「コクリコ坂から」を見た。

  • 2013/01/12(土) 12:27:26

ついにテレビ放送されましたね、スタジオジブリの最新作!
バッチリ見ましたよ。
……バッチリじゃあなかったような気もする。
ところどころほかのこと考えてたり。
作品のせいじゃなしに。

ま、まあとにかく見ました!
できる限りのバッチリです!
さあ参りましょう(笑)!


まずは作品の雰囲気。
とても、非常に実に良かったですよ。

だって食堂の外にテーブル並べてそこで生徒が食事してるだけなのに
瀟洒に見えるんですもん。

この作品は現実が舞台で、今までのジブリ作品のように非現実が
混ざったわけではないにもかかわらず
夕方の商店街はまるで異世界に迷い込んだように美しい。

よくまあ日常をこんな魅力的に映し出すものだと思う。
すごい。
コンビニもスマートフォンもない昔は今より不便で豊かじゃないとは
ついつい思ってしまいがちだが、改めてそれが大きな間違いだと
思わされる。
今あるものがないのは確かにその通り。
でも、それだけで全ては計れないし、何より昔にあって
今にないものもあるんだ。
一言で言えば、時代の空気ということになるだろうか。
少し……結構憧れちゃうね(笑)。


それから生徒たち。
まあーーあの思う存分青春を謳歌してる姿(笑)!
でも今書いた通り、こんな魅力的な世界に包まれていれば
当然というものですよ。

もっとも、そうした人の営みがあのような魅力のある世界を
作り出していると言った方が正しいのかもしれないけど、
あの生き生きとした生徒たちは時代に育てられてると考えたくなる。

取り壊されそうになった建物……ええっとカルチェラタンか、
あそこに部室をめいめい作ってるところも秘密基地みたいで
男としてはたまらんね(笑)。

でもいろいろ仕切ってたメガネのキャラは
いかにも少女漫画的なんだよね。
ほかのキャラはやたら四角いのにあのキャラだけは本当に別で、
見た瞬間「ああ」って納得するような気持ちになったよ(笑)。
もちろん悪いわけじゃなくて。

雰囲気に加えて、キャラクターも良かったね。


反面、物語は少し気になる部分があった。
まずはものすごく基本的なことなんだけど、
主人公が確かメルって呼ばれてたのは何?
説明あった?
あったんなら意識が飛んでた俺が悪いだけなんですが。

それからそのメルが東京行きに選ばれたところも気になった。
いきなり主人公らしい扱いで、そんなに活躍したわけでもないのに
誰も変な顔をしなかったのは違和感がある。
確か直訴の言いだしっぺなんだっけ?
でもそれだけで代表になるのは……う~ん。

さらにメルだけど、そのほか理事長と会ったときとかで
ちょくちょく度胸の良い主人公らしさが発揮されるのも
「ん?」て思った。
メルのキャラクターがそんなにはっきりしてないから、
「そういう一面があったんだ」というシーンなのは分かるけど
効果的じゃなかったしこれも違和感があった。

そして一番が、終盤。
メルと名前を忘れたけど初恋の相手の血が繋がってるかどうか、
そしてカルチェラタンが取り壊されるかどうか、
この二つがこの作品のメインだとラストを見るまで分からなかった。
原因はもう、主軸をはっきりさせてないから以外ない。
特にカルチェラタンは最初からずっとやっていたのにこれだから、
ラストに向けての盛り上がりを作れてないことになる。
血の繋がりについても、あっさり誰々の子だと言うんじゃなく
なにか証明するものが欲しかったところ。
この作品は、見ての通り現実が舞台で日常を主眼としているため、
過度に演出するとわざとらしくなる可能性がある。
なのでしらけさせないためにスタッフは抑えて作ったんだと思うけど、
残念ながらこれは抑えすぎだった。
日常生活のある一定期間を切り取ったんだとしても、少し弱かった。


という感じの「コクリコ坂から」でした。
まあ元々ジブリらしくフラットなテンションで進むんで
ラストもどうしてもダメってことはなかったですね。

それに始まってしばらくは良かった。
キャラや内容が分かるセリフはぽつぽつと入るだけなんだけど、
話を変に動かさずじっくり進めてるから
こちらも問題なく見ることができた。

だからどちらかで言うならなかなか良かったと思いますよ。
登場人物の個性や作品の雰囲気、作画の出来は良くて、楽しめました。
宮崎吾朗はあともう一作、原作付きで経験を積めば
ひとまずその次はオリジナルをやれるだけの実力がつくんじゃ
ないでしょうか。

それでは、「コクリコ坂から」でした!
前の放送から未だ見てないアリエッティも早めに見ないとなあ(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する