ガンダムAGE 12話

  • 2012/01/02(月) 20:49:24

新年あけましておめでとうございます。
一月一日から休まず放送されるアニメがあるのは喜ばしいことですね。

…んん?
あれ、AGEって来週休むってテロップ出た?
出てない気がする。
来週もあるの?

凄いね、皆勤賞じゃないですか。
こんなアニメ見たことないよ。
ほめてあげよう。
おおお、今年初めて他人をほめちゃった。

頑張れAGE!
おおむね面白く見られてるから細かい部分の粗をなくすことを
今年の目標とするようにな!

っておい!
更新してるブログ少なくないか!?
すいませーん、アフィブログ以外で書いてるとこありますかーァ!?
アニメブログを謳うんなら元旦から更新して行こうぜぇぇ!
翌日とはいえゲームブログの俺が更新してるだからさああ(笑)!!!



前回出てきた艦長……ああ、前回の話まだ書いてないや。
今年に持ち越しちゃった!
テヘッ!

それはともかく、連邦の艦長と対決することになった今回。

チョコバーを食べたり口調が普通と少し違ってたり、
うん、スタッフは個性を出そうとしてるね(笑)。
まあ見えすいちゃってるのはあれですけれども確かに
いくらかなりとも個性はあって悪くないキャラだと思います。

艦長同士の駆け引はもなかなか楽しめた。
最初の閃光弾で決着はついていたような気がしないでもないが、
相手はグルーデックの拘束が目的でそれを潜ませておいた
フリットによって打破したわけだから、
決着がついていたというわけでもないですね。

例によって都合よくUEが現れたのは、その裏で魔少年たちが
ユリンを捕まえに来てたわけだから筋は通ってると考えていい、
と思ってたけど別に捕まえるだけならこっそり来ればいいので
やっぱり話の都合に左右されたのかもしれない。

戦闘はなかなか良かったと思う。
フリットたちが連邦を通り過ぎていくのはカッコ良かったですね。
自力で特殊能力に目覚めたフリットの攻撃も枚数が少ないのが
もったいなかったけど動きは良かった。
あ、サーベルで斬り倒す動きはそうでもなかったけどね(笑)。
UEが退却するところももう少し盛り上げられなかったのかなとは思う。
連邦がディーヴァを見逃すのは助けてもらった礼として常識的ですね。

ここに来て特殊能力の説明がなされた。
エックスラウンダー、それが今作におけるニュータイプの
名前のようです。
こんなところでやられるわけいはいかないというのがフリットが
目覚めるきっかけなのはちょっと弱いと思う。
同じエックスラウンダーであるユリンは拉致されそうな状況に陥った。
気まずそうな顔の養父だけど、理由は説明されるんだろうか。
魔少年の口ぶりでは誘いに断ると危ないようで、能力者だからといって
とても優遇されるのでもないのなら前に名前が出たエデンの住人とか
なんとかとやらもそんなにいい身分ではないのかもしれない。

おおそうだ、グルーデックが連邦で研究されてると言っていたな。
ということは思った通り、エックスラウンダーの研究を進める連邦と
そのエックスラウンダーである魔少年が属し、そして操っているUEが
つながっている可能性は高い。
ほお、ならば十数年間に渡り人類がUEの好きにされていて、
なのに一工房がUEに張り合える性能を持つウルフの機体を作れた矛盾も
説明がついた。
うんうん良かった良かった。
一安心だよ。

という感じで今回はなかなか面白かった。
基本的には楽しめるんだよね。
細かい粗が多いだけで(笑)。
次回は本妻・エミリーのスーツ姿が可愛い様子(笑)。
長き旅って言うほど長くはなかったと思うけどUEの本拠地での戦闘は
果たして一回で終わるかそれとも次回にまたがるか、
気にならないでもないところですね(笑)。

ではまた次回。
あ、そういや今回は途中から絵の質がちょっと落ちた気がする。
あとラーガンが複雑な気持ちを抱いてたね。
でもまあそれは連邦同士だからで次に持ち越すことはないでしょうね。

しまったそういえば前回の話まだ書いてないや。
あの、近いうちに書きます。
多分(笑)。
かなり気に入らなかった記憶もあるしね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する