3月終了アニメの評価「ブラックロックシューター」「ギルティクラウン」

  • 2012/07/13(金) 23:59:31

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの企画に
参加した記事の続き。
タイトルにある二作品について書いています。

ここ2回、12月を1月と書いたりタイトルを間違えたので
今回は入念にチェックしました。
3月ですね。

それぞれの最終回について書いた記事はここから。
ブラックロックシューター最終回&総評
ギルティクラウン最終回&総評

評価企画の点数はこの下です。




●BLACK★ROCK SHOOTER(ブラック★ロックシューター)

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…3
演出…3
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…21点


・ストーリー
全8話ということもあってキャラクターは序盤から見せ場があり、
最後はちゃんとまとめられていた。
しかし振り返ってみれば説明のついてないことや疑問点が残っていて、
物語の質はそこまで高くないことに気づく。
いきなり入るバトルは終盤になるまで違和感がつきまとい、
物語の障害と思われかねないものになっていた。


・キャラクター性
よくもまあ感情を爆発させたものだった(笑)。
内容が内容なのでさすがにキャラは立っている。


・画
戦闘には力が入っていたと思うが、CGだし、何よりカッコ良いとか
凄いと思えるような動きがほとんどなかった。
よく考えるとかなりまずいと思う。
出来さえ良ければいきなりバトルが始まろうと
今より受け入れられたかもしれなかっただけに残念だった。


・演出
話数が少ないのもあるにせよ、謎の明かし具合は気前が良かった。


・音楽
OP・EDともに良い。


・総合的な評価
タイトルを見てなんとなく期待できそうな予感があったが、
実際なかなか面白かった。
しかしラストがちゃんと終わったから後味が良いだけで、
全体の完成度は高くないと思う。

ところで、ネットでよく話題に上がり、「マリー」などと呼ばれている
岡田麿里という脚本家をこのアニメで初めて意識して見たのだが、
そこまで注目されるだけの脚本家ではなかった。
普通の女の脚本家ならやらない、女を丸出しにした話を書いている点で
異質なのは分かる。
しかし純粋に内容の出来を考えると、そこに飛びぬけたものはない。
関わった作品の多さで目立っているのかもしれないが、
今のアニメファンはちょっとしたことでも騒ぎたくなる気分に
なっているんじゃないだろうか。
直した方がいいと思う。





●ギルティクラウン

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…21点


・ストーリー
2話のラストから面白くなって後はそのまま最後まで行った。
しかし11話以降はキャラクターの心理や展開が
いきなり変わるところが何度か見受けられた。
これは時間が足りてないことに起因している。
おそらく通常の2クール分、あと2話あるだけでも
だいぶ変わっていたと思われるだけに、余計に惜しい。
最終回はバッドエンドかと思ったし、そうでないと気づくためには
よそで見た意見をヒントにしなければならなかった。
あれは分かりにくい。
でもそれを乗り越えたうえで考えると、悪い結末ではなかった。


・キャラクター性
デザインは今風、要するにありふれていて珍しくないが、
ダンや嘘界など魅力的なキャラクターはいた。


・画
この作品で一番褒められているところだと思う。
ただし個人的にはCGみたいな絵にみられる、細かすぎるというか
エフェクトがかかると全体が見づらくなるようなところがあるため
そこまで綺麗だとは思わなかった。


・演出
EDの演出は好きです。
BGMの声をシーンに展開に合わせてたのは良い。


・音楽
OP、ED、BGM、どれも良いとは思わなかった。
同じ作曲者ならブラックロックシューターの方が良かった。


・総合的な評価
ダメな部分がはっきりしつつも、毎回楽しかったのは間違いない。
本当はここも4点にしたいけど最終回の大事なところが
自力で理解できず、見終わった直後は評価不能状態に陥ったため、
3点にしたい。

世間ではかなりの酷評を受けているが、どうもピンと来ない。
確かにキャラクターの心理が一足飛びになっている回はあるが
それは半分あたりからで、序盤で話やキャラを見失うのは
製作者の責任ではないし、そこから始まっての作品全体の酷評なら
気にすることはない。
ブラックロックシューターのとこでも書いたが、アニメがネットで
騒ぐための道具となっているアニメファンが最近増えている気がする。
アニメファンではない俺から見ると。




続き、「デジモンクロスウォーズ3期」とベスト関連はこちら。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する