スマイルプリキュア 40話

  • 2012/12/18(火) 07:04:41

この前ジュエリーボックスを見たんだけど結構大きいんだね、あれ。
ああいうのをもらったら本当に小さい子は
宝石箱のように思うことでしょう。
いいですね。

さて始めましょう、40話です。


「うちの名前は日野あかね。太陽サンサン、
元気がとりえの中学二年生や!」
自己紹介?
まるで序盤の主人公みたいだ(笑)。
こりゃまた一体どういう風の吹き回しですか。

OP。
お、前2回と違って今回は映像に見栄えがいい気がする。
こうでなくちゃね。

校内芸術コンクール。
テーマは宝物ということでめいめいがたからものを言い合う。
黒帯は確かに大切でしょうね(笑)。
でも俺としてはゲームのセーブデータは非常に分かる。
データってもう何十時間もやった記録や記憶、
そのゲームを楽しんだ全てが詰まった、思いそのものなんだよ(笑)。
昔雑談かどこかで書いたと思うけど、ある意味ゲームのソフトより
大事なものなんだよね。
ソフトは売ったり壊したりしても買い直せばいい。
だから俺はあの生徒の気持ちがとてもよく分かる。
セーブデータは大事ですよ(笑)。
それにその生徒もなんとなくジャン・ロック・ラルティーグに
似てるしね。
ジャンはいい奴なんだ(笑)。
あとそれを笑ってる女子生徒が結構可愛かった。

タイトル。
あれ、読むのがあかねだけど……前からだっけ?
今まではずっとみゆきだったような……?
それにしても「じんせっ!」みたいに声を言いっぱなしにするなあ。
これは前にも多分言ったと思う。
一年やったが、演技はまだまだだったな(笑)。

ジョーカーに呼ばれたウルフルン。
おお…これは興味深いぞ。
「大体ピエーロ様って一体何なんだ!?」の言葉によって
ピエーロ様は生命体ではない、もしくはジョーカーの隠された力など
新しい可能性が生まれた。
「昔に戻りたいんですか?」は当然、ウルフルンたちに
元の姿があることになる。
思い切って予想すると、俺は「おとぎ話で悪者をやらされ続けた狼」
にかけてみたい。
他の二人も同様で、それによる悲しみや恨みが元で
世界をバッドエンドに染めようとしたんじゃないだろうか。
そしてみゆきたちは全てをハッピーエンドに導く……とか。
どうすか?
なんにせよ急に話が大きくなってきたもんですよ。
ところでジョーカーが出るのってものすごく久しぶりだよね(笑)。

ブライアンからの手紙。
くそーっ、来やがったなこいつ(笑)!
まあ最後のメイン回なら、そりゃそうだよなあ。
手紙はいろんなとこで訳されてるから僕は書きません(笑)。
あれぐらい易しけりゃあ大体分かりますよ、ええ。
でも、ああちくしょう、笑顔が太陽のようだと言われて
あかねの奴、普通とは違う嬉しそうな顔してやがったなあ。
ちなみに、キャンディが落ちてきたときとその次のカットで
あかねの足の組み方が逆でした。

帰り際、4人があかねに手作りのお守りをプレゼント。
嬉しさのあまり抱きつくあかね。
いいね、これですよこれ。
そうして欲しいなって思ったことをしてくれると気持ちがいいね。
抱きついたりしないといけない喜びですよ、これは。
当然あかねはこれを宝物に。
しかし誕生日か何かだと思ったのに、理由が次の試合ってのは
なかなか大したことなかったね(笑)。
それに今回を通して宝物を見つけると思ったのに
Aパートで見つけたのもびっくり。
へええ…。

アイキャッチはサニーとプリンセスサニー。
あ、ひょっとしてこの最後のメイン回はこの方式で?
…と思ったけど前回は片方アカンベェだったな。
まあでも今回からはそうだと思いますよ。

変身。
「プリキュア・スマイルチャージ!」がいつになく凛々しい。
これたぶんあかねの真剣な顔に乗せられたと思う。
5人一度のときはちゃんと聞いてないから
あくまでたぶんだけどね(笑)。
あと最後に降りてくるとこって、思ったよりきわどいね(笑)。
「レッツゴー」が上がるんじゃなく「サニー!」のために
音が下がるのは何回聞いてもしっくりくる。
僕はレッツゴーだけで終わらない方が好きです。

バトル。
最初と同じバレーボールにするとは、趣向を凝らしてる。
パンチで叩きつけられたとことか、今回はなぜか倒れ方、やられ方の
動きが良かったと思う(笑)。
「いつもヘラヘラ笑ってムードメーカーきどりやがって」
おおお、突っ込んできますね。
あかねのお守りが握りつぶされてしまう。
おおおお…踏み込みますね…。
でも「やめて」とか「やめんかい」じゃなく、
「やめろーーー!!」なんですね。
へえ。
あ、お守りを潰されたあかねがヤク中みたいな顔をしてる。
なんて顔をさせるんだ(笑)。
おまけに普通は避けるか誰かが止めに入る
踏みつけ攻撃まで食らった。
うううん、攻めてきますね。

次はみゆきを狙うと聞いて再び立ち上がったあかね。
震えたのは仲間が攻撃されると聞いてのものでしょうか。
自分以外のものの危機に本当の宝物を知り、プリンセスフォームへ。

サニーファイヤー・バーニング。
「サニーファイヤぁぁあああ」のとこのポーズがいいですね。
でも倒せなかった。
まあ前回と違って黒っ鼻だからなあ。
駆けつけた4人と一緒にレインボーバースト。

敗れたウルフルン。
「ウウ…負けた…」が単純なようで重いですね。
「俺は一体…どうなっちまうんだ…」
あ、それ、僕も気になります。
どうなるんですか(笑)?

エピローグ。
Aパートで宝物が見つかったときはちょっとびっくりしたけど、
ラストで本当の宝物は友達だと変わった。
良いね。
でもお守りはそのままじゃなく縫ってもらった方が
いいと思う(笑)。


うん、面白かったね。
出来もなかなか良くて、ただ若干絵は気にならないでもないような?
なまためやすひろってそんなに悪い人じゃないと思うんだけど…。

次回以降も幹部が一人ずつ減っていくんでしょうが、
ひとまず次回でウルフルンのその後が描かれるかどうかが
注目のポイント。

次のやよいもOPと同じ動きをしてた。
「見ちゃだめぇ~!」てエロマンガか(笑)。
やめろ、あざとい(笑)!
次回も楽しみですね。

エンドカードも力が入ってたんだけど
ちょっと顔が横に大きすぎたね(笑)。
……あれ?
その回のためのエンドカードが用意されるのって初めて!?
データ放送のクイズの兼ね合いか、今までずっと本編から抜き出した
同じ絵が5人分使われてたよな?
ああ~、じゃあ凄いじゃないですか。
最後にかけて本当に力を入れてきたんですね。
それに前回は普通のプリンセスハッピーだったから
後でもう一度来るということでもある。
これはまた一つ楽しみが増えましたよ?
良いですね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する