「ドラゴンボールZ 神と神」を見た。

  • 2014/03/23(日) 23:19:39

見たと言ってもちょっと他のことをしてたりしたもんですから
集中はできてなかったんですけどね。
さらには眠かったのも大きくて、
これらがなければちゃんと視聴できたはずなんですよ。

録画?
ああ、まあ、それは無理だったもので、はい。

ということなんでね、ざっとな感じですが書きたいと思いますよ。


-29日・土曜の追記-
ええっと(笑)。
すいませんまたこんな感じになってます。
更新はあの、また今度になります。
ではまた!
ごめん!


ええっと、どれから話したらいいものか……ああ、
じゃあまずキャラから、
ピラフ一味とかの懐かしい顔が出てきたのはいいね!
まさかあんな話に関わってくるとは(笑)。
そういや今回の映画はブウ編終了後とオリジナルである「GT」の
間の話であの3人も年を取ってるはずだから、
子供の姿で登場させたんだろうか。
マイが久々に出てきたと思ったらいきなりおばさんに
なってたというのは、あんまりピンと来ないもんね(笑)。
手をつなぐだけで大騒ぎのマイと、
本当なら寿命を迎えてるのに生きてるのはおかしいから
子供に戻って良かったと言うシュウが
とても鳥山明らしくて良かったです(笑)。
あと他にも誰か懐かしいのがいたような気がするけど、
思い出せない(笑)。

でもベジータが別人のようになってたのはどうなんだろうな(笑)。
破壊神……ええと。
破壊神…………誰だっけ?
ごめん思い出せない(笑)。
まあその破壊神を怒らせないためにビンゴで踊ったり、
ブルマが殴られて「俺のブルマを」と怒ったのは
かなり自分の中のベジータ像と違ってたから、
鳥山明が関わってると知らなかったら
「変なことさせるなよアニメスタッフ!」って
不満を抱いてたかもしれない(笑)。

あ、不満つながりで言うと悟飯が跳ね飛ばした銃弾が
ビーデルの足を貫いてたのは恐ろしかった。
酔ってたとはいえ、デンデが治してくれるとはいえ、
あれはなかなかにショッキングだしおおごとだったんじゃ
ないでしょうか(笑)。
と言いつつグレートサイヤマンは懐かしいなあ……ああ、
さっき懐かしいキャラが出てきたと言ったのは
これかもしれない。
というか、ドラゴンボール自体が久しぶりで
懐かしかったということかもしれないな。
うんうん。

さてまた不満に戻るけど、ビルス…そうそう破壊神はビルスだった。
ビルスとのバトルでも少しテンポがおかしいとこがあったと思う。
テンポについては他にもあったはず。

でもバトルは良かったね!
グリグリ視点が動くとこが特に!
それに何より超サイヤ人ゴッド!!
これですよ!!!
いやあ~~~~いい!!
正しい!!
鳥山明はちゃんと分かってる!
パワーアップするたびにゴチャゴチャするのは
スマートじゃないんだよね。
ゴッドだからさぞかし凄いんだろうと飾りをつけまくったら
かえってカッコ悪くなるとこだった。
最低限にとどめたデザインは素晴らしかった。
あの髪の色の綺麗さが、変更は最低限にとどめたうえで
良いものにしようという意志が感じられて、とても良い。
僕は超サイヤ人ゴッドは凄く好きですよ。
動いてるとこを見ると「もう少しだけいじっても良かったかも…」と
感じなくもなかったけど(笑)、本当に良いと思います。

それから……そうそう、ビーデルのおなかの子ってパンだよね?
原作でも登場してて、オリジナルであるGTでは主人公格の
キャラとなったパンでしょうあれは。
さすがに結構忘れてたけど、それだけに思い出して気づいたときは
嬉しかったですよ(笑)。

それで他には……ああそうだ、ビルスとの勝負の後。
そばにある岩を破壊して地球を破壊したこととしたのは
良かったけど、ビルスはこの宇宙の破壊神であって
別の宇宙がまだ7とか13はあるみたいな話はちょっとげんなりした。
ドラゴンボールあるいはバトル漫画らしくはあるにしても、
でも同じパターンの繰り返しに飽きるという欠点を
この映画でもやったように思えてしまって。
「またこのパターンか」って反射的に思っちゃうんだよね。
特にこの映画はなんと敵に勝てないで終わるという
前代未聞の内容になってるから、勝ててもいないのに
まだまだいるぞって言われても「やめてよそんなの」みたいな
気持ちになっちゃうよ(笑)。
だから複数の理由によって好意的に受け止められませんでした。

そして、ED!
FLOWってどういうことよ!?
あの懐かしい曲に原作のページを次々見せるEDアニメ、
そして全体的に懐かしさのある作品内容となれば
ここは影山ヒロノブか「つっかっもうぜっ!ドラゴンボーール!」を
歌った初代の歌手の人を呼ぶのが筋ってもんでしょう。
なんでFLOW!?
絶対ありえないよ。
どう考えてもおかしい。


はい、ということでどうも不満の方がよく覚えてますけど、
出来が悪かったとは思ってません(笑)。
やっぱり懐かしのキャラクターたちがまだ動いてるってのは
強いもんね。
ミスターサタンの声が違ってたのは
どうしても悲しくなっちゃうけど…。
ああ郷里大輔よ、なぜ死んでしまったのですか……。
自殺したからじゃなく死んでしまったこと、ただそれだけが惜しい。
おっと、せっかくの新作で湿っぽいのは良くないな。
今回の放送は特別版という、要するにノーカットじゃないという
ことだと思うので、いつか完全版で放送されることがあれば
そのときはしっかり集中して見たいなと思います。

では、適当に書き並べただけな感じでなんだかすっきりしませんが、
とりあえず今はこの辺で(笑)!
昨日に続いて眠いから脳の活動が鈍い(笑)!


*追記*
今回の特別版ってカットされたどころか20分の新作ストーリーが
追加されてたみたいですね。
あああちゃんと見とけば良かったああ!!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する