スマイルプリキュア 37話

  • 2012/12/18(火) 07:03:18

フフフ、俺がもう見るのをやめたと思ったか?
前回の内容にショックを受けたと思ったか?

馬鹿め、なんとなく先延ばしにしてただけよ!
記事番号を見るがいい!
それぞれマギの一つ前になっているだろう!
あらかじめ書く予定で確保しておいたのだ!

ではなぜこんなに遅れたかというと、あのね、
いったん見るタイミングを逃すと
凄く見るのが億劫になるんだよね。
義務とかノルマみたいになって。
それでこんなに遅れました。

しかしもう追いついたぞ!
フハハハ、俺はあれしきのことで見るのをやめる男ではないわ!

…ちなみにこれを書いたのは27日です。
一体ここから何日遅れることでしょうね。


今回も映画版仕様のOP。
…特に言うことがないな(笑)。

生徒会長とは生徒たちに道を示すべき存在。
その道が分からないので立候補はしないれいか。
テレビの世界では永田町で討論会があったり
屋上にヘリを待たせてあったりするんだけど、
これは参考にしなくていいです(笑)。
というか参考になりません(笑)。

でもウルフルンたちにはとても魅力的だったようで。
ウルフルンは人間を部下に、アカオーニは学校を鬼ヶ島に、
マジョリーナは魔法の学校にするため、
生徒会長選挙に立候補することを決めた。
魔法の学校は良さそうだけど人間は動物にされちゃうからね、
良くないよね。

転校生として学校に来た三人。
ウルフルンの胸に狼の絵があるのは一番元の姿と別人だから?

ウルフ・ルンタローは宿題をなくす。
マジョウ・リナ…ああ、人名っぽい(笑)!!
マジョウ・リナは授業中にお菓子を食べることを許可。
アカイ・オニキチは学校に漫画やゲームを持ってきていい、
と三人とも堕落させる政策で生徒の心をあっという間につかんだ。

生徒を間違った道に誘うのが許せず、れいかが止めに入る。
「あなたがたは生徒会長にふさわしくありません」
のあたりの顔がいつになく険しく、
れいかの新たな魅力が見られた気がする(笑)。
にしても、名前もさることながら屋根や街灯から飛び降りても
平気な時点で相手の正体を怪しんでくださいよ(笑)。

翌日も意見が対立する。
あ、いけない!
ウルフルンたちの方針に反対するれいかが
「楽しい雰囲気のときに真面目なことを言って
しらけさせる空気の読めない奴」扱いされてる(笑)!
「いけません!漫画もゲームもお菓子もいけません!」て
ちょっと感情的にダメっていうだけになっちゃってるれいかは
可愛いのに(笑)!
ああ、クラスメイトにも見捨てられた…。


落ち込むれいかをはげます4人。
ちょ…ちょっとさあ(笑)。
太ももの間に手を置くなよおい!
それ完全にガードしてんじゃねえか!
パンツが見えないように隙間を(笑)!

も~~、勘弁してよ。
100%カメラを意識してるじゃないですか(笑)。
これは女の仕草ですよ。
前にもあったような気はするけど、こんな、
普通に話してるふうを装ってパンチラしないように
さりげなく手で隠す仕草をするなんて(笑)。
プリキュアに女を感じたくなかった。
ショックです、ガッカリですよあなたたちには(笑)。


生徒会長選挙の演説。
お菓子とケーキ食べ放題を喜ぶ生徒が
響とつぼみの偽物みたいなデザインに見える(笑)。

正体がバレた。
あ、マジョリーナも使ってたんだ。
若返っただけかと思ってました。
ニンゲンニナ~ルを使えば無制限に若い姿を維持できるとか
そういうことでしょうか。

バトル。
ジャンケンはグーを出して負けた。
っかしいなあ、最初にしたときはあいこだったのに。
見返したら負けちゃったよ(笑)。

4人の励まし。
みゆきなんて涙目の応援ですよ。
おかげれいかも、自分の思いが生徒のみんなに届くまで伝え続ける、
それが自分の道だと気づいた。

改めてれいかの演説。
ウルフルン帰らんのかい(笑)!
しかしこのシーン、なんせウルフルンたちは宿題なしとか
甘い誘惑をしてくるわけだから、それに勝つにはかなりのことを
言わないとダメなわけじゃないですか。
ではれいかの演説はどうだったかと言うと、
大したことは言ってなかった。
でもれいかの思いや気持ちは伝わってくる演説だった。
これは声優の力ですよね。
ラストの「ありがとうございます!」の言い方も含めて、
今回は西村ちなみによって出来の良い内容になった。


はい、こんな感じでした。
評価は今書いちゃった通り(笑)、100%西村ちなみのおかげで
良い出来になったと思います。
でも思いを伝え続けることがれいかの道であり、
それがあの演説で俺にも伝わったということは
まさに話の内容通りになったということかもしれない。
そう考えると演技と話がマッチした、
他のアニメを入れてもめったに見られない回だったんでしょうか。
あれ、急に凄いもののような気がしてきたぞ(笑)。

しっかし、ウルフルンが目の前で消えたのに動じない生徒たちに、
宿題をなくすと言い出しても好きにさせる先生といい、
ずいぶんおおらかな校風の学校だよなあ(笑)。

次回は少女が幼女になる話ですか。
ほー、これはこれで可愛いね。
注目の回じゃないですか?

楽しみですよ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する