ドキドキプリキュア 13話

  • 2013/04/29(月) 06:28:18

今週も早めに更新できました。
それにしても長文になりましたね。
ちょっと気になったことを書いてたら、つい。

短く行きたいですね。
負担を軽くするためにも(笑)。


四葉邸での会議。
経営について判断を下していくありす……えっ(笑)!
タワーも建ててたしそりゃそうなんだけど
この子中学生ですからね(笑)。
というか本当にありすがタワーを建てたんだな、この分だと(笑)。
いや~…すごいですね。
でも本人は年相応の生活がしたいようで、
マナたちが来と聞いてぱあっと表情が明るくなった。
何かと普通に暮らせないありすにとっていかに大切な存在かが分かる。

データ連動のミニゲーム。
1ポイントでした。
なんで俺だけこんなに1ポイントなの!?
勘弁してくださいよホントに(笑)!

王女はバラが好きだったことから、
ローズレディコンテストの話になった。
そういやこのアニメで王女を探すシーンを一度も見たことないな。
優勝者には先日発見された新種のバラ、
ロイヤルイエローが贈られる。
新種のバラをいきなりくれてやるという常識はずれな太っ腹だが、
今大事なのはそんな主催者についてではなく
ロイヤルイエローは王女が好きだった花であることです。
王家の庭にしか咲かないバラであることは
一応耳に入れといてください(笑)。
お、アイちゃんが反応してる。
ははは、まだ正体を明かすには早いですよ。

早速コンテスト会場へ。
五星ローズガーデンというらしいです。
王女について話していると……おおお、新キャラだ!!
まだAパートの最初の方なのにマナたちの前に現れるなんて!!
王女のように綺麗だから来てあげたとか、
自分より美しいものは許せないという理由で
指を鳴らしただけでバラを枯らしてしまったり、
マナの…キュアラビーズ(?)をもらってあげると言い出し、
断られると世界の平和と交換しようなどと妙なことを言い、
見送りは結構だと言っていきなり帰ったり、
かなりマイペースで自分に自信のある人間のようだが
アイちゃんはなついていた。
なんなの一体アイちゃん(笑)!
この新キャラはどうやら敵である模様。

敵方。
お、イーラも包帯を巻いてる。
でもベールよりは軽そうに見える。
そのベールはもう治っていた。
全治一週間かあ…怪我の治りが早いな。
見かけは中年でもまだまだ若いね!
マーモは前から自分のことを棚に上げて話すところがある。
ある意味女らしいとも言えますが、とはいえ自分だけ例外だとは
思っていないようで、ようやく戦いに行くことにした模様。
そういやマーモは他の二人に比べてなかなか動かなかったり、
かと思えば1話やかつて王女を追い詰めたときには顔を出していて、
まるでタイミングを見計らっているようにも考えられる。
これをスタッフが意図してやってるんだとしたらなかなか立派ですね。

コンテストもいよいよ開催。
取り巻きを従え現れたのは、少女漫画から
飛び出してきたようなお姫様ルックの女の子・五星麗奈。
おさるさんという言い方が失礼ならおさる様、
四葉より一つ多い五星財閥、と挑発しているつもりがギャグになる
なかなかの実力の持ち主な様子(笑)。
さすがに国民的アイドル・まこぴー相手ではたじろぐ…どころか
ありす挑発のダシにするため卑怯なおさる扱いをした。
ぬうう、これはまさしくお嬢様の風格ですね。

執拗にありすを怒らせたがる麗奈様。
その目的は友達を馬鹿にされて切れたありすが失格になることだった。
どんな命知らずかと思えばちゃんと性格を把握してるだなんて、
なるほど幼馴染というよりライバルなだけはあります。
「さらなる意地悪攻撃でありすを怒らせてやるのよ」と
取り巻きに指示を出す麗奈様、
これ「実力であなたたちを叩き潰してあげる」つって
20秒経ってないですからね。
敵はどんな手を使ってもねじ伏せる、ありすとはまた違った
帝王学を身につけておられるようです(笑)。

コンテスト一つ目の種目はソシアルダンス。
取り巻きの仕業でマナのヒールが折れてしまった。
「無様なおさる」と言葉責めも忘れない。
それを見たありすの目のあたりが、ふっと影に隠れる。
四葉の血の解放準備に入った……おおっと全てを察知したマナが
機転を利かせた!
もう片方のヒールを踏み折ったァ!
豪快ですねー…いえ、それだけ切羽詰っていたということ
なのでしょう(笑)。
自分のためにしてくれたマナに感動するありす。

第二ステージは絵画。
「キャー!」からの「ウォー!」で色を飛び散らしまくって逃げた
取り巻きの一人。
なんなんだよお前は(笑)。
結構いいキャラしやがって(笑)。
ちょっと「バクマン」の岩瀬に似てるから俺は憎めないんだよ。
逃げるポーズもいいし(笑)。
しかしありすはピンチをチャンスに見事変えた。
なに?
蜂須賀小六のとりっぴぃ技法?
…あ、ああ、「ポロックのドリッピング技法」ね。
全然分からん。
いくら帝王学とはいえ中学生で物を知りすぎじゃないでしょうか(笑)。
あるいは全てありすのポテンシャルによるものでしょうか。

第三ステージはピアノ。
六花はピアノに自信があるみたいだ。
しかし鍵盤の上にはすやすやと眠る猫。
どんな意地悪だよ(笑)。
そこでありすが……ちょっと待て順番抜かすなよ(笑)!
まいいや、ありすが穏やかな曲を弾く。
しかもそれは猫に触れないよう配慮しつつ即興で作った曲だった。
猫に触れない選曲より穏やかな曲調の方が先なんですね。
というかこのアニメのOP作曲したのお前か(笑)!
突っ込みどころが多すぎるんだよ(笑)!

第三ステージが終わったところで、一気に二人まで絞られた。
残ったのは言うまでもなく、麗奈様とありす。
ちなみに第三ステージという言い方は俺がしたものであって
実際どれだけあったかは不明です(笑)。

最終ステージはテニス。
実力は伯仲、むしろ数字上では麗奈様の方が少し押している。
へええ、卑怯なだけじゃなかったんですね(笑)。
あ、いえ、ごめんなさい、ありすの妨害はしたけど自身が
勝ち上がったのはあくまで実力だったということですか。
素晴らしいです麗奈様。
しかし卑怯なことには変わらない(笑)。
鏡を反射させてありすの妨害をし、止めに来たマナたちには
なんと泥水をかぶせる策まで用意していた。
これには当然ありすも……怒らない!
なぜだか怒りが湧いてこない。
ソシアルダンスのときは怒っていたようにしか見えないが、
そのときのマナのフォローもあってか今は怒りが湧いてこない(笑)!
勝利は、ありすが手にした。

友達なんていなくなればいいのに、と黒い気持ちが広がる
麗奈様だったが、本当は友達が欲しかった。
…今回も苦しいね(笑)。
素直になるのが早すぎですよ麗奈様。
まあテニスのときの
「あんな泥だらけの連中の…どこがいいのよーっ!」を聞くと、
本当はありすと仲良くなりたかったのかなあなんて想像は
ふくらみますが、確信に至るまででは…ないですもんね。
今回もジコチュー化は上手く行ってなかったと思います。

バラの姿のマーモビースト。
バラだけにバラバラ……これは麗奈様の……
「ハートたちさえバラバラにしてしまえば」?
あ、これマーモのセンスだ(笑)。
良かった麗奈様がベタベタなギャグを言ったのかと思ったよ(笑)。

バリアしかないロゼッタだけ残した賢いマーモ。
賢いが、重要な情報を知らなかった。
ロゼッタの、いえ、ありすの戦闘力は常軌を逸しているのです(笑)。
でも知っててもすげええ(笑)!
掌底で衝撃波や貫通するオーラみたいなのが出てる!
しかも本人はくるくる回りながら着地してるうう(笑)!

マナたちと出会うまで友達がいなかったありすは、
友達が欲しい気持ちが募るあまり友達を悪く言われると
怒りで我を忘れていた。
しかし一緒にプリキュアをやるようになって一緒にさまざまな経験を
したことで信頼は深まり、他人の言葉に惑わされることはなくなった。
もう正しき力を全力で使うことにためらいはない……は、はあ。
とても立派なことで(笑)。
これでは、プリキュアになると決心した時点で力を使うことは
吹っ切れてたんじゃないのなんてことは言えません(笑)。
でも上手に心の変化がつながってましたね。
そんなに多くの経験はしてない気はしても(笑)。

締めに入る。
ロゼッタリフレクションを「えーい!」と押し出した(笑)。
顔にべちーんてなったね(笑)。
よし、あとはマナ…と思ったら全員アローを使った。
販促ってなあ大変なんだな。
ソードは出した意味がなかったうえ画面が暗かったよ。

勝利。
まこぴーに感謝され褒められ照れっ照れのありす。
そうですね、関わりが薄いキャラ同士の仲を深めるのは大事ですね。
アイちゃんがロイヤルイエローに触ると、ラビーズらしきものが現れ
バラは普通の赤になった。
王家の庭にしか咲かない花がこの世界にあるのは
こういうことでしたか。
ではなぜラビーズがバラと合体していたかは、不明。
わくわくするようなポーズをするアイちゃん。
…最近アイちゃんの頭脳が育ってる気がする。
なお、青い鳥のような生物がこの様子を覗いていた。

再び敵方。
お、マーモが早速包帯を巻いてる。
でも来週治るのは早いですからね!
あっ、謎の少女が!
名前はレジーナ、キン……なにいいいいい、
キングジコチューの娘だとオオオオオオオオオ!!!!!!!
こりゃあたまげた!



という感じの今回でした。
長いなあ。
いかんですよこれは。
前の回のを読み返して短く書くことを意識し直しましょう。

それはさておき、ラストはびっくりしたねえ。
敵どころかキングジコチュー様の娘でしたよ。
だから言ったでしょう?
縛られてるからって馬鹿にするのは危険だと。
馬鹿にしてたのは俺なんですけどすいませんねウフフフフ。
しかしですね(笑)、まさか娘がいたとは思いませんでしたね。
あんななりして人型なんでしょうかキングジコチュー様。

今回の最初の方でいきなり出てきたのもインパクトがあったし、
このレジーナに関してはかなり良かったですね。

あとはまあ、例によってジコチュー化のきっかけに無理があったね。
人の悪い感情が大きくなって敵になるんじゃなく、
良くない考えが浮かびつつも理性とそれを抑える良い人たちを
悪に利用するのは、とても良いと思う。
でもどうも話としては作りにくいみたいですね。
ずっと上手く行ってないもんね(笑)。

あと、麗奈様がほったらかしだったじゃないですか。
バトル後に。
これも少し目立つ気がする。
たまたま公園で休んでた会社員とかならいいんだけど、
物語に絡んだキャラならそこはちゃんと結末を用意しておいて欲しい。

ああ、でも新キャラのお披露目回でもあるんだよな。
じゃあ……話がキュウキュウなのかもしれない。
なんせドキドキはしょっぱな、六花たちがプリキュアになる回から
急いてるような出来の悪さがあったんだよね。
始まったばかりなのにもう時間を気にしてるような感じが。

ちょっと各回を見てみたけど、物語を進めてない回って
過去12話のうちアイちゃんが学校に行く話と
前回の純くんとマナの話しかないんですよ。
しかも両方共キャラを描くうえで必須とも考えられるわけで。

それに今回のタイトルは「ついに発見!?王女様の手がかり!」
だけど、今まで手がかりを探してないですからね。
せいぜいジョー岡田に聞いたぐらいのことしかなかった。
これってたぶん指の隙間か落ちていくように
物語の一部分をこぼしちゃってるんじゃないかと思うんですよ。
決められたスケジュールの中でどうしても必要なことを描くため、
ほとんど意図的に。

だからやっぱり「ドキドキ」は話がキュウキュウしてますね。
こういう作品は今まで見たことな……ああ、ガンダムAGEがあった。
あれはもう露骨だった。
100年3世代の物語だと最初にアナウンスしてるせいで
それが丸分かりだったもんね。
50話を3で割れるから。
でもプリキュアのようなストーリーものじゃない作品で
開始早々きつさを感じるのは珍しいことだと思う。
というか、初めてですよ。

んー、なんででしょう。
ストーリー性を重視してる?
新アイテムを入手する回を定期的に入れなきゃいけないことや、
変身&決め技のバンクで3分は時間を取られることを考えると、
ほどほどにしないと潰れちゃうんじゃないかなあと思いますけどね。
どうなんだろう。

前回から各キャラをメインにした話に移行してるようで、
普通はこれは話が一段落したってことなんだけど、このアニメの場合
レジーナの登場やビーストモードも混ぜてるから…。
依然として話は進行させてるわけです。

いかん、深刻になった(笑)。
でも今回の出来自体はともかく、ちょっと先行き不安ですね。
このままだと毎回どこかしらおかしな部分が出る可能性も
ありますもんで。
大丈夫だろうか。


さて次回は、六花がメインになるようです。
俺も最初は六花のデザインが一番可愛いと思ってたんだけど
いつの間にかそうでもなくなった(笑)。
目立たないとどうしてもねー。
性格も妙に冷たく描かれることもあって。

まあだからこそ次回で挽回してもらいたいですよね。
期待してます。

あ、そういや予告が短かったですね。
特に宣伝もなかったのに……あ、スマフォとの連動企画のやつか!
今回は最初の方にやったからCMの一つみたいに感じられたけど、
あれは番組の一部なんだよな!
今回から始まるとかなんとかで、だから最初に流す必要が
あったんだな。
はいはい。
ちなみにスマイルではスマフォと表記されてたのがドキドキでは
スマホに変わってますが、うちはスマフォで行きます。
よろしくお願いします(笑)。

ではまた来週。
今回でこそ物語も一段落ついていて欲しいものです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドキドキ!プリキュア 第13話「ついに発見!?王女様の手がかり!」

ドキドキ!プリキュアの第13話を見ました。 第13話 ついに発見!?王女様の手がかり! マナ達がトランプ王国の王女様を見つけようと手がかりを探していると、「ローズレディ

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2013/04/29(月) 08:57:12

ドキドキ!プリキュア 第13話「ついに発見!?王女さまの手がかり!」

あたしの名前はレジーナ。 キングジコチューの娘よ。 えええええええええ(゚д゚)(゚д゚) ありす回だったのに、最後で全部持って行っちゃったレジーナちゃん^^; ジコチュートリオも...

  • From: のらりんすけっち |
  • 2013/04/29(月) 20:32:00

ドキドキ! プリキュア 第13話「ついに発見!?王女様の手がかり!」

バラを愛する最高のレディを決める「ローズレディコンテスト」に参加するマナたち。 優勝者に贈られるバラ“ロイヤルイエロー”はトランプ王国にしかないもの。 王女の手がかりが

  • From: 空 と 夏 の 間 ... |
  • 2013/04/29(月) 22:50:42

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する