マギ 13話

  • 2013/01/08(火) 19:37:58

あけましておめでとうございます。
マギも始まりました。
今年は毎回楽しめることに期待したいものです。
少なくとも一つ、多くの視聴者にとっていいことが
あったのは間違いないでしょう(笑)。


「国民たちよ!しばしここで待て!今から俺が、この国を変える!」
炎をまといつつこのセリフはカッコ良かった。


おおおおお、新OP!
早あっ!
1クールで変えるんだ……あ、このアニメって2クールだっけ?
ああ、じゃあおかしくない…んだよな?
「青の祓魔師」も確かそうだったもんね。
ふうん。

映像はなかなか悪くない。
顔にアザか傷跡のあるキャラは煌帝国の人間にしては
かなりまともな性格をしてるように見える。
モルジアナはセクシーな格好で踊ってるぞ。
見たことのないいい顔しちゃってまあ。

曲はポルノグラフィティなんだけど、はっきり言っていまいち。
結構好きだったのになんてこった、
残念ながら落ち目となってしまったらしい。


煌帝国の姫はアブマドの姿も知らないらしい。
なるほど、だからおとなしく従ってるんだ。
もっとも、ゆくゆくは女王となるようだからアブマドは
消されてしまうか、結婚しても全く相手にされないんだろうな。
バルバッドを狙っていることが正式に言及された。
姫が武の道を歩みたいなど、何かのギャグだろうか。
マリッジブルーとか言ってしまうこの作品のセンスには
相変わらず閉口。

入ったけど衛兵に囲まれちゃってるアリババ。
なんだそりゃ。
でも降りてこいと言われたアブマドが
激しい怒りを見せていたことには感心した。
小物はすぐに臆するんで、それがないとは暗愚な王ではあるが
風格は備えているらしい。

覆面をした煌帝国の3人は結納品だった。
あれ、姫の側近とかじゃないんだ。
そして顔は普通の青年だった。
あれれ、てっきり顔は獣人だと……思ったら巨大な象に変身した。
象だから語尾が「ぞう」なの?
シリアスな内容と全く合ってないね(笑)。

「練習では成功しなかったけど、イチかバチかやるしかねえ」
こんなベタなセリフが聞けるとは思わなかったよ(笑)。
失敗して良かった。
にしても、アリババが結構な高さのジャンプしてたな。
この作品の身体能力の基準がよく分からない。
ファナリス以外は現実的な設定じゃないかと思ってたんですが。

イメージの世界で悩むアリババ。
立ち上がったとこはいい盛り上がりだった。
でもあんなに悩んでたのに、アラジンの一言で全てが吹っ切れたのは
少し違和感がある。
それに首を切られた意味はなんなんだろう。

象を一刀両断しちゃったよ!
まさかここまではっきり決着がつくとは思わなかったけど、
これはなかなか気持ちいい。
でもアモンの剣を見るアリババは、最初から笑顔にするんじゃなく、
一瞬驚いたような表情があればもっと良かった。

加勢に来たモルジアナ。
「あなたの力になりたかったからです」
「分かっています。でもそれは、こんなところで、
こんな連中を相手にすることじゃないでしょう」
良いセリフですね。
良い。
ただ「無茶じゃないわ」は「ん?」て思った。
モルジアナって「~わ」みたいな話し方するんだっけ?
あと「今から泣くのはあなたたちの方よ」言ってたけど、
敵は泣かせるなんて言ってないよな?
また原作を削ったか?
それに前に本気を出さなかった理由は何?
急に疑問がいくつも出てきた。

今度のアリババの相手はトラ男。
マゴイが切れたら疲れたようになるんじゃないの?
まいいか、それでアリババがしたのは、まずトラ男に投げたのは油で、
トラ男はそれを当たる前に真っ二つにして、それによって油が
周辺に飛び散り、アリババは短刀を地面にこすることで火花を起こし
発火させたと。
あのー、分かりにくかった。
油瓶を切ってすぐトラ男のアップになってるせいで
油が主にトラ男にかかったようになってるし、
火花を起こすところはあと少しだけ時間を長くして何をしたか
分かるようにしなきゃいけなかった。

アモンの力を一時的に取り戻したアリババにとって
トラ男は真っ二つに。
えええええ、もう死んじゃうの!?
早っやああ!
象だけかと思ったのに、考えてみればアブマドに差し出された以上
確かに出番の長いキャラではないかもしれないけど、早い!
ザコだったの?
この獣人たち?

モルジアナvsサル男。
広い敷地をビュンビュン飛び回って、人間離れにも程がある。
これじゃどっちがサルか分かんないよ(笑)。
ああー、サル男も体をブチ抜かれて死んだ。
まあここまできたらそうだよなあ。

ついにたどり着いたアリババ。
今回はヒゲの兵士とサブマド兄さんのおかげで話し合いができそう。
でも会談とは言うが、アブマドがクーデターかと言ったときに
サブマド兄さんは否定しなかったし、アリババに至っては
引導を渡しに来たと倒す気マンマン。
アブマドの性根を叩き直す気が全くない(笑)。
いやまあいいんですけどね。
ようやくアブマドも汗をかいた。


新ED。
ようやく変わりました。
前のも曲自体は悪くなかったんですけどね、
秋元関連は消え失せてくださいということですよね。

さて、OPに続いてモルジアナが踊り子みたいな格好だったけど
ジョブチェンジするの?
煌帝国の姫がすっかり可愛いキャラみたいになってるのに違和感が。
先に手を出したのは敵のマギと言われながら襲ってきたことが
チャラにされるのは気に入らないな。
ラストはアラジン以外全員よそを向いてたけど、何か意味がある?
あとアラジンの後ろにいるシルエット、
あれはつまりあと二人マギがいるってことだろうか。

EDのアーティストはスーパーセル。
この声は「ギルティクラウン」や「ブラックロックシューター」でも
歌っていた歌手だな。
声が今時って感じだしすごく好きなわけじゃないが思い入れはある。
でも微妙に作風と合ってない声の気がするな。



さあ、以上です。
新年一発目の放送だったわけですが、悪くはなかったですね。
まっすぐ話を進めればいいだけだから失点になる要素が出にくい。

まあ考えなしに王宮に入って上手く行っちゃうのは
少し疑問かもしれない。
モルジアナとサブマド兄さんという協力者がいる点で
前とは違うと言いたいのかもしれないけど、
アリババの計算じゃないですからね。

それから獣人たち。
ただのザコだったとは。
やや拍子抜けした。

とはいえ今回はほとんどスムーズに見られた。
これはいいことです。
できる限り維持していただきたい。

次回は決着がつきそうな雰囲気。
「で、私は誰と結婚すればいいの?」ということは王位が
ぐらついたということ、「君はすごい人物になるのかもしれないな」
はこの話がほとんど終わるということであると考えられる。

ここでアリババが王になっちゃうと動けなくなるから、
アリババは冒険を続けて、サブマド兄さんがその間
シンドバッドたちに協力を仰ぎつつ国を立て直すんだろうか。
あるいはサブマド兄さんに王位を譲る気かもしれない。
でもそれには忠誠心に厚い有能な参謀がいないと難しいから
ちょっと怪しいな。

それにしてもこの流れで
「ついに俺、大活躍!みんな、見てくれよな!」
みたいなふざけたセリフはいりませんよ。
どうも盛り上がりとか流れが分からないスタッフだな。

まあそんなとこで、今年最初のマギでした。
OP・EDも変わって心機一転、今までの低張を覆すごとく
頑張って欲しいものです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TVアニメ版マギ 第13夜「反逆の王子」の簡単な感想

今回からOP&EDが新しくなりましたね。 特にEDは前の世界観ぶち壊しのEDと比べると大分マシになりました。 あとOPの踊り子モルさんが可愛かったなあ…シンドリア編もやるのかな… マ...

  • From: To LOVEるダークネスの西連寺春菜と歌手の春奈るなが好きだあっ!!(新さくら日記) |
  • 2013/01/09(水) 00:05:11

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する