革命機ヴァルヴレイヴ 3話

  • 2013/05/07(火) 22:17:51

3話までは見てるので続けて更新します。
4話も早めに見たいとこですね。

では早速内容に入りましょう。


おかしなキーワードを口にしたエルエルフ。
ああ、これが予言ね。
タイトルじゃ全く次がどうなるか予想できなかったから
まともで安心したよ。

学校で一夜を過ごした生徒たち。
サンダーさんが墓を作って弔ってることに見直して気づいた。
ショーコと一緒に車に乗ってた男は一体誰なんだ。
このアニメのことだからロリ風のキャラとくっつくの?

議員が来た。
物理のきぶかわ先生とやらのことを話してたけど、
この女教師は議員と知り合いなの?
最後まで説明ありませんでしたが。

5000人からなる旅団を釘付けにしたことから、
相手に一人旅団と呼ばれているエルエルフ。
ほお、そりゃすごい。
S級兵士ですね。

シャワー。
おお…ケツが並んどる(笑)。
サービスシーンはあれどもこんな光景めったに
見たことない気がする(笑)。
ていうか3人で話してるとこ、乳首が透けてないかこれ!
特に左のキャラ!
ナナミちゃん!
大丈夫なの?
本当に?
思わぬところで勇ましいなこのアニメ(笑)。

体のことについて先輩たちと一緒に調べる主人公。
…そこそこ名前を覚えられてるし、ちゃんと覚えようか。
ハルトだったな。
さて、一人で抱え込まずにみんなの協力を得ているのは
話が早くていいね。
いきなり暴れだしたけど、自分から何をするか分からないと
不安を表に出したことで、周囲も怯える前に心配することができてる。

議員と会う。
レインボーは何者なんだろうな。
ショーコと仲良くなりそうな雰囲気だけど…。
フレンドが7億人(笑)。
サッカーの人気選手にも招待されてまさにヒーローですね。
逃げると言い出す議員。
いいキャラではあるがいい人かはまだ…信じてはならない。

脱出を始めたエルエルフ。
一人旅団の設定があるから、無理としか思えない状況からの脱出も
すんなり受け入れられる。
いいね。
今回は素直にいいね。
ようやく気になるところもなく楽しめるかもしれない(笑)。

脱出の準備。
会長がショーコに丁寧語!?
えっ!
幼馴染ってことも知らなかった!?
1話からいたのに?
というか先輩だと思ってたんですが。
ハルトもこのキャラに丁寧語使ってなかったっけ?
どういうこと?
と、あまりに分からないので調べたら、このキャラは一年生の
元アイドルで、会長は金髪の男キャラだった。
…全然違うじゃないですか。
いったいどこで勘違いしたんだ!?
2話を見たのが結構前だから…更新は先月の28日か……
じゃあまだ6日しか経ってないじゃないですか!
それにしては覚えが悪いな……俺のせいかもしれないが……。
どっちにしろ一人一人時間をかけて紹介してよー。
セリフ一つじゃなくってさあ。

ちなみに会長は部屋にこもって何かをやってるPC少女と兄妹だった。
説明をろくにしないアニメだからこういうことは書いておかないとな、
やれやれ。

発見されたエルエルフ。
自分を見つけるまで15分もかかったのでここの兵士の練度評価は、E。
お、ワイヤーを持って飛び降りたぞ。
途中で切れたけど……「タンッ」片足で踏ん張ったあ!?
おいおいおいおいワイヤー持って飛び降りたんだから
落下に備えての行動だろ!?
肉体能力で持ちこたえられるなら、ていうか、あのっそのっ……
突っ込みどころが多くて言葉が詰まったろうが(笑)!
リアル系ロボットアニメにしか見えないから人間の身体能力は
現実と同じだと普通思うし、ワイヤーを持って飛び降りた
ということは地面に激突したら死ぬということだし、
飛び降りて平気ならそもそもワイヤーを持つ必要もないんだよ!!
なんなんだこのアニメは!
今回こそは大丈夫かと思ったのにやっぱりダメだった!

メガネっ娘と元アイドル。
あなただけが私を特別扱いしなかった?
…そんなシーンあったっけ?
え?

ハルトの前に…位置としては後ろからリーゼントの生徒が登場。
山田だからサンダー……はは、ご冗談を。
死んだ友達の仇討ちのためヴァルヴレイヴをよこせと言い出した。
その心がけは立派だが、話がいまいち通じないのはいただけない。

ショーコとパソコン少女が出会った。
おや、こんな関係性ができるとは。
パソコン少女が絡んでくるのはもっと後だと思っていたけどな。
モリゾーとキッコロみたいなおもちゃの高笑いは
とても明るくて良いね(笑)。

生徒が混乱する中、教室の入口にエルエルフ。
山…あ、いえサンダーはすぐ気づいて向かっていったし、
ハルトもそっちを一瞬見たのになんでまた向き直したんだろうか。
そもそも時計を見てたかエルエルフの姿に気づいたかも
分かりにくい。

契約しろ?
ドルシアを革命する?
何を言い出すんだエルエルフのやつ。
でもこれで作品の方向性が見えた気がする。
そういや「革命機」ってタイトルだったね(笑)。
なぜハルトを選んだかは一瞬「んっ?」と思ったけど、
ヴァルヴレイヴの操縦者だからなんだな。
そういや前回エルエルフもコクピットに乗せて戦闘したしね。
間近で見て何か思ったのもあるかもしれない。

ED。
エルエルフが走るとこに見覚えがないけど
単に忘れてるだけだと思う。
僕じゃない僕じゃないっていうより、これじゃないって感じよね、
このアニメに期待してた内容は(笑)。
ゼロじゃないゼロじゃないってのが可能性の話なら
その通りだと思いますが、回を追うごとにゼロに近づいてることは
忘れないでください(笑)。

予告。
ナレーションの第4話ってとこでエルエルフが指2本のピースサインを
してたのはギャグでしょうか。



…はい、という感じでした。
途中までは良かったんですが
終わってみればいつもの感じでございました。

作品の方向性が知られたのは良かったです。
1話の最初とかでも「後に第三銀河帝国~」とも言ってるから、
ハルトとエルエルフが一緒に革命を起こす話なんでしょうね。

しかしこの出来はなんとかならんもんでしょうか。
ハルトの身近なキャラだけでも多いんだし、
まずはそういう基本的なとこから整理してもらわないと…。


しゃあないからもっぺん1話を見直したよ。
気になったとこをピックアップしてみよう。

この学校は出来てまだ3年らしい。

ハルトと一緒にいる男子生徒は先輩だと「同級生」が言ってた。
犬塚だったか。
ちゃんと紹介してくださいよ。

アイドルはルキナって名前かと思ったら流木野、
「るきの」という苗字だった(笑)。
サボりか何かで神社にいるところをハルトたちが掃除に来たらしい。
ハルトがショーコに告白しそうになって、ここまでではまだ
なんの接点もないんだけど、その次のシーンじゃもう
アイドルはハルトたちと一緒に逃げてますからね。

「なんだよ…なんだんだよおっ!」と
サンダーの友達がやられたシーン。
絵が小さいね。

直後にショーコが死んだかもしれないことになって
ハルトはヴァルヴレイヴに乗っちゃってる。

ツイッターみたいなのにハルトの情報を流したのが
アイドルだったんだ。
これでちょっとハルトをいいと思ったことを示してるんだろうか。


う~む、見直したことで作品への理解は多少深まった。
でも分かりにくいですよ、これは。

関係性とかっていうのは描いて見せていくもんだからさあ、
言葉一つで説明した気になっても困るんですよ。
特に1話なんてのは作品のことすら分からないような状態なんだから、
本当に基本的なことから始めてもらわないと入り込めないの。
登場人物も絞ってね。

説明が全くないわけじゃないところに「え?しましたよね?」
みたいなツラをスタッフがしてそうなのを感じてうっとうしいね(笑)。
アイドルにしても、シーンが変わったらいきなりハルトたちと
一緒に逃げてるから関係性が全く分からないわけで。

まあ元々1話でいきなり時間が足りてないような内容だなとは
思ってたけど、それが改善されてないっすからねえ……。
その点マジェスティックプリンスは回を追うごとに
良くなって行ってるからね。
出来の良くない1話から。

ヴァルヴレイヴには困ったもんだね(笑)。
ええ。


この調子だとおそらく急に良くなることはないはずなんで、
話が一段落したあたりから落ち着いてやれるようになることを
祈りたいと思います。

一応見続けます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Chocobisさん、こんにちはw

〉学校で一夜を過ごした生徒たち。
萌えキャラの抱き枕を堂々と使っている生徒がいて驚きました。
そんなの学校に持ってきてドン引きされないのかな。類友が多いのかしら。

〉ショーコと一緒に車に乗ってた男は一体誰なんだ。
物理の先生らしいですよ。
この男の先生と、保健体育の教育実習生の女の先生の2人しか先生が出てこないけれど、
他の先生ってどうなったんでしょうね。


〉一人旅団と呼ばれているエルエルフ。
この呼び方には笑ってしまいました。もっとかっこいい異名はなかったのかしら。
思った通り、ブログ巡りしたら「旅団ひとり」「劇団ひとり」とツッコミされてましたw


〉サービスシーン
ものすごいサービスでしたねw
こんなにも湯気が仕事してない(隠していない)入浴シーンは初めて見ましたw
左のナナミってキャラは、七海リオンという教育実習の先生のようですよw

〉脱出を始めたエルエルフ。
鮮やかな手際に一瞬すごいと思ったのですけど、
よく考えると、パイプイスのねじがあんなに容易くはずれるの?
ねじを手首だけで投げて天井に届くものなの?
届いたとしても電気が壊れるほどの威力があるものなの?
破片で一瞬にして縄が切れるの?ってツッコミしたくなりました。
いえ、6話まで見てしまうともっとツッコミしたくなることが多くなるので、
このくらいはすんなり受け入れないと見てられないですねw

元アイドルのサキも、会長のサトミも、引きこもりPC少女のアキラも
全然モブだと思っていたのに、そうじゃなさそうなので、
公式ページで名前を確認してきましたよ。
こんなのチェックしなくてもアニメ見てるだけで分かるように作って欲しいのですが。
本当に、いろいろと説明不足ですよね。

〉「タンッ」片足で踏ん張ったあ!?
ここは私もええっ?って思いましたよ。パイプイスのねじの件よりも驚きました。
あの高さから落下してあの足は衝撃に耐えられるなんて、どうなってるんでしょうね。
人間じゃない設定でもあるのかと思いましたよ。
鋼の錬金術師のエドのように足がオートメイルだとしても、
そんなことしたら一瞬に壊れそうですものね。
あれで大丈夫なら、本当に、ワイヤーを持ってたのは意味不明ですね。


〉あなただけが私を特別扱いしなかった?
私もそんな会話があったとはとても思い出せないです。
忘れてるだけかなとも思ったのですが、このアニメのことだから
この会話でどういう関係なのかを察して下さいってことなのかなと思ったり。


エルエルフがハルトに契約しろとかドルシアを革命するとか言ったのが、
私がこのアニメを切らずに見ようと思った決定的瞬間でした。
敵側の人間だと思ってたキャラが味方になるって私の好きなパターンになりそうって(笑)
6話まで見ても契約がどういう意味なのかよく分からないけれど、
エルエルフがハルトと一緒に行動するようになるなら面白く見れそうだと思いましたw
いろいろとツッコミたいことは満載ですし、作品の完成度としてはあまり高くないとは思いますけど、
とにかくエルエルフが気になるので見ようかとw

「僕じゃない僕じゃないっていうより、これじゃないって感じ」と
「回を追うごとにゼロに近づいてることは忘れないでください」には大受けしました(笑)
こういう鋭い表現がさっとできるchocobisさんはすごいなあと思いますw

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2013/05/19(日) 17:30:17
  • [編集]

こんにちはー猫のしっぽさん!
早速返事に入らせていただきますねー。
たくさん書いてくれてすごく楽しいです(笑)。
コメントありがとうございます。


>萌えキャラの抱き枕
あれは部室に置いてるんでしょうね、きっと(笑)。
外に出さなければ大丈夫…かもしれません(笑)。

>ショーコと一緒に車に乗ってた男
説明ありがとうございます。
確かこの物理の先生と教育実習生の自分しかいないと
議員に話してましたが、他の先生は帰ったんでしたっけ?
でも生徒がいるのに帰るのもおかしいですよね。
見落としてるだけならいいんですが。

>一人旅団
実は私、結構いいかもしれないって思いました(笑)。
思春期真っ盛りの視聴者には受けるだろうなと予想してたんですが、
見事にネタにされてるんですね(笑)。
あちゃ~(笑)。


>サービスシーン
インパクトに押されて忘れてましたが
そういや湯気に全くやる気がなかったですね(笑)。
スタッフがいいんならいいんでしょうけど、驚きの判断です(笑)。

しかし、「ナナミちゃん」が教育実習生だったんですね!
全っ然気づきませんでしたよ。
生徒からは完全に友達感覚みたいですが、いいんでしょうか(笑)。


>パイプイス
普通は無理ですよね(笑)。
呼ばれて嬉しいかはともかく、逆にこれくらいは朝飯前じゃないと
一人旅団の資格はないのかもしれません(笑)。

キャラは多すぎて、公式サイトにでも行って確認しないと
把握できませんよね(笑)。
何をどうしたら「一度にたくさんのキャラを出して説明もそこそこに
出番を与える」記憶力テストをやろうと思えるか
スタッフに聞いてみたいです(笑)。


>片足で踏ん張った
リアリティとの決別みたいなシーンでしたね(笑)。
確かにオートメイルでも厳しそうだし、
人間じゃないと思われて当然です。
エルエルフに関しては何が起きても「一人旅団だから」で
納得しないといけないのかもしれません(笑)。

>特別扱い
おお、猫のしっぽさんの記憶にもありませんか。
逃げるときに一緒に行動したことを指してるんでしょうかね?
緊急時に特別扱いしてる暇なんてないと思いますし、
こっちがなんとか察してあげるほかない気がします(笑)。


>このアニメを切らずに見ようと思った決定的瞬間
なるほど~、ここでしたか!
こういうポイントってなかなか聞けないと思うので、
とても興味深かったです。
それになぜ猫のしっぽさんが切らないか
地味に気になってましたから(笑)。
言われてみれば猫のしっぽさんが大好きなパターンでしたね(笑)。
私も二人が組むかもしれないとき「おっ?」てなりましたよ。
いいですよねこういうの。

猫のしっぽさんはエルエルフが気になるんですね。
私はまだちょっと信用しかねます(笑)。
一人旅団と呼ばれる卓越した能力とすでに計画が練られてることを
考えれば、決して無鉄砲ではないと思うんですけどねー。


笑っていただいてとても光栄です(笑)。
上手いこと思いつきましたね(笑)。
これからもたまには面白いことが言えるよう頑張ります。
たまには(笑)。

では、次の返事もなるべく早いうちに書かせていただきますよ~。
間が空いた分だけ猫のしっぽさんとのお話を
長く楽しみたいところですが、そこはぐっとこらえて
一気に楽しむこととします(笑)。

  • 投稿者: chocobis
  • 2013/05/20(月) 12:33:13
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する