ログ・ホライズン 10話

  • 2013/12/12(木) 07:55:10

-12月14日午後7時7分の追記であり連絡事項-

まずコメントへの返事ですが、すみません、
見ての通り遅れております。
今書いてはいるので明日の午前中には完成する予定です。
うちのような零細ブログにとってコメントは
ありがたいものなのに、申し訳ありません。

次に、最新回、この記事の回の次である12月14日放送の第11話ですが、
アクシデントにより録画に失敗しました。
オンタイムでも見ておらず、よって書くことができません。
幸いNHKは正月にアニメの一挙放送をするならわしがあり、
1月1日から3日間にわたってログ・ホライズンの最新13話までを
放送してくれるので、そこで見ることができます。
しかし、それまでの間はお預けですね。
楽しみに見ているアニメだし、毎回のように読んでくれている
方もいるだけに、非常に残念です、はい。
といってもさっき書いた通り、再放送があるのだから
これでもう終わりというわけではないですからね。
まあ、ちょっとだけ待たされるだけですよははは。
再放送を見てまた更新が再開されたときは
どうぞ読んでやってください(笑)。

-追記&連絡事項終わり-


かなり遅れましたが書きました。
どのくらい遅くなったかと言うと、
あさってには次回が放送されるくらいです(笑)。
まあちょっとすぐには見られなくて、
書くのも時間がかかったしね~。

でも必ず最後まで書いていきますよ。
任せていただきたい(笑)!

それでは、ログ・ホライズン第10話です。

あ、もう10話なんだ。
早いねー。


おや、街を歩くマリ姐とヘンリエッタ。
ええと前回ってどこまで…ああ、決着がついた後なんだ。
そういう構成ですか。

ということで、前回の続き。
ええっ、味のする料理の秘密をここでバラしちゃうの!?
まだ全員が円卓会議に参加すると決まったわけでもないのに!
…なに、このことは随分多くの示唆に富んだ発見で、
これがなければシロエはこの席を設けようとも思わなかっただと?
どういうことだ?
あと字幕を見なかったら「示唆に富んだ」の部分は
絶対聞き取れなかったと思う(笑)。

生産系ギルドの3つが蒸気機関の発明に成功した…蒸気機関?
また突然なんの脈絡もないことを。
今までそんな話……何いいいいいい、
蒸気機関はこの世界になかったものだと!?
なんでもアリかい今の世界は!
プレイヤーたちが1から作るなら現実と同じようなことができる。
それが味がする料理が示す可能性なんだな。

シロエの提案はまだまだ続く。
プレイヤーたちが絶望しているのは、帰れないからなのもあるが
やることがないのが大きいと考えている。
よって、この世界で暮らすには必要がなさすぎる
お金にもう少し価値を与えたい。
これから次々と生まれるであろう発明、その発明は新たな
需要を生み、それを利用するためのお金が必要となる。
そうなればモンスターと戦ってお金稼ぎをしようとも思うし、
高レベルのプレイヤーはその護衛をすることによって
お金を稼ぐことができる。
なお、発明ラッシュは経済の活性化に貢献する。
…ということらしい。
まあ細かい話はともかくとして、
人間生きがいがないとダメだよね(笑)。

次に、街の治安について。
アキバの周辺でのPKは禁止。
個人的には狩場の独占も気になるが、PKを禁止するだけでも
だいぶ変わるのかもしれない。
説明は欲しいですがね(笑)。
死んでも終わりじゃないこの世界において、
監禁や拉致は元の世界よりも重い犯罪である……なるほど。
そいつはいかにもその通り。
ギルドの入会や退会は本人の意思を尊重することも当然でしょう。

そして、こうした法律をエルダー・テイルの本来の住人である
大地人にも適用することも提案された。
クレセントムーンの客には大地人も……ほう。
ススキノで大地人が受けていた扱いや、ススキノの帰りに寄った
大地人の集落でのこともあるし、そういうことならなおさら
反対する理由はない。
しかし大地人と戦争ってのはどういうこった。
大地人は店員とかプレイヤーのサポートをするために配置された
キャラじゃないの?
どうやって戦争を?
というか「シロエ君は~」っていきなり君付けかよクラスティ(笑)!
何歳なんだこの鎧眼鏡は。
あと好意的な側なのに「いいかげんそのことを認識してください」
って言われたロデリックはかわいそうだった(笑)。

「我らD.D.Dは円卓会議に同意し、これに参加する」
うおおおおおお急に立ち上がったと思ったら
何カッコ良いこと言ってるのクラスティさーーん(笑)!!!
ソウジロウも、やっぱり影の薄いアインスも
みんな次々に同意していく!
「アキバを割るわけにいかねえからな……黒剣騎士団も参加だ」
ああっ、アイザックも!!
…………いや待て待て待て!!
お前は待て!
お前はそんな感じで同意しちゃダメだろ!
EXPポットのことがあるから円卓会議の設立にデメリットがあるし、
この会議でもずっとシロエに食ってかかってただろ!
反対の立場をつとめる人間がその他大勢と一緒に同意して
どうすんだよ!
ここはみんなが同意する中、一人だけ腕組みでもしながら
沈黙を保って、そして一番最後に「黒剣騎士団も参加だ!!!」て
ならないとダメでしょうが!
あんた自分の役割考えなさいよ!
バカ!

まあそんなこんなで(笑)、円卓会議の結成と…
レシピの秘密が公開された!?
一般にも知らせるの!?
秘密を教えることはマリ姐たちと契約する大きな理由の一つ
だったと思うのに、これじゃますます生産系ギルド3つが
損をしてるような……それでいいの?
う~ん、まあ話を進めよう。
ギルド会館の前かどこかで、その日の夕方に宣言がなされたようだ。
最初見たときはロデリックは別の場所で話してると思ったんだけど、
そうではなかった。
聴衆の前で話してるのを見ると、会議のメンバーそれぞれに
役割分担ができてきてるみたいだな。
クラスティは法律とか真面目な話担当で(笑)、ロデリックは技術担当、
そしてソウジロウはイメージキャラクターってとこか(笑)。

初心者を軟禁状態においていたハーメルンは解散し、
メンバーは本当に街を出て行かされた。
えっ、説明だけで終わり!?
いやいやいや待ってくださいよ、
そこは今回の中でも大事なとこじゃないですか。
その結末をこんなあっさり済ませるとは……いやいやいや。
会議の裏ですでに悪質ギルドを潰していた、と
参加者たちが知ったときの反応はとても面白そうなのに。

引越しをするシロエたちの元へ、次々と訪問者が。
おー、カラシン。
会議の事務に大地人を雇う、か…なるほど。
ヘンリエッタは七五三の服を持ってきた(笑)。
子供っぽい外見がコンプレックスの人間にとっては本気で嬉しくない
扱いだと思うんだけど、まあそこは、あんまり真面目に考えても(笑)。
ソウジロウも来た。
一緒にいるのは前に話に出てきた、元ティーパーティーのナズナ。
…それにしては少しモブっぽいデザインだな。
でもこのキャラには見覚えがあるぞ、
同行者として会議に来てただろー?
シロエがギルド会館を購入したと言ったときに笑みを浮かべてたのは、
元仲間として久々にシロエの手腕を見たからだろうな。
「海洋機構」のミチタカには、この新居の建築を頼んだみたいだ。
大工がプレイしてるゲームってすげえなーって思ったんだけど、
この世界での技術があればいいんだということに気づきました(笑)。
にしても、価格の相場が分からないのは確かに困る。
クレセントバーガーのときから気になってたんだよね。
アイザックも来て、派手に掃除をしてくれた(笑)。
一枚絵でカッコ良く帰るんじゃない(笑)!
あ、そういやこれがサモナー、召喚師か。
へえ。
あとソウジロウって仲間の女の子と普通に大浴場に
入ってそうだよね(笑)。

カレーに大喜びするシロエたち三人。
大仕事も終わったし、こういうギャグも見せていかないとね(笑)。

OPやEDで顔を見せていた金髪のキャラが本編初登場。
キザったらしくやや自己中心的で、レベルは20。
OPの姿は少し気になるけど、
なかなか愉快なポジションにつきそうだ(笑)。

お、トウヤとミノリが。
ああ~、ログホライズンに入りに来たのね。
「足手まといになるかもしれませんけど、
もうそれを言い訳にするのはやめると決めました!」
そういうことでしたか、ミノリの心理は。
ぼんやりしているシロエ、用意周到に相手を従えることはできても
まだギルドマスターには慣れてないんだなって最初は思ったけど、
ただのリーダーじゃなくあのティーパーティーのリーダーのように、
と思うと意味が深く感じられるね。
良い。
二人の新しいメンバーを加えて、カレーを一緒に食べた。
束の間の休息、ですかねー。

場面は変わってこれは…どこかの王国?
あの指輪は今回ちょくちょくクローズアップされてたな。
「EASTAL」と書いてあって…………NPCの国か。
大地人たちとの戦争とは、アキバに入り込んでいる人間とは
このことだったか。
んんん~~、なるほど。
これは侮れない。


はい、ということで今回も長くなってね、
短く行きたいですよね(笑)。

話は面白かったですね。
盛り上がるところは本当に盛り上がってて、楽しめました。

ただねー(笑)。
うん(笑)。

あっさりアイザックとか公開されまくりのレシピとか
やっぱりあっさりハーメルンとかは気になったし、
大地人にも王国があるんなら先に説明して欲しかった。
大地人への説明は前にあったもんね。
そこで王国があることも知らせとけば良かったんです。
プレイヤーが王国を構えることなんてできないから、
ゲームとしては街やダンジョンと同じように国があるのは
何も驚くことじゃないんですけどね。

あとさあ前回に小竜がミノリたちをおいてどこかに行っちゃったやつ、
今回なんのフォローもなかったのを見ると本当に単純に
キツネのキャラからの念話を聞いてどこかに行っただけなんだな。
不自然だよなーあ。
あれで男気とか言われても…もっとも、あれがあったから
ミノリとトウヤはログホライズンに入りたいと思ったのかも
しれないけど……そうでもないか。
あの二人はシロエのとこに入りたいよね(笑)。

あっさり流された部分や金髪の新キャラと王国の登場とか、
例によって過程を見ている感じで1話としてのまとまりは弱く、
「面白いんだけど説明不足や端折ったような部分が見られる」
という良くない意味でのこのアニメらしさが出ていた回じゃないかなと
思いましたね、はい。

ちなみに微妙に気になってるのが、ミノリとトウヤを神殿送りにし、
1話でシロエたちにも戦闘を仕掛けてきたPKパーティーが
ちょくちょく登場していること。
シロエたちが成敗したとはいえろくでもない奴らであることは
変わりなく、それが当たり前のように出て来てギャグ要員として
視聴者を楽しませるポジションを得ているのは納得がいかない。
ただ、ほとんどモブとして出ていることを考えると
これはアニメオリジナルじゃないかと思う。
下手すると原作では成敗されたっきり出てこないかもしれない。
なのでここはアニメスタッフに対して疑問を抱くのみにしておきたい。

さて次回は例の王国が正式に接触してくるようです。
「エルダー・テイルの影響は受けているが、ここは自分たちの知らない
別の異世界であり、僕たちの方がよそ者で少数派」という
シロエの言葉に重みが増したように感じられますね。
よそ者が自分たちの世界で好き勝手やってたら、
ススキノのような姿を見せられたらどう思うでしょうか。
いやはや、分際はわきまえたいものです。

それではまた次回、あさっての放送を楽しみにしましょう(笑)。

あ、そうだ。
今回でも説明がなかったので言っちゃいますが、
車椅子を押すミノリの姿は、トウヤが現実では足が不自由ということ
みたいですね。
コメント欄で教えてもらったことですが(笑)。
となれば自分の足で歩けるこの世界ではしゃぎ、
ミノリより前向きなのも当然というもの、ですかね?
もうちょいこの双子の普段の様子を見てみたいねー。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ログ・ホライズン「第10話 その手につかみとれ」/ブログのエントリ

ログ・ホライズン「第10話 その手につかみとれ」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2013/12/12(木) 16:50:28

ログ・ホライズン 第10話 「その手につかみとれ」 感想

2つの作戦を同時進行させ成功に導いたシロエ、凄いですね。 そんなシロエがカレーに目を輝かせるギャップ(笑) カレーは偉大ですね。 アキバを代表する10人のギルドマスターを前に、シロエは街の活性化と 治安維持の必要性を説く。 その冷静かつ有無を言わせぬ口調に、ひとりまたひとりと賛意を示す有力者たち。 こうして、アキバの街に自治組織「円卓会議」が発足した。 そんな一仕事を終え、...

  • From: ひえんきゃく |
  • 2013/12/13(金) 06:21:27

この記事に対するコメント

>王国について
いちおうススキノ遠征の時に「エッゾ帝国」についてはちょっと説明されてました。
あとは話タイトル表示時の地図では「エッゾエンパイア」「フォーランドデュークダム」「ナインテイルネイションズ」「イースタル」「ウェストランド」の名前があるので、
「エッゾ帝国」の話とあわせて国の勢力図という示唆はあるかなと。
作中の話で言えば大部分の人は街の中での混乱で一杯一杯だったので外に目を向ける余裕なんて殆どなかったのでしょう。
それに加えて、まだNPCの組織という認識だったので気にもとめていなかったと。

>レシピの公開について
公開については生産ギルドの同意はあったと思われます。
・先行して情報を知ったことで蒸気機関などの先行者利益は十分にあった。
・またその情報自体もなにかのタイミングでわかる「気づき」のようなものだったので、秘匿していてもいずれ誰かが発見して広まるのは予見される、ならばこちらから公開した方が街の活性化と円卓会議の信用獲得に繋がる。
・情報を広く公開することで、その技術を使って色々な生産が捗るようになる。
 その時に生産物を作る為の材料を多く取り揃えていて利益を得られるのはどこか?

に加えて「やっぱりアキバが賑わっていた方がいいよね」という思いがあってこそだと思います。

>ハーメルンの解散
三日月同盟は小竜などが協力者で関係していたので後から知ったのでしょうが、
それ以外の人たちには少なくとも同時展開していたことは明かされなかったのではないでしょうか。
シロエがそんな事までドヤ顔で説明するような人間ではないわけですし。

説明とかは大分足りてないとは思いますが、予想材料となる描写自体は一応されてはいます。

  • 投稿者: 7743
  • 2013/12/12(木) 18:53:06
  • [編集]

上から目線で失礼します

アニメログホラの感想ということで、拝見させていただきました!
ブログ等へのコメントは初めてなので、変なところがあったらすいません。
原作既読ですが、自分はMMOとか特にしないんで、どっちかってーと異世界集団トリップ物みたいな感じで面白いと思っていました。

>あと好意的な側なのに「いいかげんそのことを認識してください」
って言われたロデリックはかわいそうだった(笑)。

この時点までは、「現在の大地人=人間として接するべき存在」と認識出来ていたのはシロエ達ぐらいかと。そしてそれは(最悪の可能性へと繋がっているからこそ)今回の集まりを切欠にアキバ全体で可能な限り改めなければならないことでした。改めることが出来なければ、シロエの作戦は半分失敗といってもよかったのではないかと思います。

>ソウジロウも来た。
一緒にいるのは前に話に出てきた、元ティーパーティーのナズナ。
…それにしては少しモブっぽいデザインだな。
>あとソウジロウって仲間の女の子と普通に大浴場に
入ってそうだよね(笑)。

ナズナは、ソウジロウ主役の外伝漫画では、もっとエロい恰好でした(笑)
ウンディーネにコスプレさせたのも、HNK「裸はまずい」が理由らしいですし、まあ。
お風呂は、女子専用だけどソウジロウ誘われる→ソウジロウ固辞、外部浴場かシロエん家のお風呂、らしいです(笑)

>ちなみに微妙に気になってるのが、ミノリとトウヤを神殿送りにし、
1話でシロエたちにも戦闘を仕掛けてきたPKパーティーが
ちょくちょく登場していること。
>ただ、ほとんどモブとして出ていることを考えると
これはアニメオリジナルじゃないかと思う。
下手すると原作では成敗されたっきり出てこないかもしれない。

その通りです、スマッシュ率いる<ドレッド・パック>は原作ではPKしてシロエ達に倒されてそれっきりです。アニメでは、分かりやすいアキバのモブ冒険者代表みたいになってますね。

次回から中盤に入ります。というか、ここまでがプロローグようやく本番だ、みたいな感覚です。次章のキーワードは「友情、努力、勝利」「大地人貴族」「冒険者の死」みたいな感じです。

長文失礼しました。

  • 投稿者: -
  • 2013/12/12(木) 23:09:11
  • [編集]

 

次回の放送も近いというタイミングで更新された記事に、
コメントありがとうございます(笑)。
にもかかわらず返事が遅れてしまって申し訳ありません。
気づいてすぐに読んでいて、
返事も早くしたかったのですが…すみません。


>王国
ああ、ありましたねエッゾ帝国!
当時はしっかりチェックしていたのに、忘れてました(笑)。
それに回のタイトルの地図にも国名があるんですね。
ただ国といっても、クエスト等ゲームの進行や作品のリアリティの
ために設定だけ用意されたものから、国王の性格はおろか
国民の気質まで細かく作りこまれたものまで、
幅広くあるものと思うんですよね。
だから繰り返しになりますが、せっかくNPCの説明をするのであれば
こういったことにも少し触れて欲しかったなと思ってしまいます。

確かにレシピの公開は生産系ギルドの3人の同意を得ていたでしょうね。
蒸気機関は…………あ!
もしかしてこれが前回の「どうして価値がないと思われるのです?」
みたいなシロエのセリフにつながるんですかね!?
レシピを見て拍子抜けしたような感じの3人に対して言った!
あのセリフは味のする料理の価値ではなく、その発見の価値のことを
指していたということでしょうか?
ああ~、それなら納得がいきます。
もはやこの3人の関心は味のする料理から次のステップへと
移っているのでしょうね。
どのみち料理のことに気づく人間が出てくることは
想像していましたが、私はなるべくギリギリまで強みを
握っておいた方が良いと考えていたので、
それゆえ釈然としなかったようです(笑)。
「アキバが賑わっていた方がいい」というのはその通りでしょうね。
しかし材料を取り揃えている者にまでは頭が回りませんでした。
なるほど、そこで大手ギルド3つは利益を上げられるということですか。

ハーメルンの解散は、この円卓会議が成立したらこのようになるという
見せしめではないですけど、一例として参加者に紹介するのだと
思ってたんですよね。
でも会議が成立した場合にそれをやったら独断ですね(笑)。
まあどのみちプレイヤーたちには知れ渡ると思うので、
だったら…という気持ちはありますねー。

7743さんのコメントを見ても、予想材料となる描写がされているのは
理解できました。
でもそのように、考えればたいていきちんと納得がいくからこそ、
原作ではおそらくもう少し詳しく説明されているんだろうなと思い、
それに対してこのアニメ版は……と感じてしまいます。
ここは欲しいなって思う部分の説明が、なかったりするんですよね。
たとえ筋が通っていても、作品の方で明言してくれない限り
想像はあくまで想像に過ぎないものだと思うんですよ。
7743さんは熱心にこのアニメを見ている方のようにみえますから、
私のような反応に対して歯がゆく思う部分があるかもしれませんが、
これも一つの意見だと思って理解していただければ幸いです(笑)。

  • 投稿者: chocobis
  • 2013/12/15(日) 16:58:36
  • [編集]

 

おー、初コメントなのですね。
にもかかわらず返事が遅れてしまって本当にすみません。
あれです、私以外だともっと早く返事が来るのが普通ですから、
どうかブログは全部こんなものだと思わないでください(笑)。
コメントありがとうございます。


>大地人
そうですね、ただのAIではなく自分たちと同じように
意志を持った存在であるとすれば、そして大地人で構成されている
国まであるとすれば、関係の悪化は極力避けたい事態だと思います。
提案のうちの一つのようで、なるほど、これからを考えた場合に
実はとても重要な案件だったということなのですね。


>ソウジロウ
なんと、ナズナは漫画版だともっとエロい格好なんですか(笑)!
というか漫画版があったんですね!
しかもソウジロウが主役とは!
いや~、全然知りませんでした。
なんせ最初はこのログ・ホライズンを原作ものではなく
オリジナルだと思っていたくらいでして(笑)。

しかしウンディーネも裸ですかー。
ああいう精霊みたいなキャラクターは体を細かく描かないものだから
別にいやらしくはならないと思うんですけど…NHKらしいですね(笑)。

ソウジロウは混浴しないんですね(笑)。
なんとまあ、思ったよりずっと真面目じゃないですか(笑)。
シロエがデボーチェリ・ティーパーティーに誘われたときは
直継に対して「モテますから」と言っていたから、
女たらしのところがあるような印象があったんですが、
どうやらそのときが例外なんですね。
確かにシロエにモテることを指摘されたときは、
困ったような反応をしていた記憶があります。


>スマッシュ
ああ~、やっぱりそうでしたか~。
ですよね、普通ああいう三下キャラはやられて終わりがパターンです。
それなのにちょくちょく出番が与えられるなんておかしいぞ、と
思ったんですよね。
実はそこまで自信はなかったんですが(笑)。

あ、でもシロエたちに倒されてそれっきりということは、
ミノリとトウヤにPKを仕掛けたのも原作にはないということ
でしょうか。
だとしたら…アニメ版よりは罪が軽いですね。
スマッシュたちは原作に比べて待遇が良くなったかもしれないけど、
印象の方は悪くなってるのかもしれませんね(笑)。
あと、ドレッド・パックっていうギルド名だと初めて知りました(笑)。


物語は次からが中盤なんですね。
シロエたちを待ち受ける試練も徐々に大きくなっていくようで、
それらをどうやって乗り越えるか楽しみです。
…楽しみなのに、いきなり11話を見られないというアクシデントに
出くわしてしまいました。
なんと言ったらいいか、どうやら私にまず試練が訪れたようです(笑)。

でも、原作既読者ならではのとても参考になるコメントで、
興味深く読ませていただきました。
全然上から目線なんかじゃないですよ。
楽しかったです。

それでは、苦難に負けず正月の一挙放送を見たらまた更新するので、
よければまた読んでみてくださいね(笑)。

  • 投稿者: chocobis
  • 2013/12/15(日) 17:01:52
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する