ガンダムAGE 19話

  • 2012/02/19(日) 04:23:06

このアニメのDVDが売れてないらしい。
それを知って思ったのは「ああ、もう固まったんだな」だった。

ガンダムファンが買ってないのも大きいだろうが、
開始前から叩かれ続けた結果、もう否定的なイメージで
作品が固定されてしまってる。

これは作品の出来と関係しない、不幸なことと言える。
なんせ叩くために叩くカスと、それにつられて恨みもないのに
真顔で叩いてるようなカスによって決まってしまったのだから。

かといって嫌いな人間の集まるところでわざわざ擁護して
正論を言った気になってる奴もカスである。

…これを言うの何度目だろうな(笑)。
結局ここに落ち着くというか。

もうちょい心をピュアだったあの頃に戻そうよ(笑)。
我ながら適当に言ってますけど(笑)。



続々登場の新キャラ、旧キャラたち。

まずはウルフ。
中身は変わってませんでした。
上から煙たがられているらしい。
事実、戦闘では「イ~~ィヤッホーゥ!」と奇声を上げた。
ミーちゃんとの関係が知りたいところ。

ディケ。
大人っぽさと頼りがいが出た?
チーフメカニックになった様子。
ガンダムAGE2の出撃が間に合わないのは失態にも見えるが
急な襲撃だったので責任は問えない。
チェックは万全でなくともちゃんとガンダムも動いたしね。

ミレース。
角度によって老けも若返りもする能力を身につけました。
おのれ、スタッフに勇気がないからこうなったのであろう。
なぜ若さを覆す色気を放つ熟女を作ろうと考えなかった!
大失態ぞ!

初登場、ディケの娘・アリーサ。
基本的にディケがベースなので、太めにも見える丸顔と
大きめの鼻をしている。
性格は男の子っぽく、どちらかと言えばフリットたちに
付いて行っていたディケとは反対といえる。
こういういかにも可愛く作られてない女キャラは好きな方だが、
もう少しだけディケを薄めていたらためらいなく好きなタイプと
言えたかもしれない。
戦闘では新兵らしく敵に翻弄されていた。

ついでにアセム。
母親・エミリーに抱きしめられたりしても恥ずかしがったり
反抗しなかったのでずいぶん素直な性格のようだ。
こういう時勢なのが影響しているのかもしれない。
「俺はあなたに近づいてみせる」とフリットに対しても
素直に目標にしている。

あとバルガス。
和服で来てました。



AGE2ガンダムのお披露目。

……これさあ、どうなの?
すごく普通に登場して、AGE1はいなくなってて。

ロボットアニメにおいて新型に移行するシーンというのは
見所の一つじゃないかと思うんですが。

すっごい自然に出てきたよなあ。
AGE1がベースになるのかとも思ってたし。
セリフ一つでお払い箱にされた1をかわいそうに思ったよ(笑)。

どうなの、これ?
なにせあんまり自然だからこれでいい気がしてくる。
戦闘もこれまでのアセム編に比べると普通だし。
一応約束事を守ってヒーローは遅れてやってきたけども。

それにGスライダーの推進力が3倍なのはいいにしても
ハイパードッズライフルは出力2倍?
よく分かんないけど作られて何十年も経つのにそれでいいんだろうか。



話とか戦闘とか。

ライバル……ええとゼハートは司令官に抜擢。
理由は説明されるんだろうか。
イゼルカント様はなんでもお見通しだから、なんてのじゃなきゃいいが。


アセムと妹の会話はいまいち理解できなかった。
スライス・レインズと同じ教育科目を軍で教えてもらうことと
今ガンダムのパイロットとして宇宙に出ることに
何の関係があるんだろうか。

あーー…、二つは直接つながってるわけじゃなく、ガンダムの
パイロットとして今すぐ出ることを優先させて、教育はその中で
すればいいってことか?

分かりにくいなあ。
スタッフがはじめから知ってるからやっちゃう、「視聴者は
詳しくないのに知ってる人間じゃないと理解できないセリフ」の
典型だな。
日野らしいよ、このバカ!


人質という古典的な方法を取るヴェイガンから救ったウルフ。

単に味方に当たらない位置から撃っただけなのに
アセムがウルフに感嘆するのはおかしいと思います。

話と作画が食い違うのは依然もこのアニメであった気がする。


命令違反のアセム。

ミーおばさんの口調が甘い。
ここはもっと大声で叱らないとダメでしょう。
ヴェイガンを追い越してモビルスーツ形態に戻った瞬間を狙われたら
位置的に司令部に向かって撃たれることになったはずなんだから。

ウルフもかばうなんて甘い。
むしろ最初にガツンとやらなきゃダメでしょう。
アセムのせいで味方に被害が出たら責任とれんのかと。

結果オーライに一定の理解を示すような話は作っちゃいけない。



といった感じの内容でしたが。

うーん、AGE2のお披露目とAGE1のお別れがあっさりすぎなのと
命令違反の対応の甘さが気になるよなあ…。
特にAGEに関しては結構信じられないって気持ちなんですが。
少なくとも普通だったのは良くなかったと判断して間違いない。

見終わった後は特に言うことのない回と思ったものの、
考えてみると気になる点がある話だったと思う。

良かったと言えば戦闘や予告で流れた新メインテーマ(?)、
あれはなかなかいい曲だった。
前に流れたっけ?

あとアリーサたちの機体の胸に大きく番号が書いてあったのが
ちょっと滑稽でした(笑)。


次回は魔少年が登場しそうな雰囲気。
もうすっかり魔中年ですね。

旧キャラがたくさん出てきてるけど時間が絶対的に足りない
このアニメじゃあそれらが活躍すること、それらの物語が
別に描かれることもまたないと思われる。
たとえば15話以降の気持ちをエミリーが語るとかね。

あ~~もう!
ベテランの脚本家や構成作家なら3世代100年を物語を
50話でやるのは無理だと分かったんだろうか。

今更どうしようもないだけにもどかしく、やきもきされられる。
まあこれも何度か書いたことですがね(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE 第19話 「アセムの旅立ち」

機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕第2巻 【豪華版】 (初回限定生産) [Blu-ray](2012/03/23)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る  何故だか連邦軍に入隊したロマリー・ストーン。 前...

  • From: 北十字星 |
  • 2012/02/22(水) 05:47:38

機動戦士ガンダムAGE「第19話 アセムの旅立ち」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第19話 アセムの旅立ち」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2012/02/22(水) 12:28:58

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する