ガンダムAGE 42話

  • 2012/07/30(月) 15:29:58

んーまあ普通でしたね。

それにしても今週はナディアもプリキュアも休みで書くのが
これだけだから非常に助かる…はずだったんですが、
日曜のうちに書くのは無理でした(笑)。
あとバンダイチャンネルのアセム編の無料配信も半分しか見られず。
まいったねこりゃ。

でもあれですよ、数日前のバンダイチャンネルのライブ配信番組を
たまたま見たんだけど、なんと今は「三世代編」らしいですよ!
キオ役の声優が言ってました。
というか、バンダイチャンネルが週末に過去編の無料配信をしてたのは
それと絡めてのことでした。
こりゃうっかり。

ちなみにキオ役の声優は男か女かよく分からないような
見た目でした。
誰かに似てると思ったらよしもと新喜劇の「たかおみゆき」だった。
男で良かったなと思いました。
…おや、僕いま多方面に失礼なこと言ってますか?

では今回の内容に入りましょう。



今回はおおむねジラード・スプリガンがメインでした。


連邦を裏切る前のジラードは開発中のモビルスーツの性能を評価する
テストパイロットだった。
本名はレイナ・スプリガン。

テストパイロットはレイナの他にもう一人いて、
それが本当にジラードの名前を持つ男、ジラード・フォーネルだった。
フォーネルはレイナと同期で両者ともにXラウンダー。
お互い切磋琢磨する仲であり、そして将来を誓う相手でもあった。
ちなみにフォーネルはあったかい家庭を持つことが夢らしい。

しかしXラウンダーの能力を増幅する新システムのテスト中、
出力を上げたことでシステムが暴走し、体の自由が利かない、
能力がコントロールできない異常が二人に発生する。
すぐにシステム停止の要請をするが、受け入れられず
フォーネルは隕石に激突して死んでしまう。

かろうじて生き残ったレイナ。
そこに研究員が現れ、異常が発生したときに上の人間が
テストを続行する指示を出していたことが伝えられる。
今回のことは、早く結果を出したいと焦るあまりに起きた事故だった。

上に抗議したレイナだが、結局新システムのプロジェクトを
守るため、フォーネルに全ての罪を着せる形で真相は隠蔽された。

レイナは復讐のために連邦を見限り、ヴェイガンの誘いに乗った。


という過去をジラード・スプリガンは背負っていました。

……。
フォーネルところに住むところ、なんつって!!

あ、いえ、ごめんなさい、雰囲気を和らげようと思ってつい。
出来心だったんです。

えーさて、ジラードなんて女の名前かなあと思っていたところで
そこに触れた、というかそこに理由を用意していたことを
まずは褒めたい。
意味があったんですね。

今でこそこんなジラードだけど、レイナ時代の態度や口調は
びっくりするほど普通だった(笑)。
あと病院で、看護婦の「いけません!」の言い方が
すごく必死だったのも驚いた(笑)。

しっかし、そもそもなんでレイナは名乗ったんだろうな。
「私は彼と共にここにいる」と言ってたけど、どうもピンと来ない。
普通は苗字を変えるものだと思うのに。

んー。
苗字をフォーネルにするのは結婚した形であり、亡き恋人を想うとか
二人の愛を永遠のものとするようなニュアンスになっちゃうから、
ジラードと名乗ることでフォーネルと一体化したような
強い思いにしたかった?
愛ではなくフォーネルという存在、その無念を強調したいんだと。

うん、まあ、理解できる話ではあるな。
でもやっぱりここはもっと分かりやすく説明した方が
良かったと思うよ。

では、そんな感じのジラード・スプリガンさんでした。
割と普通の過去だった。
「悲しみを背負う反逆者」の響きには
そぐわない内容だったと思います。

一言で言えば、普通でした(笑)。



では、続いてその他今回あった主だったことを見ていきましょう。

まずはジラードの役割について。
特に大きな秘密を抱えるわけじゃなかったが、
1話使って何の意味もないとは考えにくい。

となると今考えられるポイントは、Xラウンダー全員に起きた
異変だろうと思う。

俺は前回アセムが言ってた巨大な何かに反応したと思ったけど、
ゼハートたちヴェイガンが自分とこの兵器が原因で
あんな反応するのはおかしいよなあ。

だったらあれはジラードがフォーネルのことで強い感情を
表に出したのがきっかけと考えた方が今はスムーズと思われる。

ジラードは戦争の局面に関わる大きく関わるキャラではなく、
Xラウンダーの可能性に新たな事実をもたらす役目なのかもしれない。

例えば今回のような共鳴はお互いを深く理解する効果があり、
これがきっかけで共闘するようになるとか。

まあ共鳴もジラードも今あれこれ言うより黙って見ていた方がいいか。


次に、アセムとゼハート。
「自らの手で連邦とヴェイガンから種を選別しようとしているんだ」
とイゼルカントの本当の目的を話した。

そう、聞く耳を持たなかろうが戦いながら言っちゃえばいいんだよ。
前回から思ってたから、これはすっきりした。

でも「黙れと言っている」なんて全く聞く耳を持たないゼハート(笑)。
まあ敵の言うことだからね、信じなくても無理はない、か。
フリットもヴェイガンに対する態度を変えてないもんなあ。

これがきっかけで少しは心境の変化が起きるといいが。


今回はジラードを説得し始めたキオ。
いろんなとこ行くね。

「あなたや僕が持っている力はこんなことに使っちゃいけないんだ」
と言えば「この力は戦うためのもの、復讐を遂げるためのもの!」と
拒絶されるが、「この力を使って戦争を止めたいんです!」と
それでも諦めない。

まあこうやって有力な人間に訴えかけていくのは
無意味じゃないと思いますよ。
どうしてもダメならそれはそれでキオの考えに影響を与えるわけで。

一応13歳の子供ということを考慮した上で行動を評価していきたいと
思うようになった(笑)。


強化型AGE1が初登場。
初登場と言ってもOPの最後で出てること以外、強化型ということも
知らなかったんですが(笑)。

強化型AGE1はOPの姿よりカッコ良く見えた。
でも上腕部に装備があるのがどうもカッコ悪く感じる。
AGE-FXのビームサーベルみたいには良いと思ったのになんでだろうな。
銃とシールドが合体したもののようだが。

AGE1に乗るのはもちろん我らがフリット・アスノ。
「私も出る」だなんて若い若い(笑)!
しかも大活躍してましたからね。

ただアセム編でAGE1に乗って出てきたときみたいな
メインテーマが流れる演出はなかった。
さすがに扱いも控えめになったということだろうか。


フリットとファルシア。
何の反応も見せませんでした。
普通に敵と認識して攻撃するのみ。

う~~~ん、ここ絶対大事なとこだと思ったのになあ。
結構がっかりしてますよ、今(笑)。
まあ今回はちょっと接触しただけだから先に何かあると
信じておきましょう。


仲の悪いジラードとフラム。
ジラードが先にちょっかいを出したのが発端ですけどね。

「そんなにゼハートに褒められたいの?」て言われたフラムの
眉毛の曲がり具合には笑ったね。
何をいきなりとんちんかんなことをって感じで(笑)。

そのあとゼハートの指示でジラードの救援に来たフラムは
気の進まないような表情で、ジラードも「尊敬~?それだけ?」とか
しつこくからかう(笑)。

なんなんだろうねこの二人(笑)。
というかジラード。
自分にもかつては男がいたのに。
だからフラムが腹立たしく思っちゃうの(笑)?

「あの方はどんな部下だって見捨てはしない」とフラム。
ええ、言う事を聞かず戦場を自分の都合でかき乱す
どこかの魔少年みたいなことをしない限りは
大事にしてくれることでしょう(笑)。


作画は良くなかったね。
フリットの顔が崩れてた。
前のときも思ったけど、作画が悪い回は艦長ちゃんがジト目になる。
もしかするとこれは下手というより作画監督のくせなのかもしれない。

それに「私はレイナじゃない!」のあとにさっき見た回想シーンが
また入ったのも違和感があった。
一応さっきの続きで「亡くなられました」のセリフとかはあったけど
首を横に振った時点で死んでるのは分かるし、
「ジラードオオォォォ…!!」は叫んだあとも
同じ動きをしてて変だった。

そういや研究員が来たときレイナが笑顔を見せたのも不自然だったな。
いろいろあるね。

でも戦闘はよく動いてたんだよね。
フラムにムチで調教されまくるキオの動きは良かったし、
あとジラードが「いくわよ!」の前の騎士みたいなポーズを
とったのも悪くない。

あれ見たときフリット編に登場した俺の「初代好きなAGEキャラ」である
ラクト・エルファメルを思い出したよ。
親戚か何か?
まさかエウバ出身とか?
地味に気になるね(笑)。


こんなとこでしょうか。
ほとんど書いちゃったね。

まあいろいろあったけど、今回は普通です。
悪いのではなく。

うん……普通です(笑)。
他に言うことがないや(笑)。

ではこのあとは残ったその他のことについて書きます。



前回から岩陰で撃ち合いしてたのはアビス隊じゃなかった。
正しく言うと、アビス隊だけではなかった。
なんだ、ジラードにあっさり倒されたからびっくりしたじゃないか。
 
「キオ、こっちは任せろ!」とフラムに戦いを挑んでおきながら
「キオ!先ほどの機体を逃がした!」てなんだそれ(笑)。
いえ、高い能力を持つと思しきXラウンダーが相手なら
やられなかっただけでも大したものなんですが、
セリフだけ聞くとちょっとね(笑)。

フリットさん。
「キオ~!」と孫を思いながら登場したのに
二言目が「ヴェイガンは殲滅する!」はないでしょうよ(笑)。
アセム編でもミレースが触れてたし、フリットがヴェイガンに対して
相当の憎しみを抱いてることはちゃんと認識しておくとしよう。

高齢での出撃にもかかわらずめっぽう強いフリット(笑)。
ジラードの射撃をペシっと軽く弾き、両手での射撃で
フラムとジラードはいきなり押されてた。
というかこの辺のバランスめちゃくちゃなんだよ(笑)。
前回フラムに勝ってたのにキオは押されてたしね。
フリットに救援させる意図が手に取るように分かるじゃないですか。
しっかりして(笑)!


次回、「壮絶 トリプルガンダム」。
なんとバカみたいなタイトル(笑)。
びっくらこいた。

内部が破壊されてて、月面基地がやばそう。
おいおいフリットさんついにやったか~あ?
でも銃を持つ兵士や連邦を裏切った月の偉い人間が焦ってたから
内部で何かあった可能性がある。
ああ、裏切らなかった連邦軍の兵士が一矢報いるために
やってきたのかもしれないな。

ガンダペディアによるとティエルヴァはなんとマッドーナ工房製。
Xラウンダー専用の強力な機体だそうな。
これで何かロディや母親にうセリフがあると面白いんですけどね。
ビットがドリルになる発想はマッドーナ工房ならではなんでしょうか?

今週は異常に長くなったなあ。
なんでだ?
内容は普通なのに(笑)。
まあナディアやプリキュアは休みだし、いっかあ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「機動戦士ガンダムAGE」第42話

連邦を、許さない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207290003/ 機動戦士ガンダムAGE 07 [豪華版] (初回限定版) [Blu-ray]バンダイビジュアル 2012-08-...

  • From: 日々“是”精進! ver.F |
  • 2012/07/30(月) 15:35:08

機動戦士ガンダムAGE 第42話 「ジラード・スプリガン」 感想

フリットは相変わらずブレないですね。 初恋の恨み、恐ろしや。 CMでやっていたゲームのフリット青年編。 どんな話なのかちょっと気になります。 連邦軍とヴェイガンの戦いは、両軍とも譲らない激しいも...

  • From: ひえんきゃく |
  • 2012/07/31(火) 06:01:56

機動戦士ガンダムAGE 第42話「ジラード・スプリガン」

オリンピックでも休止しないAGE(´▽`*)  この時間枠へのTV局の放置っぷりが分かりますねw 今週も面白かったネタを見ていきましょうか~♪ 一番面白かったのは次回のサブタイですw トリプル~って...真ん中に立ったキャラが退場フラグですか? アセ...

  • From: 空 と 夏 の 間 ... |
  • 2012/07/31(火) 19:04:00

機動戦士ガンダムAGE 第42話 「ジラード・スプリガン」

機動戦士ガンダムAGE 07 [DVD](2012/08/24)江口拓也、神谷浩史 他商品詳細を見る  フラムの華麗な戦いの邪魔をするジラード・スプリガン。 ガンダムに恨みがあるというのは、テストパイロット時代の...

  • From: 北十字星 |
  • 2012/07/31(火) 23:48:09

◎機動戦士ガンダムAGE第42話「ジラード・ス...

∥アル:ルナベース奪還作戦をする。∥アセ:イゼルカントの本当の目的を知っているのか?∥ジラ:私の出番のようだな。※ジラードさん、完全に死亡フラグだろ。ジラ:いくわよ。※...

  • From: ぺろぺろキャンディー |
  • 2012/12/06(木) 20:56:35

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する