革命機ヴァルヴレイヴ 11話

  • 2013/06/28(金) 20:38:55

今回はそんなに悪くなかったですね。
結構楽しめました。
毎回せめてこれくらいのを維持してくれれば
出来が悪いなりにもうちょい見やすいんですけどね(笑)。

では参りましょう。
なんとか追いつけて一安心です。


お、ショーコの父親だ。
生きてたんだ…それに渋くてカッコ良い(笑)。
しかし攻めてきた側が軍事裁判するとは、どこにも正義がないな。
ショーコはPC少女のアキラとまた順調に仲良くなっている様子。

ノブ・ライトニング。
ああ…死んだ友達の名前か。
センスは壊滅的だが、若くして死んでしまった人生を閃光のように
例えたのなら、じんと来るものがある。
「分かる、分かるなあ~!」いや、誰だお前は。
何を頷いとるんだ。
見た目からすると正規のメカニックに見えるけど、ちょっと待て、
大人はいないはずじゃあ……ということは生徒?
もう11話なのになんで未だにいきなり新キャラや今までいなかった
役割のキャラが出てくるようなことになるんだ。
ああ出来が悪い!
まあそれは置いておくとして、ヴァルヴレイヴの冷却システムが
できたらしい。
そういや前から思ってたけど機体を針のようなもので
固定するなんて変わってるな。
まさかヴァルヴレイヴが暴走したときに備えて…?
あ、虫をモチーフにしてデザインされたロボットだから
標本のようにピンで留めるイメージかな?
まいっかあ。

新内閣発足に伴い、写真撮影。
眼鏡のキャラって「霊屋」って書くんだな。
へーえ(笑)。
落ちたサトミも大臣という形でいろいろ動けそうなので
ちょっと安心できるね。
そうだな、こういう形の方が良かったかもしれない。
つまり前回が悪かったのはショーコに総理の資格がある説得力を
生み出せなかったことにあるわけです(笑)。

アキラも勇気を出してショーコにおめでとうを言ったのに
パニックに陥ってしまった。
原因は人に不慣れなアキラに対してみんなが一気に話しかけたから…
ではなくショーコがこっちに来るよう誘ったからです(笑)。
知らなかったから全部ショーコが悪いとは思わないけど、
ショーコが無神経なイメージ、すごくしっくりくる(笑)。
でもアキラのトラウマに出てきた人たち、
親もクラスメイトも普通のことしか言ってないよな(笑)。
あれがプレッシャーに感じるのも、なかなか難儀な性格してると思う。
もっと何か理由があるのかもしれないが…。

アキラのもとへ行こうとするショーコを止めたサトミ。
「アキラは私の妹だ!」
…んーー、浮いてる。
このセリフでシーンは終わったけど、
ここはそんなに決めるとこじゃないでしょう。
例えば「私が行く、アキラは私の妹だ!」って言いながら急ぎ足で
去っていくのなら分かるんですよ。
でもあんなに語気を強めて言うのなんて今までの流れから
明らかに浮いてエキサイトしてるじゃないですか。
これって前回からそうで、いきなり会話のテンションが
シリアスになったり激しくなったりしてる。
アキラよりむしろこっちの方がコミュニケーション取れてない
気がするんですがどうでしょう。
「なんで急に興奮したの?」って聞くよ、現実で言われたら(笑)。

ルトがサキを呼び出した。
ああ、前回のことでね。
しかしサキは謝らせないようにするので
ちょっとデートのような感じになったりなんかしちゃったりして。
そろそろサキがごまかしながら本心を明かすのも慣れてきて
なんとも思わなくなってきました。


敵襲。
モジュール77と月の間に陣取るとは、なかなか厄介だが……
あ、エルエルフさんが笑みを浮かべてる。
じゃあ大丈夫だ(笑)。
安心して見ていよう(笑)。

今回の敵は…あれ、大佐じゃないの?
うわ~~精力すごそうなハゲだなあ。
副官の女、絶対愛人だろ(笑)。
熟女っぽくてエロいねー(笑)!

戦闘開始。
先輩とサンダーの機体があれば楽勝だと思う(笑)。
あれ、でもかなり敵は多いみたいだな…物量作戦は被害が
大きそうだけど確かな効果がありそうだ。
あと山田と呼んで「サンダーだ!」の流れはそろそろいいです。
大した笑いも起きないのでサンダーと呼んであげてください(笑)。

モジュールを追いかけた結果、直線状に並んでしまったドルシア艦隊。
ここにハラキリブレイドを食らわせば一網打尽にできるという算段。
えらい簡単な戦闘だったな。
こんなんでいいの?

以後の指揮をサトミに任せたエルエルフ。
マニュアル型かー、褒められてるようなそうでもないような(笑)。
これだと確かに総理大臣は任せられんか。

ショーコと精力絶倫艦長の交渉。
あれ、この艦長耳にピアスなんてつけてるんだ。
これだと変態っぽいなあ。
しかしなるほど、ここでショーコの父親が材料にされるか。
そのうえハラキリブレイドの範囲内とは、ショーコには辛い選択を
迫られてしまっている。
話は変わるけど、ショーコはジオール総理大臣って名乗ってたな。
独立したんだし別の国だと思うけどなあ(笑)。

卑怯な手を使っても勝てば許されると言う絶倫男。
それに対しショーコの父親は土になって新しい芽を出させるのも
自分たちの役目だと言い、ここでショーコは二つの大人の理屈を
聞かされる。
ショーコは決断できず、ハラキリブレイドが父親の乗った戦艦を
破壊した……。
まあ、最後の言葉を伝えることもできたし、
全くの最悪ではなかったのではないでしょうか。
というかエルエルフさんなんで銃なんてものを構えてんですか。
結局しまってたけど何をしようとしてたの?
どういう……ああ、もしショーコが降伏するとか言い出したら
撃ち殺して粛清する気だった?
でもそれをやったらハルトが……う~ん、どうするつもりだったんだ?

っとここで大佐が急襲してきた!!
何イイイイ!!!
おいエルエルフは…「私の指導が行き届いていくようで嬉しいよ。
だが…それゆえに読みやすい」あああああ教官か!
大佐がエルエルフを鍛え上げた教官、
すなわちエルエルフの上を行く存在!!
やばいやばいやばいこれはエルエルフも予想してないかもしれない
予言を超えてるかもしれない!!!
でもだからって指示書を放り投げるなサトミ(笑)!
あとリオンのよろめき方も変!

しかしどうすんだおい…どうする……?
「流木野サキさん。僕と…結婚してください」
え?
…ああ、またこういう展開ですか。
いらんわこの糞脚本家が!


はい、ということでね、まあ最後でまたこの糞脚本家が
余計なサプライズを入れてくれやがりましたが、
モジュール77はかつてないピンチに見舞われてしまいましたね。
前回に比べれば失点も少なく、このアニメの基準では割とまともに
楽しめたんじゃないでしょうか。

どうしようもないことだったとはいえショーコの父親を
殺されたことでハルトと気まずくなるであろうショーコ、
それに対して一線を越えたうえにプロポーズまでされたサキ。
ハルトとの距離にどうしようもない差が付いた両者ですが、
果たしてこのまま行ってしまうんでしょうか?
サキの奴、心が踊るような反応してたねー(笑)。

でももし二人に最後まで行ってなかったとしたら、
ハルトが責任を取ろうとすることによってサキの良心が痛み、
自分から正直に打ち上げて別れることになるかもしれない。
それにいくら責任を取ると言っても、ショーコへの気持ちが
綺麗さっぱり消えるわけではないですからね。
ショーコを目で追うハルトを見るのはサキも苦しいところでしょう。
これならハルトのプロポーズ展開もある程度はアリ、でしょうか。
まあ打ち明けるにしても、ひとまずサキが隠したまま付き合って
いろんなことを経験した後になるかもしれませんがね(笑)。

さて、それでは次回を待つとしましょう。
ついに6号機のパイロットが決まるんでしょうか。
ショーコが乗ってハルトと対等になり、
サキへ宣戦布告をする展開もあるかもしれません。
予告ではみんなショックを受けているような顔をしていて、
次回はシリアスな内容になると予想されます。
そんな中、期待をかけられるのは、一人だけ動じてない
エルエルフをおいて他にないでしょう。

大佐超えがなるか、注目したいと思います。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Chocobisさん、こんにちはw
昨日この記事を拝見して、ある言葉に爆笑しましたよ(笑)
もしかして、その言葉もNGワードだったりするかもしれません(笑)


〉攻めてきた側が軍事裁判するとは、どこにも正義がないな。
罪状が「平和中立と他国を欺き、甚大なる脅威ヴァルヴレイヴを
秘密裏に開発せしめたこと」ってむちゃくちゃなこと言ってるって思いました。
独立した一国家が中立を謳うのは自由だし、
中立だって他国が攻めてきて対抗手段がなかったら占領されるだけだから
有事のそなえとして軍事力を保持するのは当然だと思うし、
「中立を謳ってたのに他国を侵略した」なら罪だと思うけれど、
攻められたから対抗した、その対抗できる機体を開発したことがなぜ
罪に問われるのでしょうか。


〉正規のメカニックに見えるけど
そうですよね、初出の生徒ですよね。
機体の整備は貴生川先生と霊屋ユウスケの2人しかできないと思っていたし、
それらしい役割のできる人間がいるような描写なんて今までなかったので。

ヴァルヴレイヴの冷却システムは、
いつだったかのアバンの200年後のサキが戦うシーンで、
戦闘中に小型の冷却システムらしきものを使ってたのを思い出しました。
貴生川先生がここで開発したのを携帯できるように改良したんでしょうね。


〉新内閣発足
立候補してない人も入閣してるので、どういう基準で選んだのでしょうか。
総理大臣になったショーコが選んだってことなのでしょうか。
国土交通大臣の番匠ジュートって、そんなキャラいましたっけ?
モブキャラとして出てたんでしょうか。気が付かなかったです。

七海先生とイオリの会話から察するに、ハルトとサキも大臣らしいけれど、
ヴァルヴレイヴのパイロット4人中3人も入閣していいの?
パイロットに専念して戦闘に備えた方がいいと思うのですけど。
そういえば、どこかのブログで、
「ハルトとサキは少子化担当大臣に違いない」というツッコミを見かけて苦笑しました。

それより、エルエルフは?
攻めてくるドルシア対策が一番今必要なことだと思うのに、
エルエルフを国防大臣とかにしなくていいんでしょうか。


〉ショーコが無神経なイメージ、すごくしっくりくる(笑)。
ええ、もう、私の中では無神経でKYなキャラですよ。
製作側は気さくでおおらかで少し天然でドジで人に好かれるキャラに描きたいようですが、
全然そんな風に感じられないです。
だいたい、ここで電話の相手が「連坊小路アキラ」だとみんなに話すのは
アキラとの約束破ってるよって思います。
フィガロ議員が嘘ついてるのを服を脱ぐことで証明しようとした件って、
傍受していたアキラの存在を皆に教えないと約束したからですよね。
製作側がもうこの約束忘れてるのかもしれないですが。。

〉アキラのトラウマ
そうそう、普通のことしか言ってないですよね(笑)
あれがプレッシャーになるだけの理由があると思いたいですね。
アキラは、学園内に引きこもっているけれど、咲森学園の生徒なんでしょうか。
あんなに対人恐怖症では家に引きこもりそうですが、
なぜ学校に引きこもっているのかがよく分かりません。


〉「アキラは私の妹だ!」
小さな不満が溜まりに溜まった状態だと、
何か小さなきっかけで爆発することってあると思うんですよ。
その程度のことでなんでそんなにキレるのって思ったら、
後から聞いたら積もり積もったいろんな不満があったと分かったり。
具体例を出すと私の個人情報をまた暴露してしまう(笑)ので
あいまいにしか説明できないですが。

サトミはあんまりショーコにいい感情持ってないと思うんですよ。
生徒会長を差し置いて独立宣言言い出したショーコに皆が賛成したりとか、
備品シールの件ではショーコに多数決で負けたり、
自分だけに心を開いてると思ってた妹がショーコに懐いてるとか、
選挙では突拍子もない演説をしたショーコに負けたり。
備品シールの件では、「また、あいつか!」と悔しそうにしてるシーンがあったし。
このシーンではそんな感情が爆発したのかなって思いました。
でも、このセリフだけでシーンが終るのはえっ?って思います。


〉うわ~~精力すごそうなハゲだなあ。副官の女、絶対愛人だろ(笑)。
ここでまず噴出しましたよ(笑)
しかも「精力絶倫艦長」や「絶倫男」と出てくる度に笑いました(笑)
スキンヘッドだからってなぜそういうことに?
そういえば、男性ホルモンが多い人はハゲやすいと聞いたことがあるので、
そういう連想ですかね(笑)
それとも胸元のはだけ具合からの判断でしょうか(笑)
軍服を着崩していいのかな、軍人なら規律とか服装とか守りそうだけど。


〉ハラキリブレイドで一網打尽
ええ、こんな簡単な戦闘でいいのかって私も思いましたよ。
先にあっさりと計画が明かされると、うまくいかないフラグに思えてしまいます。
カイン大佐の急襲を見てからここをもう一度見ると、
エルエルフの笑みも、不敵度が低く見えてしまいます。


〉ショーコと精力絶倫艦長の交渉。
なぜ、エルエルフが場所を変えて通信を受けると言ったのか謎でしたが、
ショーコの父を取引材料にしてくると読んで、
ショーコが応じてしまうようなら始末するつもりだったってことでしょうね。
でも、chocobisさんのおっしゃるように、
エルエルフがショーコを撃ったりしたらハルトとの契約どうなるのでしょう。


〉カイン大佐の急襲
ええ、これはやばいですね。
エルエルフの上を行く存在では、エルエルフの作戦もお見通しでしょう。
エルエルフが、カイン大佐に読まれることも読んでいて
裏の対策を考えてるといいのですけど。

それより、前回出てきた
カイン大佐の部屋で鉢合わせしたクリムヒルトとハーノインの件、
続きが気になるのですけど、何事もなかったかのようなスルーぶりは
いったいなんなんでしょう!!!


〉ハルトのプロポーズ
まあ、ハルトの性格ならばそういい出すだろうと思ってました。
発作のせいとは言っても責任は取らなきゃって。
でも、正直言って、ロボットアニメでドロドロした三角関係見たくないので、
さらっと流してほしいです。
襲われたサキも、好きな相手以外とやってしまったハルトも、
自分の知らない間に好きな人が他の子と既成事実作ってしまった上に
好きな人が自分の父親を死に追いやってしまったショーコも、
ショーコもサキもハルトもそれぞれ辛い立場だけど、
それにいちいち感情移入できるほど好きなキャラではないし。


〉大佐超えがなるか、注目したいと思います。
ええもう、エルエルフだけがこのアニメを見る楽しみですよ。
今回も動じたところは一切ないエルエルフですが、
いつもより不敵な笑みな感じがしなかったのは気のせいでしょうか。
カイン大佐の急襲を受けた後、エルエルフが一切出てきませんでしたね。
この急襲が想定内のことなのかエルエルフの反応を見たかったのですけど。


〉予告
バンダイチャンネルでは予告あるんですね。
私が録画しているTBSの方では、
数話前からヴァルヴレイヴの予告は無しで、
7月からの新アニメ「ダンガンロンパ」の宣伝だけです。
HPで確認したところ、話や設定にはあんまり興味持てなかったですが、
主役が大好きな緒方恵美さんなので、1話は見てみようかと思ってます。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2013/06/30(日) 16:13:31
  • [編集]

こんにちはー猫のしっぽさん。
こんにちはー、猫のしっぽさあん!

ものすっごく久しぶりなので強調してみました(笑)。
でも本当に久しぶりですよね。
アニメの話も書けてない状況が最近ずっと続いてるんですが、
ひとまず以前のコメントへの返事はこれで一つ書けましたね。

本当にごめんなさい、遅れてしまって。
遅れっぱなしの気がかりという意味でも
猫のしっぽさんのことを一日でも忘れたことはないんですよ。
まあそれは短いコメントへの返事で伝わるとは思いますが、
なかなかここまでは来れなくて。

これからもすぐにとは行かないかもしれませんが、
ちょっとずつでも返事を書きたいなと思います。

コメントありがとうございます。
これを言うのも久しぶりですね(笑)。


>軍事裁判
むちゃくちゃですよね~。
この手のものに公正という言葉はないのかもしれません。
これは明らかにドルシアの目的あって起きた戦闘だったと思います。
…というか猫のしっぽさん、こういうのにも詳しそうですね(笑)。

>メカニック
なんの脈絡もなく、ぽんと出てきますよね(笑)。
こうなるとある種このアニメの得意技かもしれません(笑)。
でも言われてみると確かに整備ができる人間は二人しか
いませんでしたよね。
いろんなことを生徒がやってたから私なんかは
割とすんなり見てたんですけど、いきなりできることでは
ないですよね。

>冷却システム
これも言われて気づきました。
200年後のサキはこれを小型化したものを使ってたんですねー。


>新内閣
決めたのはショーコでしょうね。
一応他の人の意見も参考にしたとは思うんですけどね。
実力その他、割と無難に選べたような気がします。

番匠ジュートというキャラは確か前回あたりに
モブとして登場してたと思うんですよね。
もちろんセリフとかはなく群衆の一人として描かれてるだけで、
「モブにしては個性のある顔をしてるな」と
思った記憶があります。

パイロットが大臣という二足のわらじは、
これまた言われてみると大変そうな気がします。
とはいえ他に準レギュラー級のキャラもいない状況では
それも難しいんでしょう(笑)。
少子化担当大臣は上手ですね(笑)。

エルエルフは亡命したうえにいまいち信用のおけない人間なので
除外されたんでしょうね。
能力を考えれば起用しない手はないんですが、
妙にきっちりしてますね(笑)。


>ショーコ
おや手厳しい。
約束のことは私も忘れてました(笑)。
そういえばそんなこともありましたね。
それだけ親しくなったのも事実でしょうが、
あの友達をみんなに紹介するみたいなノリを見ると
製作者も忘れてたんだと思います(笑)。
こういうのもあって猫のしっぽさんの厳しさがあるんですね(笑)。

>アキラのトラウマ
理由があってくれるといいですよねー。
学園にいるということは生徒のような気はします。
対人恐怖症なのに学校を根城にしてるのは確かに変ですね。
それにしても猫のしっぽさんはよく見てますよね(笑)。
細かいことにもたくさん気づいてるじゃないですか(笑)。
私なんかも出来が悪いといろいろ言いたくなってより長文に
なったりしますが、それと似たようなものでしょうか。


>サトミ
おお?
ここは理解を示されましたか。
こっそり聞いてみたいところですが(笑)、
猫のしっぽさんは似たような経験をされたことがあるんですね。

サトミがショーコをよく思ってないのは事実でしょうね。
猫のしっぽさんがまとめてくれてるように
いろいろありましたもんね(笑)。

なのでまあ、シーンとしておかしかったですね。
分かるようにやってくれれば良かったんですが…。


>精力旺盛艦長
笑っていただけましたか。
光栄です(笑)。
純粋な猫のしっぽさんが疑問を抱いておられるようなので説明すると、
眉毛がたくましいのがポイントでした(笑)。
スキンヘッドであんなにたくましい眉毛であのような性格で、
これは精力がみなぎってますよ。
格好もそれっぽいですよね。
猫のしっぽさんもくれぐれもこういう人間には気をつけてください、
艦長室に呼ばれて扉を閉めた直後に「脱げ」とかとんでもないことを
命令されるかもしれませんから。
私にはそれくらいの男に見えましたよ。
ものすごい言いがかりとも言えますが(笑)。


>ハラキリブレイド
その後の展開があるから簡単にされたのが
すぐ分かっちゃうんですよね。
これは製作者の都合なので、作品としてはもう少し計略を練って
もらいたいものです。
しかし見返したらエルエルフの不敵度も低く感じられましたか(笑)。
エルエルフで視聴意欲をつなげてる猫のしっぽさんが言うなら
その通りだと思います(笑)。


>ショーコと精力絶倫艦長の交渉
部屋を変えたのは私も最初疑問でしたよ。
まさか射殺を考えていたとは…。
ただ撃った後のことが考えられないんですよね。
仮に敵の侵入があったと嘘をついても、エルエルフの優秀さゆえに
見抜けなかったことを責任に問われそうですし…。
いまいちここははっきりしませんね。


>カイン大佐の急襲
まずいですよねー。
今までの相手と違って未知数なんですよね。
実力が。
ついにエルエルフの頭脳を脅かす相手が出てきてしまいました。

>クリムヒルトとハーノインの件
あ、これほったらかしでしたね。
先にやらなきゃいけない話があるのは分かるんですけど、
ちょっとこのアニメらしかったですね(笑)。
ひとまず忘れてあげること以外、心を落ち着かせる方法はないものと
思われます(笑)。


>ハルトのプロポーズ
よよ?
なんと猫のしっぽさん、お見通しでしたか。
もしかしてかつて旅団を相手に戦ったことがありますか?

しかし「それにいちいち感情移入できるほど
好きなキャラではないし。 」には驚きました。
いつも優しいお姉さんである猫のしっぽさんが
まさかこんなに冷たく突き放すなんて。
この、容赦のない判断……
もしかしてかつて旅団を相手に戦ったことありますか?
くどいですね、はい、すみません(笑)。


>ええもう、エルエルフだけがこのアニメを見る楽しみですよ。
ちょ、ちょっと、無理してる感じが
すごい伝わってくるじゃないですか(笑)。
下手をすると前回あたりで切っててもおかしくないかのような
拒絶を感じますよ(笑)。
やっぱり前回のラストが大きいんでしょうか。

大佐の急襲からエルエルフを出さないのは
逆に上手かったと思いましたよ。
そこにいる誰もが、そして視聴者も「おい、エルエルフ?」と
エルエルフに頼りたくなる展開でしたもんね。
それを見せずに視聴者をやきもきさせるのは上手でした。
やきもきしますけど(笑)。


>予告
なんと、予告がなくなってるんですね!
へえー…でもこういうのってありますよね。
例えばガルガンティアではインターネット配信だと
エンドカードが見られないんですよ。
他には公式サイトの次回予告を見ると15秒が30秒だったりするものも
あったと思います。
私は予告が見られてラッキーだったんですね(笑)。



ということで、ええと……ここだけ読むと放送当時のコメントのように
思えますが、これは9月の3日の午前1時に送信されています。
いただいたコメントは当時のものなんですが。

本当にすみません猫のしっぽさん。
ここまで待たせてしまいました。
しかも2日に更新するのはずが3日という、さらに遅れることになって。
この1日の遅れが愛想をつかすトドメとなるかもしれませんが、
返事はかなっらず全て書きますから、それだけは約束できます。
もちろんなるべく早くに、です。
いつかその日が来たら書くとかではなく(笑)。

以前のように放送直後にやり取りすること、
これを目標に頑張りますね!

  • 投稿者: chocobis
  • 2013/09/03(火) 01:38:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する