3月終了アニメの評価「デジモン3期」とベスト関連

  • 2012/07/13(金) 23:59:32

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの企画に参加した
記事のラスト。
ここでは「デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~」
の評価と、ベストキャラクター等について書いてます。

デジモン最終回と総評についてはまだ書いてないのでありません(笑)。




●デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~

ストーリー…2
キャラクター性…4
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18点


・ストーリー
異世界を冒険して悪の帝王をやっつけるみたいな話から、
デジモンの世界が現実世界と密着していて、主に学校で起きる
おかしな事件を解決しつつデジモンを捕獲するという日常を舞台にした
話になったことで、作品を新鮮かつ身近に感じられた。
しかし新主人公の活躍が目立つため、前期に続いてレギュラー出演の
前主人公とメインキャラの扱いに不満を感じることがしばしばあった。
キャラクターでは他に、何か重要そうでそうでもなかったキャラが
複数いるのも気になった。
内容は退屈こそしないものの、必ずしも出来は良くない。
特に、一話完結でありながらその回に出てきたポイントを
投げっぱなしにして終わることが珍しくないのには恐れ入った。
こんなアニメは初めて見た(笑)。


・キャラクター性
前期のキャラクターはいるし、新主人公の相棒となる
デジモンのデザインも良かった。


・画
普通だと思う。


・演出
デジモンを見始めたのは前期からのため、
毎回挿入歌が入るのは新鮮だった。
これは前期からだったと思うが、尺の関係か、会話の間というか
シーンの繋ぎに違和感を覚える部分があった。
タメがなかったりとか。


・音楽
OP曲は前期と比べて質が落ちた。
EDがないアニメだし前期と同じ歌手だからここは頑張って欲しかった。
挿入歌は今期の方が良かった。
BGMにもちょっといい曲があったと思う。


・総合的な評価
デジモンクロスウォーズをほぼ毎回見るようになったのは、
バトスピを見るためテレビをつけっぱなしにしていたら
このアニメの2期が流れていて、OPで乳を揺らしていることに
気づいたのがきっかけだった(笑)。
だってキッズアニメの、それもOPで乳を揺らすなんて
前代未聞じゃないですか(笑)。
ゴールデンから左遷されたショックだと思います。

きっかけがこれなだけに作品自体には興味がなく、
確か最初の頃は録画しつつも何か注目ポイントがない限り
早送りしてちゃんと見ることなくすませていた気がする。
我ながら失礼な話だよなあ(笑)。

しかしこの3期を見るため録画しっぱなしだった2期のラスト5話を
真面目に見たことで思いのほか悪くないことを知り、
そのまま3期も退屈せずに見られることができた。
3期は2期と違ってお色気に走る部分は皆無と言っていいほどだったが、
ちゃんと見るのであればそんなことは何も気にならない。
もっとも、最終回には入れてやがりましたけどね(笑)。

先に書いたように出来そのものは良くなかったが、
25話全て見たことは全く後悔していない。
見て一番良かったことは、初代からずっとポケモンの露骨な
パクリだと思って眉をひそめていたデジモンという作品の
見る目が変わったことだと思う。
もしいつか新作をやるとしたらまず間違いなく見ることでしょう。
もちろんエロくなくても(笑)。




次はベスト関連。


●ベストキャラクター賞……伊藤ノノハ(ファイ・ブレイン)
印象だけならアナの方が強いが、
なんだかんだでしっかりヒロインしていたと思う。

*追記*
本当はギルティクラウンのセガイを選ぶつもりがすっかり忘れてた。
しまった(笑)。



●ベストOP賞……ファイ・ブレイン「Brain Diver」(May'n)
May'nはとても良い。
曲自体はどちらかと言えば「素晴らしい」というより
「この中から選ぶなら」という気持ちではあるが、
大したことのない曲ならイントロを聞いて
気分が盛り上がったりしない。


●ベストED賞……ブラックロックシューター
「僕らのあしあと」(supercell)
作曲者はニコニコ動画出身らしく、あそこは全く好きじゃないが
誕生から何年も経てば聞かせる曲を書く人間も
出てくるということでしょう。
でもこれより後から見たギルティクラウンの方は大したことなくて
「あれっ?」てなった。

ファイブレインのED曲「ホログラム」もいいんだけど
作中で流れた印象の強さでブラック~を優先させた。



●ベスト声優賞・男性……福山潤
(ファイブレイン・逆之上ギャモン役)

逆之上ギャモンというキャラクターは福山潤によって
命を吹き込まれたと言っても過言ではない。
男性部門は久々に選びました。


●ベスト声優賞・女性……井上麻里奈(デジモン・明石タギル役)
よく叫んでいたから(笑)。
少年役をしっかりやっていたと思います。


以上、評価企画でした。





おまけ。

●魔法少女まどか☆マギカ

ストーリー…4
キャラクター性…3
画…3
演出…4
音楽…4
総合的な評価…3

総合点…21点


最近見ました。
よくある「なかなか面白いアニメ」だった。
作られたブームであることは間違いないが、
それを作ったのがアニメファンだったことが新しい。

5年後10年後にこのアニメのことを考えたとき、
恥ずかしい思い出となっているか良い思い出となっているかで
自分の成長具合が分かるアニメの一つ。
ちなみに判定は「成長した」か「全くしてない」の二つのみ。

OP曲の歌詞があるキャラクターの気持ちとシンクロしていると
褒められていたので読んでみたが、大したことはなかった(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する