ガンダムAGE 28話

  • 2012/04/23(月) 17:02:59

つつがなく進行しましたね。
面白さでいうと普通かなあといったところ。
ちょっと気になるところもありましたが。

ではこちらもつつがなく進行していきましょう。
ガンダムAGE、28話です。



前回のおさらい。
「大地は、若者たちの強い意志によって守られたのである。」
こっぱずかしいセリフだなあ(笑)。
悪くはないんですけど(笑)。


なんとあれから一年経過!
道理でアセムがウルフと同じ格好をして
ガンダムも白一緒になるわけですよ。
前回の続きじゃあ急すぎるもの。
ちなみにこのガンダムは最後のガンダペディアによると
特務隊仕様ということらしい。

でも白一色はなんというか、デザインの細部が埋もれて
あんまりカッコ良くないな。
ウルフの機体がその辺どうなのかちょっと気になる。
誰かプラモをオリジナルカラーで塗ったりしてないんだろうか。
すればいいのに。


アセムと淫売ヒロイン。

自分の理想像をアセムたちに押しつけてた……え?
そんな話だったか?
明らかにゼハートの方が好きだったから、それでかばってたようにしか
見えなかったんですが。
いつもの時間不足による一足飛び展開かとも思ったぞ。

そんなこんなで二人に憧れてただけだったし、なにより本命の
ゼハートがいなくなったのでアセムの告白を喜んで受け入れた。
アセムの妹はすでに抱き込んでいる周到さで。
ビーーーッチ!!!
俺はお前を認めねえぞ!
アセムもアリーサにしとけばいいものを……
全く、これがXラウンダーになれない者の悲しさか。


フリットによる反乱さながらの連邦首相への追求。

首相をはじめ上層部の至るところにヴェイガンとの内通者がいた模様。
首相の一族であるオルフェノア家は火星移住計画に関わっており、
そのことでヴェイガンに脅されていたらしい。
といっても甘い汁を吸い、地球とヴェイガン両方を自分の手のひらで
転がす快感を味わっていたようだが。

おお、グルーデックの名前が出た!
流されなくて良かったよ。
情報は本人が消してたからフリットはグルーデックをきっかけに
調べたといったところだろうか。

主張を聞くだけなら首相に一理あるとも思える。
自分が交渉人としてイゼルカントを相手に地球のための折衝を
続けていたから壊滅的な被害を受けることがなかったんだと。

しかし「我々だけの楽園」を地球に築くことが目的のイゼルカントに
歩み寄る気があるとは到底思えない。
そのことはフリットも首相も知らないが、内通者を告発しようとする
フリットの動きに反応してヴェイガンが口封じ兼スパイが最高権力者の
連邦の愚かさをさらす目的で首相を殺そうとしたことを考えれば、
ヴェイガンには地球側が降伏してくる以外の歩み寄りはないと
考えた方が自然。

ヴェイガンに殺された人間からすれば戦わないどころか
敵に攻撃させているなど絶対に許せないだろうし、
首相は壊滅的な被害を与えなかった一面を持つというだけで
裏切り者であるとするのが妥当、ってとこじゃないですかね?

フリットは裏切り者の粛正という当然のことをしたまでにすぎない。
完全にキレちゃってる目は怖くとも、今は絶対に必要です(笑)。

というか、結局背景ははっきりしないんだよなあ。
俺がフリット編の頃から気になっていた、マッドーナが腕利きとはいえ
一工房がUEに対抗できるモビルスーツを作れるのになぜ連邦は14年間
やられっぱなしだったのかについては、首相までヴェイガンに
通じていたことで一応納得できる。

でもそうすると今度は、なぜヴェイガンは最初から壊滅的な被害を
与えるほどの攻撃を仕掛けなかったんだろうという疑問がわいてくる。
さすがの連邦もUEと戦えるモビルスーツの生産に乗り出すから?

この辺、もうはっきり言ってくれませんかね?
首相が裏切っていたことまで明かしたんだから。
これまでの経緯を隠すことがそんなに重要だろうか。
というより、正直に言ってこの辺考えてないと思う。
いい加減保留にするのも疲れたよ(笑)。

話を戻すと、首相と内通者は全員粛正されましたとさ。
そりゃそうですよね。

ちなみに裏切り者が誰か予想する人間もいたようだが、あれは
連邦の体質を指すことであって今いる登場人物の誰かという話では
ないはずだし、少なくとも俺はそう思っていた。
よって今回で全て明かしたことにはちょっと驚いたものの、
結末は当然で何もおかしいところはないと言っておきたい。


戦闘。
う~ん、普通だったと思う。
アセム編最後なんだから倒すとこは頑張ってもらいたいんですが。

しっかし、一番警備の厚いところを狙って出てきた理由が
説明されないとは思わなかった。
また時間がすごく経つのに次世代へ持ち越しじゃないだろうな?
しっかりして下さいホントに。


生きていたゼハート。
これもそりゃそうです。
死んでるはずがない。

コールドスリープかあ。
イゼルカントの元に戻ったということはこの時点で火星にいる?


結婚したアセムと淫売ヒロイン。
みんな全然年をとってないから割とすぐと思われる。
なのにミレースがやたらババア臭かったのが悲しい(笑)。

卒業式でアセムを担いだキャラもいるね。
息子の結婚式になんでフリットいないんだよ!
普通合わせるだろ!



ということで、今回でアセム編が終わりました。
一年後には驚いたものの、それ以外はまあ特に何事もなく
終わったかなと思います。

全体としては、まずOPとEDが良かったね。
フリット編より好きです。
戦闘はフリット編が終わる頃から良くなってたけど、
同じように良い回がアセム編で何度か見られたし越えることもあって、
戦闘の質は上がってた。
フリット出陣なんて最高だったね(笑)。
キャラでは一番好きなのがアルグレアス、次がアリーサです。

…う~ん、素直に良いといえるのはこれだけだな。
話は前回とか良さが勝る回もいくつかあったし、主人公なのにX能力を
持たないアセムには期待してた。
でも二刀流とか独自の戦法で差を埋めるわけじゃなく、ミューセルにも
手を出さず、いきなりスーパーパイロットになったのはあまりに残念。
あ、魔中年が倒される前にXラウンダーでもないのに動きが読めないと
言ってたのは独自の戦法で予測を越えることの名残なのかもしれないな。

その魔中年とウルフの死はあっけなさすぎて全く演出できてなかった。
AGE2の初登場も、X能力がないことからの立ち直りもそうだった。
ヤーク・ドレの子供の扱い、小さかったなあ。

学園生活はやたら短く、ゼハートがアセムたちに友情を持つところは
ダイジェストで流され、EDであるようなヒロインを合わせた3人の
思い出も写真ですまされてしまった。

アセムとゼハートが戦うと必ずヒロインは目撃してたなあ。
アリーサが敵を見失ったら正面に立たれてたことも2度あった。

こんな感じで、結局フリット編にあった演出不足は相変わらずあったし
3世代100年という無茶ももちろんそのままのアセム編だったと思う。
よく考えたら13話しかないんだよね。
フリット編より短い。
あとAGEシステムって確かダブルバレットしか作ってないよな?

まあ羅列するといろいろあるけど、フリット編よりとがってたというか、
悪いとこの中に良いとこもあるんで、楽しさで言えば上がってた。
個人的な不満を言えば、和解したのは分かるけど一応アセムと
ゼハートの戦闘に決着はつけてほしかったことですね。


次回からは最終、キオ編。
あれ、キオってこんなデザインだっけ?
というかどれがキオ?

フリットは見た目が面白くなってる(笑)。
ゼータガンダムに出てくるバスク・オムに似てるのは、
思想が近いことからわざとなんでしょうね。
フリットをバスクにするその判断はほめてあげよう(笑)。

ゼハートのモビルスーツを初めて見たとき、AGE2はゼータ的なのに
敵がサザビーなのはおかしいと思ったけど、キオ編にも出てくる
ようなので不問に処したい。
AGE3はダブルゼータで結局違うことには変わりないんだけど……
あ、もしかしてニューガンダムがモデルのAGE4が出たりする?
視聴者を驚かせる仕掛けとしては非常に納得できる。

まあ見てからのお楽しみですね。
今までで一番長く時間が取れるキオ編にはどうかダイジェストを
脱却してほしいところ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「機動戦士ガンダムAGE」第28話

反逆者の、摘発… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204220002/ 機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕第4巻 豪華版 (初回限定生産) [Blu-ray] バンダイビジュアル 2012-05-25 売り上げ?...

  • From: 日々“是”精進! ver.A |
  • 2012/04/23(月) 17:22:46

機動戦士ガンダムAGE 第28話「地球圏の動乱」の感想

 フリットとエミリーの時とは違い、アセムとロマリーの関係をきちんと描いてくれたのは良かったと思います。でもそれ以外は… 【簡単なあらすじ】  地球連邦軍とヴェイガンの激しい戦いの末、ヴェイガ...

  • From: 恋染紅葉、パジャマな彼女。と「くーちゃん」こと音巻まくらを全力応援中。To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記) |
  • 2012/04/23(月) 20:17:35

機動戦士ガンダムAGE 第28話 「地球圏の動乱」

機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕第4巻 豪華版 (初回限定生産) [Blu-ray](2012/05/25)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る  AGE-2をウルフのGパンサーのように真白にしたアセム。...

  • From: 北十字星 |
  • 2012/04/23(月) 21:47:30

機動戦士ガンダムAGE「第28話 地球圏の動乱」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第28話 地球圏の動乱」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2012/04/24(火) 03:50:25

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する