3月終了アニメの評価「テルマエ」「バクマン2期」「ファイ・ブレイン1期」

  • 2012/07/13(金) 23:59:29

今回も「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの企画に
参加させていただきます。

記事は当初6月のうちに完成していたんですが、最終的な締切を見て
もしかしたら録画しっぱなしのデジモンを今から見ても
間に合うんじゃないかと思ったため、
このようにギリギリの更新となりました。
3つに分けた一つ目であるこの記事のナンバーが古いのはそのためです。

ちなみにデジモンは今日、13日の午後9時あたりに見終わりました。
前回もたまゆらでこんなことをしましたが、
今回はまあやむを得ない部分もありますから(笑)。

では評価の方に入りたいと思います。
今回書いたのは「バクマン2期」、「デジモンクロスウォーズ3期」、
「ファイ・ブレイン」、「ギルティクラウン」、「テルマエ・ロマエ」、
「ブラックロックシューター」、の6作品。

ここではテルマエバクマンファイ・ブレインの三作品について
書いています。
名前から最終回あるいは総評に飛べます。




●テルマエ・ロマエ

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18点


・ストーリー
設定以外は普通。


・キャラクター性
普通。
製作者による主人公の声は合っているし演技にも不満はない。
しかし、ややでしゃばっていると感じるのは否めない。


・画
悪くはないがなんせ紙芝居。
ネット上で個人がしこしこ作ったのならこれでいいが、
規模の大きいテレビで見せるものとして考えると
疑問に思う部分はある。


・演出
なんせ紙芝居なので。
気楽に楽しめる部分はある。


・音楽
普通。
チャットモンチーというバンドは名前だけだいぶ前から聞くが
一部に受けるだけで売れてないようなイメージがある。
この曲は良かった。


・総合的な評価
なんといっても紙芝居ですから(笑)。
結局、この作品のメディア展開においては
映画がメインだったんじゃないだろうか。
アニメは異例の全3話、さらにその数ヵ月後に映画が公開とくれば
アニメ化はメディア展開するうえでのはずみ、前座に思えてならない。

ただそれにしてもこの紙芝居はどうなんだろう。
というのは、手法そのものに不満があるのではなく、
紙芝居で知られるようになった製作者の個性が原作を塗りつぶして
しまってやしないかというところに疑問があるためで。
原作は読んだことないけど普通の漫画だったはず。
ダシにされてる、と感じたファンがいてもおかしくない気がする。

今回の評価はあくまでアニメ版であり、
原作の評価でないことは覚えておきたいと思う。





●バクマン。2

ストーリー…2
キャラクター性…5
画…3
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…19点


・ストーリー
出だしは1期よりも質が高くてとても楽しめたのに
まもなくおかしくなり、その後も首をかしげることが何度かあった。
特に7、8話は出来が悪いというより物語が崩壊している。
さらに、キャラクターの心の動きを描くうえで絶対に必要な部分を
カットするという信じられない行為をアニメスタッフが行っている
箇所もあり、原作・アニメ両方で大きな失点があった。
よってここは厳しく2点としたい。


・キャラクター性
1期からのキャラはもちろん、新キャラも魅力的なのはさすが。
一方、エイジはあまりにも完璧すぎて好きじゃなくなってきた。


・画
普通。


・演出
普通だったと思う。
OP、EDでは本編の長さに合わせてイントロの映像部分を
入れたり削ったりしていたのが珍しかった。


・音楽
1期ほどではない。


・総合的な評価
1期の22点から3点落ちてしまった。
しかしあそこまでおかしい話をやった以上、致し方ないところ。
7、8話は正しい側が悪者にされてしまうことも良くないが、
間違っているサイコーたちがヒーローとして敵をやっつけたような
感覚を読者に与えてしまうことが何より危険だった。

それからアニメスタッフのせいでおかしくなったところは…14話か、
この回を担当した水上清資とやらが原因?
まあよく分からないから触れないでおこう。
3期で巻き返してくれることに期待したいものです。





●ファイ・ブレイン 神のパズル

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…3
演出…4
音楽…5
総合的な評価…3

総合点…24点


・ストーリー
絵がパッとしないしパズルという題材もそこまで興味があるわけじゃ
ないんで期待してなかったら、予想外に面白かった。
特に後半の怒涛の展開には目を見張った。
なのに最終回がそれらを受け止められなかったのは
がっかりしたなんてもんじゃなかった。
中盤でのカイト以外のキャラの心理にも気になるところがあった。
とはいえそれまでの面白さ、ファンタジー的な要素に科学的な説明を
用意していたことなども考えると、3ではなく4点にしたいと思う。


・キャラクター性
絵がパッとしないから期待してなかったが、
みんな個性があって良かった。
本編ではシリアスなキャラがコミカルだったりする、
次回予告での遊び心も良い。
ギャモンの変人ぶりは福山潤の演技、アナの可愛さは雪野五月の
声によってもたらされた部分が多く、声優の力がキャラクターの魅力を
倍増させていたことも評価したい。


・画
絵はパッとしなかったが作画は悪くなかったと思う。
ちなみにさっきから言っている絵とはキャラデザインのことである。


・演出
地デジのデータ連動でパズルタイムが始まると画面がパズルモードに
なったり、予告後にパズルコーナーがあったりと、単にパズルを作品の
題材とするにとどまらないNHKらしい試みが取り入れられていた。
ところで評価項目の説明を見たら、声優の演技もここに入るらしい。
さぁかのうえギャモン様は本当に良い。


・音楽
OP・EDはともに良かったうえ、BGMにも耳に残る曲があった。


・総合的な評価
盛り上げておいて最終回が良くなかったのでここは3点とした。
でも予想を裏切る良い出来だった。
2期が作られるのも当然と言うもの。

ちなみにこのアニメは最終回が高校野球のため一週間延期となり、
それをきっかけに録画したものを1話から24話まで集中的に見た。
短期間でまとめて見るのは初めてだったが、
なかなかいい経験となった。
たまには作品漬けとなるのも悪くはない。
ましてやそれが出来の良いアニメなら幸福というもの。

それにしても口を開けばホモしか出てこない頭の腐った生物と
釣られて一緒に面白がって言う幼稚な生物が不快でならない。
せっかく面白い作品なのに少なくともネット上において
ファンに恵まれなかったことはあまりに残念だった。

続けて放送中の2期もずっと質を維持し、
そして今度こそ最後は綺麗にまとめてくれることに期待したい。




続き、「ブラックロックシューター」と
「ギルティクラウン」の評価はこちら。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

新幹線男。

勿論デジモンシリーズのアニメの次期作を放送して欲しいですよ。
当然デジモンシリーズのアニメの次回作を放送して欲しいですよ。
無論デジモンシリーズのアニメの最新作を放送して欲しいですよ。
一応デジモンシリーズのアニメの続編を放送して欲しいですよ。
多分デジモンシリーズのアニメの完全新作を放送して欲しいですよ。
寧ろデジモンシリーズのアニメの新シーズンを放送して欲しいですよ。

  • 投稿者: 電車男。
  • 2012/12/27(木) 15:48:15
  • [編集]

え、ええっと、コメントありがとうございます。
少し返事が遅れてすみません。

いろいろな言い回しがあるものですね。
希望する気持ちは大事だと思います。
デジモンシリーズの新作、放送して欲しいですね。

  • 投稿者: chocobis
  • 2012/12/28(金) 13:39:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する