マギ 最終回

  • 2013/04/02(火) 20:16:10

少し遅れましたが、書きました。
25話、マギもいよいよ最終回です。

最後はきっちり締めてくれる…ようなこともなく、
いつも通りのマギでした(笑)。


堕転したアリババ。
額の飾りを破壊しないとソロモンの知恵で説得することもできない。

そこへ現れたモルジアナ。
あっという間に出番がきたね。
マゴイが少し回復したらしい。
……どうやって?
倒れたときに、医者に見せないと自力では回復できないと
ばっちり言われてたのに。
宝物庫で寝てるカットでは、なんとなく小さな植物がモルジアナの
体にくっついてて、それで回復してたように見えなくもないけど
説明はされてない。
そもそもザガンはこの後初めて召喚された。
……しっかりせえよゴミスタッフが!!!!

アリババと戦うモルジアナ。
鎖で剣を受け止めてるときのセリフ、口の動きはいいんだけど
形がセリフのあいうえおと合ってなかった気がする。

白龍がザガンを召喚。
切り落とされた腕が復活した……木製の。
おいおい怪我でも病気でも治せるじゃなかったのかよ!
腕のように動かせるったって義手でどうすんだ義手で!
しかも白龍とザガンのやりとりは明かされず、
なぜ白龍が力を使うことをためらっていたかは不明。
ザガンの賭けるという言葉の意味も分からないまま。
こんなの隠すようなことじゃないでしょうが。

モルジアナと白龍、そしてアラジンの3人による連携プレイ。
もう額の飾りが破壊されちゃったよ!
なんなのこれ!?
カッコ良くいかにも王らしい全身魔装して開始5分足らずで
破壊されるなんてありえますか?
このバカ!

苦戦するヤムライハ。
こっちは体の飾りを破壊される。
制御装置的なものをわざと破壊させたのは考えるまでもないので
マゴイ蓄蔵装置に驚くことはないとして……
隠すんだったら最初から胸につけるなよ(笑)!!
天才魔道士?
変態魔道士の間違いだろ!
なんたる淫乱か(笑)!
あと槍使いはいつからそこにいた!?
そもそも一人だけ苦戦しすぎなんだよ。
マゴイが尽きる前に自力で勝ってくれませんか。

依然としてシンドリアに迫る、黒い変なの。
「効いてるけど…ヤムの魔法くらい一気にやらないと」
やったのは敵の極大魔法ですけどね(笑)。
そこに現れた紅玉。
さっきシンドバッドに協力を申し出ていた。
「もたらさんことをーぉ!」に気合が入っていて良い。
紅玉が全身魔装して……全身魔装できたんだ、へえ(笑)。
魔装して、激流で黒い変なのを飲み込む。
……これで終わりか!
炎で消えた時点で思ってたけど、ちょろすぎるだろ!
何それ、いかにも手をつけられないように近寄ってきたくせに、
とんだ見掛け倒しだったよ!
だいたい海の上を滑って来てるのになんでその海水にやられてんだよ。
魔力を帯びてるから?
してよ説明。
こうなればシンドバッドの「まだ終わっていない」に賭けるしかない。

アリババの深層意識に潜り込んだアラジン。
…潜る描写なかったよな。
また過程を飛ばして次のシーンですか。
まあそれは置いておくとして、アラジンの背中を押したあの
ドレッドヘアーは……?
意識の底でしゃがみこんでいるアリババ。
その体育座りは笑わせようとしてやってるんでしょうか。

アリババを励ますアラジン。
いいこと言ってる。
この作品における運命の位置づけが分からないから
最初の運命という言葉でちょっとつまづいたが、
その後アリババの行動そのものが運命だと説明されたので
なんとかセーフ。
アリババは立ち直った。

CM。
シンドバッドが主人公の外伝か。
最近、こういう原作者以外が派生作品の漫画を描くのって
流行ってるの?
俺は作者じゃないって時点で読む気起きないけどなぁ。

どこかへ帰っていく武器商人。
最後だし名前を覚えるか、イスナーンだったな。
そこへ現れたのはシンドバッド。
ほお、すでに半分堕転しているとは。
EDはこの意味だったか。
呪いも効かない。
魔装(?)したコスチュームはカッコ良いし、圧倒的な強さを持ち、
半分堕転しているという設定…いいね。
シンドバッドはなかなか魅力的なキャラだと思います。
たまにはこういうキャラを出す作品がないとね。
シンドバッドは今度こそイスナーンを消滅させた。

呪いの核の元へとたどり着いたアラジンたち。
アルマ・トランとやらの回想。
真ん中のがソロモンで…ほー、ザガンとパイモンの人間の姿、
それにしゃべってるじいさんがアモンか。
パイモンも昔は服を着てたんだなあ…それが後にトップレスに…(笑)。
っておい、また出しとるがなーっ!
最終回だから!?
何なんでしょうこれ、世にも珍しい見せ乳首ですか?
はー…でっけえな……あ、いえ、世の中が。
それはさておき、マギの一人が造反し、イスナーンらしき人物も
それに加わっていた。
しかし…ちょっと揺れてたなあ……あぁいえ、
なんでもございませんよ(笑)。

ところでちょっと思ったんだけど、アラジンはマギなのに、
ソロモン王の代行とやらなんだよな?
つまりマギじゃなく王の力を借りていることになる。
ふうん…よく考えたらおかしな話だな……ああ、だからアラジンは
4人目のマギとして存在できるんだ。
なるほど。

アル・サーメンは運命からの解放を目指しているらしい。
でもその結果が貧困や争いじゃ誰が見ても間違ってるという
結論にならないでしょうか(笑)。

回想が終わった。
「分かり合うことはない」の「ない」の言い方が好きです。
「ないっ」みたいな(笑)。
シンドバッドに反撃される前の「ヘーヘハハハ…うおっ」も
面白かったし、いいね三木眞一郎(笑)。

バトル。
やけに動きがいいな。
今のところ今回で一番いいぞ。

殺さないアリババ。
もう憎みたくなくて、自分にしかできない運命との戦いがあるなら
殺さないのが答え……うん?
意味が分からないぞ?
だいたい敵に襲われたら……ああ、今このイスナーンを
永遠に消すか消さないかという話ですか。
さっきよりはなんとなく分かるな。

「屈辱だよ。こんなに穏やかな気持ちでソロモンのもとへ
還されようとは」なかなか良いセリフ。
それに「もう二度と顔向けできまいと思っていたのに」と
実は結構いい人になった。

ルフが舞う。
王女のそばに剣士が降りてきた。
バルバッドの再来ですか。
なかなか良い光景ですね………ってまだ王女生きてるの!?
あれから結構経ったしもう死んでるだろ普通(笑)!
雑雑雑!
雑なんだよ話が!

アリババのそばにはカシムがいた。
カシムのルフはアリババに少し混じっていて、
呪いも抑えていてくれてたらしい。
その割には恨めとか殺せとかカシムの声で聞こえてなかったか?
どうなのこれ。
あと赤いイヤリングは何?

帰り道。
アリババを王として導くといい、手を差し出すアラジン。
その手を握るアリババ。
いつ王となる決意をしたの?
ここホンットぞんざいだよね。
王だなんだという話は出てたけど、アリババが自分が王の器である
かもしれないと真剣に考えたことはなく、いつの間にかアリババが
受け入れてアラジンと一緒に王を目指すことになってる。
アラジンもアリババを導く人間だと自覚してたかなあ。
ソロモンの知恵を授かった時点で全て把握してると想像はつくけど、
説明がなかったと思うんだよね。
はぁーあ、全くもう。

ひとまずのエピローグ。
シンドバッドたちは、願う世界を掴むと改めて決意する。
煌帝国の…名前は忘れたけど(笑)、このキャラは野望に燃える。
ジュダルはアル・サーメンよりこっちに肩入れしてるんだろうか。
そしてさっきからちょこちょこしゃべっていたキャラは
行方不明のマギだった。
神殿にいたキャラはもう一人のマギ、じいさんは誰か不明、
まだいる煌帝国の新キャラは髪が短いか長いかよく分からない
感じだけど個人的に可愛いと思った(笑)。
最後はシルエットが明らかになったED最後の一枚絵。
ああ、これはいい演出ですね。

CM……にしては変だと思ったらなんと2期の宣伝。
続けるってすぐに告知するのならどんなに話が途中でも
構わないからいいですね。
マギは割と普通に終わったと思いますが。



…はい、終わりましたーっとくらあ。

まあ上に書いてる通りの悪いとこがあって、
それは今までも見てきた悪い部分と同じパターン、
要するに初心者がやるような全く頭を使ってないミスが
大半であるということであり、今回の出来も荒さが目立った。
前回のラストはしっかり盛り上げてきてたんですが。

というかほとんどの回が悪いです、マギは。
平均以上は5回あったかどうかといったところでしょう。
開始早々原作を削りまくった上、その代わりに入れた
オリジナル展開はキャラ心理を含めお粗末そのもの。

あんまりどうこう言っても意味がないのでこの辺にしましょうか。
あ、でも気が向けば少し書き足すかもしれない。
結論は変わんないんですが(笑)。

以上、マギでした。
乳首と乳揺れとモルジアナの脇とか足だけが
このアニメの存在価値です。
多くの人にとって。

来週からはヤマトかー……押さえとくのが普通の
歴史ある一作なんだけど、どうしても見る気が起きないんだよね。
びっくりすることに(笑)。
興味が持てないんですよ。
本当なんでだろうね?

マギのこれまた見る気が起きない2期の放送が秋からということは
ヤマトは2クールの予定だろうから、1年じゃないんなら
そんなに苦ではないかもしれないとは思う。
どうしようか。
さて。

まあ1話はとりあえず見る、かなあ。
書くかは分かんないですけどね。
でもそうしたら俺が書くアニメはプリキュア一つかあ。
楽だね。
でもアクセス数が(笑)。
零細ブログのうちにとっては1アクセスがありがたいのです。

興味がないから2回見なければヤマトの話を書くのも…
でも面倒くさいなあ。
代わりにたまってるアニメを見て、遅ればせながら書いていくか…。

うーん、分かんないです!
結局。
そのとき決めます。

ではまた!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マギ 第25話「アリババとアラジン」

黒いルフに取り込まれてしまったアリババ。 アラジンと復帰したモルジアナが元に戻そうとうするが厳しい状況。 白龍がザガンを呼び出して力を借りるが…。 第1期最終回です。 秋

  • From: 空 と 夏 の 間 ... |
  • 2013/04/02(火) 21:42:18

この記事に対するコメント

Chocobisさん、はじめまして。
アニメマギは最終回でもアニメマギでしたね。

アリババの赤いピアスはバルバット編ではカシムがつけていましたが、
カシムの死後はアリババがつけています。
要するに形見ですね。
恨め、殺せの声はイスナーンでは?という意見もありますがどうだったんでしょうね。
(ちなみにこの声はアニオリです。)
2期にやるだろう原作の話に、アリババの中のカシムのルフに関する話がありますが、
上記の声がカシムだとすると2期の話に恨めの声の件も盛り込むのでしょうか。

原作でのザガンからシンドリアへの展開ですが、
アリババの堕転とアルサーメンのシンドリア侵攻はアニオリです。

原作だとアラジンのソロモンの知恵は王女相手に使っていて、
王女の中にアラジンの精神体?が入っていくような描写があります。
王女がイスナーンに刺されたのはアニオリです。
手元に単行本がないのでうろ覚えですが、イスナーンはこのあたりで一度首をはねられて
死んだように見せかけていたはずです。

その後全員でザガンの宝物庫に行って、ザガンに会いますが
ザガンは端末たちが自分の手を離れて勝手に悪さをしたことを詫びて
モルさんにザガンの魔力を分け与えて癒してくれます。
その後白龍を主として選びますが、ダンジョン内で何も活躍できなかった白龍にとっては
自分が選ばれていいのかと納得がいかなかったようです。
ザガンと契約した後に、大事なのは力をどうやって手に入れたかよりどうやって使うかだよ、とザガンにたしなめられてようやくザガンの力を受け入れる決意をしてました。
あと、原作のおまけ漫画でダンジョンからの帰り道のザガンと白龍の会話があります。
ザガンにとって人間は自分の身かわいさに世話になった恩人も平気で裏切るから大嫌いだが、白龍のルフを見ればそんな人間ではないとわかるので白龍に賭けてみた、白龍が王になればきっと清浄で忠節に満ちた世の中になるだろうと言っていました。
(ちなみにザガンは清浄と忠節のジン)
これらは確かに隠すような説明ではないですね。まあ単に尺の問題でカット、セリフから想像して補完しろということなのかもしれませんが。

ちなみに原作のザガンに怪我でも病気でも治せるという設定はありません。
原作だとイスナーンの呪いはザガン攻略の後で、ザガン攻略祝いの宴の最中に白龍の中に潜んでいたイスナーンが白龍の腕を落として出てきて、アリババとシンドバッドに呪いをかけていきます。
アニメではイスナーンはアリババの中に潜んでいて、ザガンに行く前に呪いをかけられてしまったので、上記の展開とのつじつま合わせのために王女たちとの戦いで腕を落とさせたのでしょう。
しかしこのつじつま合わせが雑なために、アニオリでザガンに病気でも怪我でも治せるという設定を加えたにもかかわらず、白龍の腕が治らないというちぐはぐな展開になっていますが。
イスナーンの呪いの前倒しはシンドバッドのつじつま合わせにも影響していますよ。
アニメシンドバッドは(アニオリで)アルサーメンとの戦争になり、シンドリアに黒い変なのが迫っているにもかかわらず、アリババ君に悪いという理由で呪いを解除しなかったという一国の王としてどうなんだという行動をしてしまってますし。
呪いを解除しなかった理由でももう少しまともな理由はなかったんでしょうか。

そういえばChocobisさんの感想を見ていて思い出しましたが、
原作アリババは未だに自分が王の器だの導く人間だのという自覚は持ってなさそうですね。
原作のほうではアラジンが一方的に宣言するもののまだ詳しくは話せないと言い、
アリババもいまいち言われたことの意味がわかってなく、アラジンが詳しく話してくれるときを待つ、といった感じだったような気がします。
原作のシンドリア編ではアラジンは色々と核心的なことを知っているにもかかわらず
自分の使命だからとアリババにすらほぼ何も話さず一人で内にすべて抱えているような印象があります。
そのあたりを解決する話がアニメ2期の予告で出てきたマグノシュタット編なのでしょうが、実は原作でもまだこの章は完結してません。

以上、原作既読の身としても展開のつなぎの雑さがかなり目に付いたアニメでした。
というか2期やるんですね。
正直1期での改変やカットのせいで2期の話もすでに色々と成り立たなくなっている印象があるんですが。
1期とのつじつま合わせも1期最終回ですらこの有様なので全く期待できませんし。
シンドバッド好きの自分としては、1期での扱いと2期の内容とアニメ誌インタビュー等の監督と脚本のシンドバッドへの印象を見る限り2期は見ててストレスたまるだけのような予感もするので、アニメ2期は切って原作と外伝だけ楽しもうと思っています。

  • 投稿者: kaki
  • 2013/04/04(木) 11:46:16
  • [編集]

はじめまして、kakiさん。
コメントありがとうございます。
ええ、最後までアニメマギだったと思います(笑)。

>アリババの赤いピアス
あ~~なるほど、あれはカシムのものでしたか。
流れから言えばそういったものだろうと思いつつも、
アリババが受け取った記憶がないので分かりませんでした。
恨めの声は、アリババとシンドバッドに呪いを受ける回では
イスナーンだったと思います。
なぜかというと、当時確認したんですよね(笑)。
ずっとカシムだと思っていたのにイスナーンが出てきたから
「えっ?」てなりまして(笑)。
字幕でも確かイスナーンと出ていたような……。
ただ、それ以前の回ではカシムのように聞こえたので
いまいちはっきりしないんですよね。
でもこの分だと、全部イスナーンだったかもしれません。
なのでおそらく2期では全く触れないと思います(笑)。

>アリババの堕転とアルサーメンのシンドリア侵攻
なんと、両方ともオリジナル展開ですか。
特にシンドリア侵攻のような大がかりな展開を
オリジナルでやるとは全く思ってませんでした。

>アラジンのソロモンの知恵
ここも全然違いますね(笑)。
王女相手に使うんですか。
そしてアラジンが入っていく描写はちゃんとあると。
それにやけに長生きだと思ったら、王女が串刺しにされたのも
オリジナルですか……いやはや。

>ザガン
本物はめちゃくちゃいい奴じゃないですか(笑)。
端末のしたことを詫びるし白龍を励ますしで。
あ、でも人間嫌いなのは本当なんですか。
といっても、清浄と忠節を司るからこそなら筋は通ってますよね。
さらに大丈夫だと判断したら白龍のことも信用していて、
よく考えてみてもザガンはいい奴ですね(笑)。
アニメでは白龍はギリギリまでザガンを使うのをためらっていたし、
ザガンも白龍を泣き虫だと軽口を叩いてるし、全く印象が違います。
おそらくこれもキャラ改変の一つではないでしょうか。

>原作のザガンに怪我でも病気でも治せるという設定はありません。
…………え。
…ええー………。
これはちょっと…シャレにならないですね。
もう全く、全く予想してませんでした。
まさかこんな、キャラクターの基本設定にまで踏み込んでいたとは。
原作の展開は本当にスムーズですね。
どこにもおかしいところがありません。
ここを変えたのは、アニメ版のひとまずの最終回をそれらしく
整えるためだと思います。
しかしkakiさんのおっしゃるとおり、作りが雑であるため
逆におかしさだけが目立つ形になってしまっている、と…。
信じられないですね。
シンドバッドが力を使わなかったのは、ジャーファルが尋ねて
いたように紅玉を味方にするためか、八人将の力を信じているなどの
説明は考えられますが、それを差し置いて「アリババに悪い」では
言われてみれば理由として小っちゃいですね(笑)。
王たるものが部下より先に動いては…というような理由が
アリババに悪いと思うのと同時にあれば良かったと思います。

>原作アリババ
ここも改変でしたかー…。
どうりで不自然だったはずです。
これも最終回らしくということなんでしょうが、
その盛り上げ方も上手く行ってないんですよね。
これではマグノシュタット編にも響きそうです。
秋の放送までに原作では終わったとしても、
また節々で改変が行われる可能性は高い気がしますね。


わざわざ長文で詳しく説明してくださって
ありがとうございました。
kakiさんのおかげでとてもスッキリできました。
アニメを見て気になった部分のことごとくが
原作では綺麗に通っているんですね。
自力で回復できないモルジアナが治ったのも、ザガンが魔力を
分け与えてくれたという、納得の行くものだと知れて良かったです。

アニメの脚本は……勝手にとは言いませんが、
自分たちで原作を変えておきながらそのオリジナル部分すら
整合性を取れないなんて、理解できないお粗末さですね。

スタッフが変わらない限り、2期にも期待できそうにありません。
kakiさんの判断はファンとして当然だと思います。
私はまあ、ここまで見たからおそらく2期も見るでしょうが…
期待はしないでしょうね(笑)。

  • 投稿者: chocobis
  • 2013/04/04(木) 21:27:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する