マギ 14話

  • 2013/01/13(日) 23:27:32

今週はその日のうちの更新です。
マギは比較的楽に書けるイメージがあって良いですね。
今回は面白くって、でも…という内容でした。


まずは共和制に移行すること、それから銀行屋と霧の団の協力者が
声は同じだがどうも別人臭いことには驚いた。

内容についても、アブマドを倒すことが一番かと思いきや
姫が来てからが本番だとアリババが言ったことには驚かされたし、
共和制になるのは予想外だったし、それは煌帝国と交わした
あまりに危険な条約を全部なかったことにする、
まさに一発逆転のアイディアで実に良かった。

それでいてこれは屁理屈であると言い切り、
アリババは姫が乗り気でないことに賭け、姫は自分の手に余る
状況になってきたから父でもある皇帝に投げたいし、
それにアブマドと結婚したくないからアリババの提案に乗るという
お互いの思惑が交差していて、今回はとても見応えがあった。

アラジンとの旅がお預けになるとも思わなかった。
この作者は仲間を離れ離れにするのが好きですね(笑)。
これらのことは、素直にはっきりと面白かった。

でも根本的なことが非常に気になった。

アリババが賢くなりすぎてる。

ここまでのアリババには、カシムが反乱を起こすと聞いて
それをさせまいと決意した描写しかない。
なのにたったそれだけの間で共和制と言いだすのはおかしい。
今まで他の国を見てきたと言うが、そんな描写はどこにもなかった。

話そのものの出来は良かったしとても盛り上がったのに
極めて基本的な部分が抜け落ちてる。

これはおそらくアニメスタッフの責任だろうな。
どうせいつものように必要な部分を端折ったんじゃないか?
今までのことがある以上、そう考えるのが自然に思う。

それに、本来これからが見せ場のアブマドが、
真剣白刃取りされてちょっと叩かれたぐらいで
あっさり失脚となったのもしょぼい。
これが原作者とアニメスタッフどちらの責任かは微妙なところだが、
拍子抜けした。

さらにもう一つ、シンドバッドの金属器を盗んだ3人が
いきなりそれを知っていたこと。
これは霧の団にシンドバッドが来たからだと想像できるが、
想像させること自体がおかしい。
こういったことは説明するのが普通。
キャラクターの重要度と扱いが釣り合ってない。
間違いなくアニメスタッフの責任だろうな。

というように、話は今までの中でもかなり良かったのに
必要な描写が欠けてることが大きな妨げとなってしまっていた。
なんでこうなるんだろうなあ。
というより、なんでこうするんだろうなあ、アニメスタッフめ。
あえて作品の出来を悪くする意味ってなんだ?
残念だったと思う。

では、この後はシーンごとに見ていきます。


敵を掃討するモルジアナ。
振り下ろした蹴りのとこ、足が逆だと思う。

サブマドに王族の責任を見渡させるアブマド。
この光景をずっと平然と見下ろしていたと考えると、
改めてアブマドもそれなりの王だったと思わされる。
出来は悪いですがね(笑)。

「だからサブマド兄さんは絶対に臆病者なんかじゃない。
勇気のある人なんだ!」とサブマド兄さんをかばうアリババ。
アラジンに言われたこと、その気持ちを今度は他の人に
分けてあげたということでしょう。

現れた姫。
アブマドの姿を知っても、心を抑えて使命を果たすことを
優先させたところは少し好感を持った。

「必ず伺おう」とのシンドバッドの言葉に顔を赤らめる姫。
後のシーンを見たことでシンドバッドが来るのが嬉しいんだと
分かったけど、ややいきなりに感じた。

アブマドは生かされる雰囲気。
サブマド兄さんや頼りになる部下が同罪にされそうなのが
厄介なところ。
でもアリババに協力したわけだから区別できる気はする。

民衆への説明。
ちゃんと分かりやすく説明していくのが良い。

アラジンから光の鳥が出た。
意識がルフとどうにかなって飛んでいった?
アラジン仮死状態に?

カシム登場。
そういえばいたねこの人たち!
すっかり忘れてたよ(笑)。


次回はカシムとの戦いが決着?
このキャラも結局なあ…まあ次回を待とう。

シンドバッドの金属器はいつ返ってくる?
バルバッド編は次かその次で終わりだろうか。
そういやアラジンと敵のマギもいたな。
じゃあ次には終わらない?
どうなるんでしょう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マギ 第14話「アリババの答え」

サブマドの勇気ある行動で、アブマドと対峙したアリババ。 アブマドの命令に従う臣下はおらず、クーデターは成功に終る。 しかしそこに紅玉が現れる。 対人恐怖症なのにサブマド

  • From: 空 と 夏 の 間 ... |
  • 2013/01/14(月) 01:22:37

TVアニメ版マギ 第14夜「アリババの答え」の簡単な感想

「それに…あんなブタみたいのと結婚するなんて死ぬほど嫌だった」 まるで自分のことを言われているみたいでグサグサきました。 アラジンの体から光との鳥みたいに大量のルフが出...

  • From: To LOVEるダークネスの西連寺春菜と歌手の春奈るなが好きだあっ!!(新さくら日記) |
  • 2013/01/14(月) 03:53:18

(アニメ感想) マギ 第14話 「アリババの答え」

投稿者・鳴沢楓 マギ 1【イベントチケット優先販売申込券付】(完全生産限定版) [DVD](2013/01/30)石原夏織、梶 裕貴 他商品詳細を見る モルジアナの助けや、サブマドの勇気ある行動によ

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2013/01/14(月) 14:57:32

◎マギ第14話「アリババの答え」

|>サブ:アリババとゲンオウの会談を妨げること断じてならん!|>>アリ:引導を渡しに来た{コウギョク:騒がしくない?{))モル:・・・私の力でできるのはここまでです{→サル全...

  • From: ぺろぺろキャンディー |
  • 2013/07/01(月) 21:31:17

この記事に対するコメント

共和国云々は原作でも突然出てきましたがそれは意図的に描写しなかっただけでしょうね

ババがシンさんの意向から外れることが是なのか非なのかが読者にも伏せられていましたから(ぶっちゃけ先週分までは考えなしに暴走したようにも読めて、今回でちゃんと考えがあったことが解る)

ただババが王宮で政治、流通経済、剣術、学問に対し深い教育を受けていて、特に剣術、経済は高い才覚を発揮していた(実はこの二つは作中人物では上から数えた方が早いレベル)事がアニメではカットされています(最初は「なんだこいつ?」みたいな感じだった王宮の人たちが「もう、アリババが王様になればいいんじゃないかな」みたいに変化して、対人が苦手な次兄とも話せるようになってたとか)

アリババは自己評価の低さとまごまごしてたと思ったら急に全力疾走しだすギアトップとロウの切り替えの激しさから凄さが判りづらいですし

あとチートバッドさんや脳筋を超えた脳筋戦闘民族ファナリス人やMPが実質∞なマギ
ほどパラメーターが尖ってないのでどうしても並っぽさが付きまとう(笑)

  • 投稿者: -
  • 2013/01/14(月) 13:18:38
  • [編集]

コメントありがとうございます。
(誤字があったので14日の18:36:50に書いたものを
一度消して修正しました。)

共和国のところって原作通りだったんですか!
ではアニメスタッフを疑ったのは悪かったですね(笑)。
となるとアリババの考えが唐突でないかが気になるところですが、
これは実際に読んでみないと判断つきかねる部分でしょうか。

ただ、アリババが剣術や教養に秀でていることを省いたのは
ちょっとまずかったですね…。
アニメではこれがないから、本人の言う通り
世界を旅して共和制を知ったとしか思えないんですよね。
自己評価の低さに関しても、剣術は習ってるし難しい文字が
読めたりはするけど特別優れた部分はないんだな、と
アニメしか知らない自分はアリババの言葉を真に受けていました。
小さなシーンのようで省いたことが後々まで響いてきてますね。
何より、そのシーンが見たいです(笑)。

アリババの並っぽさですが、自分も思ってました(笑)。
読者目線のキャラとして割と普通の人間に近く
描いているんだろうなと。
でも実はすごかったんですね。
誤解してました(笑)。

説明のおかげで気になったことが分かったり、
知らないことを新しく理解することができたと思います。
ありがとうございました!

  • 投稿者: chocobis
  • 2013/01/15(火) 02:10:48
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する