マギ 23話

  • 2013/03/19(火) 07:15:20

今回は普通でした。
少しずつ上がって来てるんで、
このまま良い出来となるまで上がって行って欲しいものです。


武器商人たち。
一緒の二人は幹部かと思ってたんだけど武器商人のほぼ手下の立場で、
この二人は同格かと思ってたら王女とその部下だった。
全然違ってたね(笑)。

滅んだ国の王子であるアリババが生きてるのはおかしいと言う王女。
自分もそうじゃないですか。
うん?
なんだこりゃ?

闇の金属器で王女が化物に。
特に顔は完全に怖くなっており、胸しか性別を推測できる部分が
なくなってしまった(笑)。
それはさておき、武器商人の「黒いルフを糧とする」という言葉は
地味に気になる。
アル・サーメンとはつまりそういう、闇が生きるために必要不可欠な、
闇に生き物のような存在なんだろうか。
例えば、黒いルフを求めることに何か大きな目的があるわけではなく、
それがないと生きていけないから本能として求めてる、みたいな。
まあ、まだまだ分かんないことだよな。
この辺にしとこう。

シンドバッドとは一緒に組むより敵として戦う方が
楽しいと考えるようになったジュダル。
「何せダンジョン攻略者が5人もいるんだ」
あの、それ前に聞きましたが…。
ああ、今回は少し詳しく説明してくれるんですね、ごめんなさい(笑)。
しかし第一皇女のように第○なんとかっていうのと
今の皇帝の息子とで紹介が別だったけど、カテゴリーが違うの?
第一って聞くと次の皇帝になる人間のように聞こえるよなあ。
そもそも白龍の姉は前の皇帝の子供とかって話だから
第一も何もない?
……ダメだ分からん。
もう考えない(笑)!

ジュダルと姫。
王女が出てきて分かりにくいから名前を覚えるとしよう。
紅玉だったな。
バルバッドでのことで居場所を失ったため、逃げてきたというのが
現在シンドリアにいる真相らしい。
ほー、なんとそんな性格でしたか。
確かにうっすら疑問だったから晴れて良かった。


シンドバッドに弁明しに行く姫。
泣くほどうろたえている。
シンドバッドの夜這いが無実だと分かったときもそうだったし、
元々こういう性格なのかもしれない。
とはいえ初登場時は少しやりすぎだったと思います。
正当性があんまりないので。

アル・サーメンの人間は宮殿でもずいぶん力を振るっているらしい。
かなりやばいじゃないですか。
シンドバッドの言う「独断で動いている組織の一部」とは
煌帝国から見ての独断だよな?
組織自体はシンドリアへの攻撃を認めてるって話だったので。
少し分かりにくい。

「あなたのためなら私…」と言う紅玉は照れながらも嬉しそう。
もう気持ちを全く隠してないよね(笑)。
密かな片思いパターンじゃないとは、軽い驚きでした。


迫りくる組織の人間。
羽の生えた化物が大勢に指揮官のようなキャラが数人、
全員飛んできている……。
あ、戦争ってそういう感じ?
大艦隊が来るような、いわゆる普通の戦争かと思ってたんですが。

バトル。
どうやらここは修行の成果が出るシーンらしい。
が、アリババはおかしいだろ。
「アモンの剣」と言うからにはそれがアモンの武器だと思ってたのに
短剣に変えられたことは驚いたが、それはいい。
じゃあ何がおかしいかと言うと、きっかけがなかったじゃないですか。
短剣に変えられることに気づくきっかけが。
師匠には自分で考えろと言われただけで、
ダンジョンの中でこの話題が出ることもなかった。
…またやらかしたな?
まったく。

闇の全身魔装。
お、再び人の姿に戻った。
だよなあ、黒いジンの姿になりっぱなしじゃあ使い捨てだもん。
それにこの作者が色っぽい姉ちゃんを化物にして終わりだなんて
そんなもったいないことをするわけがない(笑)。
ともあれ、あっさりやられたんじゃしょぼいなあと思ってたから
まだまだバトル続行だったのは良かったです。

王女の力でアリババに手足を切り落とされた部下も復活した。
これも納得。
王女の過去がフラッシュバックしてたときにやられてたもんね。
アリババを攻撃して再び戻ってくるあたりの動きが良い。

失った国を取り戻すことを悲願とする王女。
あ、もしかして!?
アリババが生きてることをおかしいと言うのは、
話の出来が悪いんじゃなく部下と同じように
王女も生きた人間ではないということか!?
部下が複数刺されたシーンで、そのすぐ後に王女は……。
もしそうならなかなか良いですね。
見直しました(笑)。

ここで白龍が戦いに加わった!
おお、頼もしい!
モルジアナたちは宝物庫に置いてきたか。
これで戦況は有利に傾いたぞ、うんうん………んん?
おい、まさかザガンと主従の契約をしたんじゃないだろうな?
宝物庫にたどり着いたのが白龍ということは、つまり、そうなる。
「そのとき…」て何か言いかけてたし…。
ええい上手いことやりやがってこんちくしょうが!

無限に使えるマゴイを武器に、時間をかけて倒そうとする
アラジンたちだが、シンドリアに迫る魔の手を見せられる。
…オカマみたいな格好をしてる敵のせいで緊張感ぶち壊しだよ(笑)!

こうなったのは自分のせいだと言われるアリババ。
「シンドリアを狙っていたんです」と言われるアリババの顔が
どう見ても崩れてた(笑)。
今回は作画が悪かったなあ!
遠くのキャラの顔が特にまずかったよ。

武器商人の本当の狙い。
アリババとシンドバッドのアザの拡大でしょうか。
すると王女はやっぱり使い捨て?
かわいそうに…。



という感じで。
すいません今ちょっと調子出ないんで
パッとしない文章になってますね。

今回は新事実が明るみになる面白さがあったり、
一方でアリババの短剣のことが唐突だったりで、
良い部分と悪い部分の両方が入った内容でした。

といってもまあ大きな失点はなかったですからね。
出来としては普通じゃないかと思います。


上に書いたこと以外で気になったことと言えば、
今アラジンたちがいる島とシンドリアまでの距離について。

今回の最後で、チンタラしてるとアリババたちが帰るまでに
シンドリアが襲われちゃうよと脅されるシーンがあったけど、
これ、普通に考えて間に合うわけないじゃないですか。
敵はもう目前まで迫ってるのに。
前回でも、八人将のロリっ子がいきなりシンドリアに帰ってるという
おかしなことがあった。

でも、ふと島はシンドリアから結構近い場所にある可能性に気づいた。
それなら何もおかしくない、むしろそう考えるのが自然だと。

となると後は距離についての説明があったかどうかなんだけど……
覚えてないんだよなあ。
このアニメのことだから多分説明はなかった、と思う(笑)。
でも説明してた可能性もあるから断定ができない。

だから一応保留にはしておきます。
クロに近いグレーで(笑)。


さて次回は、予告じゃよく分かりませんが
盛り上がってくるんでしょう(笑)。

そういやもう23話だってのに全然ラストに向けて
盛り上がってる感じがないなあ。
なんなんだろうなこのアニメ(笑)。

連載中の作品が原作とはいえ何からなにまで………ああ。
そのためにこのシンドリア編でもオリジナルを入れたの?
アニメでのラストにふさわしいようする目的で。
もっとも、どこがオリジナルか知らないから
具体的にどうとは言えないんですがね(笑)。
おまけに話が変だと思ったらオリジナルだったという
有様なわけで(笑)。

まあ、もう大きな期待はしてないので何が来ようと驚かないで
見るとしましょう。

マギもおそらくあとわずかです。

…だよね?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TVアニメ版マギ 第23夜「鬨の声」の簡単な感想

このままだとシンドリアと組織…アルサーメンの全面戦争に突入しそうな勢いですよね。 あともう2話位しか残っていないような気がするんだけど、ちゃんと収拾つけられるのかな?

  • From: 進撃の巨人のクリスタ・レンズとマギのモルジアナが好きだあっ!!(新さくら日記) |
  • 2013/03/19(火) 07:52:12

(アニメ感想) マギ 第23話 「鬨の声」

投稿者・鳴沢楓 マギ 4(完全生産限定版) [DVD](2013/03/27)石原夏織、梶 裕貴 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネット...

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2013/03/19(火) 14:31:26

マギ 第23話「鬨の声」

モルジアナが負傷し、イスナーンと戦えるのはアラジンとアリババのみ。 イスナーンが伴って来たドゥニヤ王女と騎士イサアクと対決! 一方、シンドリアではジュダルが宣戦布告。 紅...

  • From: 空 と 夏 の 間 ... |
  • 2013/03/19(火) 22:23:26

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する