「暴れん坊力士!!松太郎」 2話を見た。

  • 2014/04/13(日) 09:00:29

ちょっと早起きしなきゃいけなかったんで、
そのついでにこれも見ました(笑)。

今回は最初から見ましたよー。
とても眠いながらも(笑)。

前回は確かトラックを暴走させて風呂屋に突っ込み、
留置所にぶち込まれたとこで終わったんですよね。
今回はその続きということですが……
あれってギャグじゃなかったんだ(笑)。
もしかしたら次回は何事もなかったように
始まるんじゃないかと思ってたのに(笑)。
というか中学生なのに成人してるってのも本当なの!?
笑うとこなんだろうけど、中学生ってとこに
時代を感じるというか(笑)。

あ、でも時代と言えば今回を見ても
随所にそういうのを感じさせますよねー。
教師が生徒とゲームセンターに行くなんてもってのほか、だとか。
うちゲーム機いっぱいあるよ(笑)。
それどころか今もこれを書く合間にゲームやってるよ(笑)。
昔はゲームセンターは不良のたまり場ってイメージでしたもんねー。

それから、定食屋で飯を食うシーン。
壁の張り紙を見るとカレーとかの料金がなんと250円!
安いのは200円ですよ。
いやあ……時代を感じさせますねえ(笑)。
先生が連れて就職のあっせんをするのもそれっぽいし、
この、時代の違い一つだけでもこの作品に興味を持つ要素に
なってるなあと、冗談じゃなく思いましたよ。

……待った。
いえ、相撲だけにじゃなくて(笑)。
時代時代ってこの作品はいつごろを描いたものなんだろう。
父親がいないらしいとはいえ子だくさんで母親が裁縫をする
貧乏描写(笑)、木造の家屋にプスンプスンと走りそうな軽トラ、
舗装されてない路地、井戸に集まって洗濯をするおばさんたち、
どう見ても昭和初期とかその辺としか思えないんだけど……
あの頃ってゲーセンあった?
どうもそこだけ浮いてるような……あ。
もしかして改変した?
どうやら1話にも、そしてこれからもありそうな
雰囲気らしいんだよね。
時代的にも時間的に原作のまま流すには適さないシーンが(笑)。
だからもしかするとゲーセンのくだりもそうだったんじゃ
ないだろうか。
原作では「女ぁ買いにいこうぜ」だったりとか。
そんな感じですよ、たぶん(笑)。

さてそろそろ話の続きに戻りますが(笑)、
ええっと松太郎を守るためにマドンナ先生が中学校をやめて
東京に帰ったようで。
それで結果的には追いかける形で松太郎も東京へ行くんでしょうね。
でも定食屋で出会った大関、人ができてましたねー(笑)。
顔こそそうでもなくともカッコ良いですよ(笑)。
付き人を何人も従えてて……そういやあの付き人、
腕時計してやがったな(笑)。
それに妙にあか抜けてて……だめだ!
やっぱり時代が分からん!
もう知らん(笑)!

分からないことは置いといて(笑)、軽く驚いたのが2つ目の面接先。
不満を言う松太郎を見て逆に気に入るパターンかなと思ったら、
ごく普通に断られてましたね(笑)。
そしてもっと驚いたのが、松太郎のやる気のなさっぷり。
やる気はなくあれこれ注文が多いくせに楽をして大金を稼ぎたい……
これ完全に「今時の若者」像じゃないですか(笑)。
変なところで時代が重なった(笑)!
うーんなんなんでしょう、
この時代からみんなそうだったんでしょうか、
あるいは当時は「松太郎はだめだなあ」と
笑っていられたんでしょうか。
とても興味深いですね(笑)。


では、そろそろおしまいにしときましょう。
今回で良くなかったとこは、最初に面接に行った会社で
社長が松太郎を見てあわてて出て行ったシーンですね。
出て行ってから何かあるかと思いきや
どうやらそのまま断られてたらしくて、
これは分かりにくかったです。

あとOP!
デュエットか(笑)!
これも話には聞いてたけど、デュエットかあ……いやはや(笑)。
驚かされますな。

以上、3話まで書くかは本当に未定です。
見るかも未定なので、さっぱり分かりません(笑)。
それじゃ!
マツケン次回こそ声を張ってしゃべって(笑)!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暴れん坊力士!!松太郎「第2話 さらば中学校」/ブログのエントリ

暴れん坊力士!!松太郎「第2話 さらば中学校」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2014/04/13(日) 14:50:30

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する