革命機ヴァルヴレイヴ 8話

  • 2013/06/14(金) 06:15:38

ある意味いつも通りの内容だったと思います。
エルエルフは良いですね(笑)。


脱走する子供。
これは…エルエルフか!
そこで出会ったのが幼き日のリーゼロッテ。
なるほど…エルエルフはいかにもエリート然としているが
もともとは捕虜か奴隷で、だからドルシアに反旗を翻すことも
いとわないんだな。
リーゼロッテはイメージ通りに姫だった。

現実。
あれ、なんでエルエルフは捕まってるんだ?
…ああ、ハルトに体を渡してそのまま拘束されたと。
前回は助けてもらったのになんてことを(笑)。
今度は6時間で滅びると予言された。

ああー、やっぱり眼鏡っ娘は死んだかー。
ハルトに食ってかかる犬塚先輩。
好きな娘が死んだら、まあ……もっともなことです。
「そんな先輩、アイナちゃんはきっと嫌いです!」は
その通りだけどちょっときつい言葉ですよねー。
こたえますよ。
他の生徒たちやサンダーも悲しみ、不安に駆られ、憤るが……
ちょっと弱い気がする。
眼鏡っ娘の生死は前回で一番ショッキングなことだから
最初から見せて、もっと時間を使わないとダメだと思うんですが。
んんん……外すなあ。

報告する片目。
完成品のヴァルヴレイヴ5体とバラバラの機体も多数あった。
ということは、新たに組み上げられる機体が出てくる可能性もある。
それはさておき、エルエルフをかばうのももう限界らしい。

大佐を補佐する女キャラと、それをナンパする…ええと、茶髪。
女キャラは眼帯の大佐のことを気にかけてるけど、
茶髪は女キャラがエルエルフのことを口にしたことを気にしてる。
あるいは単純に大佐のことを口にしたことを気にしてるのかも
しれないが、物語性もなく今後のキャラクター関係を
見せられたような感じがした…とは言い過ぎだろうか。

PS少女とショーコ。
縄をほどいてもらったことを頑張ってお礼を言おうとするなんて、
この少女は本当に人と話せないんだな(笑)。
追い出されたサトミはショックを受ける。
ええーー、シスコンー?
いやもうそういうのいらないですよ、本当に。
ヘタレの上に面倒を見てるようで妹に依存してるとか
くどいでしょう。
いらないです。
それとショックを受けたときの「わたし以外と…?」の言い方と
表情で、一瞬サトミが実は女かと思った。
少女からお兄ちゃんって言われてるからそれはないな。
紛らわしい(笑)!

眼鏡っ娘の仇を取るためヴァルヴレイヴに乗ることを志願して
物理教師に断られた犬塚先輩、銃器を手に戦おうとするサンダー、
みんなの命を守るため戦うことを止めるサトミ。
3人の模様が説明された。

現れたドルシア軍相手に出撃するハルトとサキ。
いきなりパイロットスーツが出てきたな。
元からあったんだろうけど、省くねえ~説明。
サキのスーツって200年後の奴と同じ?
じゃあもう本当にあのシーンは…?

戦闘。
ドルシアのザコロボットが持ってる盾、硬いなあ(笑)。
ヴァルヴレイヴでも貫けないなんてちょっとショック。
サキも頑張るが、エルエルフ隊の二人が相手だともう窮地に陥る。
またこのパターンかい。
代わり映えしないな。

片目は前回開けておいたらしい入口から侵入、ジオールの戦艦を
乗っ取って降伏勧告を行う。
ぬうう、いくらヴァルヴレイヴが強くても…苦戦してるけど(笑)、
二機だけではどうしても苦しいか。
それを聞くエルエルフは「元仲間だ」と言い放ち、
どうやら本当にドルシア兵の立場で革命する気はないらしい。
ところで片目の左目って見えてるの?
治ってきてるみたいですが。

ハルトとサキ。
サキをかばってダメージを受けるハルト。
だからまたこのパターンかい。
本当に代わり映えしないな。
この足手まといのサキがこれからどのようにパイロットとして
成長していくかはかすかながら興味があるが。
しかしドルシアの分析好きの眼鏡、見れば分かることを分析だと
言っているのはともかくとして(笑)、「撃破する必要はない。
ただ休ませなければいい」って口ぶりからすると、
エルエルフに影響を受けてる?

眼鏡っ娘・アイナの仇を討とうと走る犬塚先輩だが、
待ち構えた敵の銃撃によって肩を負傷する。
サトミはエルエルフに人質になるよう言う。
良かった、いきなり殺しにきたのかと思ってびっくりしたよ。
ワンクッションあったね(笑)。
「私は生徒会長のレンボウコウジサトミだ!」
…レン、何?
役職?
ああ名前!
「連坊小路サトミ」って?
分かりにくいわ(笑)!!
それはともかく、サトミが頑張るところにはタカヒがいる。
YOU、くっついちゃいなよ!

止めに来たショーコ。
案外サトミとショーコの間に確執が生まれるかもしれないな。

エルエルフに電話をかけたハルト。
満足そうなエルエルフの笑顔がいいね(笑)。
交渉を始めるハルト。
ここでリーゼロッテの写真が生きてくるか…悪くない。
「信じる!」や「夢」という言葉に心が動かされるエルエルフ、
「大丈夫です。呪いならすでに受けてますから!」のセリフがいい。
「コーヒーは砂糖入りが美味しいんだ。苦すぎる君と合わせたら
ちょうどいい味になる!」は……ちょっと滑稽でした(笑)。

「前言撤回だ」と起き上がったエルエルフ。
うおおお、拘束はとっくに解いてた(笑)!!
「お前の言う通り、犠牲者はゼロで行く」
おおおおお、この不敵な笑み(笑)!
最高じゃないですかエルエルフさん!!
カッコ良すぎる、間違いなくこのアニメ一番のキャラですよ(笑)!!
ハルトも言いなりにならずしっかり交渉してるのがいいね!
このシーンは良かった!!

エルエルフの作戦開始。
敵の正面から速度を緩めることなく走って撃ち殺した!
カッコいいーー…けど犬塚先輩をダシにしやがった(笑)!
海面に穴を開けて片目の動きを封じるとともにヴァルヴレイヴに
くっついたシールをはがす…上手いね。
ハルト機の数値が666に上がるまでは…エルエルフが戦闘機で援護!?
なにいいい(笑)!!
チャージ完了、ハルトのハラキリ攻撃が炸裂する!!
……いつの間に敵まで移動したの?
そこは省くなよー!

勝利。
歓喜の声を上げる生徒たちの中、己の無力を嘆く犬塚先輩……
追い詰められなければいいが。

冒頭の続きを回想するエルエルフ。
半分こにしましょう、とエルエルフに命を与えるリーゼロッテ。
髪は女の命…なるほど、これは姫様に一本取られましたな。
高貴な身分だけあって古くからの価値観が残っておられるのですね。
しかし回想から戻ったエルエルフは「その甘さが」と気になることを。
あちゃー、やっぱり死んじゃってるかあ?
そしてハルトを再三甘いと言っていたのもどうやらこれが理由らしい。

エルエルフを拾いに来たハルト。
たとえ今回限りであったとしても、契約したんだから見捨てないのは
当たり前だと思うんですが…。
「ははっ…苦い奴」くっだらねえ(笑)。

眼帯の大佐。
ええっと?
ルーンの光だなんだと今回おかしなことを言ってましたが、
要するに大佐の一族も吸血鬼で、作りかけのパーツみたいな奴が
とても重要だということですかね?
「祝福の鐘が聞こえる。我らが…花嫁の!」
そうですか。



はい、というようなことでした。
いやー、エルエルフが活躍するとこ「だけ」は良いね(笑)!!
アニメという現実離れした基準の中でもさらに常識はずれの
有能さを見せつけるエルエルフさんは最高です。

しかし後はどうかというと、まず眼鏡っ娘の死に対する
物足りなさですよね。
普通はこれを使って1話作っていいものですよ。
それがほとんど普通の1シーンの扱いでしかなかったじゃないですか。

もっと悲しみに沈んで、そこからどう立ち直るか……ああ、
そういや最初にドルシアから攻撃された時点で死者が出てるんだっけ?
だったら多少は慣れてておかしくないけど……いや、どうだろう。
短いですよね、扱いが。
他の生徒たちはともかく、友達死んでんだからさあ、
ハルトたちはもっとショックを受けててもいいでしょう。

具体的には、Aパートの始めの方で眼鏡っ娘の死は
消化されたじゃないですか。
ラストなんてハルトはエルエルフと友情築いちゃってるしね(笑)。
そこは本来、眼鏡っ娘の死を乗り越えた笑顔じゃなきゃいけないと
思うんだよね。
「桜井さん、見てる?結局言いそびれちゃったわ」ってサキが
言ってたけど、このセリフには言葉以上のものはなかったでしょう。
グッとくるものとか。
言いそびれたのが何かもたぶん分からないままで。

だから前回のラストに使ったくせに、
眼鏡っ娘の死をちゃんと生かしてない。
たとえおかしな技術で復活させられる展開が待っていたとしても
今は悲しまなきゃいけない。
これがまずあった。

それから、キャラクターの立ち位置や関係を事務的に説明したこと。
これは復讐を誓う犬塚先輩、大佐を案じる女キャラとナンパする茶髪、
ヴァルヴレイヴと縁のある大佐が挙げられる。
特に犬塚先輩で、ハルトにキレて物理教師にヴァルヴレイヴのことで
迫って己の無力さを嘆いて、眼鏡っ娘の死から1話のうちに
もうここまで来た。
何のためも苦悩も感じさせない。
これはダメです。

そしてこれらにエルエルフの回想も加えると、
尺の都合か何かは知らないが、あまりに展開が多すぎる。
明らかに内容が薄いと感じた。
またこのアニメの詰め込みすぎる部分が出た。

ハルトとエルエルフがほぼ契約してたから、一応1、2話と違って
メインイベントは設定されてたし、良い部分は良かった。
でもシスコンサトミや代わり映えしないバトル展開など、
話の完成度で言えば決して高くはなかった。

ん~~~~~~~~~。
ヴァルヴレイヴですねえ。
やっぱり。
このアニメはずっとこんな感じなんでしょうね(笑)。

まあ、まあ……見ていきましょう(笑)。
良い部分は良いですからね。
エルエルフさんが活躍するとこは特に面白いんで、
この人に全部任せれば面白くなると思います(笑)。

ではまた次回。
割と早く書きたいと思ってますよ。

そういやハルト機は負担のかかる武器を使えば
あっという間に666まで行くんじゃないかと思いました。
前回、サキのロケットに入っていた写真は眼鏡っ娘でしょうか。
あと犬塚先輩はずっといい先輩であり脇役だと思ってました。

さしあたっては犬塚先輩の行く末が気になります。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Chocobisさん、こんにちはw

〉エルエルフの回想
エルエルフってどういう身分出身なんでしょうね。
Chocobisさんのおしゃるように捕虜か奴隷なのか、詳しい説明がほしいですね。
「ドルシアに反旗を翻すこともいとわない」というのは分かった反面、
そんな身分からどうやってエリート軍人にまでのし上がったのかが不思議です。

捕虜か奴隷が収容されてる近くで
なぜお姫様みたいな人がフラフラ歩いてたのかも不思議です。
高貴な身分だけど政治的な理由で拘束されてるとかなんでしょうか?


〉拘束されてるエルエルフ
彼が黙って拘束されてるのは計算なんだろうなと思っちゃいます(笑)
6時間後にピンチに陥って自分に助けを求めてくると予測して、
その時にすぐ連絡が付くところにいてあげるってことね(笑)

〉やっぱり眼鏡っ娘は死んだかー。
初めに前話を見た時は、
ヴァルヴレイヴの他の機体に乗せたら復活するのでは?
なんて思ったりもしていたんですけど、
「ニンゲンヤメマスカ」契約は生きてる間にしないとダメなのでしょうね。

好きな子が死んでショックな犬塚先輩は分かるのですが、
他の生徒達の動揺がちょっとね。
初めにドルシアが攻めてきた時に犠牲になった生徒は他にもいたはず。
サンダーが「ダチの仇を取るんだ」といつも口にするように。
サンダーの友人以外にもおそらく死んだ子はいるのではと思ってます。
それなのに、アイナが死んだのが初めての犠牲者っぽく感じられる描写なのが気になりました。
サンダーの友人の死はスルーされてたのに…。
「アイナはいい子だった」という描写は出てきましたけど、
どっちかというと地味で全校生徒に知られてるタイプではないと思うし。


〉エルエルフをかばうのももう限界らしい。
カイン大佐って、いろいろ隠し事してるような気がします。
「かばうのももう限界」も嘘だと思います。
アードライにそう言うことで「最後のチャンスだから頑張れ」と発破かけてる
ように感じました。
アードライを手のひらで転がしてるようにも思います。
「エルエルフをかばう」理由はもっと他に企んでることがありそうに感じます。
鳥かごにいれられた緑色に光る物体が何なのか気になります。


〉クリムヒルト(補佐官)とハーノイン(茶髪)
ハーノインは上官に対する態度じゃないですね。セクハラですよ。
それをあっさり受け流すクリムヒルトがかっこうよかったです。
ハーノインは何を気にしてあの表情だったんでしょうね。
Chocobisさんのおっしゃるように、エルエルフのこと、大佐のこと、
それとも自分が声をかけたことにはスルーで別の話題を口にしたこと?
「物語性もなく」って同感ですよ。
ドルシア側の描写が少なすぎて、人間関係がよく分かりませんよ。
一度、学生側の話はなしでドルシア側オンリーの話をやってくれないかしら。


〉PS少女とショーコとサトミ
ショーコがなぜアキラの前で泣いたのかがよく分かりませんでした。
付き合い短いし、そんな親しいわけではないでしょうに。

サトミのへたれ描写、畳み掛けてきましたね(笑)
備品シールの件ではショーコに多数決で負け、
タカヒには試されて振られ、今度はシスコンですか。
七海先生がアタフタしてるのを生徒会長としてしっかり采配してたのが
嘘みたいなダメッぷりですね。
「わたし以外と…?」の言い方が「あたし」に聞こえて
オネエ属性もあるのかと思ってしまいました(笑)


〉戦闘シーン
サキが何機か撃墜した時、得意そうに「どう?練習したんだから」のセリフに
「えっ!?いつ?」って思いましたよ(笑)
いきなり出てきたパイロットスーツと同じく、省きますね(笑)


〉アードライ
前回ハッチを開けておいたというけど、
学園側は気が付かなかったんでしょうか。
前話でアードライとクーフィアが潜入してきたせいでアイナが死んだのに、
潜入経路とか検証しなかったのかな。


〉アイナの仇を討とうと走る犬塚先輩
さっき、同じような廊下でサンダーが武器を取ろうとして阻止されたシーンは、
無重力だったのに、ここでは急に重力があるように描かれていてあれって思いました。
どこから重力ありで、どこから無重力なのか説明がほしいです。
あと、疑問なんですが、無重力状態だと銃弾ってまっすぐ飛ぶのでしょうか?
前話でハルトがブシュブシュ撃たれた時は無重力状態でまっすぐの軌道だったような。


〉案外サトミとショーコの間に確執が生まれるかもしれないな。
それは私も時々感じます。
独立宣言の時も出し抜かれたような感じあったし、
機体に備品シール貼ろうとした時も対立したし、
対人恐怖症のはずの妹はショーコになついてたし。
ショーコへの対抗心を敵に付け込まれたり利用されたり
…なんて展開がないことを祈ります。


〉満足そうなエルエルフの笑顔がいいね(笑)。
そうそう!!私も思いますw
拘束されてる間もずっと冷静で余裕だし、
「元仲間だ」と言い放つ時の言い方もよかったです。
すべて計算どおりだという感じがいいですよね。
拘束もいつでも解けたのに
契約という目的の為にわざとおとなしくしてたというのがいいですね。
「犠牲者はゼロで行く」の不敵な笑みは私も超カッコイー!!!って思いました。

せっかくいいシーンなのに、コーヒー云々の発言はすべったなと思いました(笑)
アニメスタッフは、ハルトにうまいこと言わせたつもりなのか、
こういうはずれたことをいうキャラ設定にしてるのかよく分かりません(笑)

エルエルフが拘束を解いてからの活躍はすごかったですね。
鮮やかで見ててわくわくしました!!
でもモジュールに穴開けてしまって大丈夫なのかしら。
修理とかどうするんでしょう。
エルエルフはその辺も考えてるって思いたいです。


〉冒頭の続きを回想するエルエルフ。
「その甘さが」ってのは気になりますね。
そんなことを聞くとリーゼロッテは死んでるとも思えるし。
もしくは、幽閉されたりして危険な状態にあるとか。

あと、気になるのは、
アードライが王子様でリーゼロッテがお姫様ってことは、
アードライとリーゼロッテって兄妹なんでしょうか。
それとも、二つの王朝と総統派の三つ巴の対立の中、
総統派が優位に立ってるとか?
判断材料がもっとほしいですよ。

〉エルエルフを拾いに来たハルト。
助けに来るだろうとは思ってましたが、
何時間も探してたとは驚きました。
パイロットスーツのままでそんなに長時間宇宙を漂っていて
酸素とか大丈夫なの????
「宇宙兄弟」で酸素が足りなくてピンチ、みたいな話を見ていたので
気になりました。


〉カイン大佐
カイン大佐の首のあざは、ハルトが発作が起きるときの顔の傷と同じ色でしたね
「ルーンの光」とか、「わが一族」とか、
前にもヴァルヴレイヴを「2機」ではなく「2人」と言ったり、
情報を小出しにしないでほしいですね。
マジェプリの方は割とよく説明が入って分かりやすいのに。


8話もツッコミどころ満載でしたが、
エルエルフの活躍が見れたので満足です。
もっと出番を増やしてほしいです。

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2013/06/16(日) 16:40:39
  • [編集]

こんにちはー猫のしっぽさん。
お待たせしてしまって申し訳ありません。
これは昨日か一昨日には書けてたんですが、
書いたものを見失ってて投稿が遅れてしまいました。
その代わり…ではないですが、二つ同時に返事を書きましたよ。
コメントありがとうございます。


>エルエルフとお姫様
エルエルフの細かいとこはまだ説明がないですね。
パターンから言えば、お姫様に命を与えられたことで
一般市民の待遇を受け、学校にも行かせてもらい、
そこで圧倒的な優秀さを見せつけて現在の地位を手に入れた…
とかではないかと思うんですが。
お姫様は……おてんばで、よく屋敷を抜け出しては
動物とたわむれてたってところでしょうか。
これらは全て想像なんですけど(笑)。
1話から急ぎ足に感じたこのアニメだから、
もう説明はないかもしれませんねー。

>眼鏡っ娘
そうそう、初めての犠牲者っぽいんですよね。
本当にその通りだと思います。
みんなに知られてるタイプじゃないというのも納得です。
どっちも説明が考えられなくはないんですが、
見てる側がそういう印象を抱いてしまったということが
全てのようにも思えますね。

>カイン大佐
お、猫のしっぽさんは大佐の言葉が嘘だと思われましたか。
私はそのままそうなんだなって思いましたよ。
なるほど、もっと何かを企んでいる重要人物だということですね。
その辺は私は保留にしていたので考えていませんでした。
自分と違う意見って新鮮でいいですね(笑)。
お話するのがより楽しくなります。

>クリムヒルト(補佐官)とハーノイン(茶髪)
おお、ハーノインにおかんむりですか(笑)。
いわゆる軽薄なナンパキャラでしたね。
ドルシア側は今のところただの敵って感じですもんね。
人間味が足りません。
ドルシア側の人間模様も描かないと、
どうやってもドラマにはならないでしょうね。


>アキラとショーコとサトミ
おおお、猫のしっぽさんはショーコが泣いたことに違和感を
抱かれましたか(笑)。
私と違う意見の3連発ですね(笑)。
いろいろ話し合えるというのは楽しいものです。
私はショーコが泣いたのは緊張の糸が切れたようなものじゃないかと
思いましたよ。
気丈に振舞ってはいたけど、暗い部屋に入って外と隔絶された雰囲気に
なったし、アキラとはまだ関係が薄くて気を遣う必要がないから
かえって泣きやすかったというか。
なんて言い方をすると性格が悪いみたいに聞こえますけどね(笑)。

というか今見たら私「PS少女」って書いてますね。
プレイステーション少女か追伸少女か、
どっちにしても意味が分かりません(笑)。
「PC少女」ですね。
どうもすいません(笑)。

サトミはそうして今までのことを振り返ると散々ですね(笑)。
ある意味…スタッフに愛されてるんですかねー(笑)?
でも猫のしっぽさんもオネエっぽいと思われましたか。
自分だけじゃなくて安心しましたよ(笑)。


>サキの練習
省きますねー。
「えっ?」て思ってそして「またか」と納得しました(笑)。
もう些細なことはひたすらカットして物語に割く時間を
稼いでるような気すらします。

>アードライ
なるほど、そういえばそうですね。
特にエルエルフが放置しておくのは不自然です。
もしかしてこれも計算のうちだったんでしょうか。
う~ん……でもエルエルフならあって当然とすら思えちゃう(笑)。

>重力
なるほどー、確かになんとなく空間を漂ってるなあとは
思ったんですが、はっきり気づくには至りませんでした。
無重力状態での射撃はですね、分かんないです(笑)。
ごめんなさい(笑)。
これだけではなんなので検索してみたら、あんまりいい情報は
出てこなかったんですが、撃った方も同じだけの反動を受けて
くるくる回ってしまうというようなことはあるらしいです。
どうやら弾は飛ぶような気配ですね。
ブシュブシュ撃たれたハルトもそのまま浮遊しては
いられないんじゃないでしょうか(笑)。

>サトミとショーコ
猫のしっぽさんのコメントを読んでますますそう思うように
なりました。
サトミは私の記憶より多く出し抜かれてますね。
成長するんならいいんですけど、
小悪党にはならないで欲しいものです。
いかにも小物っぽく余計なことをするか、これまた小物っぽく
ハルトたちが強敵を倒した直後に後ろから刺してくるようなことにしか
ならないですから。
このアニメだとありうるのが困りものです。


>エルエルフの笑顔
ということで、黙って拘束されてたのは計算だったと
はっきりしましたね(笑)。
ナイスな笑顔です(笑)。
最近はエルエルフがこの作品を持たせてるような気がしますよ。
いち早く注目していた猫のしっぽさんたら、お目が高い(笑)!

コーヒーは滑ってましたね。
割と唐突でした(笑)。
穴が開いて海水も流れてしまい、海がどうなったか少し気になるので、
私もエルエルフはその辺も考えてるって思いたいです。
…ちょっと違いますか(笑)。


>リーゼロッテ
なるほどー…リーゼロッテの身に何かあったんだろうとは
思いましたが、アードライとの関係性についてはノーマークでした。
話はちゃんと理解しといた方がいいですね(笑)。
でも、ほんと猫のしっぽさんってこのアニメをちゃんと見てますよね。
同時に見てるはずなのに教えられることが多いです。
どうやらここでも猫のしっぽおねえさんの出番のようですね(笑)。

>エルエルフを拾いに来たハルト。
私も決着がついた直後だと思いましたよ。
酸素は確かに……まああれですよ、「エルエルフが救助されるまでの
間は酸素が持つ」スーツが開発されてる設定なんですよ、きっと!
未来だしこのアニメのことだからそうに決まってます(笑)!

>カイン大佐
なーるーほーどー、また教えられてしまいましたね。
首のあざの色ですかー。
やっぱり気づきませんでした(笑)。
情報に関しては、ここまで見た限りどうやらこのアニメは
そういう方針のようですね。
ミステリーとはまた違いますが、様々な謎を視聴者に問いかけて
盛り上げていくっていう。
「謎に次ぐ謎、そして明かされる真実!」みたいな(笑)。
まあいろんな謎を散りばめて面白みを出していくパターンはあるので
一緒に気を長くして見ましょう(笑)!


ということで、えーと…まだ8話ですか!
全然返事が追いついてないですね。
本っ当に遅れてすみません!
急いで書けるよう頑張ります!

  • 投稿者: chocobis
  • 2013/07/04(木) 20:26:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する