ふしぎの海のナディア デジタルリマスター版 37話

  • 2013/01/12(土) 21:47:35

一週間遅れであります。
ですがここまで来ればと最新の38話と放送日に同時更新となったので
一応ある程度カバーできたかなと思っております。

では参りましょう!
ふしぎの海のナディア、第37話です。

36話はここから。


ネオ皇帝のもとへ連れてこられたナディア。
赤と黒のチェック模様の壁……すごいな(笑)。
それにガーゴイルの発音だと「ネオという名前の皇帝」ではなく
「新しい皇帝」って意味でネオ皇帝陛下って言ってるように聞こえる。
ネモとナディアのブルーウォーターがついに一つに……
グニグニし始めた。
あれ、欠けた部分にくっつくだけだと思ったのに。

レッドノアが旧アトランティス帝国の跡地で発見された。
さっきまでいたのは旧タルテソスだから、
今言ってるのはバベルの塔の爆発で滅んだ方ってことだな。
ネモはタルテソス王国って言ってたのに、分かりにくい。
「ガラクタの山の上に沈降」ってのはどういう意味?
上に沈むっておかしいだろー……ああ、まず海底にバベルの塔で
滅んだ国があって、ひょうたん島のように浮かんでたレッドノアが
その上に停止しているってことか?
これまた分かりにくいな。
終盤で忙しいのかもしれないけど、しっかりして(笑)!

死んだとの報告があった直後に無事なジャンたちに場面は変わる。
ここは5つの大陸と7つの海に開通している弾丸トンネルの中。
沈んでいくノーチラス号でネモたちが助かったのも、
海底潮流に流されてこのトンネルにたどり着いたからだった。
なるほど、ちゃんと説明があった。
前回は忙しいから説明は後だったんだな。
俺ももう少し気を長く持たなけりゃいけない。

レッドノアやN-ノーチラス号の説明。
宇宙船なのはおおむね分かっていたことだけど、
ジャンがレッドノアで見たノーチラス号に似ている船は
同じものではなくノーチラス号の原型であるらしい。
原型の名前は亜光速宇宙船ヱルトリウム。
このヱルトリウムが第2世代型であるのに対し、N-ノーチラス号は
「第4世代型超光速恒星間航行用超ド級万能宇宙戦艦ヱクセリオン」
という名前で、レッドノアと同じオルフェウス型の大型縮退炉を
主機関としている。
旧ノーチラス号の主機関だった対消滅エンジンはこの船では
フライホイールを回すための補助機関でしかない。
このN-ノーチラス号なら現在の科学技術では太刀打ちできない
人類に変わってレッドノアと戦うことができる。
…しかし笑いしか出ない名前や設定だな(笑)。
この頃から「エ」を「ヱ」って表記するのが好きだったんですね(笑)。
でもカッコ良いですよ。
「この世の中で縮退炉に勝てるのは縮退炉だけです」ってセリフも、
それを力強く言うエレクトラも良い(笑)。

ガーゴイルの語る人類の歴史。
240万年前、アトランティス人は自分たちの数が少なかったため
忠実な下僕を作ろうとした。
最初に作ったのは比較的知能の高かった鯨だが、上手く行かなかった。
そこで今度はサルを利用し、使いやすくするよう
割と高度な知恵を与えた。
う~~む、なんと人間を作ったのがアトランティス人だったとは。
ミッシングリンクを絡め、アトランティス人に似せて作った、と
人間とアトランティス人が似ている理由も上手くまとめて考えてある。
これは良い。
造物主であり飼い主であるとなれば、ガーゴイルが人間を見下すのも
不愉快ではあるがもっともというものだった。
…それにしても人間の博物館グロいな(笑)!

ナディアとネオ皇帝。
今までさんざんナディアの天邪鬼を見てきたけど、
ネオに対してもその調子なのは見ていてとても楽しい(笑)。
それにネオが兄って気づくの、遅かったね(笑)。
家族一緒の写真を見て思ったけど、
そういえば母親の存在感がとても薄い。
そしてネモの肩に手を置いているキャラ、あれが誰かそろそろ
想像がついた人も多いのではないだろうか。
クーデターが起きるとき、ナディアを助けたのはネオだったらしい。

全世界への宣戦布告。
喋ってる途中に時間が経ってるのがいいね。
N-ノーチラス号は小笠原諸島近海にいた。

乗組員を降ろすネモ。
今更そんなことを言うなんて思わなかったな。
それに怪我人、あんなにはいないだろー(笑)。
ジャンたちとの再会までにずいぶん時間があったし
ネオ・アトランティスの攻撃もダメージを受けてる感じじゃ
なかったじゃないですか。
まったくもう(笑)。
お、イコリーナさんが置いていかれた。
感動的な会話ですね。
それにマリーとキングも預けられた。
エアトンはそのためのキャラだったか。
ジャンとグランディス一家は船に乗った。
帽子を返すやり取り、いいな。

降伏までの期限が来た。
へー、もう24時間経ったんだ。
ネオ・アトランティスに対する答えはノー。
まあにわかには信じられないところ。
しかしパリなのに唐草模様の風呂敷がある(笑)。
1話を見たときにこのシーンを思い出して「確か唐草模様のが
なかったっけなあ」て思ってたんだけど、今回でした。

N-ノーチラス号、発進!
あ、メガネをかけたインテリ風の乗組員も降りたんだ。
残る人間は残るから良いのです。
イコリーナのことを思うエーコー、帰ってこられるだろうか。
一方、ネオ・アトランティスはバベルの光で攻撃を……って
ガーゴイルのコスチュームが変わってる(笑)!
なに着替えてんだよ、びっくりしたなあもう(笑)!
おっと、それはさておきミカエルをぶち抜いた!
これはカッコ良い。
対峙するN-ノーチラス号とレッドノア。
最後の戦いが始まる…。

ED。
おお?
作画監督が庵野秀明だ。
この頃はひらがな表記だったんだな。
へええ。


ということで、一週遅れですが書きました。
若干分かりにくい部分もあったけど面白かったですね。
にしても今回で37話ですから、遅れるなんてあってはいけません。
本当にそう思います(笑)。

好きで見ていてここまでたいてい遅れながらもずっと書いてきて、
だったら最後はちゃんと早く書くのが筋ってもんでしょう。
この37話は38話と同時に、土曜のうちの更新となったわけですが、
39話も極力その日のうちに更新したいと思っております。
まとまりで苦労して遅れることはあっても、
何より最優先にして書きますよ。

では38話に移りましょう!
38話はこちらです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する