アニメ「テルマエ・ロマエ」を見た

  • 2012/03/21(水) 05:13:51

ようやく。
なのでちょっと書こうと思います。

原作はちらっと聞いたことがあって、確かオトナファミをたまたま
立ち読みしたときにこれの記事を読んだ気がする。
今思えば同じエンターブレインだからやったんだな。

たぶんインタビューもあったはずで、そこで作者は女でイタリア人と
結婚してると言ってたと思う。

そんな感じで知ってはいたからアニメで放送されるのは
楽に触れられて良い。
アニメの長所ですね。


しかし実際見てみると1話で主人公のローマ人が日本人を
「平たい顔の奴隷」とか言ってていきなり印象が悪かった。

「え、何これ自分がイタリア人になったと勘違いしたバカ女の漫画?」
みたいな(笑)。

まあそれは押さえてそのまま見ていくと、現代の風呂に感動したり
劣等感を抱いたり、時には射的で一つ見返したりしてて、
別段妙な意識を感じることはなかった。

なのでここは気にしなくていいと思います。
でも奴隷はねえよなあ(笑)。


話は…う~ん、普通に楽しかったと思いますよ。
読者とか書店員の大きな賞を与えるほどではないよなと思いますが(笑)。

これはこの漫画が面白くないと言ってるんじゃなく、
もし設定だけで賞を決めたのならお前たちに作品を
評価する資格はないよと言ってるだけで。
こんなの何かの体験や自分の興味を題材にしたに決まってるんだから。
話のパターンはオーソドックスを選んでるしね。

周囲が過大評価することで逆に作品を過小評価させてしまうのは
作者に対する迷惑行為だと大衆もいい加減気づいてもらいたい。
あえて偉そうに言うと。


ただなあ、簡単に評価しきれないところがあるのも事実なわけで。

というのもこれ、紙芝居じゃないですか。

最初は全3回というのもあって、映画が作られるから
それを盛り上げる一要素として簡単に安くアニメ化してみたと
思ったんですよ。

でも制作者を見て違うと分かった。
フロッグマンという奴は確か鷹の爪とかいう似たようなアニメを
作った奴だった。

ということはこれは制作費を押さえるためではなく
純粋に制作者の個性で、そうすると原作の本当の面白さは
推し量れない。
それに演技も声質も申し分ないとはいえ主人公の声が
そのフロッグマンなのも、どうしても前に出すぎと感じてしまう。

紙芝居だから気軽に見られる部分はあるとは思う。
けど、俺は原作を読んでないから腹は立たないにしても
アニメ制作者の個性が出すぎると原作をダシにしてことになって
原作ファンは不快だろうし、実際失礼なのは違いない。

まあ一番気になってるのは結局原作どんな感じなんだろうという
ことなんですが(笑)、あんまりこういうのはしない方が
いいんじゃないでしょうか。


といった感じでやや雑になりましたがこのアニメはこんなところです。
普通の面白さのアニメでした。
そのうち原作を立ち読みしてみようと思います。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テルマエ・ロマエ/ブログのエントリ

テルマエ・ロマエに関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2012/04/03(火) 01:26:13

この記事に対するコメント

Chocobisさん、こんにちはw
この記事も、ずいぶん前に拝見して一言だけ書きたかったので、
今週がチャンス!!(笑)

〉「平たい顔の奴隷」とか言ってていきなり印象が悪かった。
私は全然違和感なく見てました。
当時のローマ帝国はかなり領土拡大してまして、
戦争で征服してきた国の捕虜を連れてきて奴隷にしてたので、
古代ローマ人のルシウスにとっては、
自分と違う人種の人を見たら奴隷だと思って当然ではないかと思います。

これがもしルシウスが現代イタリア人でこんなことを言ったら、
「え、何これ自分がイタリア人になったと勘違いしたバカ女の漫画?」と
いう意見に賛成したかもしれませんw
でも、思いもよらなかった視点の感想が面白かったですw


今週のコメントはここまでです。
Chocobisさんが今月最優先でご覧になってたアニメとは何でしょう?
その感想も書かれたら読みたいと思いますw
またコメントしに来ますねw
ではまたw

  • 投稿者: 猫のしっぽ
  • 2013/06/02(日) 16:55:15
  • [編集]

こんにちはー、猫のしっぽさん。
遅れながらも返事を書いております。
どうやらなんとか追いつきそうですね(笑)。
コメントありがとうございます。


>全然違和感なく
おや、お詳しいですね……ああそっかそっか!
猫のしっぽさんは歴史がお好きだったんでしたね!
だからですかー、なるほどーー。
ひとえに歴史といってもなんせ世界は広いですから、
まさか古代ローマにまでお詳しいとは思いませんでしたよ(笑)。
大したものですねえ…勉強になりました(笑)。


>賛成したかも
いえいえいえいえそんな、無理なさらなくって良いんですよ!
私は逆だったらはっきり言って不快ですもん(笑)。

でもちょうどいいですね、以前に書こうと思ってやめたことが
あるんですが、書くことにしましょう。

以前、記事の中で猫のしっぽさんの名前を出すことについて、
私がけじめをつければいいという話をしたと思います。
でも、一つ踏ん切りがつかなかったことがあるんですよ。
それがこの記事のようなことです。

私は前からこのようなことも言う人間なのですが、
最近は抑え気味になってる感じがあるんですよね。
理由は簡単、猫のしっぽさんが読んでくれると思うことで、
記事の内容がそれ前提になっちゃうためです(笑)。
私は猫のしっぽさんとお話するのが好きだから、
こういうことを言って気分を悪くされたら、
なんて考えたりして(笑)。

でも思えばうちは昔っから、良く言えば割り切ってる、
悪く言えば諦めてるブログなんですよね(笑)。
全てにおいて同じ意見の人なんていないので、
たとえある作品でとても意見が合った人がいたとしても、
いつかは必ずぶつかるんですよ。
私は出来が悪いと思えば悪いと書くものだから、
当然面白いと思ってる人が読めばいい気分はしない、
そうするとうちに来ることは……なくなりますよね(笑)。

実際にそんなことがあったかどうかは反応でもないと分かりませんが、
…うちは零細なのでたぶんないと思いますが、
そうした心持ちで書いてはいるのです(笑)。
しばらくの間迷いましたが、管理人としてけじめをつけると言うなら
それも貫かないといけないな、とようやく思うに至りました。
途中で曲げちゃダメですよね。

なので猫のしっぽさん、これは最大の頼みであり甘えです。
私に期待しないでください(笑)。
不抜けたことを言ってますが真面目です(笑)。

「まあこういう人間だしー」と思って読むなら不快に思うことも
減るでしょうし、それでたまに気が向いたときにでも
コメントしようぐらいの気持ちでいてもらえれば、
私としては良いと思ってます。
もちろん私はもっと猫のしっぽさんとお話がしたいので
たくさんコメントが来たらそれだけ嬉しいんですけどね(笑)。

まあ…自分の好きにやって相手に無理強いはできないということ
ですかねー。
でも来て欲しいっていう(笑)。


では、また後で返事を書かせていただきますね~。

そうだ忘れてた、月末見ていたアニメは「妄想代理人」が主でした。
ガーッと見たのであんまり書くことがないのですが、
少しは書きたいと思ってます(笑)。

  • 投稿者: chocobis
  • 2013/06/12(水) 08:06:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する