バクマン 2期 第16話

  • 2012/01/22(日) 18:03:06

今週はバクマンを書くのが遅れに遅れてしまった。
何で遅れちゃうんだろう、えー…と……。

わからん!
たぶんめんどくさいからだと思う!
俺いっつも長文になるから!

でも書きます。
バクマン二期の…あもう16話なの?
早いねえ。

がんばって参りましょう。



アズキのあとはサイコーに誤りに来た蒼樹。
シュージンは改めてカヤのことが好きで一緒にいたいと分かったと
言ってたけど、そんな風に思ってる様子なかったよなあ。
一応恋愛要素も入れてるんだからそこははしょっちゃまずい。

蒼樹の絵が良くないと言われてる理由は、後の福田との会話で
画力自体もまだまだ発展途上のようだが、主にパンチラの見せ方が
なってないからだった。
でも福田に教わるのはしゃくらしい(笑)。
このときのギャグ顔はこのアニメにしては珍しく可愛かったです。

そこでこともあろうに石沢を推薦したカヤ。
えええええ!?
性格以前にシュージンが停学になるほどのケンカをした相手なんて
候補に入れないだろ普通!
ホント頭が悪いなこの女(笑)!
しかもオッケーしちゃったよ蒼樹!
もう!

でもそんな過去があったのに普通の態度でシュージンと電話する
石沢は結構心が広いと思います。
それに比べてカヤはまだ蒼樹とシュージンを警戒するし実に面倒くさい。

ちなみに今回この辺から絵が変になるシーンが出てきました。


福田。
パンチラでしか票が上がらない状況ですか。
そういや路線変更に失敗したような会話があったっけ。
でもよく考えたら福田は絵が上手くない設定なのに
そんなマンガのパンチラ見たいかなあ(笑)。
まさに見せ方の勝利?

電話に出ない中井さんの元へ…というか高浜の家に上がりこんだ福田。
う、うああああ。
中井さんが糞みたいなこと言ってる。
生まれてから一度もモテたことのない男の気持ちなんてことを
大泣きしながら言いますか普通。
あまりにくだらない。
糞すぎる。

しかも何も始まってないのに加藤を選んだことになってるとは、
これは前回の蒼樹に対しての言葉も考えなしの思い上がりかもしれない。
まあ「青葉の頃」を読んだ福田も何か感じ取ってたみたいなんで
そこは一応保留にしておくが……そういやなんでここのところの
説明がないんだ?
ガモウ、またやっちゃった?

ともかく、いろいろ危ういながらも頑張ってきた中井さんだけど
今回ばかりは同情の余地はない。
失望した。
アニメのキャラだけど失望した。
夢に向かって打ち込んでる人間が、打ち込まなきゃいけない人間が
別のことに気を取られるどころか中心に考えるなんて。

福田の「俺は何がしたいんだ」には本当に共感する。
それくらい中井さんは予想外にくだらないことを言った。


一方、蒼樹は石沢と顔合わせするも、オブラート一枚にも包まない
言い方をしたり参考資料として蒼樹がポーズを取った画像や動画を
求める石沢と組むのは無理だと判断して帰ることに。

一応、やり方としては確かにいいと思うのと、顔を赤くする蒼樹の
アップが可愛かったことは触れておきたい(笑)。

食い下がる石沢。
そこに「うるっせーよゴンザレス!」の言葉とともに現れたのが福田。
いや福田先生!
むしろ福田兄貴(笑)!
ゴンザレスの意味は分からないけどカッコ良いよ兄貴!

パンチラの指導は自分がやると言う兄貴……面倒だな(笑)、福田先生の
申し出に、一瞬考えて受けた蒼樹。
んー、今のところ他に当てはないし一瞬考えてはいたけど、
一応受けた理由の説明はした方が良かったと思う。

「あんまりだぁ…」と石沢。
ああ、うん、確かに。
下品ではあるけど欲望に忠実なだけで悪意はないしね(笑)。
3ページの月刊連載を頑張れ(笑)!
お前もプロだ!


雄二郎にも伝えて、福田の指導が始まる。
エイジもサイコー達が打ち切られてからは調子が出ないらしく、
これで作家達のテンションが上がるならと雄二郎も容認。
天才タイプは波があるのが厄介なとこだよなあ。
まあ計算タイプのガモウも「TRAP」休載のときの話は
めちゃくちゃだったけどね(笑)。

ちなみにこのとき「新妻師匠」と福田が敬意を払っているのが良い。
でも年上なのに雄二郎を呼び捨てしそうになるのはなんでだろう(笑)。

福田が指導するシーンは非常に具体的で分かりやすく、
何がダメなのかとても良く伝わった。
カチンときて言い返す蒼樹は可愛いけど、「ケツ」は複雑ですね(笑)。
はずみでも蒼樹の口からケツは聞きたくない気持ちもあり、蒼樹が
ケツだなんて言うところにドキドキしたらいいのかなあとも思ったり。
僕どうしたらいいですか(笑)。


紹介されて服部が会うことになったのは、なんと岩瀬。
しかも服部の見立てではサイコー達と同じくらい才能を感じるとの評価。
おまけにガッツもあるということで、ライバル確定といったところ。

というかこの服部のしっかり加減に港浦との
すごい差を感じちゃったよ(笑)。

褒められて嬉しそうな岩瀬を見ると、本当にお互い高めあう関係が
岩瀬の理想なんだなあと思う。

ところで岩瀬の声ってどっかで聞いたような気がするんだよなあ。
声優じゃなく声質という意味で。
ビッグオーのドロシーだったかな?
何かのアニメに似たような声のキャラがいたと思う。


再び主人公二人。
今回はほぼ連載が決まると聞いて、ネームの出来が良くなくても
始まることになると考えるサイコーは立派なプロだと思います。

実際、「るろうに剣心」の和月伸宏は剣心の次に描いてあっさり
打ち切られた作品で、要約すると確かベストじゃない状態で
連載が決まったことが不満だったと言ってたしね。
ちなみにこの話は、それを友人に話したらそれも含めて自分の責任
じゃないのかと言われて反省したとオチがついている。

蒼樹も連載に名乗りを上げたことで俄然、白熱してきた連載争い。
お互いに対して「頑張れ、負けるな」と応援する福田先生が
カッコ良いですね。

批評を見た二人の担当編集が一斉に「あれえ?」と声を上げたところで
今回は終わり。
次回の内容は読めないなあ。



といった感じの今回。

うーん、福田先生が久々に活躍したねえ。
サイコー達と別々に話が進んで行って、石沢登場で二つの話が
つながったところは実に良かった。

それから今回を見て蒼樹は本当にエヴァの綾波レイ系として
作ってるんだなあと思った。
最初は無感情だったのが次第にいろんな顔をするようになってね。
もちろん綾波を微妙にいじってるけど基本はそう。
でも蒼樹の場合は急に豊かになった感じがするのは否めない。

しっかりしろガモウ!
わりと雑になってるぞ(笑)!

以上、ではまた来週!
って書き終えたのが金曜だから明日放送だけどね(笑)!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する