ガンダムAGE 3話

  • 2011/10/24(月) 04:21:47

だから僕、言ったじゃないですか。

前回で日野さんの3話まで見て欲しいというのは、
単純にそこまでで一つの話、プロローグとの意味である、と。

それでも3話で仕掛けてるような言い方をした日野さんにも
悪いところはあったし、僕も誤解はしましたよ。
正直。

でもただのプロローグでしかないんだから評価も純粋に
プロローグとしてどうだったかに限らなくちゃいけなくて、
そこを外した、自分の期待や予想を下回ったという理由からの
酷評は的外れで、ダメなんです。

……ん?

とにかく話が大きく動く3話まで見てほしい、
「とにかく話が大きく動く」?

なにいいィィィィィ!!!!!!!

日野ォウ!
日野ォウ!!

日野ォウ!!!

お前これは擁護できんぞ。
完全に期待を煽っとるじゃないか。

こんな言い方してやがったか……。
前に読んではいたんだけど前回でプロローグと判断したせいで
切り落としちまってたなあ……。

まあ、まあね、日野としてはプロローグ、あるいはこの3話の
ラストをもってガンダムAGE、スタートですのつもりであるかも
しれない、その可能性はもちろんあるんだ。

でもなあ……話が大きく動く、なあ……。
前回で死ぬコースに入ったじいさんが
予定通り死んだだけなんだよなあ……。
コロニーコア引っこ抜き作戦も前回の流れ通り成功しただけで……。

ああ、成功したのは意表をつく展開でしたね。
まあ防げないだろうと大方思うところだから。
ひょっとするとさらにインパクトを与えるため大きく動くなどと
日野も言ったのかもしれない……それはどうかな(笑)。

あのシーン自体は悪くなかった。
死んだと思っていた司令が再び登場したこと、
それに大人がお飾りではなく活躍したのも良い。

勘違いしちゃまずいなって思うのは、ここはコロニーコア切り離しで
力尽きたと思われた司令が再登場して特攻によって住民を救った
その意地こそが見所であって、司令が死にました感動してくださいの
話じゃないんだよ。

俺も感動はしなくてその理由をまず司令が死んだことに
向けたんだけど、違う。
今回の最初の方で「我々の意地を思い知らせてやろうじゃないか」と
司令は言ってるし、死の淵からの特攻はまさにそれを体現していた。
主人公との回想シーンもよく見れば二人の暖かい思い出ではなく
託す思い、司令個人の心情を描く意図だったように考えられる。

司令は大人として軍人としての姿勢を主人公に教える役割だった。
だからここで批判するなら「司令のキャラを描けてない」じゃなく、
「意地を見せる男の姿とその凄まじさを十分に描けてなかった」が
正しい、と思う。
その原因について俺は声優の演技が気になった。
あそこは叫ばせなきゃいけないよ。

まあ今回に関してはどんな内容になるのかすっごく身構えてたというか、
ちょっと冷静に見られなかった自分の精神状態もあるんでね。
多分俺だけじゃないでしょう。
誤解はしゃあないよね。
実は普通に感動させる狙いだったとしても(笑)。

ということで、んー、注目の3話は普通だったんじゃないですかね。
普通前後の出来だった。
予想で一番ないだろうと思ってた普通という結果に終わったのは
軽い驚きですね(笑)。

仮に言い方が悪かっただけだったとしても無用にハードルを
上げた分だけ日野は叩かれていいし、内容を純粋に見たときに
そこそこ評価する人間がいるのもいい。

叩くことしか頭にない奴と、ガノタは~と一区切りにして擁護したり
叩き返す奴のどっちも俺からすればゴミですよ(笑)。
話にならん。
ちゃんと見る気のない奴が分かった風なことを抜かすな。

この先についてだけど、1世代目はこのまま救世主ガンダムの
物語になるのかもしれない。
と思ったら次回でいきなりガンダム取られそうで
どういう方向性になるかはまだ判断できないね(笑)。



では、今回をシーンごとに軽く見ていきましょう。

敵。
今回もヒゲの艦長たちが要る場所を覗きながらも攻撃しなかったり、
コロニーの中心を攻撃したり、攻撃を受けたあと主人公を見失って
きょろきょろしたり、両手を広げて通せんぼする主人公の
姿を見て退却したり、相変わらず人の意思を感じさせた。

人間なら人間でいいと思います。
モビルスーツ化した人間とかはナシにしていただきたい。


ヒゲの副指令改め艦長。
司令の前では従順ないい顔をするんだよなあ。
これから先で話に出るとき、あの司令はかなり人望の厚い人という
扱いになるのかもしれない。

それにしてもディーヴァの本当の艦長はどうなるんだろうか。


戦闘。
1機目との戦いでドッズライフルを当てたあと接近して撃ち抜く動きは
良かったですね。


キャラ。
セリフの多い女のクルーが妙に可愛く感じた。
険しい表情が似合うキャラなのかもしれないが、あれくらい線を
描き込んで初めて絵に魅力が出る、つまりこの作品の普段の絵が
シンプルすぎることに起因しているのではないかとも思った。

デザインを簡略化しすぎてるから険しい表情などで線が増えたときだけ
普通の絵に、ついでに普段が悪いだけにより良く見える……と
どっちにしても分かりづらいですかね(笑)。

改めて見ると他のクルーの顔も個性があるような気がしてきた。
もうこのアニメの絵に慣れてきてるのかもしれない。



次回は変なキャラの登場ですね。

今のところOOのように見るのが苦痛ではないので
これからも当然見続けますよ。

次回以降、見るのを止めた人間が続出して叩きがごっそり減ったら
こっちも落ち着いちゃって毎回書かなくなるかもしれませんが(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE 第3話 「ゆがむコロニー」

故郷を失い、旅立ちまでのお話。 自己犠牲やら、先人から託される思いなんてテーマぽいのもありますが。 『ふつー』.  すごくテンプレな基本通りな始まりの話ですね。 それが3話までの ジャッジメント...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2011/10/24(月) 22:32:48

(アニメ感想) 機動戦士ガンダムAGE 第3話 「ゆがむコロニー」

機動戦士ガンダムAGE 第1巻 [DVD](2012/02/24)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る ノ-ラ崩壊のタイムリミットが迫る。逃げ遅れた少女をガンダムに乗せ、宇宙に出たフリットだったが、そこで新たな黒い敵の...

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2011/10/27(木) 12:47:42

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する