スマイルプリキュア 41話

  • 2012/12/18(火) 07:05:01

うぬう……。
思った以上にまとめに来てますね。
こんなにしっかりやるとは思わなかった。


「私の名前は黄瀬やよい。ちょっぴり泣き虫だけど
小さい頃から絵を書く事が大好き!
人に見せるのは、ちょっと恥ずかしいけどね。」

あーそうかあ。
前回のあかねのときはなんで自己紹介したんだろうと思ったけど、
これ全員なんだ。
つまり最後に向けて、視聴者への挨拶みたいなことをしてるんだ。
は~~~……そっかあ~。
「スイート」でも最終回で似たようなことをしてたから、
それにちなんでのことかもしれないな。
なるほど……。


OPと同じ映像が来た。
でも今のやよいなら隠さない気がしないでもないんですけどね。
オリジナルキャラだからちょっと恥ずかしかった?
それなら分かる(笑)。

クラスの男子が新人賞への応募を勧めてくれた。
おほー、めちゃくちゃいい奴らじゃないすか(笑)。
普通のパターンみたいに茶化したりなんかせず
純粋にやよいは絵が上手いから勧めてくれてる。
いい奴だなあ。
でもやよいの漫画を少年誌に送るのは間違いだと思う(笑)。

コンクールに応募することを決めたやよい。
その顔に不安そうな様子はない。
へええ、昔からは考えられない姿ですね。
成長したもんです。
今回のタイトルを読むのもやよい。

ミラクルピース。
漫画すら完成してないのにもう動いてる(笑)!
アニメの中でアニメをやるのはバクマンがそうですね。

みんなの協力にお礼を言いつつも一人でやると言うやよい。
この漫画は自分にしか描けないと思うから
一人で頑張ってみたいとのこと。
泣き虫のやよいにとって強くてカッコ良いスーパーヒロイン・
ミラクルピースは理想の自分…なるほど。
「時には見守ることも友情ですね」真面目にまとめるなあ
れいかの奴(笑)。

ジョーカーが今日呼び出したのはアカオーニ。
ウルフルンの消息はお預けか。
まあ驚くことではないですよね。
ところで「ピエーロ様がお怒りです」で思ったんだけど
ピエーロって今まで言葉を……26話あたりで途中まで
復活したんだっけ。
しまったそうだった、すっかり忘れてた。
うわー、前回で本当はピエーロはいない可能性とか
書いちゃったよ。
出てきてるっつーのな(笑)!
うひゃー、恥ずかしいーーい(笑)。

アイキャッチはピースとプリンセスピースでした。

夢の中のやよい。
敵キャラの笑い声で一瞬アカオーニが出てきたんじゃないかと
思ったんですがわざとでしょうか。
夢から覚めたやよいの泣き顔は可愛く描けてたと思う。

諦めそうになるやよい。
そこに現れたアカオーニ。
後がないだけあってアカオーニの顔が怖い。

変身。
ジャンケンはパーを出して負けました。
大事な回はそりゃあチョキが来るよなあ。

バトル。
せっかくの敵キャラがアカンベェ化したらカッコ悪くなった(笑)。
踏みつけ攻撃の後、すぐパンチに行ったところは良かった。
「そんなもの、所詮弱虫のお前の中の幻オニ!」はセリフも良いが
そのあとのピースの横顔がキレイに描けてたのが良い。
この後の攻撃を防いだところはミラクルピースの再現ですか。
「私の中に、ほんの少しだけある強い心がミラクルピースなの!」
いいセリフですね、ええ。

プリンセスピース。
ちょっと強すぎるだろ(笑)。
攻撃が当たるとビシュンビシュン音が出てるもんね。
ピースサンダーハリケーンは名前は安直だしエフェクトは
ハリケーンって感じじゃないし、ちょっと適当だなあ(笑)。
食らったアカオーニの叫び声は少し怖すぎると思います(笑)。

救援に来た4人。
「ピースならきっと、一人で乗り越えられると信じてました」
この言い方だともっと早く着いてたけど
あえて手を出さなかったように聞こえるね(笑)。
立ち上がったアカオーニに振り返るピースの姿がやけにカッコ良い。
「オッケーイ!」に笑いました。

勝利、そして原稿の完成。
ミラクルピースごっこをするとは、本当にいい奴らだと思う(笑)。

「私の名前は黄瀬やよい。ちょっぴり泣き虫だけど、
一度決めたことは最後までやりぬく、頑張り屋さんなんだから!」
成長しましたね。



という感じでした。
なかなか面白かったんですけどね、ただやよいがあそこまで
一人で頑張れるかなあというのはあったですね。

つまりきっかけが欲しかった。
前回みゆきたちに危害が及ぶことを考えて立ち上がった
あかねのように、ここまでくじけそうになっても踏みとどまる、
その理由が欲しい。
やよいにはそれにあたるものがなかったと思うんだよね。
ミラクルピースが心の強さってのは分かるんだけど…。
そこがちょっと気になったかなというのはあります。

しかしそれにしてもねえ、自己紹介には驚きましたよ。
最初に書いたけど、ここまでやるとは思わなかった。
自己紹介によってこの一年での成長を視聴者のみんなに
報告するとともに、さよならの挨拶みたいな意味もあるわけですよね。

スマイルって見ての通り明るいところが大きい作品だから、
真面目な話を、というか、真面目に手法や演出を凝らして話を作ると
思ってなかった。

うーん、だから、びっくりですよね。
当然のようにピエーロが復活して、それを倒してハッピーエンドという
ただそれだけだと思ってたし、それで別に悪いことはないんですよ。
この作風なら。
だけどこのような演出を入れてきた。
視聴者が抱く作品のイメージより手の込んだことをスタッフは
やるつもりかもしれない。
ちょっと注意して見たいところです。


次回はなおがメイン。
ええー、また妊娠っすか!
新しい家族っつってもペットを飼うってことだろうなと
思ってたのに、まさか妊娠するとは。
母親のお腹が大きくなってたからこりゃあ間違いない。
なんてこった。
よく作るもんだなあ(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する