「貧乏神が!」 1話

  • 2012/07/14(土) 20:50:20

作品は知らなかったけど評判は悪くないみたいだし
バンダイチャンネルで見られたので見ました。
なにせ最近バンダイチャンネルのアニメを見ることにはまってまして。

では簡単にさぁっと。


笑ったのは、幸福を失ったときの映像が貧乏神の希望だったことと
「お、ま、えは何しとんじゃあー!」の二つ。


そうだ先に言っとかないといけないことがあった。
俺はお笑い博士ではない。
お笑いと音楽に関してはほっとんど分からない。

例えば気持ち良く、あるいは熱っぽく、もしくは理屈っぽく
それぞれのマニアが語っているものを読んでも大して伝わってこない。
原因は俺とマニアの世界が隔たれているからで、
つまり詳しくないということである。


では続けよう、笑いはしなかったが良いセリフだったのは
「不っ本意だー、不っ本意だー」、「ケーキを食べてますね」の二つ。

パロディは吉本新喜劇をチョイスするところがなかなか。
桑原和男のほかにもう一つやってたと思うんだけど覚えてない。

良かった部分は以上。


ここからは不満を書いていく。

まずキャラのデザインに魅力を感じない。
特に主人公のぱっとしなさ加減は凄い。
巨乳以外に特徴がない。

話はシリアスを混ぜているが、大したもんじゃなかった。
というか執事は本当に辞めたの?
結婚したってとこは戻ってこない?
そこが一番驚いた。
笑いや話の出来には影響しないが。

このアニメは銀魂のスタッフが作ってるらしいが、
確かに提供の文章とかドラゴンボールのパロディとかに
テイストを感じる。

これが原作通りかは読んでないから分からない。
ただ、スタッフがやってることなら原作付きの作品に
余計なことをするなの一言だし、原作通りなら銀魂もどきを作る
意味なんてないと言うに過ぎない。

だいたいこれジャンプでしょう?
類似品を同じ系列の雑誌に載せてどうするの?
サンデーやマガジンなら良いにしても。
まさか今のジャンプって本当にパワーが落ちてるの?

いやまあ原作が本当にこの感じのままか分からないから
このイメージで語っちゃいけないんだけど、以前にどっから見ても
サンデー漫画のべるぜバブがジャンプで連載されてることに
驚愕した記憶があるから、こういうこともありえない話じゃ
ないんだよね。
近いうちに原作を立ち読みしといた方がいいなあ。


おっと、話がジャンプの方に行った。
今回見て一番思ったのはそっちじゃなくこっちだった。

男言葉でしか突っ込めないんなら女を主人公にしなきゃいいのに。
こういうの気持ち悪いからさあ。

これ。
生理的な気持ち悪さもあるし、これをやっちゃうってことはつまり
女をメインにした場合どう作るかを何も考えてないわけでしょう。
そこがまたどうにもね。

思えば銀魂の「○○だから!」も素人丸出しで、これをプロの場で
恥ずかしげもなくやってることに凄まじい嫌悪感を覚えたもんだった。
その後よく使うようになった「だろーがァー」も全然パッとしない。
変に決まった言葉を作るんじゃなくその場に合わせて
突っ込めばいいのに、でもそれができるのがテレビで活躍できる
お笑い芸人なんだろうなと思う。

銀魂はあとページを埋め尽くすセリフにもびっくりした。
初めて原作を読んだときのインパクトといったらもう。
上手いとか下手というよりあれはもう漫画になってない。
そんだけしゃべりたいなら芸人になれよって本当に思ったもんね。
まあ全部が全部そんな回じゃあないとは考えてますが。

とはいえ銀魂はアニメを見てたけど面白いですよ。
ギャグ自体は大したことなく、キャラの魅力でもってギャグも面白いと
思わせる作品だった。
またあいつらがあんなことやってる、みたいなね。


おおっとまた話がそれた。
銀魂じゃなく貧乏神の話をしないと(笑)。

まあ言いたいことは全部終わったんで、
評価としてはそこっそこの1話でした。
デザインも内容もパッとしないこれでは
大したものにはならないだろうな。

一言で言って佳作でしょうね(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する