「エウレカセブンAO」を16~22話まで見る 1

  • 2012/10/29(月) 00:40:37

バンダイチャンネルで、現在放送されている1~22話までが
2夜にかけて一挙ライブ配信されるということで見てきました。
終わったのはさっきです。

このアニメに関しては以前の15話一挙配信を見て
そこまで簡単に書いてるから、今回は16話以降を書くとしましょう。

しかし一挙配信なんて本当は良くないんですけどねー。
絶対だんだん集中力が落ちるから。
派手だけど楽しむという点においては
あんまり良い手法じゃないんです。
前に書いたんですけど(笑)。

では、参りましょうか。
ここでは20話まで書いてます。

1話から8話まではこちら。
9話から15話まではこちら。


16話の前に、1話から改めて見て思ったことを軽く。

確か1話。
ガゼルの言葉がきっかけなのは分かるけど、
アオが自分のことを気にするのが急な気がしないでもない。
ガゼルの島を守る心変わりも早い。
展開自体は飛んでたりおかしかったりしないんだけど、早い。
しょっぱなから時間を急ぐアニメというのも珍しいな。
…あ、マギもそうだ(笑)。

4話。
「アオには翼があったんだね。島から出る翼が。」
「ねえアオ、私も…!」
ナルはアオと一緒に行きたかったようで、
これがのちの行動につながるわけですか?
「私がいないとダメなんです」は最初世話焼きの言葉としか
思わなかったが、改めて見るとアオは泣き虫だったことに気づいた。
確かに「面倒を見てやらないと」って気持ちにさせる。

5話。
最初は普通だったのに仲間になったら妙に感じの悪いフレア。
なんで?

6話。
みんな死なせたくないからアオを起こさなかった。

?話。
仕事もらえたから張り切るガゼルの様子と
「認められたのアオだけじゃなかった」というセリフがあるように、
ガゼルは能力的に普通の人間なんだよな。
どうもこの一挙配信を見るまで途中からガゼルがなんでもお見通しの
デキる人になってるイメージがあっておかしいと思ってたんだよね。
ちなみに今回ちゃんと見たことで、それは勘違いだったと気づいた。

7話ナルが行っちゃった。

10話。
人を攻撃するシークレット。
なんでアオがああもおかしくなって、一瞬戻ったり
勇気を出したりしたか説明あったっけ?
人が目の前でたくさん死ぬとこを見たからだっけ?

?話。
エレナとかミラーとかの回。
ツイッターでちょっと書いたけど、補足と訂正を。
幻覚を見ていない人間の証明やデータがあるからミラーは実在する。
ただ2ヶ月前からエレナが入れ替わってるので、
ガゼルの読みは半分正解。
また、記録上のエレナは白人でしかもすでに死んでいる、
つまり完全な別人。
みんなの知ってるエレナはミラーを演じていて、
その正体は本人にも不明。
という内容だった。
ミラーは今回のことでスパイと知られ、乗っている車ごと
始末されたことに、主にエレナの中でなったから
ミラーのウィッグを土に埋めたんでしょう。


以上、改めて思ったことでした。
ではこの下からは16話以降の話です。
当時書いたものに少し修正を加えてるるのでちょっと
言ってることがあやふやかもしれない。




16話。

カウントダウン 2、1が早い(笑)。
ニルヴァーシュを動かすのはナル。
横に並んでとかなんとか言っていたが…
いきなり心理世界?
アオは寝てた?
何が起こった?

ナルのアオに対する気持ちは執着とすら思える。
ママ離れ、とアオがエウレカのことばかり考えてることも
気に入らない様子で。
要するに独り占めしたいんだよね。
アオの気持ちを裏切ってトゥルースのもとへ行ったようだけど、
キスしてるし恋愛感情が誰に向いているかはまた別ということですね。

アオはまた寝てた?
この辺どうもよく分からない。

「ただし、必ず帰って来い。お前はエウレカではない。」
なかなか良い。

みんなゴルディロックス、クロエたちのことを覚えていない!?
光の柱が前からあったことになっている。
あの武器を使ったせい。

アオが夢を見るとこ、いきなり場面が変わっていたのは
事実がおかしいことの表現だった。
このアニメ、こういうの好きね。
でも困惑するから特別良い手法とは思わない。



17話。
すいません書いてません。
まあいつもの感じですよ、ええ(笑)。



18話。

入浴。
うまいこと隠すもんだな。
見えてない。

この回かもう忘れたけど書いておこう。
エウレカはクォーツをなんとかしようとした結果、
時間と空間を飛び回る状態に現在なってしまっている。
だからアオのクォーツガンは重要である、ということですか。

アオ、連合軍に入るって頷いちゃったよ。
罪の意識で身を差し出すことに。
でもアンマーのためにも大砲は捨てられない。
なるほど。

なに、ミラーを殺しただと!!
そしてエレナがミラーになった…スパイとはいえなんてことを…。
本当のことを知ろうとしないとか、
エレナがトゥルースみたいなことを言い出した。
叩かれて叩き返した。
自分は悪くないって意識があるからでしょうね。

「知りたくないんでしょ!」
言って欲しい気持ちとあえて言わなかった気持ち。
すれ違い。

IFO2機が接近と聞いたナマケモノの顔。
こやつ、只者じゃなかったりする?

連合軍の女キャラがなかなか可愛い。
と当時思ってました。
マギーですよこのキャラ。
俺までゴルディロックスのこと忘れてた(笑)。
まあ正しくは最初から覚えてなかった、なんですが(笑)。

「気持ちを教えて!」
あ、そういう回ですか。

アオを連れ戻すようけしかけたのはガゼル。
これ、どう対応したらいいかちょっと困る。
怒ればいいの?
とりあえずフレアにあんな態度をとったことが
けしかけたことと考えていいんだよな?
話がこれからは世界が敵ってことに移ったからどうもここが薄い。



19話。

ずっとゲネラシオンブルーと思ってたら
「ゲネラシオン・ブル」だった。
19話にして気づいた真実。

前に回収したシークレットがしゃべった。
しかもトゥルースもシークレットだと。
ナルの説明で、受け入れられるため人の形をとった
シークレットと判明。
ナルの使命はスカブコーラルをもっと広げ、この世界を変えること。
その意図はのちに明かされる。
シークレットを敵とする派閥と敵ではないとする派閥があるが、
ナルは唯一のスカブコーラル派と考えられる。

トゥルースはスカブコーラルとシークレットが世界を滅ぼすことに
期待してるんだったか。

えっ!
宇宙組が全滅した?
うそっ?

フレアの父親も死んだ!
なんてこった、確実に終わりが近づいてる!
あと何話だろう…これが19話だからまだ5話くらいありそう。



20話。

次元を正常に戻すことで父親も生き返るかもしれない。

レベッカについて、チーフの言葉一つで敵対と仲間に戻る過程を
描いたということなんだろうか。
展開が早いな。
ガゼルは正式に振られたのかなあ。

「トラパーの波が見える」とシャアみたいなことを言ってた
キャラのシーンはなんだったんだろう。

宇宙チームのハンナママ生きてた!
それでも200人以上のクルーがとっさの脱出に
間に合わなかったらしいが…。
連合軍へ。
意味があってのことらしい。
さすがママ!

エレナが裏切った。
なんとか的表現と言っていたから間違いない。
まあ裏切った仲間が帰ってくるのもお約束ではあるが。

トゥルースがアーキタイプとやらと合体してまた出てきた。
やられたのは連合軍の飛行機?

ママが生きてるとなると…それにこの活躍を見ると
フレアの父親の生き返りには期待できないかもしれない。



以上、20話まででした。
21、22話はここからです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する