ガンダムAGE 20話

  • 2012/02/26(日) 21:23:36

そういえばこの前NHKのMAGという、アニメやゲームの話題を扱った
ややディープな番組を見ましてね。

その中で進行役のキャラが集中線付きで「強いられてるんだ!」を
やってたんだけどもよく考えたらそのキャラの声を当てているのは
小野大輔、このアニメのウルフの声優でもあるわけで…。

お前関係者じゃねえか!

よくやれたな(笑)!
普通やんないと思うんだけど、大丈夫か?
日野に睨まれたらとか考えないの?

なんなんだろう、これ(笑)。
一応愛されてるのかなあ。

放送を見てからこの事実に気づくまでしばらく、
そして最近思い出して今書くまでこれだけ時間がかかりました。

すっきりしました。

では本題に入りましょう。
ええっと、ちょうど20話ですね。



3倍、ですか。

うーん……どうかなァ。
いやまあ仮面とかならいいと思うんですよ。

ただ赤くてデザインもサザビーみたいで、しかも仮面で普段から
なるべく付けるよう言われて、それで3倍となるともうパロディとか
オマージュとか伝統の域を越えちゃってないですかねえ……
というか越えてますよ(笑)。

過去シリーズで同じようにやってるのか知らないんだけど、
これはもう全部そのままだから意味のないコピーになっちゃってる、
よなあ。

ファーストをリスペクトするみたいな意図にしても…
この辺が日野って感じですよね(笑)。


それに戦闘もいまいちどうだったかなあという印象だった。

サザビー風の初陣かつAGE2との初対戦だから気合いを入れてたと
思うし、一部絵を簡略化してまで動きにこだわってたけど、
すごさを感じなかった。

きつい言い方をすれば枚数が多いだけで肝心のアクションが
ぱっとしないというか。
スーパーイナズマキックは良かったんですが。

このアニメで初めて、力を入れているにもかかからず
良くない戦闘だったと思う。
大体主人公機はZガンダムなのに敵がサザビーなのがおかしいんだよな。

あともう一つ、ディケの娘…アリーサか、が敵を一瞬的を見失ったら
正面に立たれててピンチになる流れは前回もあった。
アセムが爆風で敵を見失ってたらその中から突撃されたのも似たような
もんだし、同じパターンを立て続けに入れるなんて考えられない。

アセム編じゃあ前にビッチヒロインがアセムとライバル…ゼハートか、
の戦闘を2話連続で目撃したことがあったし、これは最近このアニメに
出てきた悪い点じゃないだろうか。
ちょっとこんなの見たことないなあ。


今回はその辺が気になった。
まあ全体とすれば気になるとこもありつつ普通に楽しめる、
いつものガンダムAGEだったかなと思う。

魔少年が再登場するという見所もあったしね。
ゼハートと兄弟だったのは驚いたよ。
そういえば名字同じなんだっけ?

でもせっかくの再登場なのに完全に小物の役回りになってたのは
かわいそうだった(笑)。
満を持してコールドスリープから目覚め、いかに自分が優秀であるか
出来の悪い弟に説明してやったら上司だと聞かされてね(笑)。

フリットのことといい、格下と思ってる相手に追い越される
すごくかわいそうなピエロさんになってるじゃないですか(笑)。

でもほら、あれですよ、やせてはいたけどそんな老けてはなかったし、
優秀なエックスラウンダーは何かと優遇され、それがおそらく
エデンの住人なのだろうと推測するのに役立ったから
単純に滑稽なだけの人じゃないです。
性格も順調にひねくれてるから打たれ強いだろうしね。

頑張れ魔中年(笑)!


では、後はシーンごとに簡単に振り返ります。

ゼハートによる性能テスト。
テクノな音楽をバックに高速で動き回る……あ、
オサレな感じを出したかったんですね。

AGEシステム破壊作戦。
ガンダムの胸にあるAGEシステムのコアを破壊することで
戦闘中の情報収集を止めさせたいらしい。
いっそのこと破壊するといいと思うんだけど、それもこれも
結局とどめを刺さなかったことでグダグダだなあ。

食事。
コミカルなシーンは必要だと思います。

新型機。
マスクは制御装置……すると最後はこれを外してアセムと殺し合う?

アリーサさんの悩み相談。
これでアセムとくっついたらフリットとエミリーとディケの血が
ブレンドされちゃうんですね……なんだこの妙な感情は。

あたしはママ似。
いえいえ、パパそっくりの見た目ですとも。
フフフ面白いこというねこの子フフフ。

待ち伏せ。
まあこれはミレースがどうというよりゼハートの読みが当たったと
見た方がいいでしょうね。
しかし作中での名前は「ガンダムAGE2」と「AGE2ガンダム」の
どっちなんだろうか。
アセムがどっちも言ってる気がするんだよね。

戦闘。
「イィーーーヤッホォーーゥォ!」、またウルフが奇声を上げた。
ハイパードッズライフルは岩をも貫通する高出力。
ゼハートも警戒していたのでおそらく攻撃面ではサザビー風より
強いと思われる。
ただあっちは変形しなくてもウェイブライダー並の速度を出せるため
機動性では大幅に負けてる可能性が高い。

自分の部屋から出ないアセム。
おそらく報告も何もしておらず、それでミレースは部屋に赴いたのだと
思うが、そこはウルフが遠回しに阻止。
それでもミレースは艦長としてきっちりさせようとするので
ついに実力行使で止めるウルフ。
ここは面白かったです(笑)。

ウルフの言葉「男はな、一人でいたい時もあるんだ」。
……チープ!!
おいなんだこの深みのない言葉は!
「男は」というもんだからどんな格言が飛び出すかと思ったら
一人でいたいだと?
そのまんまやん!
それ普通やん!
うわー、こりゃまいったね。
今回の気になる点として最初に書いときゃ良かった。
それくらいダメですよ、この台詞は。
ああびっくりした。

次回はアセムが幻影と戦う?
なんじゃそりゃ?
ちょっと予想がつかないけど、でもそれだけにいつもより
面白くなるんじゃないかと思わないでもない。
悪いところがなく普通に面白いといいですね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE  第20話 「赤いモビルスーツ」

メガサイズモデル 1/48 AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)(2012/03/31)バンダイ商品詳細を見る  ゼハートは、デシルの弟だったのか。性格は、違いますね。 デシルは、容赦なしだ...

  • From: 北十字星 |
  • 2012/02/28(火) 23:24:42

機動戦士ガンダムAGE「第20話 赤いモビルスーツ」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第20話 赤いモビルスーツ」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2012/03/28(水) 13:13:39

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する