「ジョジョの奇妙な冒険」を2話まで見た

  • 2012/10/20(土) 06:24:06

バンダイチャンネルで見ました。
2話以降は36時間限定無料なので2話続けて一気に見ました。
ギリギリでした。

ケチケチしないで一週間無料で見せろッ!
このカスみたいなサイトがッ!

さあ、始めましょうか(笑)。


ジョジョのアニメ化と聞くとまず第一に不安を抱くファンは
圧倒的に多いと思う。
俺もその一人です(笑)。

ところがこれが面白くってねえ。
びっくりですよ。
結構すんなりアニメになるもんなんだね(笑)。

原作を読んでるから純粋にアニメの1話として評価するのは
難しいかと思ってたんだけど、「ダニーとかいうアホ犬」って
あまりの言い草に思わず笑っちゃってね。
あれは来た(笑)。
そもそもキャラのポーズや台詞回し自体に特徴があるんだよ。

ジョナサンの紳士っぷりは面白くも主人公らしく、
ディオにやられっぱなしだった状態からラストに爆発する展開もあり、
1話としてはかなりよくできてる方だと思う。
こんなの普通ないからね。
アニメの1話なんて退屈なのがほとんどで、
退屈でなければ良い出来って具合だから。
その意味でも凄いなって思う。
ジョジョという作品は。

たぶん話題になってるであろう、擬音を文字にしてることについては、
俺ははっきり良いと思った。
ジョジョはセリフやポーズだけでなく絵の濃さでも特徴があるような、
つまり全体に作者のセンスで溢れてる作品だから、
文字を入れるということも許される、演出になってると思う。
大体この漫画の擬音を実際の音にするなんて無理があるよ(笑)。
だからあれは正解の一つとして好意的に受け止めてる。

あとは、OPとEDだけど、まずEDは洋楽みたいでこれは良い。
荒木飛呂彦が洋楽好きなのはキャラクターの名前から明らかだし
作品にも合ってる。
絵は毎回変わるんだろうか。
2話で初めて流れたOPは、これも洋楽かと思ったら
このアニメのために作られた曲だった。
いわゆるアニソン…まあアニソンって言っちゃうのも
なんとなく違和感があるんですが(笑)。
でも…うん、悪くなかったね。
当然ながら映像と合ってたしね。
あとジョリーンが出てたから本当に6部までやる気なんだなって
思った(笑)。

ほかに、は……ええと、ああそうだ。
2話で酔っ払いがディオに酒瓶で殴られた後、
横を通り過ぎる動きがなぜか新鮮に映った。
原作でもそうだったかは覚えてないけど、動きがつくのはアニメなんで
これはアニメ版の功績ですね。


さて、ここまで良いとこを書いてきたんで
次は気になったところを書きましょうか。

といってもただ一つ。

ディオの声が合ってねえーーーーーーーー!!!!!!!!!!

なんで子安武人なんだよ!
ディオはシャープな顔立ちで性格もキレてるキャラなんだから
高い声に決まってんじゃねえか!!

低くて濁るというかがなるタイプの子安は正反対だろ!
選ぶか普通!?

これ演技力どうこうじゃないんだよ。
言ってる奴が本当にいるか知らないけど、これは良い演技をしてるから
良いとかじゃなく、声質が合ってないって話ですから。

だからある意味一番基本的、根本的なとこを失敗してるわけで、
選んだ奴はもう…殴られなきゃいけないね(笑)!
承太郎役の小野大輔も絶対合わないだろうしなあ。
ったくよォ。


まあ配役ミスはあったジョジョですが、
それを除けば悪くないんで基本楽しんで見たいと思います。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する