ふたりはミルキィホームズ 1~3話

  • 2013/07/30(火) 05:22:52

ミルキィホームズは初めて見ます。
タイトルにつられて(笑)。

過去作を見ている人をターゲットに作られているようですが、
とりあえず3話まで見ました。

では内容の方へ参りましょう。


1話。

初めて見るが…ん?
実写が始まったぞ?
なんだこれ?
そういやOPか何かで主役たちの声優が表に出ていたような気もする。
あ、思い出したぞ。
確か緑の声優の顔がどうとか言われてたはず(笑)。
でもいざ見てみると別に…子供を連れてスーパーで
一緒に買い物してそうな感じじゃないですか。
実際そうなるんじゃないですかね?
パッと結婚して2、3人子供を産んで主婦業でもしてそう。
適当なくせにやけに具体的な想像ですけど
ともかく緑の子も普通だと思います(笑)。
ネタで言われてるんでしょうけどね~。

最初はこの4人による宣伝その他のコーナーなんだな。
あははは、4人とも誰がしゃべるか自分がそのまま行っていいか
見計らってる(笑)。
そのせいで会話にちょこちょこ妙な間ができてるぞ(笑)。
この4人、本当に仲が良いのかな?
番組の進行に慣れてないだけかもしれないけど、あはははは(笑)。

今回は不二家の工場見学…へえ。
なんと、すでにコラボしたお菓子も作ってるんだな。
ミルキィとミルキーをかけたのがそもそもの始まり?
入念な衛生管理をしてから工場へと……ここで終わり!?
っていうか続くの!?
なんだこれ!
ああびっくりした!!


アニメ本編…いえ、アニメパートの始まり。
んぬ~~、初めて見るから、メインと思しき二人が
前からいたか新キャラか分からないし、それが気になってあまり話に
入り込めない。
明智こころとかなんとかいう婦警は前からのレギュラー?
どうやら探偵学園というのがあるらしいが。

怪盗が現れた。
ただでさえ大人かそれに近い年の男に少女が足でかなうはずないのに、
どっちの方向に行ったか犯罪心理とやらで考えたり
遺留品とやらを見てて追いつけるわけないじゃないですか。
明らかに雑。

あれ!?
変な技を出した!!
探偵じゃないの!?
超能力もあり?
ますます内容がつかめなくなってきた。

最後に出てきたのがミルキィホームズ?
探偵と怪盗がお互いを認め合う馴れ合いの関係が許せない、とする
怪盗集団の理念は良いね。


ということで1話でしたが……いやはや(笑)。
どう見たらいいか俺が迷ってるせいもあるんだけど、
舞台設定もつかめないしなかなかすんなり入れなかったですね。

だから例えばね、主人公が「あたし○○。ナントカ学園の○年生!」
みたいな自己紹介をしてくれればまだ助かるんですよ。
そういうのがあれば初めて見る人間の入口になるので。
キャラも特殊能力もこの世界における探偵の位置づけも
何も説明がないんじゃあ、いささか見るのも厳しい。
怪盗を追いかけるシーンの出来も悪かったしね。

だもんでまあ……俺が見なくてもいいやつなんだろうな。
ほぼ間違いなく。
すでにシリーズを知ってる人間がターゲットなんでしょう。

まあ気楽な作品であるのは確実だろうから、
とりあえず2話は見てみましょう。




2話。

ん?
OPか。
じゃあ今回はアニメパートからのスタートなんだな。

ミルキィさんに会いにいく……えっ、主人公も一度も見たことが
ないような存在じゃなかったの?
あっさり会えてる…一体どういうことなんだ。
しかしミルキィさんって呼び方、ちょっと変で面白いな(笑)。

ミルキィホームズみたいになりたければ、なればいい。
名前をつけて探偵服を着て。
……え?
ごめんなさい言っている意味が良く……。

髪が長いキャラの兄が登場した。
ずいぶん妹思いらしいが、あれ、このキャラが怪盗集団のボス?
すごく分かりやすく作ってるんですね。

探偵にリベンジするなど馴れ合いに他ならない。
ああ~、うん、分かります、はい。

「よこくじょー」と書いた予告状を出したのも、
それをミルキィホームズが読んでないのも面白かった(笑)。

前回追いかけた敵と戦う主人公二人。
全くかなわないこと、パートナーだけは守ると言い出したこと、
すごい力が発動すること、それを食らって負ける敵、
うう~…ん。
王道というかベタというか、物語の基本的な展開をそのまんま
やってるだけでしかない。
パートナーを守るというならそれだけ大事に思ってる描写、
過程が欲しいし、そういったこともないから
ただパターンにならってるだけの内容になってしまっている。
浅いな。

主人公たちの名前はフェザーズ。
名前を書いたカードを犯人の服に挟んでいる…それはむしろ怪盗が
やることではないだろうか。

EDの曲は結構気に入ってたりする……えっっ!!!!
実写パートなし!!??
ええええええうっそーーん!!
続いておきながらそんな…ニコニコ生放送でまとめて配信?
あ、そう。
一緒に見せて悪いことはないのに。


ということでですね、まあ今回もパッとしない出来でしたね。
ギャグとかところどころ笑える部分もあって
何もかもがダメってわけじゃないんだけど、浅いんですよねだから。
どう考えても俺が見なくていい作品ですよ(笑)。

けどまあ、他のアニメを根こそぎ見逃しちゃったし
12分しかないからこのまま見ることも考えときましょうか。

ではまず3話へ。




3話。

「もしかして、ミルキィホームズより有名になっちゃうかも~!?」
調子に乗るな調子に。

フェザーズをかばってくれた女の探偵と女怪盗は同一人物だろうか。
探偵が怪盗ってのも馴れ合い臭いが。

お、探偵に変身した。
でもこれ多分普通に着替えてるんだろうな。

仲間と携帯で連絡を取ってる兄。
…さすがに分かりにくいな、主人公二人の名前は覚えよう。
カズミとアリスだな。
このアリサの兄が怪盗集団のボスだとはっきりした。
携帯で普通にチャットめいたことをしてたり
マスクを本の上に置いてたり、いい加減すぎる(笑)。
ソードマスターヤマトのパロディもあったし、
ここはさすがにギャグだと思う(笑)。

危険なことは攻撃の能力を持つ私の担当だと言うカズミに、
うなずくアリス。
うなずいちゃったよ。
「ううん、カズミちゃんだけ危ない目にあわせるわけには
いかないよ!」って言うと思ったんですが。

敵の罠により離れ離れにされたフェザーズ。
やっぱりあの女探偵が怪盗なんだろうな。
次に現れた分身する敵に囲まれてカズミのトイズが消えた。
どうやらトイズは自身の精神状態に左右されるらしい。
あ、各キャラが持つ特殊能力のことをトイズというみたいです。

敵に追い詰められ、結構本気のピンチだが……ここで終わりかい!
なんと!
こんな普通の終わり方をするとは思わなかった!


ということで…ん~、まあ、今回は大したことがないなりに
大きな失点の見当たらない内容だったんじゃないでしょうか。
凡作にはなれたというか。
まあ凡作は最初からそうだけど凡作の中でも佳作に近づいたみたいな、
結局佳作ですらないんですけどね(笑)。
俺がそろそろ設定を理解しだした部分もあって。

そうですね、今要望を言うなら、もっと突き抜けた方が良いと思う。
ギャグに特化するかシリアス路線で行くか、12分しかないのに
どっちつかずの内容になってるから、そこをはっきりさせて
作ると迷いのない筋の通った内容になるんじゃないでしょうか。

まあ…もうちょい見ます(笑)。
では4話でお会いしましょう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふたりはミルキィホームズ「第3話 わたしのトイズ」/ブログのエントリ

ふたりはミルキィホームズ「第3話 わたしのトイズ」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2013/07/30(火) 07:50:11

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する