新年あけましておめでとうございます。

  • 2014/01/03(金) 21:24:28

年が明けちゃいましたね~~。
今年はどんなことが起きるんでしょうね?
未来は常に分からないものですが、この、
次の年になったにもかかわらずまだ慣れてなくて
しっくりこない感じだけは変わりませんね(笑)。

僕も今は眠い…というか昨日の午後からずっと眠かったので
年初めとしてはひとまずこれから寝たいと思います(笑)。
新年早々コメントが来ていてうれしいですよ。
ちゃんと気づいております。
今から返事はさすがに無理だけど…あそうそう、
この分だと今日は忙しめですね。
軽く出かけるのと帰ってからまた睡眠をとるので
一日を使いそうです。
まあ元日は元日らしいことをするのが自然というものですし、
みなさんもどうぞお正月をゆっくりお過ごしください。
でもちょっとは更新したいね(笑)。

それではみなさん、今年もよろしくお願いいたします。


-2014年1月1日午後7時52分の追記-
元日ですねー。
どうしたか、初もうでやら何やら正月らしいことをしてみちゃったり
したでしょうか(笑)?
僕はねー、まあすることはしたんですがいかんせん寝不足でねー。
大晦日が6時間程度で、今日は上にあるように眠い眠いと
言っときながら寝るのが遅れて4時間半しか寝てないんですよね(笑)。
まったく元日は忙しいね!
正月でゆっくりできるのは二日からですよ。
そういうわけなので今日は力尽きて丸裸になります(笑)。
コメントはとてもうれしいです。
明日返事を書きますので待っていてくださいね。

~午後9時11分の、もういっこ追記(笑)。~
今気づいたんだけど、今日ゲーム買ってきたんですよ。
そしたらそのおつりの3000円が、三枚ともピン札だった(笑)。
みんなお年玉で買ってるんだなあ(笑)。
以上です。
それでは(笑)!
…っと、これを書いた後にまた一つ気づいた(笑)。
拍手ありがとうございます。
いくらでも心配しますよ(笑)。
続きが楽しみです!


-1月3日午後4時29分の追記-
あ~~頭が重い。
どうどうも、僕であります。
今日は今までの分も眠れて……だいたい10時間ぐらいかな?
寝たんですけどね、そのせいで頭が重いです。
パッとしません。
シャッキリしない。
ん~~~、書き初めしなきゃなあ。
何年か前までは綾鷹っていう、知ってる方も多いと思います、
ペットボトルで売ってるお茶のサイトで書道ができたんですよ。
でもリニューアルしたか何かでできなくて、
去年はウィンドウズのペイントで書いたんですよね。
それを今年もしないといけません。
毎年してるからね~。
まあそんな感じです、返事とか更新はしたいなと思ってます。
シャッキリしなあ~い。

-1月3日午後7時9分の追記-
どうも、ついにログホライズンの見られなかった回が
放送されましたね。
明日は土曜日、最新回の放送で非常にタイミングの良いことに
なってますが僕は無理です(笑)。
一気に3話分更新なんてそんなの無理ですよお、ははは。
更新と言えば、去年最後の更新でした話題は立ちションでした。
おいおいおいおい(笑)。

-1月3日午後9時22分の追記-
ガキ使見てました。
眠くなったので今日はここまでとします。
今晩はいつも通り眠れるはずだから明日はすっきり目覚められて
頭も重くなく何かしら更新できるのではないかと思います。
待っていてくれた人、もうちょっとだけ待っていてください!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

秋アニメについて1

Chocobisさん、こんにちはw

〉10月スタートのアニメに関してなら読みたいって前から思ってるんですよ?
お待たせしました、夏アニメに関しては先ほどコメント終わりましたので、
今度は秋アニメについてです(笑)
あと、以前アニメの1話は9割方チェックしたと書いたような気がしますが、
深夜アニメだけです。早朝や夕方のアニメは初めから対象外です(笑)
それから、アバンやOPだけで挫折したものについては触れてません。
1話以上見たものについてのみコメントしていきます(笑)


〉アウトブレイク・カンパニー
異世界に日本のオタク文化を広めるという政府に選ばれた主人公が
異世界で日本語を教え、日本のゲームやアニメ、漫画、ラノベなどの普及に努める話。
実際にある作品がパロって出てくるのが楽しかったです。
ヒロインが、ツンデレとかじゃなく純情で健気で可愛かったです(笑)
最近あまり見ない正統派ヒロインだという意見をあちこちのブログで見かけました。


〉蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-
戦艦だけでなく人物までCGなのが嫌で、1話で切りました。
キングダムのCGに慣れてる人には違和感ないらしいですけど。
(ちなみにキングダムは視聴してないですが、
感想ブログを巡るとかなり雑な仕上がりだったようです)


〉俺の脳内選択肢が学園ラブコメを全力で邪魔している
〉機巧少女は傷つかない
〉BLAZBLUE ALTER MEMORY
私には合わないし、設定が好きじゃないので、1話で切りました。


〉のんのんびより
〉てさぐれ!部活もの
私の苦手な日常系なので1話で切りました。


〉義風堂々!! 兼続と慶次
時代劇なら見たいところなのですが、絵が苦手なので3話で切りました。
この作品の原作者の描く主人公っていつも同じに見えてしまいます。


〉境界の彼方
ヒロインにも主人公にも感情移入できませんでした。
ヒロインの口癖「不愉快です」は聞いてる方が不愉快でした。
(京アニは「氷菓」のヒロインの「私気になります」というセリフが流行ったから
これも流行らせようとしたのだろうか?)
主人公がヒロインに入れ込む理由が「眼鏡女子だから」というのも説得力不足。
(眼鏡愛を語るなんて、出てくる作品(「メガネブ」)間違えたんじゃないの?)

地元の名士の長女と異界士協会の男性の戦いもどうなったのかよく分からないし、
いろんな伏線回収しないまま終ったのが不満です。

また、消滅したはずのヒロインが何の理由もなく生き返ってめでたしめでたし、ってどういうこと?
いろんなブログで、この作品の最終回について「妖精会議だ」という感想を見かけましたが、
そういうタイトルのアニメでもあったのだろうかと検索して見たところ、
由来はよく分からないけど「超展開の最上級表現のことで、
特に、死んだキャラが理由もなく生き返るような展開」のことらしいです。

「Free」の最終回と「境界の彼方」の2作品を視聴した人の多くは
「京アニメーションはもう自社コンテンツを使わずにきちんとした原作を使えばいいのに」と
思われたようです。
もっといろいろツッコミたいこと満載でしたが、
ヴァルヴレイヴでツッコミ疲れてますので、このくらいにしておきます(笑)

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/01/01(水) 21:57:03
  • [編集]

秋アニメその2

Chocobisさん、こんにちはw
長いので分割してます。秋アニメその2です(笑)


〉京騒戯画
〉キルラキル
については、前にコメントしたので省略、と思ったのですが、
視聴を続けているキルラキルについては、
先が読めなくて面白いなと思ってます。

生徒会の面々やマコがいい味してる(笑)
女性だけでなく男性の変身シーンも露出が多いのが笑います(笑)

でも、面白いとは思いつつも1回見たらお腹いっぱいです。
年末に一挙再放送ありましたが見る気になりませんでした。


〉ぎんぎつね
ほのぼの系のお子様向けアニメですね。なぜ深夜に放送しているのだろう。
「夏目友人帳」や「神様はじめました」などの女性視聴者層を狙うならば、
神使の狐が美少年に変身する設定とか欲しい所(笑)
でも、「ストライクザブラッド」や「東京レイヴンズ」のような
設定が複雑で説明不足なアニメに疲れていたので、
設定がすっと頭に入ってくるこのアニメは癒しになりました(笑)


〉黒子のバスケ
バスケ興味ないんですけど、一応話題作なのでチェックの為見てます。
昔、スラムダンクも視聴してましたが、
放送が終ると内容をあまり覚えてませんでした。
この作品も同じことになりそうな予感はありますけど、一応見ます。

黒子のバスケの作品に関する脅迫犯人が逮捕された件はホッとしました。
もしこの事件があと数年前に起きていたら、
「バクマン」で題材に選ばれたかもしれないなぁなんて思ったり(笑)


〉ゴールデンタイム
「とらドラ」の作者が描く大学生の恋愛もの。
主人公にもヒロインにも共感できないし、そんなに面白くないけど、
舞台の大学がどう見ても私の母校の大学まんまなのが気になって見てます。

別にテロップで協力・○○大学だと出てこないけれど、
建物の概観も教室の内装も実物そっくりです。
登場するキャラ達があやしい宗教に勧誘されてやばい、みたいなエピソードも
私が大学生の時「新興宗教の勧誘に気をつけましょう」と大学側に
言われたことがあったのを思い出しました。

主人公が記憶喪失だという設定がいらないと思います。
主人公が二人の女性の間で気持ちが揺れるのを描きたいようなのですが、
記憶喪失前の気持ちが時々ぶり返すから、というのは無理な設定に思えて。


〉サムライフラメンコ
ヒーローに憧れる大人になりきれない青年の痛い話。
そんな設定で2クール持つのでしょうか?という不安な出だし。

2話で視聴を切りましたが、
感想ブログだけは回ってみたところ、
あの設定では話がもたないようで、迷走してるようです。

主人公の友人となった警官の中の人が杉田さんで、
まるっきり銀魂の銀さんみたいなしゃべり方はやめてほしかったです。


〉ガリレイドンナ
ガリレオの子孫の3姉妹がガリレオの遺産を探す話。
遺産探しだけでなくエネルギー問題とかタイムスリップしたり
尺が足りないのに詰め込みすぎ。
いろんな問題が解決してないし、いろんな伏線もなげっぱなし。
もともと2クールの予定だったのが1クールに変更になったそうなので、
しょうがないといえばしょうがないのかもしれないけれど、
「境界の彼方」と並んで不満の残った作品です

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/01/01(水) 22:13:47
  • [編集]

秋アニメその3

Chocobisさん、こんにちはw
秋アニメその3です(笑)


〉ストライクザブラッド
とにかく設定も複雑だし、専門用語も飛び交うのに説明不足で、
視聴するのが疲れます。9話で切りました。
主人公が吸血鬼設定で吸血シーンがエロいとか、
ヒロインのサービスシーンが多いとか、男性向けかな(笑)
主人公が世界最強の吸血鬼“第四真祖”という設定なのに、
全然強くないというか活躍しないこともストレスに感じました。


〉Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
二組の姉弟が出てきて、姉同士と弟同士が親友という設定。
日常系な割には楽しめました(笑)


〉声優戦隊ボイストーム7
アニメではなく、モーションコミック。
(よく分からないけど、漫画の一コマずつを映しながら声をあててる感じ)

平和と萌えを守る声優戦隊が美声を武器に、
オタク文化を破壊する妄想獣と戦う話。

知らなかったいろんなオタク用語が勉強できて楽しかったです(笑)

売り出し中の新人声優達(主題歌担当)を集めた実写パートも楽しかったです。
この中の何人が業界に生き残れるのだろうか。


〉弱虫ペダル
自転車競技を扱ったスポーツ漫画。
主役の中の人が、ログホライズンのトウヤの中の人と同じだそうです。

もともとスポーツ全般にあまり興味はないけれど、
1話見たら面白くて見続けてます(笑)
野球漫画やサッカー漫画はいっぱいあるので今更新作を見ようという気は起きないけど、
マイナースポーツだと何となく丁寧に説明してそうだからと
見る気になりました。以前放送してたアイシールドも視聴してましたし(笑)
ダイヤのエースは野球漫画だというので一度も視聴してません。


〉はじめの一歩3期
原作も途中まで読んでますし、掲載誌も購入してたこともあるので、
続きが気になっていたので視聴中です(笑)
原作が面白いので、どんどんアニメも続きを作成してほしいです。

感想を書いてるブログはあまり見かけませんが、
見かけたブログでは「殴る時のパンチ音が以前と変わった」とか
「リングアナを変えてほしい」とか書かれていて、
自分が気が付かなかったことが気になる人がいるんだなぁと思いました。

ジョジョの奇妙な冒険の続編がアニメ化決定したそうですが、
はじめの一歩の後番組になるのでしょうか。
となると2クールかな。

1期、2期、3期と久美ちゃんの声優さんがまた代わってしまいました。
初代の小林沙苗さんのままじゃいけなかったの???
ギャラの問題でしょうか?


〉勇者になれなかった僕はしぶしぶ就職を決意しました
いかにもラノベ原作っぽいタイトルのアニメ。
「はたらく魔王様」みたいに勇者が現実世界で働く設定は面白いけれど、
設定を生かしきるだけの面白さが感じられず、2話で切りました。


〉物語 セカンドシーズン
西尾維新さんの他の作品はもう見る気がないですが、
これはアニメ化される限りは最後まで視聴するつもりです。
西尾さんの作品は、数々のセリフが言葉遊びが過ぎてくどすぎるけど、
ここまで見てくるといろんな伏線が回収されてくるのが楽しく思えました。
これまで悪役だと思っていたキャラが結構いい奴で嬉しくなりました。
それを演じた三木さん、熱演でした。
まさかの三木さんのキャラソンOPも楽しかったです(笑)

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/01/01(水) 22:28:45
  • [編集]

秋アニメその4

Chocobisさん、こんにちはw
秋アニメその4です(笑)


〉ログホライズン
今まで少しコメントしてた通り、いまいちピンとこない部分が多く、
視聴継続を迷ってます。
ソードアウトオンラインの2期も1月スタートらしいので、
どちらかというとそっちが気になります。
ソードアウトオンラインとか、ハンター×2のグリードアイランド編と比べ、
ゲーム内での死が現実での死亡でないのがいまいち緊張感が感じられないような。

アカツキとシロエの実年齢が明かされた時、
あるブログでは「20歳過ぎてもゲームしてるなんて痛い」という意見とか、
それに対するコメントで「そういうアニメを見て感想記事を書いてるあなたも痛い」とか、
それに対する反論で「その記事にいちいちコメントを書くあなたも痛い」と応酬してたり、
またあるブログでは「合法ロリだ」と喜ぶ意見とかを
見かけていろんな意見があって楽しかったです(笑)
私はあんまり幼いうちにMMORPGをするのはどうかと思いますけど。
時間配分ができる大人になってからすべきでは、と思ってます。


〉夜桜四重奏
以前放送してた作品の続編、ではなくリメイクらしいです。
でも、以前の放送も視聴していたのに、まるで内容を覚えてませんでした。

人間と妖怪の共存する町を舞台に、主人公と美少女たちが妖怪事件に立ち向かう話。
何となく見てますが、いろんなブログの感想で面白いという意見を見かける割には
私は面白いとは思えず。でも、なんとなく最終回まで視聴しました。
なんというか、パンちらが多かったです(笑)
ちらどころかモロな場合も多かったです(笑)


〉メガネブ
以前にも少しコメントしましたように、色彩設定が目に優しくなかったです。
眼鏡部員の中で唯一のダテメガネキャラが他の部員にいじめに近いような扱いを
受けているのも不快でした。
2話で切りましたが、感想ブログを巡ったところ、
その後も、ダテメガネキャラへのいじめは最後まで変わらなかったようです。
あと、メガネ愛を語る割りに眼鏡への愛情を感じられない行動が多いという感想を
よく見かけました。


〉DIABOLIK LOVERS
視聴環境になかったのですが、乙女ゲー原作と聞いたので、
キャプ付きの感想ブログを追いかけました。
吸血鬼との過激な恋愛もの、らしいんですけど。

「BROTHERS CONFLICT」以上に主人公が抵抗しないらしいです。
どこのブログへ行っても主人公は「ビッチちゃん」と呼ばれてました(笑)
男性キャラがSばかりらしいので、別にMでもない私には視聴は耐えられないでしょう(笑)
吸血シーンがエロいので、視聴してるブロガーさんは結構男性が多かったです(笑)


〉東京レイヴンズ
陰陽師を育成する学園・陰陽塾を舞台に、主人公がいろんな事件に巻き込まれながらも
仲間達と共に陰陽師として成長する話。
設定が複雑で専門用語が飛び交ってるのに説明不足なアニメなので、
9話で視聴ストップしてます。

でも、キャラデザが好みなんですよ。主人公の親友のイケメンの中の人が
エルエルフっぽいしゃべり方をするのも好き(中の人は同じです)です(笑)
それに、ウィキで見ると、
かつての有名な陰陽師の生まれ変わりがヒロインであるということになってるが、
本当の生まれ変わりは主人公の方であったという
「それってセーラームーン?」と思わせる設定が書かれてて興味があったり(笑)
(セーラームーンでも月の王女の生まれ変わりはセーラーヴィーナスと思わせておいて、
本当の生まれ変わりは主人公のセーラームーンだったのです)

うーん、気になるんですけどね。
主人公とクラスメート達だけなら楽しいんですけど、
いろんな組織やらいろんな大人達がいっぱい出てくると話がよく分からなくなります。
アニメだけでは視聴が辛いというか、
原作既読者向けのアニメだな~という印象です(笑)




最後にヴァルヴレイヴ2期について語りたいのですが、
Chocobisさんは視聴予定だけどまだ未視聴状態なのでしょう?
最終回まで見てのおおまかな感想をいうだけでもネタバレなので、
コメントは控えておきますね(笑)
ではでは、長々と失礼しました、お休みなさいZZZ

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/01/01(水) 22:40:55
  • [編集]

 

こんにちは猫のしっぽさん。
早速期待に応えてくれて嬉しいです(笑)。
猫のしっぽさんは早朝&夕方のアニメは見ないんですね。
するとバクマンやログホライズンは特別ということですかー。
コメントありがとうございます。


>アウトブレイク・カンパニー
そんな作品だったんですねー。
名前を聞いたことはあるんですけど全くの予想外でしたよ。
さまざまなパロディが出てくるのは楽しそうですね。
ヒロインが正統派なのは、まずは王道ということでしょうか(笑)。

>蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-
実質のCGアニメなんですね。
これも予想外です。
前編CGのアニメはコロコロコミックなどの児童誌に連載されてる漫画の
アニメに多い気がします。
キングダムと同じNHKだと「団地ともお」もそうですね。
見たのは数えるほどなんですが(笑)。
原作のキングダムは人気作みたいですねー。
全然知らないし特別惹かれるものがなかったのでアニメも
見ませんでしたが、損したかもしれない(笑)。

>BLAZBLUE ALTER MEMORY
このアニメはさっぱり理解できない内容だったらしいですよ(笑)。
原作であるゲームは結構人気があって、ゲームのアニメ化は
多そうで少ないちゃんと作れば新しい商品展開となる可能性も
あったんですが、もったいないところです。
なんにせよ、切って正解だったのではないかと思われます(笑)。
ちなみに、他に切った中では「のんのんびより」は
悪くなかったみたいですよ。

>義風堂々!! 兼続と慶次
絵が苦手でしたか~。
北斗の拳の絵ですから私はもちろん好きなのですが、残念です(笑)。
ちなみにこのアニメは見てはいません(笑)。
主人公が同じ顔なのは許してあげてください。
程度の差こそあれ同じ作者には同じ絵しか描けなくて
当然ですから(笑)。

>境界の彼方
これは確か端折ったうえに順番を変えて放送された奴ですね。
猫のしっぽさん情報ですが(笑)。
最後まで見られたんですね。
今回のコメントの中では一番の長文ですが、
どうやら満足できなかったようですね。
ただ私がちらっと目にしたところによると、ラストは二人ともすでに
死んでいると考えればいろいろなことに説明がつくらしいです。
どうでしょう、トイレかお風呂に入っているときにでも
少し考えてみると不満も少しは解消できるかもしれませんよ(笑)?
それにしても、「Free」の最終回とこの作品は京アニの評判を
落としてしまったんですか?
これは驚きました。
なんというか…上手く言えないんですけど、ええと…そうだ、
両作品とも成功してるイメージがあったんですよね。
アニメファンの中にもまだまだちゃんとしてる人は多いんですね。
あと、妖精会議は私もほとんど初耳だったので
説明ありがとうございます(笑)。


おや、またしてもちょっとだけ書いておこうというつもりが
最後まで到達してしまいました(笑)。
さっきのを送信した直後に書き始めて他のことも大してしてないので、
これがだいたい私がこれくらいの返事を書くのにかかる時間だと
思ってください(笑)。
でも今回は割とスムーズに書けた方ですね。

それじゃ、なるべく早く書くので次の返事を待っていてくださいね。

  • 投稿者: chocobis
  • 2014/01/03(金) 18:20:29
  • [編集]

秋アニメその1へのお返事へのコメント

Chocobisさん、こんにちはw
お返事ありがとうございます。

〉バクマンやログホライズンは特別ということですかー。
そうですね、そういう例外は時々あります。
名探偵コナンとか、宇宙兄弟とか、
(深夜に枠移動になりましたが)ハンターハンター、
(もう終了したけど)銀魂とか。
深夜アニメ以外は1クールや2クールどころかいつ終るのか分からないから、
一つ増やすのは慎重にならざるをえないですね(笑)


〉原作のキングダムは人気作みたいですねー。
ネットで第1話を無料公開してるのでそこだけ読みました。
三国志の時代よりももっと昔の春秋戦国時代が舞台ですね。
後の秦の始皇帝となる少年と、大将軍を目指す主人公が
成り上がっていく話のようです。
時間があれば読んでみたいけど、すでに32巻既刊って聞いては
なかなか手が出ないです(笑)


>境界の彼方
>これは確か端折ったうえに順番を変えて放送された奴ですね。
作品が違います。
端折りと順入替の方は「空の境界」で作者がFate/stay nightの人です。

「境界の彼方」は京都アニメーションの出版のKAエスマ文庫で刊行された作品で、
第2回京都アニメーション大賞奨励賞受賞作で、
京アニがアニメ化したものです。

「ラストは二人ともすでに死んでいると考えればいろいろなことに説明がつく」
とおっしゃられても、すっきりしないです。
こういう考えも出来る、とか考察が必要な作品はあんまり好きではないです。
すっきりはっきり明快に分かりやすくないとモヤモヤします。

この作品が京アニの評判を落としたのは確かだと思いますが、
「Free」の最終回はまだ賛否両論というか、興行的には成功してると思いますし、
来年夏には2期を期待する意見を見かけることも多いです。

「境界の彼方」について書き忘れてましたが、
ストーリーや設定はともかく、戦闘シーンの作画はすごかったですよ。
この素晴らしい作画が生きるような原作を選んでほしいものです(笑)

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/01/04(土) 16:25:50
  • [編集]

 

こんにちはー猫のしっぽさん。
ぞくぞくとさらなるお返事が届いてますね(笑)。
昨日はまたしてもあまり眠れなくって調子が出ず、
午後からまた寝てました。
コメントありがとうございます。

>キルラキル
お、見てますか。
マコはどんな人間が相手でも変わらぬ空気の読めなさで
流子をかばうのが良いですね(笑)。
男女ともに脱いだり脱がされたりが多いのも特徴だと思います(笑)。
1回見たらお腹いっぱいと思われるのは理解できますよ。
最初から最後まで勢いで押していくアニメだから
2回はきついと感じる人がいるのも当然だと思います。
あと、私の場合は見終わった後に何も残るものがなかったと感じる人が
続出するようなことにならなければいいなと考えたりしてます。

>ぎんぎつね
見やすい作品のようですね。
でもお子様向けですかー。
…あれ、でも見ているということは、日常系ではないんですね?
あと「女性視聴者層を狙うならば~」は実は猫のしっぽさんの
願望だったりするんじゃないですか~(笑)?
いえいえ、冗談ですよ、半分は(笑)。

>黒子のバスケ
話題作だから見ているということですが、面白さで言えば普通程度には
ある感じですかね?
でも根本的に興味がないと見たそのまま流れていっちゃいますよね。
ちなみに個人的には、チャラくてガラの悪い人間が好むスポーツという
イメージがあるのでバスケは好きじゃなかったりします。
この作品の事件が題材になる可能性はあったでしょうね~(笑)。
さすがは猫のしっぽさん、いいとこ突きますね(笑)。

>ゴールデンタイム
ああこれ「とらドラ」の作者が描いたんですか!
聞いたことありますよ、結構評判が良かったんですよね。
猫のしっぽさんは見ましたか?
にしても、どう見ても自分の母校ってすごいですね(笑)。
どんな感覚なんですか一体(笑)。
これで内容も楽しめたら言うことなしだったはずなのに、
なんとも残念なことですね(笑)。
話を聞く限りでは、記憶喪失設定は悪くないように思えたんですが…。

>サムライフラメンコ
私はいきなり見逃してそれっきりの作品ですね(笑)。
ヒーローに憧れる大人になりきれない青年……んんーー、
設定は面白そうなんですけどねー。
話がもたなくて迷走ですかー。
うう~ん。
2クールは確かに長い気がしますが、1本作るだけなら十分可能性がある
題材のように思えるんですが……う~ん。
見たことないのに残念がってしまいます(笑)。
あと銀魂の銀さんにしか聞こえない演技は余計ですね(笑)。
声優じゃなく製作側の要請でしょうか。
他局なのに(笑)。

>ガリレイドンナ
ほー、これまた面白そうな題材。
お姉さんの言い方に不満がうかがえます(笑)。
詰め込みすぎとか尺が足りない作品はもう本当になくらないですね。
ああでも、2クール1クールになったのが事実なら
スタッフはかわいそうですね。
思った通りのものが作れないなんて。
まあでもあれですね、結果的には見なくて正解だったようですから
猫のしっぽさんには感謝の言葉で締めたいと思います(笑)。
ありがとうございました(笑)。


明日は予定があり、今日もそれに備えてやることがあるので
もう一つ返事を書くのは難しいかもしれません。
でも以前のように時間が取れないというわけではないため、
一日一つはキープするから待っていてくださいね。
たくさん返事の返事が来ていて、これが本来の姿というか
猫のしっぽさんのお話好きが感じ取れるというか……嬉しいです(笑)。
私もこんなふうに猫のしっぽさんとたくさんお話したいです。
いいえ、しましょうね、猫のしっぽさん(笑)!

  • 投稿者: chocobis
  • 2014/01/04(土) 20:04:04
  • [編集]

秋アニメその2へのお返事へのコメント

Chocobisさん、こんにちはw
お返事ありがとうございます。


>キルラキル
マコと流子が喧嘩部でなり上がった回が単なるギャグ回だと思ってたら、
ちゃんと後で伏線回収してたのもよかったです。
美木杉先生がやたらと脱ぎたがりなのも、
ムーディストビーチの一員だからというのは笑いました(笑)

それにしても今年のアニメは、
やたらと美木杉先生の中の人の三木さんの出演作品が多いです(笑)
私が見ている作品でも、アウトブレイク・カンパニー、物語セカンドシーズン、
キルラキル、ぎんぎつね、ちはやふる、八犬伝、はじめの一歩、
アザゼルさん、ハンターハンターなどなど。
どんだけ出演してるんですかって思います。(笑)

今後、流子と皐月が対立したままなのか、
それとも、共闘して他の組織と戦うのか、
皐月の母親や、ヌーディストビーチがどう関わるのかが気になってます(笑)



>ぎんぎつね
>猫のしっぽさんの願望だったりするんじゃないですか~(笑)?
ぎくっ、バレましたか(笑)
神社が舞台で女の子が主人公っていうと、
どうしても「神様はじめました」を髣髴とさせるんですよ(笑)
その作品は神使が皆イケメンなので、つい(笑)

どっちかというと日常系に近いので、視聴切りしそうなギリギリラインでしたが、
1クールで放送できなかった先に、いろいろと面白そうな展開が
ありそうな予感を感じたから、とか、
いろんなキャラが片思いしてるけど、どの恋愛フラグもへし折れてる感じが気になる、とか、
神社での参拝の豆知識が勉強できる、とかで視聴続けてました(笑)

また、私の数少ない漫画の話題が出来る友人のうち2人が、
「ぎんぎつねは面白い!!」って言ってたからというのもありますけど(笑)


>黒子のバスケ
たぶん、バスケに興味がある人にはもっと楽しめる作品のはずです。
あと、脳内でいろんな変換できる人にも楽しめるはずです。
私はどちらでもないので、ただ話題作チェックと言う感じです(笑)

いろいろとブログ感想を巡ったところ、
バスケ経験者から見ると、黒子のバスケで使われてる技は、
実際にはありえないくらいの魔法的なチート技が多用されてるらしいですが、
バスケに疎い私にはよく分からないことです(笑)

もし、脅迫事件が数年前なら「バクマン」で、
石沢あたりが犯人として、サイコーとシュージンの成功を妬んで
脅迫手紙をまきまくる、、みたいな展開があったんじゃないかと思いました(笑)
題材に使われるなら石沢しか犯人として考えられないのが、
キャラとして不憫な気もします。

中の人的には、「今日からマ王」の村田君や、「ブリーチ」の山田君が、
こんな汚れ役を演じるのが不思議な気分です。

 

>ゴールデンタイム
はい、「とらドラ」はアニメ全話視聴しましたよ!面白かったです!

自分の母校が舞台ってどんな感覚ですかと問われれれば、
一言で言えば「何もかもが懐かしい!!!」です(笑)
在学中にすでに聖地巡礼しまくり済みですしね(笑)

当時を思い返すと、
初めて付き合った彼氏とのキャンパスライフも、
楽しいというよりは嫌な思い出も多いし、
私的には忘れたいような黒歴史も多いのですけどね(笑)

アニメの話自体は特に面白く感じられないのですが、
男女交際の様子とか、授業風景とか、
サークルの新入生歓迎コンパの様子とか、
サークルでダベッってる様子とか、怪しい宗教団体の勧誘とか、
私個人のキャンパスライフを思い出して、何もかもが懐かしいです(笑)

特に、私が在学中は存在していたサークル部室用の学生棟が
卒業後には取り壊されて再建されてないと聞いていたので、
後輩達がどこでサークル活動をしていたのかが気になっていたのでね。
アニメを見ていると、放課後の空き教室とか、近くの建物を借りたりしてるようです。

卒業後に敷地内に建てられたとても高いタワービルがあるのですが、
そのビルは何に使われているのかがずっと気になってたのですが、
アニメで見ていると、授業風景で出てくるのは旧校舎だけなので、
新しいタワービルは教授達の為の建物として建てられたのかと推測してます。

サークルの部室の様子は、「げんしけん」で出てきた部室が
私の所属していた歴史系サークルの部室と雰囲気が似てました。
「げんしけん」の方は中央大学と作者の母校の筑波大学がモデルだと
聞いたことがあるのですが、
「ゴールデンタイム」の方は公式ではどこの大学がモデルだという言及は見かけないのに、
「ゴールデンタイム 舞台」で検索すると○○大学がモデルでないかというのが丸分かりですよ(笑)

>話を聞く限りでは、記憶喪失設定は悪くないように思えたんですが…。
記憶喪失になった体験を持つ人が回りにいないし、
私もなったことがないので、理解できなかったんですよ。
普通に三角関係にすればいいのに、って思いました。
それに、付き合ってる人がいるのに他に想う人がいるのを正当化したい為に
そんなレアケースを使うなんてありえないっ!!て思いました。
普通にクズ男がフラフラとしてる様を描けばいいのに、って思いました。
ともかく、2クールなようですが、話がどうであれ、学内の様子が知りたいので
最後まで視聴予定です(笑)

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/01/05(日) 07:32:18
  • [編集]

 

こんにちは猫のしっぽさん。
あまり考えたくないのですが、
もしかして冬休みは今日まででしょうか?
だとしたら…出かけなきゃいけないのが非常に惜しいです(笑)。
お正月からはたくさんお話できてとても楽しい時間で、
これがほとんど理想だなって思ったりしたものですから。
こまめに返事を書いていくつもりなので、
休みが終わってもちょくちょく来てみてくださいね。
コメントありがとうございます。


>ストライクザブラッド
9話で切っちゃいましたかー。
終わりまで後数話だったんじゃないんですか?
私はあまり切るということをしないから
とても珍しいことのように思えてしまいます。
世界最強なのに活躍しないのはフラストレーションが
たまっちゃいますね(笑)。

>Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
おや、日常系なのに見たんですね。
何か普通と違うものがあったんでしょうか?
アニメにしては少し変わった設定のようにも思えますが。

>声優戦隊ボイストーム7
少しアウトブレイク・カンパニーに似てますね。
猫のしっぽさんは結構な数のアニメを見てきてる方だから、
知らない用語はディープなものが多そうな気がします(笑)。
あんまり使う機会がなかったりとか(笑)。
それにしても「この中の何人が業界に生き残れるのだろうか。 」は
厳しいですね。
思いもよらぬ厳しさでした(笑)。

>弱虫ペダル
あ、これ私も名前は知ってますよ。
名前だけですけど(笑)。
主役がトウヤと同じ人なんですねー。
バスケもそうですけど、基本的にスポーツに興味がないんですね。
でも全く見ないわけではなく、このアニメのように楽しめているものも
あって、でも野球やサッカーは見る気がなくて……なんだか
こんがらがってきてしまいました(笑)。
元々興味がなくてそんなにいくつも見たいとも思わないから、
「野球アニメ?だったらいいや」って感じ……あ、
それなら納得できました(笑)。
スポーツには興味はないけどアニメには興味がありますもんね。


>はじめの一歩3期
なんと、はじめの一歩は原作を読んだことがあって
マガジンも買ったことがあるんですね。
作風が作風なので猫のしっぽさんからは遠い作品だと思ってましたよ。
「どんどんアニメも続きを作成してほしい」って
完全に好きじゃないですか(笑)。
私も原作は途中まで読んでるんですが、アニメの方は数えるほどしか
見てないですね、そういえば。
でも好きな作品ですよ。
そろそろ終わらせた方がいいとは思ってますが(笑)。

何度もアニメ化されるといろいろ変わる部分が出てきますよね。
初代は小林沙苗さんだったんですねー。
特に不評ではない限り、特に声優は変えないで欲しいものですね。


>勇者になれなかった僕はしぶしぶ就職を決意しました
2話で切っちゃいましたか。
最近は長ったらしくて非常に似てるタイトルのラノベがいくつも
出ているようですが、なんなんですかねこれ。
はっきり言ってくだらないと思います。
狭く小さな世界で2匹目3匹目のドジョウを狙ってるように思えて
プロ意識が感じられません。
ラノベはほとんど読まない自分でも衰退するんじゃないかと
気になってしまいます。
あ、すみません自分のことばかり話して(笑)。
良い設定が作れたなら後はそれがちゃんと伸びるよう
全力を尽くして欲しいですね、せめて。

>物語 セカンドシーズン
あれ、見てるんですか!?
西尾維新作品にはうんざりしてる様子だったのに(笑)。
楽しめているようですし、これはうんざりする前から
見ていたんでしょうか?
三木さんはキルラキルにも出ていますね。
この人も息が長い声優さんですよねー。
ここまで来ると安泰じゃないかと思います。


返事の返事が来ているものだから私の返事が滞ってるようにも
見えますが、錯覚です(笑)。
ただ今日はこれ以上は無理かもしれないのでご了承ください。
では次の返事をのんびり待っていてくださいね。

  • 投稿者: chocobis
  • 2014/01/05(日) 11:11:18
  • [編集]

秋アニメその3へのお返事へのコメント

Chocobisさん、こんにちはw
おっしゃられる通り、冬休みは今日までです。
また忙しい日常に戻らなくてはいけないので、今から非常に憂鬱です。。。
訪問はしたとしても、コメントまではできない日々が続くと思われます。
ですから、今日はもう少しコメントしておきますね。

お返事ありがとうございます。
おそらくchocobisさんは一度も見てないだろうと思われるアニメの話題に
付き合って下さって本当にありがとうございます。


>ストライクザブラッド

1クールだったら、9話まで見たのだからあと少し頑張って見る可能性もありましたが、
2クールだということが分かった瞬間、もう諦めましたよ(笑)
今度から、アニメ視聴を決定する3話くらいまでに1クールなのか2クールなのか
確かめる必要があるなぁと思いました(笑)


>Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-

日常系なのに見たのは、話題がオタク系だったからです。
私は、漫画やアニメが好きなくせにコミケに行ったことがないので、
そういう話題のでてくる「げんしけん」とか興味津々です(笑)
いえ、コミケに行ってみたいとは思ってないですが、
行かないままでどんなものなのかを知りたいと思ってるので。


>……なんだかこんがらがってきてしまいました(笑)。
>元々興味がなくてそんなにいくつも見たいとも思わないから、
>「野球アニメ?だったらいいや」って感じ……あ、
>それなら納得できました(笑)。

混乱させてしまってすみません。書き方が分かりにくかったですね。
でもさすがchocobisさん!!
きちんと私の真意を読み取って、その上うまく表現して下さってますね(笑)
「スポーツには興味はないけどアニメには興味があります」とは
まさにそれですよ!!!


>はじめの一歩3期
あれ、はじめの一歩のことは以前にも少ししたと思ったんですけど。
魁クロマティ高校の話題の時に、マガジン読んでた云々って。
クロマティの方が印象強すぎて記憶に残らなかったんですね(笑)

はじめの一歩は、何巻までか忘れましたが
一歩がチャンピオンになる辺りまではコミックを購入してました。
その後もマガジンで続きを読んでいて、でも10年前までですね。
引越の時に漫画も処分してしまったし、
どこまで話が進んでるのかもわかりません。
すでに100巻超えてるらしいですけど。

一歩だけでなく、同じジムの仲間の試合も描いているから
長く続けられるのでしょうね。そこが好きなんですよ。
でも、そろそろ終らせた方がいいというのは私も思います(笑)
あんまり長いと新規の人は入りにくいですしね。
一回終らせて、一歩以外を主人公にスピンアウト作品なんてどうでしょう(笑)


>最近は長ったらしくて非常に似てるタイトルのラノベがいくつも

私もラノベは全然読まないし、似てるタイトル多いし、あんまり好きではないです。
漫画さえあんまり買わないし、ましてやラノベを買うことはないですね。

でも、ラノベ原作でアニメ化された場合、視聴環境にあれば
1話は一応見てます。たまーに面白い作品もあるのでね(笑)
デュラララ、今日からマ王、人類は衰退しました、とか。
あと、今、調べたら十二国記もラノベなんですって。びっくり!
十二国記は原作を持っていますが、
全然ラノベっぽくなくて普通の文庫本に見えました。


>物語 セカンドシーズン
>西尾維新作品にはうんざりしてる様子だったのに(笑)。

推測された通り、うんざりする前から見ていたので
このシリーズは最後まで見ようと思ってます。
初めに見ようと思ったきっかけは「猫が出てくる」らしいと聞いたから(笑)

でも、思っていた猫とはまるで違いましたよ(笑)
いろんな怪異を扱った作品なので、猫は猫でも化け猫でした(笑)
化け猫でもグロテスクではなく、
女の子に憑依すると、その子が猫耳としっぽが生えて
語尾にニャーニャー付けながらしゃべり倒すという
これも予想してた化け猫とまるで違いました(笑)


すみませんね、返事を頂くたびにコメントしてしまって、
コメントがたまる一方ですね。
ログホライズンの更新もされると、たぶんそちらのコメントも増えますよ(笑)
さっそく一つコメント来てるようですし。

この冬休みのコメントはこれにて終了いたします。
寒さの折、風邪などひかれませんようご自愛下さい。
ではでは、また(笑)

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/01/05(日) 17:01:47
  • [編集]

 

こんにちは猫のしっぽさん!
拍手コメント欄でよく鳴いてくる猫が可愛いんですが
どうしたらいいですか(笑)?
持って帰りたいんですが(笑)。
コメントありがとうございます。


>ログホライズン
うーん、迷ってますかー。
ソードアウト……見たことないんですが正しくは
「ソードアートオンライン」ですよね(笑)?
そっちは2期をやるんですか?
完結したようなイメージがあったんですが、
どうも勘違いだったようですね…あれれ。
死による緊張感は確かにあると思います。
私はそれらを知らないので、このことによる温度差も
あるかもしれません。
ただ作品というのは何を切りとるか、主眼にするかなので
それによって同じ題材でもガラッと内容は変わるんですよね。
良く知らないので仮に他の作品を生き延びることがメインだとすると、
ログホライズンは死によっても脱出できない世界とどうやって
付き合って生きるかがメインであると考えることができます。
それなら…少しは楽しめませんか(笑)?
たまには猫のしっぽさんと同じ作品が見たいからって
なんとかつなぎとめようとしちゃってますが(笑)。

コメント欄の応酬は私からすると荒れてるとしか思えないんですが、
猫のしっぽさんは楽しく見られてるようですね(笑)。
久しぶりにお姉さんの懐の深さを覗いた気分です(笑)。
ちなみに世間の空気からすれば、20歳どころか高校生以上で
アニメやゲームにはまってたらアウトだと思います(笑)。
MMORPGは確かに危険ですね。
最近では常軌を逸して熱中してしまっている人に対して
「○○廃人」という言い方をしたりしますが、
ネトゲ廃人、つまりネットゲーム中毒者はその言葉が生まれる
きっかけとなった存在ではないかと思います。
MMOにあまりにのめりこんでしまった結果、仕事を辞めて
部屋にこもりっきりになってしまう…とは本当の話、のはずです。
噂では、大のゲーム好きで知られる作家の宮部みゆきさんは、
MMOだけには手を出さないよう編集者にきつく言われてるそうですよ。
あくまで一部なんでしょうが、このジャンルと携帯やスマートフォンの
課金ゲームは人生を狂わせる可能性があるので
安易にやらせてはいけないと思います。


>夜桜四重奏
へー、これが初出かと思いきやリメイクなんですね。
でも見てたのに全く覚えてないなんてどういうことですか(笑)。
かなり変えてきたんですかねー。
設定はベタですが悪くないですね。
今期のノイタミナとか猫のしっぽさんが酷評した作品たちと違い、
面白いという意見があるのはちゃんと作れてる証拠でしょう。
でも猫のしっぽさんは楽しめなかったんですね(笑)。
おぱんつを見て嬉しいかどうかが分かれ目だったりして(笑)。

>メガネブ
ふーむ、随所に愛を感じられない作りだったようですね。
変わった設定も生かせてないようで、
単純に言って失敗だったということでいいでしょうか。

>DIABOLIK LOVERS
お、「見ないけどブログめぐりはする」パターンですね(笑)。
これも逆ハーレム系みたいですが、さらにそれをとがらせた内容と。
吸血シーンがエロいというのもその一つかもしれません。
…これで評判良かったんでしょうかね?

>東京レイヴンズ
陰陽師、へー…タイトルからは想像がつかないですね。
いまいち誰をターゲットにしてるかよく分からないのですが……
ああ、原作があるんですか。
それなら掲載誌で判断することができるでしょうね。
エルエルフとか(笑)、せっかく好みの部分があっても
話が分かりにくいんじゃあ入れないですよね。
キャラだけを見ても何について話してるか理解できないと
結局は同じことですし。
猫のしっぽさんのもどかしさが伝わってきそうです(笑)。


ヴァルヴレイヴは、ええ、控えておいてください(笑)。
書く予定は今でもあるので(笑)。

さて、これでアニメについての話は終わりですね。
全体の感想としては、予想外に猫のしっぽさんが
辛口だなと思いました(笑)。
面白くなかった作品に対しての口調や、特にボイストームの
「この中の何人が業界に生き残れるのだろうか。」は
厳しいですね(笑)。
あと、メモのような文体も良かったです。
私に伝えるのではなく作品に対して言っている感じとか(笑)。
いろいろな文章が消えてしまったようですが、
もしかしてあらかじめ用意してくれてたんですか?
だとしたら嬉しいです(笑)。

ええと、猫のしっぽさんがこうやってクールごとに見たアニメについて
話すのって…初めてでしたっけ?
どうでしたか?
面倒じゃなかったですか?
私は自分が見てない作品を知ることができるし、猫のしっぽさんは
自分の評価だけじゃなくアニメブログでの評判を書いてくれるから
客観性まであるし、読んでいてとても参考になります。
「楽しさプラスアルファ」なコメントですね(笑)。
だから負担でなければまた多くのアニメが終わる時期になったら
書いて欲しいなって思います。
単純に猫のしっぽさんとお話しできることが増えて
嬉しいのもありますし(笑)。

それでは、今はこの辺で。
次は返事の返事について返事をしますね~(笑)。

  • 投稿者: chocobis
  • 2014/01/06(月) 00:17:31
  • [編集]

 

続けてこんにちは猫のしっぽさん。
こちらこそ返事のお返事ありがとうございます(笑)。
こんな風にたくさん話していけるといいなっていつも思ってますよー。
コメントありがとうございます。


>例外
言われてみれば深夜枠以外は期待されてるだけあって
いつまで続くか分からないですね。
見てないのに言うのもなんなんですが、
宇宙兄弟はそんなに長く続いたりしないだろうって思ってました(笑)。
その点、ジャンプアニメは長期放送されやすいですよね。
といってもアイシールド21のように途中で放送が終わって
それっきりになる場合もあるから、余計に見るかどうかの判断は
難しくなるところでしょう。
ロンブー淳にも耐えてせっかく見てきたのに(笑)。


>原作のキングダム
あー、春秋戦国時代!
なるほどそのあたりの時代を描いた作品なんですね。
まあ私は歴史に疎いから猫のしっぽお姉さんを尊敬のまなざしで
見てしまうわけですが(笑)、少なくとも漫画において春秋戦国時代は
なかなか描かれなかった題材ではないでしょうか。
でも後に秦の始皇帝となる少年が主人……あれ?
主人公は大将軍の方なんですか!?
ああ、それならまだ良いかもしれませんねー。
というのも私は横山光輝御大の「項羽と劉邦」を読んでいて(笑)、
序盤に出てくる始皇帝を見る限り、初めて中国を統一した功績は
偉大でも、人物としてはそこまで立派ではない印象があるので、
始皇帝が主人公だったらあんまり感情移入できないと
思うんですよね(笑)。
中国お決まりの悪徳宦官も側にいますし(笑)。
でも将軍なら良く知らないからいいかもしれません(笑)。
作者はもしかしたらその辺も考えているのでしょうか?

ああ、すみません、また一人で話を(笑)。
すでに32巻まで出ているとはびっくりしますね。
最近話題になり始めたような気がするので。
ちなみにお笑い芸人のケンドーコバヤシも好きなようですよ(笑)。
芸人仲間の評判から試しに1巻を買って風呂が入るまで読んでみて、
そしたら面白いからすぐ本屋まで行って5巻まで買ってまた読んで、
やっぱり面白いから全巻買ってきたとかなんとか
アメトークという番組で見ました(笑)。


>境界の彼方
作品が違いましたか。
……お姉さんなのにすごいバッサリ言う(笑)!!
もうー、一瞬で斬り捨てるから怖かったじゃないですか(笑)!

冗談はさておき(笑)、京都アニメーションはライトノベルの出版まで
やってるんですか……なんとまあ。
巨大企業になろうとしてるんですかねえ……。
確かにエンターブレインも角川グループの一つになって
ライトノベル業界は独占状態になっているそうだから
良くないと思いますが…しかし驚きました。

ラストについては忘れてください。
あれは最初に勘違いした通り、
「空の境界」の話のはずだと思うので(笑)。
もし見ようと思ってたらすみません……そういえば「空の境界」の話は
あれからしましたっけ?
見てもあんまり楽しめなさそうとは最初に聞いた気がしますが、
夏アニメを見た話では出てきてないような……どうでしたっけ?
すみませんがどうだったか教えてもらえませんかお姉さん(笑)?

「境界の彼方」は作画は良かったんですか。
するとつまり京アニの実力を発揮できる部分だけ
上手くやれたということですか(笑)。
逆にどうしようもなさを感じるので、
本当に原作は選ばないとダメですね(笑)。

「Free」はそうですね、興行的に成功してるみたいですから
悪くはなかったんじゃないかと思いました。
まあ作品を作る人間であればお金以外のものに目を向け価値を
見出さないとダメだと思うので、作品の質にこだわることが
次の課題かもしれませんね。
見たことないのに適当に言ってますが(笑)。


ではまた、次の返事を書きますね~。
最近はスランプではないので返事自体は書けるんですよ(笑)。

  • 投稿者: chocobis
  • 2014/01/15(水) 07:06:47
  • [編集]

アイシールドとキングダムについて

アイシールドとキングダムについて

Chocobisさん、こんにちはw

>アイシールド21のように途中で放送が終わってそれっきりになる場合もある

アイシールドは視聴してましたが、アニメは途中までだったんですか!!
初めて知りましたw
私は声優以外が声をあてるのはあまり好きではないですが、
ロンブー淳さんはなかなかピッタリの声と演技をされてたと思いますよ。

>春秋戦国時代はなかなか描かれなかった題材ではないでしょうか。

始皇帝について扱った作品は漫画以外ならわりとあるみたいですけどね。
私は、古代中国はあまり関心のない時代なので、
いろいろ読まれているchocobisさんの方が詳しいのではないでしょうか。

始皇帝が暴虐な君主だったという評価って、
次の王朝の漢代に形成されたそうです。
また、時代によってはその時の為政者によって都合のよいように再評価されたり
また貶められたりもするので、
私は始皇帝が主人公だったとしても、
新たな解釈でやってくれたらいいんじゃないかと思います(笑)

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/01/19(日) 21:03:31
  • [編集]

「境界の彼方」について

「境界の彼方」について

chocobisさんこんにちはw

〉もうー、一瞬で斬り捨てるから怖かったじゃないですか(笑)!
えっ?そんな鋭い口調で書いたつもりは全然なかったので、すみません。
作品名が似てるから、違う作品なのに間違えたのね~って思いました(笑)

「空の境界」については、意味不明ながらも結局最後まで見てしまったんですよ。
でも、分からないまま終ってしまったので、
うまく書くことが出来ないと思ったので、スルーしてました(笑)
劇場版で新作もやってたようなので、テレビ版が物語の終りではなさそうです。
ただ、テレビ版では主人公とヒロインが仲良く手をつないで一緒に生きていく、
みたいなハッピーエンドでしたので、
「ラストは二人ともすでに
死んでいると考えればいろいろなことに説明がつくらしいです」と
言われるとよけいに分からなくなりました(笑)
「境界の彼方」の方で言われたらまだそういう解釈もできると思うのですが。

でも、もうどっちでもいいです(笑)
ヴァルヴレイヴのせいで、ツッコミしたり深く考えるのはもうこりてますので(笑)
つくづく、ヴァルヴレイヴっていろんな意味で心に深く刻まれてしまったなぁ(笑)
Chocobisさんも早くヴァルヴレイヴ2期見て下さいね~(笑)
あと、サイコパスもね(笑)

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/01/19(日) 21:06:10
  • [編集]

 

こんにちは~猫のしっぽさん。
今回も張り切って返事のお返事の返事を書きますよー……と思ってから
こんなに時間が経ってしまいました。
本当に後少しというところまで来ていたんですが、
そこからなかなか取り掛かることができなくて…ごめんなさい。
コメントありがとうございます。


>キルラキル
あの話は良かったですよね。
この作品の中でも実は数少ないまっとうに物語性のある回だったと
思ってます。
ところでここで「ムーディストビーチ」を書いてあるのを見て
私は猫のしっぽさんらしい品の良い聞き間違いだなと思ったんですが、
下の方で「ヌーディストビーチ」と書いてますね。
タイプミスに感動してしまいました(笑)。

それにしても、三木さんは活躍されてますよねえ…。
中田譲二さんや檜山修之さんもいまだに声を聴く機会が少なくないし、
本当に大したものだと思います。
女性声優では花澤香菜さんが1シーズンだけを見ても
非常に多くの作品に出演している印象がありますが、
個人的には声優の中では可愛いからプッシュされてるんだろうなと
思っているので、この人の未来はまだ分からないなと
ぼんやり考えてたりします(笑)。
でも今でこそのこれだけ人気ですが、
新人の頃は相当下手だったらしいですね。
猫のしっぽさんは知ってましたか?
私でも噂に聞く小見川千明さん並だったらしいんですけど…。
ちなみに私が小見川千明さんが出演した作品を見たのは
エウレカセブンAOが初めてで、この頃はもうほとんど違和感なく
聞けるところまで上達していたので、下手という印象は
なかったりします。

…あ、いけない、また一人で盛り上がってしまいました。
すみません、次に行きます(笑)!
そういえば流子と皐月の共闘は結構予想されてるみたいですね。
私は何も考えずに見てました(笑)。


>ぎんぎつね
やっぱり~(笑)。
面食いな猫のしっぽさん(笑)!

なんて、でも詳しく聞いてみればギリギリラインの
アニメだったようで驚きましたよ。
癒されるというのはあくまで他に分かりにくいアニメが
あったからですか(笑)。
「どの恋愛フラグもへし折れてる感じ」とは
穏やかではありませんね。
ほのぼの失恋アニメでしょうか(笑)。

友達が面白いと言ってた作品は見ちゃうことありますよね。
面白くなかった場合にはっきり言うかは相手によりますが(笑)。


>黒子のバスケ
必殺技が存在する系統の作品なんですね。
大リーグボールとかそっちの(笑)。
最近は実際にある投げ方や技術を必殺技として扱うリアル系の作品も
ありますが、少年漫画の王道たるジャンプでは
あまり採用されないのかもしれませんね。
もちろん、どちらの手法にも魅力はありますが、必殺技系の作品は
比較的知識がなくても楽しめるんじゃないかなと思います。
「チェックしてるだけ」と明言してる
猫のしっぽさんには今更ですが(笑)。

バクマンだとやっぱり石沢の役になりそうですねー。
でも石沢は良くも悪くも小物だから、ここまではやらない
あるいはやれないようにも思えますね(笑)。
「今日からマ王」の村田や「ブリーチ」の山田と同じ声優とは
知りませんでしたが、もしかするとその辺に名残があるのかも
しれません(笑)。


>ゴールデンタイム
お~、とらドラ見てましたか!
評判がいいだけあって楽しめたようですね~。
そして舞台が母校で「何もかもが懐かしい!!!」ですか(笑)。
在学中に聖地巡礼しまくり済みとは、いかにもですねえ(笑)。

ふうむ……いえ、これは一つ一つ拾い上げるのはよしましょう。
だって猫のしっぽさん、本当に懐かしそうに話すんですもん(笑)。
そんなお姉さん見てたら私まで楽しくなっちゃいますよ(笑)。
いろいろあっても思い出いっぱいの学び舎なんですねー。
考えてみたら自分とこの学校がアニメ化されたってことですもんね。
それはすごいことですよ(笑)。


>記憶喪失設定
んー、そうですねえ……いえ、私は見てないんで説得力が
落ちるんですけどね、その三角関係で何か新しいもの、
面白いものが作れないかなというところからこの作品は
始まったのかなと、猫のしっぽさんの言うことを読んで思いました。
「過去を吹っ切って新しい恋人との生活を楽しんでいるところに
かつての恋人が現れる」設定の作品って、ありますからね。
そういう変化球気味の三角関係を描いた作品かなと思ったりします。
「記憶が戻った時」というクライマックスは読者にも容易に想像が
つくから、それを待ち望みながら見ることもできますし……。
でもまあたいていの素材は良いものです(笑)。
後はそれをさばくだけの腕があるかどうかで、「とらドラ」が
楽しめたということは作者との相性は悪くないわけだから、
もちろん作品ごとに好みはありますが、猫のしっぽさんの評価が
間違っているなんてことはありえないですよね(笑)。
例えば「記憶喪失前の気持ちが時々ぶり返す」タイミングが
あまりに絶妙だと、「都合の良い脳みそをしてるな」と
苦笑してしまうでしょうし(笑)。


今回の返事はこの通り遅れてしまいましたが、
次からは……うーん、
まだいくらか立て込んでる状態が続きそうです。
でも今回よりは待たせないよう、少しずつでも書き溜めて
いきたいと思っているので待っててくださいね。

それじゃ……あ、そうそう、すぐ次を書けるとも限らないから
拍手コメントの返事も少し書いておきましょう(笑)。

ローゼンメイデンは3期まで全て原作通りなんですかねー?
数日前に作者と編集者との間か何かで確執があり、
それで出版社が変わったことをたまたま知ったため
少し考えてしまいます(笑)。

おや、カラスはお好きではありませんか。
普通そうですよね(笑)。
でも白いカラスなら印象は良いとのことで、
じゃあ「白カラスの尾っぽ」なら……名前にしては
ごちゃごちゃしてますね。
やっぱり猫のしっぽお姉さんが一番です(笑)。

「蟲師」は今の私がわざわざ記事に書くまでに良いアニメだし(笑)、
原作者は女性だから猫のしっぽさんとも感覚が合うんじゃないかと
思うんですよね。
雰囲気たっぷりの、いろんな人におすすめできる作品です。

はい、今回はここまでにしておきます。
それではまた、次の返事を待っててくださいね~。

  • 投稿者: chocobis
  • 2014/01/26(日) 05:36:51
  • [編集]

 

こんにちはー猫のしっぽさん。
この返事を書いている今はもう冬休みはおろか1月の終わりが
近づいていて、本当に時間が経つのはあっという間だなと思います。
……相変わらず返事が遅れてますね…………。
忙しい日常に続いてこんなことまで元に戻って
さらに憂鬱になってはいないでしょうか。
す、すみませんー!

見てない作品でも名前は一応知っているし、そのクールに放送された
各アニメの出来がどうだったかは興味があるから
楽しく読ませてもらってますよ。
むしろいつでも猫のしっぽさんとお話したいというか、
お姉さんに相手をしてもらいたいだけだったりして(笑)。
コメントありがとうございます。


>ストライクザブラッド
ああ、2クールだったんですね。
それじゃ~切ってもおかしくないです。
確かに、放送開始直後はまだ何クールかはっきりしない作品って
そこそこある気がします。

>Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-
なるほど、縁が遠い世界について知られるからですか。
そっちは私も詳しくないです(笑)。
その昔あった「こみっくパーティー」というアダルトゲームが
同人活動を題材にしていて、その全年齢向けに作られたアニメ版は
一応見たんですけど、それくらいですねー。

>スポーツアニメ
おー、ちゃんと猫のしっぽさんの気持ちを理解できてましたか(笑)。
えっへっへ、嬉しいです(笑)。
でも読み直したら「あまり興味はない」って猫のしっぽさん
言ってますね。
あまりなら全く興味がないわけではないから、
題材にされにくいマイナースポーツなら見る気が起きても
おかしくないですよね。
すみません、どうやら最初に言ってることを
あんまり理解できてなかったようです(笑)。


>はじめの一歩3期
ああそっかそっか!
確かにそう言ってました!
一時期マガジンを読んでたんですよね。
完全に忘れてました、すみません。
なんだか今日は謝ってばっかりです(笑)。

私は一歩が何度か防衛するまでは読んでるんですよ。
だから猫のしっぽさんとだいたい同じとこまでは話を知ってると
思います(笑)。
長く続けられる理由は私もそう思いますし、そこが面白さの一つだと
思うんですが、どうも聞いた話だと100巻を超えてるのに
そんなに話が進んでないらしいですよ。
あと板垣に特殊能力者みたいな才能が開花したせいで
逆にしらけてるとかなんとからしいです。
すっごいあやふやですけど(笑)。
なのでスピンアウトはいいアイディアだと思いますよ(笑)。


>ラノベ
猫のしっぽさんはアニメが好きですもんね。
原作が何であろうと見るのはとても自然だと思いますよ(笑)。

でもラノベ自体はあんまり好きではないんですね。
私はハルヒ劇場版の原作は買ったんですよ。
安かったから(笑)。
その評価もこのブログで書いたんですが、後でよそを見たら
どうも解釈を間違えてたみたいです(笑)。
長門があんな風に思うなんてないと思ってたんですよねえ…。

まあそれはともかく、十二国記もラノベに分類されるんですねー。
考えてみれば設定から何からラノベに属するような気はします。
あと前にも話した記憶のある「氷菓」の原作者は今でこそ
普通の小説を書いてますが、元々ラノベが好きで本も出しており、
ラノベの可能性を信じているともに今は離れていることを残念に
思っているそうですよ。
こういう人がラノベ作家に増えてくれるといいんですけどね。


>物語 セカンドシーズン
やっぱりお姉さんは猫ですか(笑)。
そしてまた期待とは違ってましたか(笑)。
憑依するんじゃ猫の姿を堪能できないですねー。
でもまあ話が面白くなっているなら結果オーライでしょうか(笑)。
あ、そういえば猫のしっぽさん、ふと思ったんですけど
猫以外の動物ってどうですか?
好きな動物がいる人が他に対してどう思ってるかって
実はあんまり聞くことがないなってふと思ったんですよね。
犬とかウサギとかハムスターとか、アルパカとか(笑)。
ちなみに私はアルパカが怖いです(笑)。


コメントがいっぱい来るのは嬉しいです(笑)。
まずいのは私の返事が遅れることで、だからどちらかといえば
猫のしっぽさんの方に不都合があるというか(笑)。
私の方は猫のしっぽさんとお話しできて楽しいなってだけですから。
できればこれも休みのうちに書ければ良かったんですが…すみません。
ログホライズンも滞ってるんで書かないといけませんね。
視聴者間での交流が盛り上がっているなかなか珍しいアニメだと
思うので、零細のうちも更新のしがいがあるというか(笑)。

お気遣いありがとうございます。
お姉さんこそ体調には気を付けてくださいね。
大事にしないといけないお体なんですから。

それでは……ああ~、すみません、一つ聞きたいことが。
拍手コメントの方でログホライズンについて、
ヘイトやレイドや強くてニューゲームの意味を質問されてましたけど
あれって私、返事は書きましたか?
確か書いたような気がするのに検索しても出てこないんですよ。
書きかけの文章を見てもなくって、じゃあこの記憶はいったい…と
少し困ってます(笑)。
申し訳ないんですが教えてもらえますか?

それでは、また次の返事を待っていてくださいね。

  • 投稿者: chocobis
  • 2014/01/30(木) 08:01:38
  • [編集]

 

こんにちは猫のしっぽさん!
遅れると言いつつ返事を書きました(笑)。
もっとお話しもしたいし…なんて、間を開けておきながら
調子がいいですかね?
でも嘘じゃありませんから(笑)。
コメントありがとうございます。


>アイシールド21
そうなんですよねー、完結してないみたいです。
しかし猫のしっぽさんはロンブー淳に肯定的ですか!
私はそっちに驚きましたよ(笑)!
んん~~、まあ……人の数だけ意見はあるものですね~(笑)。
私は……んん~(笑)。


>春秋戦国時代
そうですね、始皇帝は……ああ、始皇帝が生まれて統一するまでの
時代が春秋戦国なんですか?
ごめんなさいこの通りまるっきり疎いものですから、
どうか呆れないでください(笑)。
だからこそ歴史に詳しい猫のしっぽさんをキラキラした瞳で
見ているわけでもありますから(笑)。
でもそうだとしたらそれなりに作品はあることになりますね。
私は漫画でちらっと読んだだけですから、大したことないです(笑)。

始皇帝の評価にはそういう側面があるんですね。
なるほど、確かに歴史にはつきものです。
「項羽と劉邦」を読んだ限りでは、万里の長城の建設は死ぬまで
働かされる過酷なもので、かといって拒否すれば死罪という、
民衆にとってこれに駆り出されることはとても恐ろしいことであり、
劉邦も命令から逃げて山賊となっているんですよね。
始皇帝は各国を見て回る最中に病気か何かで死ぬという
天命を果たした最期とは言い難く、秦も長く持たず滅び、
これをカッコ良く描くのはなかなか骨が折れそうに思います(笑)。
まあ別にカッコ良く見せる必要はないのですが、
作者の方は勝算があって始めていることを他人事ながら
祈っておきます(笑)。
それに猫のしっぽさんの説明によると
主人公は未来の将軍のようですしね~。

あ、でも曹操をまさに「破格の人」として描いている
「蒼天航路」の作者ならめちゃくちゃカッコ良く描けるでしょうが……
そういえばこの人も何か、春秋かもっと昔の伝説の時代を舞台に
新作を描いてるそうです。
キングダムはNHKでのアニメも見逃したし、
私としてはこっちに興味があるかもしれません(笑)。


>境界の彼方
だってバッサリいくんですもん(笑)。
でも悪気もなければ私も怒ってるはずがないので
謝る必要はないですよー。
私の方こそ、少しでも申し訳なく思ったのならすみません(笑)。

最終回については、私がよそで見たことを言ったために
猫のしっぽさんを混乱させてしまったようですね。
どうもすいません、忘れてください(笑)。
「もうどっちでもいい」ようで良かったです(笑)。

ヴァルヴレイヴと…サイコパスですか。
忘れてませんね~猫のしっぽさんも(笑)。
サイコパスは2期が決まったとかなんとか聞いたんですが
本当でしょうか?
参りますね、1期も見てないのに(笑)。
ヴァルヴレイヴは書こう書こうと思って現在に至る……
まあいつもの自分のパターンですね(笑)。
これらに関しては、ええ、頑張ります。
そうとしか言えないというか(笑)。


さて、長らく待たせてしまいましたが、いざ書くとなれば
一気に全部返事できました。
極端ですね~(笑)。
でもこれで猫のしっぽさんの心の重荷も、
加減もいらなくなったことでしょう。
さあ、いつでもコメントして構いませんからね(笑)。

あ、それからもう一つ、拍手コメントの返事も書いておきませんと。
データ放送部分の録画は驚きましたよね~。
自分がブルーレイレコーダーを買うときはシャープを基準に
検討したいと思います。
ヴァルヴレイヴの艦長の名前は外れてましたかね?
「これだ!」と思うのを選んだのですが(笑)。
「放浪息子」は見たことないのに、むしろだからこそ私も
「放蕩息子」だと思ってましたよ(笑)。
普通はそう考えますよねえ。
「ソードアートオンライン」は完結してないんですね。
これまた見てないのでびっくりです。

では、返事はひとまずこれにて終了です。
猫のしっぽさんの様子がまだ以前と同じに戻ってないと感じるのは
気になりますが、コメントを小分けにするのはこちらとしても
返事を簡単に書けるメリットがあると思うので、
このままでいいかもしれませんね。
今回はまとめて書きましたが(笑)。

これからしばらくまた停滞しそうですが、
頑張って更新したいと思ってますので
よければまた見てくださいね~。

  • 投稿者: chocobis
  • 2014/02/07(金) 18:30:39
  • [編集]

Chocobisさんこんにちはw
コメントのお返事ありがとうございます。

〉小見川千明さん
私は「エウレカセブン」も「ソールイーター」も見てないです。
それでも棒声優の代表みたいに言われていることは耳にしたことがあります。
「それでも町は廻っている」とか「花咲くいろは」とか「夏のあらし」に
出演されてるのを聞く限りでは、全然下手だと思ったことがないので、
下手だというのは、デビュー作の「ソールイーター」の頃の評価なのかなと思ってます。
最近出てきた女性声優は声の区別がつかないくらい同じような声ばかりに聞こえるので、
小見川さんのような少し低くて鼻にかかったような声質は貴重に思えます。
新谷真弓さん(キルラキルの四天王の一人、蛇崩の中の人)とか
新井里美さん(とある科学の電磁砲に出てる人)とか
特徴のある声質の声優さんがもっと出てくるといいと思います。

今までこれは下手だなと思った声優って、
「遊戯王」2作目(テレビ東京版)のほうの主役をされた人です。
1作目のテレビ朝日版が緒方恵美さんが主演だった分、なおさら下手に感じました。
放送年数が長かったのでだんだん気にならなくはなりましたが、
やっぱり長台詞になると聞き苦しかったです。
あとは、「スケットダンス」の主人公の妹役が棒でしたね。
遊戯王2作目の主役も、スケットダンスの主人公の妹役の人も、
今調べたら本業はアイドルみたいなのでしょうがないのかもしれませんが、
だからこそ、あんまり声優以外には声をあててほしくないです。

本業が声優でもひどいアニメを見かけたことがあります。
去年の夏アニメで1話で視聴切りした「帰宅部活動記録」です。
女の子5人が「帰宅部」という名の変な部活の部室でただおしゃべりしてるだけの日常系アニメ。
日常系っていうだけで初めの5分で視聴を止めようかと思うアニメだったのですが、
主要キャラ5人のうち主役以外の4人がものすごい棒なことが驚きで
演技が酷すぎてかえって、録画した1話まるまる見てしまいました。
その4人はウィキにもページがまだないので、駆け出しの声優さんらしいです。


花澤さんは、能登さんとか沢城さんとかと同じく、私にとって声で判別できる声優さんです。
いろんな役をされてますよね。このまま歳を重ねても生き残れるのかはまだ分からないですね。
私が以前から好きだった女性声優さんは、年とともに出演作品が少なくなってる人が多いですから。
結婚されて、自ら望んで出演作品を減らしてらっしゃるのならよいのですが、
若くて美人な声優に、という風潮の結果干されるなんてのは嫌ですね。
女性声優に比べて男性声優の方が生き残りやすいように感じるのですが、
男性声優の好きな女性ファンの方が、声優さんの顔や年齢を気にしないってことでしょうか。

〉十二国記もラノベに分類されるんですねー。
〉設定から何からラノベに属するような気はします。
ラノベの定義がよく分かってないし、アニメ化されたものを通じてしかラノベに触れていないので、
十二国記がラノベというのは驚きました。
ラノベは、ハーレム系ラブコメが多いのかと思ってましたが、
最近挫折したアニメの原作「ストライクザブラッド」「東京レイヴンズ」が
ラノベ原作であることを考えると、凝った設定すぎるというのもラノベの特徴の一つなのかもしれませんね。

〉はじめの一歩3期
〉板垣に特殊能力者みたいな才能が開花した
はじめの一歩の感想記事を書かれてるブログで、
板垣が一歩の家の釣り舟屋のバイトを始めてから強くなったエピソードの回の感想で、
原作で面白かったのはこの辺りまででおかしくなる分岐点だった
みたいな感想を見かけたことがあり、それに賛同するコメントなんかもついてたりして、
「原作でいったい何があったんだ?!」って思ってましたが、
Chocobisさんのお言葉で疑問が解けました。
あ、私、ネタバレは別にOKな人なので気にしないで下さいね(笑)
この作品で特殊能力者みたいな才能ってのはまずいですね~
心が離れるファンもいるでしょうね。
まあ、実際に見てみないと判断はできないですが、
そこまでアニメ化してくれるといいけれど。

はじめの一歩の1期の時はあんまり声で分かる声優さんがいなかったのですが、
あれからもう10年くらい経ったら、いろんなアニメで聞き覚えのある声優さんばかりになってました。
一歩の中の人だけはあまり他で聞いたことないですけど。

)ハルヒ
いろんなところで話題だけは聞くので、一度は見たい作品なのですが、
再放送してくれないかしら。
一度ツタヤで借りてみようと思ったけれど、
「ハルヒの○○」がいっぱい並んでいて、
どれがシリーズ第1作目なのかが分からないので
借りるのをやめた事があります。
まあ、今は忙しいので借りても見る時間はとれなさそうですけどね。

)猫以外の動物ってどうですか?
猫が好きになる以前はアヒルとかガチョウが好きでした。
今までにも何度もお話した好きなアニメ「ニルスのふしぎな旅」の影響です(笑)
飛べないはずのガチョウのモルテンが努力して飛べるようになり、
妖精に小さい姿に変えられたニルスがそのモルテンに乗って旅をするのです。
日本ではガチョウよりもアヒルの方が身近なので、
アヒル好きとして友達には知られてました(笑)
ハムスターも好きでしたよ。同じく「ニルスのふしぎな旅」で
ニルスに飼われていたハムスターのキャロットも、
ニルスと一緒に小さくされてしまってニルスやモルテンと一緒に旅をします。
ただし、原作には出てこないアニメオリジナルキャラですが。

さらにいうと、「ニルス~」を見る前の幼稚園の時に、
何かの女児向けアニメで出ていたハムスター(名前はスピカちゃん)が大好きで、
そのハムスターのぬいぐるみを両親に買ってもらってよく遊んでました。
そのアニメはどんなタイトルでどんな話なのかも忘れましたが、
幼稚園の同じクラスの女の子でスピカちゃんのぬいぐるみを持っている子が
10人近くいたので、その当時は流行っていたアニメなのかも。
今、スピカちゃんが出ていたアニメが何なのか気になっていろいろ検索してみたら、
「若草のシャルロット」だと判明しました。
(昔のアニメばかり紹介するブログで見かけました。)
判明した、といってもウィキでストーリーを読んでも「そうそう!そうだった!」という感じでもなく、
話の内容なんてまるきり記憶になかったです。
唯一覚えていたスピカちゃんのことは、ウィキではスルーされてるし………。

現在、家にあるぬいぐるみはハムスターとアヒルと猫です。
小さい時買ってもらったぬいぐるみは20以上ありましたが、
愛着のあるハムスター以外は引越で処分しました。
アヒルは、もうぬいぐるみで遊ぶ年でもなくなった中学生の頃、
母がアヒル好きの私の為に癒しグッズとしてプレゼントしてくれたもので、
猫の方は、もっと大人になってから、飼い猫の代わりとして
本物そっくりの見た目の高級ぬいぐるみを購入したものです。

今現在、猫ラブな私にとって、
ハムスターとアヒルのぬいぐるみはぬいぐるみ扱いで飾ってるだけですが、
猫のぬいぐるみは生きてる猫の代わりなので
(傍から見ると痛い人ですが)毎日なでたり話しかけたりして可愛がってます(笑)

犬やうさぎはかわいいと思うけれど、大好きというほどでもないです。
犬は犬種によっては可愛いと思うものとそうでないものとの落差が大きいですね。
柴犬とか秋田犬みたいな犬種は好きです。
あと、ソフトバンクのCMの犬のお父さんも可愛い(笑)

アルパカとはピンポイントでマイナーな動物を挙げられますね(笑)
写真やテレビの映像で見てる分にはかわいいと思いますよ。
実際に間近で見たら怖いと思うかもしれませんが。

昆虫は嫌い・怖いですが、それ以外なら基本的に好きですよ。

またも長くなってしまったので、ここで一回区切りますね。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2014/02/11(火) 17:47:33
  • [編集]

 

こんにちは猫のしっぽさん。
例によって遅れてしまって本当にすみません。
うーん……何と言ったらいいでしょうか。
どうもこう……すみません。
結局それしか言うことがないんですが。

この前は忙しかったそうですが、少しは落ち着いたでしょうか?
私は猫のしっぽさんへの心配なら全然、むしろ喜んでしますけど(笑)、
無理だけはしないでくださいね。
再来週から始まるであろう4月期のアニメは
ゆっくり見られるといいですね。

それでは返事の方へ速やかに入ります。
コメントありがとうございます。


>声優の演技
小見川さんは結構長い間棒読み声優と言われてた気がしますよ(笑)。
私は出演作に縁がなく、比較的最近のエウレカで初めて見たから
詳しくないんですが。
演技力が伴ってない時期では、声に特徴があると
余計にまずかったかもしれませんね。
逆に、素人声と言われたりもする特徴のなさすぎる声でも
アニメには合わなかったりもするのが難しいところです。
「ツバサクロニクル」の主演二人はそろって素人声で
なかなか厳しかったですよ(笑)。
でもその素人声だった入野自由さんが今は売れてるんだから、
世の中分からないものですねー。
ちなみに新井里美さんは、私はまだ出演作を見たことがないようです。
たぶん名前を見たのも初めてじゃないでしょうか。

遊戯王の風間俊介さんはきつかったですよねえ(笑)。
風間さんはゲームやアニメが好きらしいから
個人的には親近感があるんですが(笑)。
あの人はジャニーズのアイドルなので、今でいうとAKBのメンバーが
人気漫画の主役を演じるようなもんでしょうか。
そう考えるととたんに恐ろしくなります(笑)。
…と思ったらその「スケットダンス」の妹はAKBなんですね。
ジャニーズと違って主題歌から声優から本当に望まれてもないのに
隙があろうとなかろうと入ってこようとするのが、
このグループの煙たがられるところです。
話題性と新たな視聴者層獲得のために作品の質を犠牲にする風潮は
今も昔も変わらずですか(笑)。

「帰宅部活動記録」というアニメは初めて知りました。
内容からするとまるで新人声優育成のための番組のようです(笑)。
見せられる方も視聴者じゃなく指導者になったつもりじゃないと
厳しいかもしれませんね(笑)。

声優界も新しい人がたくさん出てきますからねー。
顔に関しては正直、まあ、今売れてる人を見てもまあ、だと
個人的には思うので(笑)、若いキャラにはやっぱり若い人だろうという
ことのようにも思われます。
もちろん不美人だと言ってるわけではありませんよ(笑)。
芸能界基準で美人だと断定するのはためらうだけでございます(笑)。
ただ、これは軽くショックだったのですが、渡辺久美子さんって
いるじゃないですか。
それこそベテランで有名キャラクターの声も担当してらっしゃる。
あの人は一つ前のプリキュアに少女役で出ていたのですが、
はっきり言って……少し時代を感じました。
主役を演じる若い女性声優の人たちと会話するシーンで、
そのように感じられたんですよね。
私は。
まあ演技のことなんて分かりませんから勘違いの可能性も
十分ありますけどねー(笑)。
でもちょっと、驚きました。
だからもしかしたら実年齢にとらわれない声を出せる声優と言えども
そういうのはあるかもしれません。
それに男性声優も石田彰さんや三木眞一郎さん、
置鮎龍太郎さんのようにオンリーワンの個性を確立できている方たち
以外は数も控えめになっているかもしれませんよ?
残酷なことに、私たちが忘れてしまっているだけで(笑)。


>十二国記
私もラノベの定義はよく分かりません(笑)。
それゆえに結構広いものかもしれませんね。

ハーレム系ラブコメは確かに多いと思います(笑)。
経営者としても安定して稼げるだろうからアニメ化もしやすいと
判断しているのではないでしょうか。
その結果、目につくことが増える、とか。
逆に王道のファンタジー小説は流行が終わったような印象があります。
かつて角川のスニーカー文庫にはそういう作品がたくさんあったような
気がするんですが…。
バラエティ豊かな作品をそろえることがラノベというメディアを
育てることにもつながると思うので、長期的な目で見てほしいですね。


>はじめの一歩3期
ほ~、そのように言われてるんですね~。
私も詳しくないので猫のしっぽさんの話を聞いて
理解できましたよ(笑)。
でも私はネタバレは人並みに気にします(笑)。
猫のしっぽさんは見てないアニメもブログだけは訪問することも
あるから、そのあたりと関連しているのでしょうか?
はじめの一歩はなんだかんだで人気作だから
時間を置きつつアニメ化されそうな気がします。
出演声優さんの人気を感じられるのは
長く見ている人間の特権ですね(笑)。

>ハルヒ
あれだけブームになったこの作品も、今はすっかり……のようです。
「灼眼のシャナ」という作品もそうで、この作品が人気だった頃は
批判的なことを言うとすぐ信者が噛みついてきたのが、
再アニメ化されたときには噛みつこうにも信者自体
見かけないようなことになっていたらしいです。
私は見てないので噛みつかれることはありませんでした(笑)。
ハルヒは、人気が出てから長い時間をかけたのちに発表された
原作の最新作がいまいちだったようです。
そもそもブームになること自体が良くないことかもしれません。
まあハルヒという作品については自分なりに思うこともあるので、
そのうち軽く書くかもしれません。
問題はそのうち書こうと思い始めたのが去年より前だったような
気がすることですが(笑)。
あ、そういえばハルヒの既巻セットがとても安かったので
こないだ買ったんですよ。
ブームが去った作品はこれがいいですね(笑)。
もし猫のしっぽさんが近くにいれば貸してあげられるのに……と
今更もどかしいことを言っても始まりませんか(笑)。


>動物
へええ……なるほど~。
アヒルやガチョウやハムスターは猫のしっぽさんが
まだ幼かった頃に出会って好きになった動物なんですね。
「若草のシャルロット」は初めて会話に出ましたね(笑)。
それぞれアニメに出ていたのがきっかけで、
今でもぬいぐるみを残していると。
それなのに今は猫の方が圧倒的に上回っているなんて、
ガチョウたちが不憫で涙を禁じ得ませんよ(笑)。
ほらモルテンのあの努力を、スピカちゃんが大好きだった気持ちを
思い出してください!
私は今初めて知ったんですが(笑)。

犬やうさぎも定番の動物ですが、うさぎは実は1匹で飼う方が
良かったりするみたいです。
ハムスターは寿命が数年のようだから
愛情を注ぎたい人には多分向かないでしょうね。
実際に飼うかは別にしてたまに調べてみたりするんですけど、
まず飼えるかどうかというのがあるんだなと思ったりします。
だからぬいぐるみを可愛がる猫のしっぽさんの気持ちは
分かりますよ(笑)。
ちなみに私は結構前に水槽を買いました。
魚もジオラマみたいな小さな世界も好きなのでいつか飼ってみたくて。
そして水槽は現在、空のままです(笑)。
いえ、飼いたいんですけどねー、ついつい。

にしても、アルパカ可愛いですか!?
動物なのに妙に人間みたいな顔をしてるのが私は怖いです!
あれがもし人語をしゃべったら納得すると同時に卒倒しますよ(笑)!
カピバラはいいけどアルパカはない(笑)!


ようやくこれで一つ返事を書けました。
かなり遅れてしまってすみません。
またしてもせっかくの連休を逃してしまったのが
個人的には痛くて……うう~ん。
今週はちょっと厳しくてあまり時間が取れないんですが、
なんとかもう一つ、文章量から考えればさらに頑張りたいと
思ってますので、あと少し辛抱してもらえれば幸いです。

  • 投稿者: chocobis
  • 2014/03/24(月) 23:44:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する