日常 NHK版 最終回

  • 2012/03/25(日) 14:20:16

全12話、バクマンと一緒に終わりです。
1クールだけども少しは以前より広く知られることが
できたんじゃないでしょうか。

では参りましょう。



ブリッジをする少年のアイキャッチ風からスタート。

だるま落とし。
100点。

OP。
偶数回なので後期です。

縄跳び三連発。
麻衣、みお、ゆっこの順番。
最後に最初のネタをやる。
収まりはいいよね。
初期だからかみおの「はーい」がちょっと違う演技の気がする。

アクシデント。
猫の阪本をまくらにするはかせ。
子供の無邪気さはしばしば恐ろしい。

麻衣につっこまないと決めたゆっこ。
この話は初期のネタではないはずなんだけど
ゆっこの顔がちょっと違う。
作画監督の癖ですかね。
高い下駄をはいてるネタは確かやってないような…。
当時も書いたけど「末恐ろしいわ~」は松本人志的な言い方ですね。
中之条の髪がない。

おそらくコーヒーの入ったカップのアイキャッチ風。
絵柄は太陽。

ドラマのキスシーン。
あわてるなのに寝てるはかせ。
一人で見ました(笑)。

ティコマート。
あの店員の性別がよく分からない。

じゃんけん。
これ前に見たことあるような…似たようなやつをやった?
手が飛んでいってロールケーキか何かを取ってくるやつだっけ?

こたつ。
まんまと寝られてしまいました。

宿題。
忘れても立たされなかったと思いきや…。
「はぴい!」に聞こえるけど字幕は「はびっ!」だった。

日曜日の夜。
笑うところがなかったんですが、何かのネタの続きだったっけなあ。

座禅。
両肩に昆虫を乗せてガードする非道な麻衣。

なのとはかせの踊り。
さめさめぱくんっ。

おやおや、キスなしで眠り姫のお目覚めだ。
これはみおの腐った趣味がうっかり出たのかと思ったけど、
ひょっとしたら冗談を真面目に返されて恥ずかしかったとも考えられる
ことに気付いた。
どっちでしょうね。

恥をかきまくるゆっこ。
心から応援したい。

公園の定点カメラ。

ゆっこの続き。
トリックオアトリート。
あの妹が憎たらしい(笑)。

立たされたゆっこ。
肩を叩いてゆっこを慰めに来るあの犬は確か
バディって名前だったと思う。
NHK番だと終盤になって出番が来たね。

昼寝。
重なっていきました。
それにしても今回はよく寝るなあ。

なんとゆっこの夢、姫ネタ!!
最後に来たか!
初めて見る人は驚いたと思います。

ED。
前期だった……。
ドゥリーーームカーーームトゥルーーーー版。
最後まで後期やんなかったなあ……。
残念です。

誰か助けて下さい。
ゆっこに続く災難。
僕はゆっこが大好きです。
20世紀少年の「ともだち」マークの服を着た子供がいました。

砂の山が崩れて機が折れるアイキャッチ風で終わり。



終わりました。
これでNHK版は終わりです。
最後は短いネタをたくさん放り込む形だったといえる。

う~ん…。
にしても、最終回なのにそんな感じ全くなかったですね。

普通こういうのは「らしいな」って思うもんなんだけど、
これはちょっと単純に素っ気なく感じちゃった。
もっと終わりらしくして欲しかったなって。
残念、に思う。

まあでもこの放送で日常が少しでも有名になれば
良かったんじゃないかなと思います。

京アニは話題性が先に立つアニメが多かったから
どうもこれの評価が上がらなくて。

日常はそんな京アニにしては真っ当な内容だし、
京アニへの上がりすぎた期待を正常に戻す意味でも
大事な作品だったんですよ。
別に京アニを心配してるわけじゃなくて(笑)。

このNHK版は26話から12話に濃縮されて、質は安定してたと思います。
たまに2クール版にはない話もあったし、
一度見た俺でも最後まで退屈せず見ることができたよ。

楽しめた。
そのうち2期が見たいね。


4月からはなんとナディアが放送!
デジタルリマスター版で確かに予告で流れる映像も見づらくない。

これね、何年も前に再放送されたことがあって、
当時はスマトラ地震か何かで一話だけカットされたんだよね。
カットして話が分からなくなるから、その次の回の冒頭で、
このアニメに出てる声優の一人である井上喜久子がカットされた話の
説明を新規で収録して入れてて。

考えようによってはすごく豪華とも言えるけど、
こうした配慮には当時怒ったなあ。
まあそのシーンはちょっとドキッとする感じではあったんだけどね。

それで今回、去年に地震があっての放送かい(笑)。
まさかまたカット、というかカット版を
放送するんじゃないだろうな(笑)。

あーいや、それをデジタルリマスターすることはないか。
じゃあたぶん大丈夫だと思う。

見ますよ、そして……ああ、書くの楽しそうだなあ。
毎回書くよ、うん!

今度はナディアでお会いする人もあるでしょう!
それでは!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する