バクマン 2期 第13話

  • 2011/12/25(日) 17:20:33

次回予告のテロップに出てたように、1月2日と3日に
今期の1話から13話までが一挙放送されますね。

見逃したなあという人もこれで安心!
そういえば去年…正しくは今年の正月にもやった気がするね。

こういうのはいかにも新年のスペシャルって感じで良いと思います。
継承してもらいたいですね。



さあ、今回ですが……なんだか書くのが面倒だなあ。
相当な足フェチ回だったね、の一言で終わらせてもらっていいですか?
良くないですよね。


んー、まあ今回はシュージンと蒼樹紅の
ロマンスがあったわけですけれども(笑)。

でも別にシュージンはなんとも思ってないですからね。
それなりに顔を赤らめていたことを取り上げてシュージンは
無意識のうちに惹かれていたのだと言うこともできるけど、
無意識なんてものは都合のいい理由で説得力に欠けますから。

かつてサイコーとコンビ解消に発展しかけたケンカをしたときを見れば
分かるように、シュージンは自分の精神状態まで客観的に
自己管理しているタイプなのです。

だから今回のことで言うなら自分はカヤが好きで付き合っているという
気持ちと事実が前提にあり、ゆえにカヤを放ったらかしに蒼樹と
電話していようが罪悪感の欠片もないわけです。

ただ自分は別にやましいことをしてないから何も悪いことはないと
思っているところが、相手の気持ちを全く考えられていない欠点に
つながっているんですね。
サイコーとのケンカも現在にいたるまで謝ってないしね。
俺は忘れんぞ(笑)。


一方の蒼樹は…ちょっと性格が変わってないですか?
最初に動物園でしたシュージンとの会話の時点で態度や口調が
今までと全然違ってたと思うんだけども。

蒼樹ってあんな普通に会話するタイプじゃなかったよなあ。
何を話しても冷静にツンツンしてて。
動物を見て和むとは思わなかったもん(笑)。
ガモウ、またやらかした?

まあそれは置いといて、異性の気持ちを教えあおうという同盟が
始まった時点ですでにシュージンを好きになっていた風ですが、
まあシュージンの奴も喫茶店に入るのはやめようなんて真面目な
様子を見せておきながら何気ない一言でさらっとぐいっと
踏み込んだりする女たらしみたいな態度だったんで
無理もない部分はあるよね(笑)。
ホントなんなんだろうあのシュージン(笑)。

朝まで話し込んだのに結局カヤの存在を知って
あっさり電話を切ってしまった蒼樹。
しかし中井さんを思い浮かべたのが気になる…。
なんだかんだで心にあったならいいが、振られて落ち込んでるから
そっちに行こうかなとかだったらちょっとなあ。
どうも中井さんを利用しようとしてしまう節があるんで
ここは結構危ういところだと思う。


間に入る形となった岩瀬。

まあ確かに小説は文化になっている分、社会的な地位は上ではあるよね。
とはいえ、アニメや漫画など娯楽に触れている人間はそれが何であるか
十分知ってるだろうから地位なんて気にしないでしょうね(笑)。
後は趣味として言いにくいのがもうちょいなんとかなれば(笑)。

それに文学オタクなんて本当にくだらないよ(笑)。
ネットで見る限り。
昔たまたまテレビ見てたらNHKの番組で確かロシア人の文学者が
「文学はとても素晴らしい物です」って言ってて、その人は本当に
文学を愛してるんだろうし言う通りなんだろうと思ったことがある。
でも一人で達観した気分になって世の中より自分が上にいるような
錯覚に溺れて気持ち良くなってる文学オタクには
「文学なんて素晴らしい物を読んでるお前は
どうしてそんなにくだらないの?」って聞きたいね。
高尚な物を好む人間が高尚であることは少ないのです。

さて話を戻して、さりげなくTENを飛ばしたのが面白かった(笑)。
真面目な岩瀬にギャグ漫画は理解しがたかったらしい。

自分の言うこと聞いてくれなきゃ何を言っても信じないと駄々をこねる
姿には蒼樹にも子供だと思われ、しまいには「千倍いいなら
私と付き合いなさい!」と言い放つ。

「握手したら交際」の頃と何も変わってないズレっぷりには
思い切り楽しませてもらいました(笑)。
可愛いですよ、ええ。

でもあの手紙だけは意味が分からない。
動物園でデートって、蒼樹は(笑)!?
まさかそのまま帰らせるつもりだったんじゃなかろうな?
本当に意味が分からない(笑)。

漫画原作をやると言い出したが、シュージンにまた振られても
まだやるつもりなのか気になるところ。


そして本妻、カヤ(笑)。
頭は分かるが、顔も岩瀬より劣ることが判明しました(笑)。
するとこの作品においてカヤは下の方に位置することになるはず。
ま、他が平均以上の顔なだけだろうし、乳と筋力がありますから!
どってことないさ(笑)!

放ったらかされたので掃除を名目に会いに行くことに。
そして岩瀬の手紙を発見。
っておーい、まず浮気相手が違うよ(笑)!
大体あれがやましいものならシュージンが置いておくはずが
ないんだけど……頭が劣るからなあ(笑)。
見つけたショックもあるしね。


といった感じでしたけども。
予告を見てもいまいちどうなるか分からないので
先が楽しみっちゃ楽しみですね。

ちなみにメインである漫画の方はネクストで「TEN」ではない
ギャグ漫画の読みきりで試すことになったわけだけれども、
小学生の主人公に発明家のじいさんという設定が
どうしてもコナンを連想してしまう(笑)。

下着はチラッと見せるものというのはその通りですね。
自分から思い切り見せるのはそれがちゃんと出来てからです(笑)。

前から言われてたらしいのに今シュージンの作るヒロインに
魅力がないことが浮上してきたのは少し気になる。

でも今回も面白かったですよ。
次回も面白いといいですね……ってそういや来週は休むって
出てなかったよな?
じゃあやるの?
へええ。

ならばちょっと楽しみですよ。
正月の13話までの放送にいささか意味がなくなるとしても(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バクマン。(第2シリーズ)「第13話 同盟と同級」/ブログのエントリ

バクマン。(第2シリーズ)「第13話 同盟と同級」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2011/12/27(火) 11:39:10

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する