と全く違う状況になっていたかも
しれません。
よく分からないイベントで毎年赤字を垂れ流し、
あまつさえそれを自慢している場合ではなかった。
まあ、あの赤字に関しては税金対策という見方も
あるようですが、であればなおさら海外進出に挑んで
失敗するほうがましだったと思います。

ニコニコ動画の苦戦はこれからも続くでしょう。
復活の可能性は……あるのでしょうか。
自分は基本的に新作アニメを見ることでしか
利用してないし、生主と呼ばれる配信者に関しても
冷ややかな目で見ているため、思い入れはありません。
しかし、なんであれどんどん衰えていく姿を見るのは
気持ちいいものではありません。
せめてそれなりのところに落ち着くといいですね。

-追記終わり-




週が変わったので新しく記事を用意してまいります。
しかし……何かありましたっけね?

ああ、そういえば大相撲でまた暴行事件が
あったみたいですね。
暴行というかまあ、モンゴル出身の力士が集まる場所で、
ケンカというか、現横綱が後輩を殴ったとかなんとか。
ビール瓶で殴った後、げんこつで30発くらい殴ったなんて
当初は言われてましたが、今はどうなんでしょうか。
殴られた力士が所属するのは貴乃花親方の部屋で、
この人がいまいち何を考えてるか分からないように
報じられています。
一方で相撲協会もやっぱりなんだかよく分からず、
両陣営がマスコミを通して攻撃してる感じなんですかね?

ただ、昨日か今日のニュースで、殴られた力士が
治療した後の頭の写真が出てきましたね。
頭を何針も縫っていて、報道はともかく大怪我をしたことに
関しては事実とみて間違いないようです。
こうなると殴った横綱も厳しいんじゃないでしょうか。
ついでに協会も。

ところで、この件について少しインターネットを見て
知ったんですが、相撲というのは昔から八百長が
存在するみたいですね。
ゆえに、今回についても貴乃花親方はモンゴル人同士で
八百長の話し合いをしてるんじゃないかと疑っていて、
それを潰したい気持ちもあったのではないかという、
まあこれは膨大にある中の一意見なんですけどね。
自分がたまたま見かけただけで、
そういう流れになってるわけではないはずです。
ちなみに、当の貴乃花親方も現役時代は
やってたらしいですよ。
少なくとも兄弟対決は見るからに八百長なんだとか。
自分は詳しくないから分からないんですけどね。

話を戻して、この件はいまだ解決の道筋がつかない
状態に見えます。
貴乃花親方が話し合おうとしてないし、
それは相撲協会がもみ消そうとしたからとの声もあり…。

場合によっては大きな変革が起きそうな気配もありますが、
どうなるんでしょう?
相撲に詳しくない身としては、なあなあの形で
終わるのだけは避けてもらいたいなと思います。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する