今週の雑談

  • 2014/04/05(土) 09:00:26

どうもみなさん、久しぶりの雑談です。
というかね!
久しぶりに管理画面じゃなくブログの方を見に行ったら、
先月4つしか更新してないことに気づいたんですよ!

こりゃあまずいぜえ~。
こんなの今までなかっただろってめちゃくちゃ驚いたもんね。
去年の7月から目に見えて減ってますね本当に。
驚いたともに戦慄したね(笑)。

昔ちょっと書いたけどバトスピとかちはやふる1期とか、
それに他にもある程度書いてるけど更新してないアニメがあるんで
通常の更新が減ってるときはそういうのを更新していきたいと
思ってます。
まずは。

録画してるアニメは見ていかないといろいろ良くないから、
そこからまずは更新されると思います。
あ、でもキルラキルは今週中に最後まで更新できると思いますよ。
きっと……ああ~、どうだろう(笑)?
ごめんやっぱり遅れるかもしれない。
余計なことを思い出した(笑)。

まあでも、いよいよ危機感を抱くようになったので
これから少しずつ取り戻していきたいと思います。
それでは今はこの辺で。


-5日・土曜午前8時56分の追記-
やあどうも、僕です。
今日から確かログホライズンの再放送が始まりますが、
どうしよう、自分が見てるとこまで待って
再放送に合わせて残りを更新しようか?
それとも更新を再開すると決めたら一気に書いていった方が
いいんだろうか?
ちょっと悩ましいね~。
アニメがたまりにたまっててどこから手を付けたらいいか
迷ってる有様なんだよね、今(笑)。
一応更新してないだけで見てるのはあるんだけど……
ああそうだ、それよりまずはキルラキルだよな。
あれを更新しないことには始まらない。
とはいえたまってるやつも見ないと何かと差支える。
完全に機を逸したのは否めませんが、
まあどうせ元から読む人間なんていやしないんだ、
キルラキルは遅れた今からでも更新しよう(笑)。
そんな感じです。
ではまた!


-6日午前9時52分の追記-
昨日はよく眠れませんでした。
でもその割にはそこそこ元気です(笑)。
今日はこれから寝てみようと思います。
別に病気とかではないんですよ。
さて、今日からファイブレインの後枠にはテニスのアニメか何かが、
マギの後枠にはジャンプで連載中のハイキューが放送されますね。
両方見ません。
いえ、まあ諸事情によって原作の存在する作品や
再放送される確率のある作品は飛ばすことにしたんですよ。
でもそうなると明らかに負担が減って今から気分が良いぜ
ワッショーイ!!
うん、やっぱりね、以前拍手コメントでそう助言してくれた方が
いたんですが、距離を置くのは悪くないですね。
何もかもから解放されてリフレッシュする、
これはとても良いことだと思います。
…ああだめだ、全てをぶっぱなすことはできない。
それはできないんだった。
諸事情で(笑)。
でも気が楽になったのは事実なので、あれこれ試してみて
気持ちを上向きにしていきたいものですね。
アニメの話を書きたい気持ちがあるのも事実なんですよ。
大丈夫であります。
あと「コメントの返事」は「アニメの話をノルマに感じるストレス」
とは、文字を見比べてみても分かる通り無関係なんですね。
それに松太郎を見ても分かる通り、短く簡単に書けるアニメも
当然ストレスは感じにくいです(笑)。
4月期もいろんなアニメが始まりますが、
はたしてどれだけ楽しい作品があるのでしょうか。
話題作とかあるんでしょうかねー。
まあ見られるかどうかは別ですがね(笑)。
ではまたお会いしましょう。

ちなみに、この雑談が松太郎の上にくることを避けるため
更新日時は前回の追記のときのままにしておきます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんにちは。
コメントのお返事どうもありがとうございます。

>去年の7月から目に見えて減ってますね本当に。
やっぱり私のコメントが負担になってるのが原因ではないかと非常に危惧しております。
コメントを楽しみにしてらっしゃるとおっしゃって下さるのは、
そういう気持ちもあるけどやっぱり返事をかかなきゃと思うと気が重いのかな…と。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/04/05(土) 11:10:14
  • [編集]

 

たまたま意識があったので拍手コメントの分も含めて
珍しく早い返事です(笑)。

もちろんコメントをいただいてるわけですから
「返事を書かなきゃ」とは遅れるたびに思ってますが、
猫のしっぽさんが思われる気の重さとは違います(笑)。
むしろ「このままアニメの話を更新しないと猫のしっぽさんと
お話しできなくなる!」という方が強いです(笑)。
数日前に返事をまとめて買いたのだって
早く猫のしっぽさんのコメントが読みたいからなんですよ(笑)。
愛想を尽かされこそすれ、まさかそこまで気にされてたとは
思わなかったのでびっくりしました。

記事が減ったのはスランプもあるし、更新をノルマのように思う
心理的な面もあるし、時間がかかるがゆえにまとまった時間がないと
更新しにくい部分もあるし、その他いろいろ考えられると思います。
ログホライズンで少し持ち直したかと思ったんですが、
まだまだでした。
とはいえ何も対処してないわけではなくて、
今はその途中といったところでしょうか。
あと、更新こそしてなくても裏でちょこちょこやってることも
あったりします(笑)。

以前、長い間待たせてしまったこともあったから
あまり進んでコメントを書く気にはなれないかもしれませんが、
うん、まあ、猫のしっぽさんさえ良ければ私は、ええ(笑)。

とりあえず今は二日ろくに眠れてないので
私がこの返事を送信した直後に安眠できるよう
祈ってもらえると助かります(笑)。
「寝ないと」と意識しすぎるのがいけないんですかねえ…。
ここ数日更新できないのは、この辺が理由です(笑)。

  • 投稿者: chocobis
  • 2014/04/05(土) 15:00:57
  • [編集]

Chocobisさん、こんにちは。
その後、安眠されましたでしょうか。
体内時計が狂うと眠りづらくなりますから、規則正しい生活をして、朝は朝日を浴びるとよいですよ。

更新記事の滞りが始まったのと、私のコメントし始めたのと時期が重なるので、
ブログ運営を邪魔してるのではないかと心配してました。
またコメントしてもいいんですね?いいんですね?しちゃいますよ?

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/04/06(日) 14:04:29
  • [編集]

冬アニメについて「バディ・コンプレックス」

Chocobisさんこんにちは。
冬アニメについては、放送が終了したこともあり、書きたいタイミングを完全に逃してしまってる感もあるのですが。

「バディ・コンプレックス」
サンライズ制作のオリジナルロボットアニメ。

凝った設定とか難しい用語とかのアニメに最近疲れていたので、
用語も分かりやすいし話もシンプルだし、こういうアニメ待ってました~という感。

カップリングシステムとかカップラーとか言葉が狙いすぎという批判も多かったですが、
聞いただけでなんとなく理解できるシンプルなネーミングが私的にはグッドでした。

カップリングシステムとは、2人のロボット搭乗者の感覚を脳だけでなく全てを共有(リンク)させ、互いの戦闘能力を劇的に向上させることができるというもの。
相手の記憶や技術まで共有することにより、普通の高校生の主人公がいきなりロボット操縦できてしまうという点もうまく考えられてると思いました。

1話で主人公が70年後の世界に送られてしまい連合側として戦うことになるのですが、
その原因となったヒロインがループし続けていたのではないかという予想と伏線を回収し、
新たな謎を提示して終わりました。
分割2クールとのことですが、2期の放送時期が明かされなかった為、円盤の売れ行き次第なのかもしれませんが、続きが見たいです。

あるブログのアフリエイトで、「スラーバ ゾギリア」(勿論カタカナではないですが)と
プリントされたTシャツを見かけて笑いました(笑)
ゾギリアというのは主人公側の連合と敵対する国家の名前です。
スラーバは、ヴァルヴレイヴでいえば、「プリツンデーゲン」みたいなものでしょう(笑)

ちょっと見ただけではアニメ関連と分からないTシャツとかなら、
普通に街で着られそうな気がします。
以前も、ネルフのマークのプリントされたTシャツを着てる人を見かけて、エヴァを知らない人には普通のTシャツに見えるのだろうなと思ったものです(笑)

カップリングシステムで、2人のシンクロ率が高い状態を機械音声で「ナイスカップリング」と表現されるのが面白かったです。
各ブログでの反応は、男同士でカップリングとか表現が嫌すぎだとか、腐女子狙いだろとか、あんまりよくなかったですが。

この作品は、作り手のネームバリューで先入観を持たれたくないとのことで
割と新人に近いスタッフで作成されたと聞きました。
だからこそ、シンプルで分かりやすいある意味教科書通りな感じの作品になったのかなと思いました。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/04/06(日) 14:55:39
  • [編集]

冬アニメ「ノラガミ」について

Chocobisさんこんにちは。

「ノラガミ」
月刊少年マガジンに掲載された漫画が原作。

社を持たない無名の神の夜ト、夜トの不注意により幽体離脱しやすい体質になってしまったヒロイン、夜トの神器(神に武器として仕える霊)の雪音の3人の話。

ヒロインが幽体離脱しやすい体質を変える方法を探すというのが本来の話の方向なのでしょうが、原作も終了しておらず、1クールしかなかったので、アニメの前半は雪音が打ち解けるまでを描き、後半は原作者がキャラデザしたというアニメオリジナルキャラを登場させてアニメオリジナル展開で終わりました。

OP曲がかっこよかったです。映像も曲もグッド。冬クールナンバーワンでした。
作画もキャラデザもよかったし、ヒロインも可愛かったです。
話もまあまあ面白かったです。
夜トと対立していた女の神との因縁が何かありそうなので、
その辺までやってくれたら面白かったと思うのですが、
1クールじゃ無理との判断でオリジナルを入れたっぽいですね。(
原作未読なので、ネットで仕入れた情報から判断)

アニメ開始前に、
本屋で、1話だけ試し読みできる状態にしたあったので読みましたが、
原作の1話目はアニメではアバンで終了、しかも
原作1話に出ていた女の子はヒロインじゃなくゲストキャラだった
ことにビックリしました。どちらの子でも可愛いですけど。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/04/06(日) 15:23:29
  • [編集]

「弱虫ペダル」について

Chocobisさんこんにちは。
冬アニメというよりも前クールから続いていて
さらに次クールも続くのですが、
一応これまでの感想を。

初めは面白いと思ったのですが、続けてみていくと
首を傾げたくなるような話がちらほらと。

主人公は競技自転車は初心者ですから、入部前はしかたないとしても
入部後にきちんとした競技用の道具(靴とか、自転車に靴を固定する器具とか)を
先輩が教えてないってどういうこと?
そういうものを装備してない主人公が、している他部員といい勝負しちゃってることで
主人公の才能がすごいんだって見せたいのは分かるけど不自然じゃね?て思いました。

毎年優勝するような強豪のライバル校の話も、えっ?って思いました。
主人公の高校の今年の主将が、ライバル校の今年の主将が、
昨年のインターハイで競った際に
ライバル校の現主将(その当時は主将じゃない)の反則により
主人公の高校の現主将(その当時は主将じゃない)が落車して怪我をしたという話。
菓子折り持って謝罪に来たしそれで許しちゃうのは本人同士はいいかもしれないけれど、
インターハイでそんな反則した高校に処罰もせず、
反則した本人が翌年は主将として出てくるっていいの?
「Free!」最終回の替え玉出場と同じくらいえええっ?!て思いました。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/04/06(日) 15:46:49
  • [編集]

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」「ハンターハンター」について

Chocobisさんこんにちは。
冬アニメというより冬クールにみていたものということで一応これまでの感想を。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」デジタルリマスター

何度見ても、やっぱり最後の戦闘でみんな泣くのは止めてほしい。
何を考えてるのか言葉で表現してほしい。
特に、レイはなんで議長を撃ったのか意味不明!

デジタルリマスターということで
戦闘バンクや一部の作画は修正や追加があったようですが、
キャプ付ブログで言及されないと私には分からない程度(笑)

テレビ放送時にはなかったはずのシーンが最終回にありました。
ルナマリアとシンは宇宙に放り出されたままだったような記憶ですが、
アスランが救出に来て、最後は慰霊碑の前でシンとキラが握手ですよ。
シンの心情変化が描かれず回想シーンの羅列だけで理解しろって無理でしょ?
スペシャルエディション完結編というのがあるらしくて(私は未視聴です)
その一部をデジタルリマスター版の最後に持ってきたようです。
ラクスがプラントに戻って指導者みたいになっててイザークが側近のように従ってる映像だけ見せられても、そうなる経緯が見たかったと残念です。
キラは(プラントに戻った)ラクスとどうなるの?
アスランはカガリとメイリンのどっちを選ぶの?
という疑問にもお答えしてくれないまま終了しました。

キャラの心情や行動に理解しがたいところがあって、
やっぱりまた再放送したら視聴すると思います。


「ハンターハンター」

原作をだいぶ前に手放してしまい、未読部分にアニメも突入。
蟻編もだいぶ進んでネテロ会長と蟻の王との戦い始まっちゃったよ。
気になるのは、富樫先生が早く連載再開してくれないと
アニメが追いついてしまうということ!!

永井一郎さんが永眠されたことでキャスト交代がありましたが、
銀河万丈さんのネテロ会長は違和感ありました。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/04/06(日) 16:14:50
  • [編集]

冬アニメ「ハマトラ」について

Chocobisさんこんにちは。

「ハマトラ」
テレビアニメ・漫画を中心に展開するメディアミックス作品。
「ミニマムホルダー」と呼ばれる特殊能力者を巡るストーリー。

「DARKER THAN BLACK」+「ゲットバッカーズ」+「サイコパス」÷3
の劣化版といいたい出来でした。

「DARKER THAN BLACK」っぽいのは、ミニマムという特殊能力のあたり。
「DTB」の能力者が能力を使う度に支払う対価に比べて、
「ハマトラ」の方は能力の発動条件が緩すぎじゃね?と思ってしまいます。

「ゲットバッカーズ」っぽいのは、ダブル主人公で探偵業を営んでいるところ。

「サイコパス」っぽいのは、○○○○を○○するってところ(笑)とか、
槇島にあたるようなラスボスの側から描かれることが割と初期からあること、とか。

主人公二人の回りには魅力的なキャラがいっぱいいたのに、
設定を上手く生かせてないような話でした。
片一方の主人公の掘り下げ回がないので何を考えているのかいまいち不明。

主人公たちの友人の警視が初期にラスボスに銃殺されたシーンがあったのに、
最終回には何故か生きていて、ラスボスを銃殺し、さらに
片一方の主人公に発砲するところで終わり。全然意味分かりません。
生きていたのはミニマム能力に目覚めたとかいう理由なのかもしれないけど、
なぜ主人公に引き金を引くの?
エンドロールの後で「TO BE CONTINUED」の文字が表記されましたが、
2期の放送予定については明かされませんでした。

「TO BE CONTINUED」という表示と2期の放送予定未発表なのは、
「バディコンプレックス」と同じですが、
「バディコン」は続きを見たくなる引きだったのに対して、
「ハマトラ」はもう続きなんてどうでもいい、という感じです。
2期はおそらく観ません。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/04/06(日) 16:56:33
  • [編集]

冬アニメ「中二病でも恋がしたい!戀」について

Chocobisさんこんにちは。

「中二病でも恋がしたい!戀」
前に、京アニのキャラデザは苦手だけど、1期は面白かったという話はしたと思います。
その2期です。
1期は途中のシリアス展開が不評だったのを鑑みてなのか、
2期は日常系になってました。

1期は主人公とヒロインが恋人の契約を結ぶまでで、
2期はその後を描いたわけですが、
ハッピーエンドの後日談を延々と見せられてもつまんない…でも観ました。

付き合い始めてもなかなか進展しない二人を
回りがヤキモキしながら応援する感じ。
恋のライバルが出てきたと思ったら、勝手に自己完結してしまって
告白くらいしろよという中途半端なライバルでした(笑)
結局、最終回はキス寸前まで行きながら
携帯が鳴って寸止めで終わりました(笑)
円盤の売り上げ次第ではまだ続編を作る気満々ですね、きっと(笑)

1期では、中二病キャラ同士の戦いは画面が少し暗くなって
魔方陣やらいろんな色の光が入ってかなりカッコイイ戦闘シーンになるのですが、
その後で、中二病じゃないキャラから見ると
何もないところでホウキとモップでつつきあってるだけでした~、っていうシーンが
必ず入っていてそのギャップが超面白かったのに、
2期では中二病目線でのシーンしか入らなかったのが残念でした。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/04/06(日) 17:48:07
  • [編集]

冬アニメ「いなり、こんこん、恋いろは」について

Chocobisさんこんにちは。

「いなり、こんこん、恋いろは」
ヤングエースで連載中の漫画が原作。原作未読。

アニメだけ見てると、パッと見は少女漫画っぽいけれど、
主人公が時々する変顔の崩し方が少女漫画として許されるレベルじゃないとか、
主人公の父親がメタボ体型だとか、
主人公が片思いしてる男の子と一緒に転んだら、
主人公が男の子の体操ズボン掴んでて脱がしてしまったとか、
どうみても少女漫画じゃないところが満載でした(笑)

宇迦之御魂神(通称、うか様)の神使を助けた主人公(女)が
お礼にもらった神通力で変身できるようになったり、
友人や神々の助けを借りながら、片思いの男の子との距離を縮めていく話。

「神様始めました」「ぎんぎつね」「ノラガミ」に続いて、
神社とか神が出てくる話が最近多い印象。

でも、この作品は設定詰め込み過ぎなのが気になるところ。
神社が舞台で神様と交流ってだけでも十分な気がするのに、
主人公の変身はまるで日曜朝の女児向け魔法少女物のようだし、
その他に恋愛ものだったり、主人公のお兄さんが中二病だったり、
もっと絞ってほしかったです。

まあ普通に面白かったです。
主人公の恋の行方が気になるので、2期をやってほしいけど、
最終回で主人公が神通力を返してしまって、神様の姿が見られなくなったので、
続編は無理なのかしら。
原作の方はまだまだ続いているようなので、
アニメオリジナルの締め方の可能性もありますね。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/04/06(日) 19:06:37
  • [編集]

冬アニメ「鬼灯の冷徹」について

Chocobisさんこんにちは。

「鬼灯の冷徹」
モーニング連載中の漫画が原作。原作未読です。
舞台は地獄。多忙な閻魔大王の仕事を支える第一補佐官の鬼の鬼灯(ほおずき)が主人公。
非常に有能な官吏である鬼灯の日常の仕事ぶりを描く話。

何年も前から友人に面白いと薦められていたので待ってたアニメ化です(笑)
ノイタミナ枠で放送してもおかしくないような、
アニオタでなくても普通に見れそうな作品。超面白かったです(笑)

主人公がバリトンボイスという設定なので、
なんと、安元洋貴さん初主役じゃないですか!!
なかなか格好良かったです。
原作を知ってる人からすると、
原作の鬼灯はもっと可愛らしかったりお茶目な面もあるらしいですが、
アニメ版の冷徹でドSな鬼灯もなかなかいいと思います。
いろんな作品のパロが入っていたのも楽しかったです(笑)


今日はもう時間が取れないので、ここまでにします。
(笑)マークを入れ忘れたまま送信してたりしてますが、
単なる入れ忘れなので、怒ってないですよ(笑)

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/04/06(日) 19:24:54
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する