サイコパス 1話

  • 2012/10/18(木) 09:24:41

始まりました。
まあ一応見ようと思います。
毎回書くかは完全に未定です。


まずはスタッフ、虚淵玄が関わるのはなんとなく聞いてたけど、
また「まどかマギカ」みたいな実際はそうでもないのに凄いもので
あるかのように騒がれたらと思うと、あまりいい印象は持たない。
面倒くさいじゃないですか。

天野明はどこかで聞いたことがあるなと思ったらリボーンの作者。
なんでこんなのに書かせるんだろうな。
このことを踏まえるとアニメ冒頭のナレーションも腐臭が
漂ってるようで実に気持ち悪い。
唯一良かったのは、これによって「まどかマギカ」のときに
蒼樹うめの名前を出したのは、蒼樹うめが大人気だからじゃないんだと
はっきりしたことだった。

本広克行は……鬱陶しいとしか思わなかった。
踊る大捜査線は第一話から当時オンタイムで見てたし大好きだけど、
こういう、畑違いの場所にそれも名前をドドンと出されると
マイナス方面に作用するとしか感じられない。
ドラマやってりゃいいじゃないですか。

という感じで、メインスタッフに期待するようなことは全くなかった。
むしろ面倒くさい気持ち悪い鬱陶しいで見たくねえなあって
気持ちしかないね(笑)。
でもどうせ話題になるだろうから見ないわけにはいかないし…
ああ面倒くさい(笑)。
俺が熱狂する奴を馬鹿にして楽しめる性格なら良かったんだけど、
許せないと思う気持ちの方が強いからねー。


さて実際の内容はというと、まずキャラデザインがちょっと。
女キャラが分かりやすいけど、目の外側に線を描いてるせいで
目にくまが出来てるように見える。
あれ可愛いと思ってやってるの?
変です。

ストーリーは胡散臭い基準で機械に人が判断される世界を描く、
まあ特別珍しくない系統のもの。
内容も途中まで別段良いところはない、1話ならこんなもんだろう
という出来と思ってたら最後が良かった。

殺すというならまだしもパラライザーすら使わせまいとする
女キャラへの軽い不快感、被害者を撃とうとした男キャラを撃ち、
そして床にこぼれていたガソリンとライターから
被害者は焼死するかもしれないという予想の裏切り。

…良いね(笑)。
なんとラストは面白かった(笑)。

上司が結局被害者を撃ったのは別に大したことじゃないんで、
これはまあ女キャラの心理に影響を与えるとか現実を教えるとか
話にオチを付けるとか、物語上必要だから入れただけのことでしょう。

う~ん、最後で二転三転したなあ。
困ったね(笑)。
まあでも、1話としては良い方ですね。
終始退屈なアニメの方が多いんで。


この調子でまっとうに面白いものを作るなら
それは結構なことだと思います。

本来の出来より話題性だけで人気を取るような
品のない真似はやめてくださいね(笑)。
まんまと乗せられるバカも含めて不快なので(笑)。

では、ええとなんだっけ…ああ、サイコパスでした。
一応見ます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する