バクマン 2期 第6話

  • 2011/11/07(月) 19:01:15

予定通り遅れましたがもちろん書きます。

そういやバクマンの声優を特集した番組で流れてた回は
前回でも今回でもなく再来週の8話であった。

勘違いでそろそろだろうと一人相撲してましたな。
あっはっは。



今回は割とはっきりしてたんで書くことが絞られてて楽ですね。

10日から2週間後に肝臓の一部を摘出する手術をして3ヶ月入院とは、
サイコーはとんでもない病状だった。

栄養失調気味なのは分かるにしても、
ただの過労じゃなかったの!?

一体どんな病気なんだろうか。
もちろん過労もあったんだろうけど、
もっと大きな病気か何かでサイコーは倒れたわけだよなあ。

こんなに深刻なのは過労だとそこまで重くならず、
1~2週飛ぶだけで早い時期に再開できちゃうからとの
ガモウの企みでしょう。

この分だと本格休載になりそうな雰囲気ですね。


そしてついに、アズキが病院までやってまいりました。

そういえば初めてアズキが好きという言葉を口にしたのも驚きだけど、
8年前から好きだったという驚きの事実が判明。

サイコーの描いたコンクールの絵がきっかけで、
続けて名前や顔を見て猛烈に気になり始めた様子。
サイコーがアズキに運命を感じるようになった水泳大会でも
実は思いが伝わるようにずっと見つめていたそうで、
本当に伝わったことになる。
き、君に届け(笑)。

今回はサイコーを止めるために呼ばれたものの、
結局それはかなわなかった。
まったく、医者も港浦も自信ありげだったくせに
思いっきりサイコーに出し抜かれてるもんなあ(笑)。
原稿を病院に持って来るよう電話で頼むサイコーは悪人面で
面白かったですけどね。
でも「今落としたら絶対にダメだ!」から声がでかすぎるよ(笑)。

結局アズキは具合が悪くなっても描こうとするサイコーを見て
手伝うことにしたが、果たして真意はいかに。
当然そのままじゃ倒れるとして、いっそ倒れさせることで
やめさせる目的か、それとも腹を決めてサイコーの意志を尊重したか。
気になるところですね。

ただ、二人がもう会っちゃったのはどうなんだろう。
それは夢がかなってからの約束で、写真集の一件で改めて二人の約束や
結びつきが強くなったすぐなだけに、俺としては若干ぐだっと
なっちゃったかなあと感じてる。
今の話の終わりでここんところも締めなおすなり
何らかのフォローが欲しいと思う。

しっかし、小5のカヤがモブというかならずものというか、
とてもこののちレギュラーキャラになるとは思えない顔をしてるのが
なんとも言えなかったね(笑)。

あとアズキの妹のりんごあめにかける情熱、とても分かります(笑)。



以下、その他。

サイコーを止めようとして失敗する人々。

シュージンは当事者で、順位が上がってカラーも決まった今では
自分がそうなっても死んでも描くであろうだけに止められない。
悔し泣きもしました。
長く続けて1位を取るとのサイコーの言葉を思い出し、
止めるのに最も効果があるであろうアズキに託すことに。

アズキは「私のために退院するまで描かないで欲しい」の言い方が
ちょっと印象的でした。

港浦はタクシーの中での、高校生だけにこういうのが一番まずい、
のセリフがまるで体裁だけを考えてるようだったり、サイコーの母親に
一喝されたりしたが、サイコーの意思やアズキとのやり取りを見ての
反応からすると情や熱意にとても弱いのが本質と思われる。
最初はアシスタントに頼むつもりだったしね。
悪人ではないです。


アズキを見ての反応。

サイコー狙いの加藤はポイントを稼ぐため世話を買って出たものの、
アズキと対面してお人形みたいな見た目、先にお辞儀してきた余裕に
絶対勝てないことを思い知らされてしまった(笑)。

エイジは一目でアズキがサイコーの彼女と見抜いた。
根拠はTRAPのヒロイン・アミちゃんにそっくりだからという、
一瞬「え?」と思い、でも納得してしまうものでした(笑)。
実物の方が可愛かった、に他意はないんだろうけど、
エイジが女を見て可愛いとか言う姿は見たくないですね(笑)。



次回はまだまだ入院編(?)が続きます。

夢より健康第一の平丸は見舞いに来るんだろうか。
編集長は来るようで、じきじきに引導を渡す可能性が高い。

ではまた次回。
今回も当然のごとく安定して面白かった。

小河さんの「アシスタントが性に合ってる」は
ちょっと悲しかったです(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バクマン。2 第6話「病気とやる気」 感想

週刊連載は休んじゃ駄目なんだ! 手術が必要で長期入院となり連載継続が難しくなってしまった疑探偵TRAP。 最高は周囲が止めるのを聞かず病院でも原稿は描けると無理をしようとして。 自分でも止められないと感じた秋人は美保に連絡し最高と美保は対面することになるが...

  • From: 日刊アニログ |
  • 2011/11/09(水) 00:07:35

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する