ガンダムAGE 6話

  • 2011/11/13(日) 20:39:23

ガンダムAGEはCMで見られる栗林みな実の程良くたぷん気味な
二の腕が作品を支える魅力の一つだと思うんですよね。
ノースリーブも好感を持たれる要因ではないでしょうか。

ええ、今適当なことを言いました。

ガンダムAGE、第6話です。



頭身がおかしい(笑)。

あの人…イワークさんだったか、マイケルジャクソンのダンスや
スキージャンプみたいな猛烈な前傾姿勢でも取ってるんだろうか。

遠近感が狂ってるのかと思うほど
上半身に比べて下半身がちっちゃすぎる。
逆三角形にも程があるでしょうよ。

この極端なデフォルメと義理の娘のデザインを見ると、
世界名作劇場とか特に昔のジブリのタッチを反映させたんだと思う。
俺も以前、このアニメは70年代あたりの作品を意識してると書いた。

ただ…ディケだっけ、主人公の友達やバルガスや足を負傷した
パイロットなど、いくら他にもレトロを感じさせるキャラがいるにせよ
やっぱりフリットや全体的には今風なわけで、その中にあそこまで
極端なキャラを出されると当然浮いてしまう。

なんだかなあ……色んなところに問題が出て来るな(笑)。
全体を見通さないと。


話はまあ普通だと思いました。

最初はシーンが飛び飛びに感じてまさかと思ったら日野だったんだけど、
二回目を見たら特にそれは感じなかった。
ちょっと最初は集中できなかったしね。

それなりにキャラがバタバタしてますんでね。
退屈はしないですね。

気になったのはUEで、人類の驚異の割には単発でちょこちょこ
姿を現したり消したりして、何なのかさっぱり分からない。
現れたときはコロニーが滅ぶときだ、ぐらいの驚異に感じてたのに
ホント話に都合のいいよう操られてる気がするんだよね。
作品内でフォローもないしね。

イワークを助けるためガンダムに乗ったフリットに
街を守ろうとしただのといいわけに利用されたのは
UEに同情します(笑)。
ドッズライフルをはじきましたか。
次回はどんな新兵器が出てくるんでしょうね。

エミリーはけなげな感じで可愛いと思う。
いなくなったと思ったら物凄く近くにいたのは日野に対して
どうなんだろうと問いたくなりましたが。
せめて角を曲がるくらいはしようよ(笑)。


えーと後は…そうそう、モビルスーツのデザインがカスみたいだね(笑)。

工業用、先に戦ってた茶色と青、全部カッコ悪い(笑)。
モビルスーツというよりロボットの方がしっくりくる。

これ本当にガンダムか(笑)?
ヒートつるはしには笑ったけど、こんな絶対売れないもん用意して
どうするのか聞きたいね(笑)。


今回は気になる点がありつつも退屈はしませんでした。

あ、ガンダムの十字路に顔を出してバシュッと移動するのと
ビームサーベルが弾かれたときにバシュッと体制を直して突進する、
ホバーの動きが良かったと思います。

このアニメのアクションはそんなに悪くないと思う。



はい、ではその他を振り返ります。

トルギアかと思ったらトルディアだった。
それだけです。

ヒゲの艦長の過去が明らかに。
家族が殺されたというごく普通の事情だったわけですが、
昔と今で印象が違いすぎて笑いました。
最初の指示には不満そうだった女クルーが普通の態度になってて、
艦長とだらしない関係になる可能性が残されていることに
ドキドキしました。
僕は何を言ってるんでしょう。

救世主にはなれないかもしれないけど、とフリット。
ありゃ、心境の変化?
でもいつそんなきっかけが…。

ウルフ。
ガンダムを超えるモビルスーツを依頼。
それより少しマシなデザインの女キャラが
出てきたかと思えば人妻だった。
ファック!

隙間にある町。
中つ国みたいなものと考えてよろしいでしょうか。
なかなか雰囲気があっていいと思ったんですが住人に言ったら
怒られるでしょうね(笑)。
でもいい町だと思う。
義理の娘の演技は無邪気というか過剰というかなんというか。

ヒゲの艦長、死の商人らしき有力者と会う。
戦艦4隻ゲットしてUEに戦いを挑むつもりだろうが、
乗組員はどうやって調達するんだろうか。
「イエス!ドンの言う通りです!」
制作現場もあんな感じだったりしてハハハ。

争い。
最初見たとき地下住民と地上で戦ってるんだと思ったんだけど
あれは対立組織同士でイワークも地下も関係なかった様子。
エミリーは義理の娘を長時間だっこして平気な腕力の持ち主と判明。


次回は復帰した癖毛のパイロットがまたあっさりやられそうな雰囲気。
あんたもう乗るなよ(笑)。

では、いつものように期待せず待ちましょう!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE「第6話 ファーデーンの光と影」/ブログのエントリ

機動戦士ガンダムAGE「第6話 ファーデーンの光と影」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2011/11/16(水) 17:10:38

機動戦士ガンダムAGE 第6話 「ファーデーンの光と影」

フリットはただの男の子なんです――。 エミリーがこの作品唯一の良心に思えてきました(^^;  あんまりガンダムとかばかり見てると 他のキャラみたいに戦闘マニアになり。 子供が戦うのもおかしいと思わ...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2011/11/18(金) 00:49:58

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する