バクマン 2期 最終回

  • 2012/03/25(日) 14:20:02

全25話、これで2期も終わりですね。

なんだか早いよなあ。
いつもみたいに残りをあんまり意識しなかったからかもしれない。

原作があるんで別にアニメの最終回に合わせて作られてるわけじゃ
ないんだけど最終回らしい内容だったと思います。



「完全犯罪クラブ」、タイトルとキャラの名前とデザインの見直し。

んーまあ特にデザインとタイトルは練った方がいいですよね。
名前は「幕之内 一歩」なんて名前のキャラもいるんで
必ずしも凝ったものにする必要はないんですが(笑)。

そうしてできあがったのが「PCP」というタイトル、二人合わせて
道徳と真実になる名前、通常と完全犯罪モードで変わるデザイン。

ああ、これがPCPね!
実はネタバレでタイトルを知ってたんだけど今まで
「完全犯罪クラブ」だったから違うのかなあと思ってて。
でも「党」かあ……カッコ良くないな(笑)。

道徳と真実はよく分からんよなあ。
本当の犯罪じゃないって言ってるけど厳密には犯罪になることも
あるだろうし正義の味方みたいな態度をとられても…。
悪ガキを自覚して行動する作品じゃないのかなあ。

そしてデザインだけど、主人公はめがねですか。
確かDSのゲームにこんな感じのキャラが主人公の
「株トレーダー瞬」ってのがあったよね。
全然売れなくて(笑)。
めがねはあんまり主人公っぽくないと思います。

あとデザインを100パターンも描けるのは
ちょっと普通じゃない気がする。
そこまで作れる漫画家なんているかなあ。

とはいえ、これで漫画は完成。
服部も完璧とまで言ってくれました、確か(笑)。


新年会。
これって一年経った…あいや、サイコーが入院したのは今期で
そのときは高校生だったしたぶん違う……あれ、どうかな?
分かんないや(笑)。
2期一回目の新年会からどれくらい経ったんだ?

担当作家が休んだので罰としてW服部によるラッコダンス。
やばい、見てるだけなのに死にたくなってくる(笑)。
ああああ恥ずかしいよあああああ!!!

だいたい決まらないと作業に進むことができないデザインが
成人式になっても完成しなかったんだからそれより余裕のある原作の
シュージンだけでも新年会行ってくれば良かったんだよ。
そうすれば服部がこんな思いをしなくてすんだのに。

まあそのときは雄二郎一人が罰を受ける羽目になって
さらに死にたくなるかもしれませんが……雄二郎なら結構平気かな(笑)?

平丸は声で蒼樹と気付かず調子に乗ってしまったので
嫌われてしまいました(笑)。



新アシスタント。
高浜は自分の漫画で忙しいんでしょうね。

アシスタントの世話をサイコーに自分でやらせる服部。
大人の階段を上った気がする(笑)。
背景担当を決めたときに理由を説明するだけで気を使わなかった
サイコーはなかなかシビアだよなあ。

平丸の2Pカラーみたいな見た目の森屋と童顔の白鳥の
論争めいた口ゲンカ。
いきなり人の仕事場でやらかしてくれるなよまったく(笑)。

しかしここのサイコーの言葉はすごかった。
才能がない、ですか。

漫画が文化として認められてきている今、内容も質もそれに
恥じることのないものでなくてはならない。
でもそこまで力のない自分たちはどうすれば人気を取れる漫画を
描けるか考えて描くしかない。
描く作品は才能に応じて人それぞれ変わるものだと思う。

こんなある意味冷酷で突き放した言葉が出るとは思わなかった。
重い現実を突きつけてますよ、すごく。
「才能のある奴は好きに描け、ない奴は徹底的に読者の機嫌を伺え」
って言ってるようなもんですからね。
サイコーが言ったにしては違和感があるんで、
これは完全にガモウ本人の口から直接出た言葉だと思う。

つまりガモウは自分がここでいう「才能のある人間」ではないと
言っていることにもなる。
確かにワンピースは努力してもガモウには描けないだろうし、
それが才能の応じて作品が変わるという意味だと思う。
重い言葉ですね。

ちなみにサイコー、というかガモウは内容も質も高いものを作るために
才能のない奴はその分かりやすい指標となる人気を取れるよう
自分の個性に合わせて作ろうと言っているだけで、
読者に媚びへつらったものを描くのが正しいと言ってるわけではない。
そんな気持ちの悪い漫画が文化と呼ばれるに恥じないもので
あるはずないんでね。

漫画家が本気で作ったものをまっすぐ読めない読者って
最悪じゃないですかね。



バイク漫画「ロードレーサー淵切」を執筆中の福田。
バイクを見てひらめいていたのはこのことでした。

「俺がこいつで一位をかっさらうんだからな!」のときの顔が
執念がこもってるようでとても良い(笑)。
しかし締め切りぎりぎりで雄二郎までアシをすることに(笑)。


本ちゃんの結果。
ダントツでPCPが一位だった。

カヤもサイコーも服部も嬉し泣き。
うーん、でも服部の涙や思わず買ってきた豪華な料理はいいんだけど、
サイコーたちがもっと本気で喜んでた方が良かったと思う。
ちょっと足りなかったなあ。

大きく離されたとはいえ評判の良かった福田。
「KIYOSHIはまとめに入っていい。」の雄二郎のセリフが
ちょっとカッコ良かった。

結果を聞いてさらに対抗心を燃やす岩瀬。
「全て書き直します!」の顔が今までよりさらに怖い(笑)。
でも岩瀬は可愛いと思います(笑)。

書き直すことに第三世のエイジ。
原稿を破った顔が不敵で良い。
今回は主要メンバーがいい顔をする回でしたね(笑)。


アンケート結果が書かれた紙が欲しいと言い出すサイコー。
見せたい人とは当然アズキ……と思ったらなんとおじさん!

これはやられました。
意表を突かれた。
感動した。

そりゃあおじさんも透けた姿でサイコーに語りかけますよ。
ていうか北斗すげえな(笑)!



さあ!
以上です!
うん、終わったね!

かなり重い才能の話があり、おじさんに一位を報告することに感動し、
最終回は濃くて良かったなと思います。

でも3期は秋からだよな?
「メジャー」からおなじみのパターンの。

サイコーが最後に「バクマン第3シリーズも引き続きよろしく!」
なんて言うから来週放送開始みたいに聞こえるじゃないですか。

日常も終わって次のクールはおそらくナディア一本のはず…ああ、
ナディアかあ。
あ、この話は日常最終回で書こう(笑)。


それより第2シリーズ全体の評価の話をしましょう。

んー、最初はね、1期より面白かったんだよね。
ホント楽しみに見てて。

でもサイコーの入院と編集長のやりとりでかなりおかしくなった。
あれは今思い出しても納得がいかないし、ガモウがこんな出来が悪い
どころじゃない話を書くなんて信じられない。

その後も何か……なんだっけ、もう一つ何かあって(笑)、
それで素直にほめられなくなってしまった。

だから今期は…難しいけど1期より良かったと評価するのは
ちょっと無理だよなあ。

1期より良い回もあるんだけど比較にならない悪い回もあった、
が今期の評価ですね。

もともと安定していた作品だし、
3期はもっと安定してもらいたいものです。


まあ最終回の最後で編集長が確か25週までは様子見だなんて
言ったから3期まで時間が空いてもおそらく話は忘れないでしょう。

新アシスタントもまだまだこれから。
そういやサイコー、白鳥には「いいすぎだ!」で叱ってたな(笑)。

PCPはどんな感じになるだろうか。
2週間かけて一夜で花壇を作って花のメッセージを書くような漫画……
エイジに勝てるかなあ(笑)。


そんなところで、バクマン2期の話はこの辺で。
では、また3期でお会いしましょう!

…って誰に!?

3期でサイコーとアズキがベタベタしたら面白いのになあ!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する