バトルスピリッツ 覇王(ヒーローズ) 6~8話

  • 2011/12/19(月) 17:22:17

随分遅れたけれども6話から10話まで、書きました。
いやあ、長かったね(笑)。

まあいざ6話から見返してみるとそんなに書くことが
たくさんあるわけでもなかったんで、それは助かった。

といっても結局長くなるのが俺の常(笑)。
もとより5話分も書けば長くなって当然だし、
2つに分けました。

ここでは6話から8話までを書いております。
では参りましょう。



6話。

クラッキーフライドチクワ。
名前に聞き覚えはあってもさすがに店員は別人でした。
むしろちくわをフライドして売ってることが一番の驚きかもしれない。
ん?
ちくわが好きな犬……ハットリくん!?

用事を頼みに来たママの気配に「散!」。
これナルトですね。
椅子に手足をかけてふんばる弟は面白かった(笑)。

キマリの憧れの人登場。
「憧れだぁ~?このビッチが!」と思ったら女でした。
前回の予告で出てたキャラで、声優はなんと能登麻美子。
このアニメ、俺の聞いたことある名前の声優も使うんだな。
「そこに痺れる、憧れるゥ!」。
なんすかこの「ジョジョの奇妙な冒険」第一巻で見られるセリフは。

カッコつけるのが苦手な主人公とはなかなか。
でも約束通り、ついにキースピリット召喚のコール。
「真っ赤なヒーロー爆裂召喚!現れよ、英雄龍ロード・ドラゴン!」
……普通だな。
何かこう、捻りがないというか(笑)。
それはそうと後姿から振り向いてグーサインをするロード・ドラゴンが
面白カッコ良いね。
初めていいと思った(笑)。

豹変した能登。
「フヘヘヘヘ…」、「ソイヤーソイヤーソイヤーソイヤー!」、
「覚悟はいいか、小童!…ターンエンド!ワーハッハッハ!」
完全にイカれとる(笑)。
しかも能登…黒沼爽子と同じ声でこのキャラとは(笑)。
でもやっぱり能登だから声が出ないね。
最初出てきたときは能登にしては出てると思ったんだけど(笑)。
のどの構造はどんな感じなんだろうか。
太鼓を叩いてノリノリでしたが最後は
「うらみはらさでおくべきか~」と散っていきました。


6話はおかしくなった能登…の演じるキャラ、が全てですね(笑)。
んーまあ面白かったと思いますよ(笑)。
話の方もキマリがカオティック・セイメイをもらってたけど、
「ビカッと来ちゃった!」とセイメイがキマリの
大事な一枚であることを見せてたしね。

でもセイメイってかなり強い気がするんだけどどうなの?
破壊されたら相手のライフを一つ削って回復状態で復活なんて
手が出せないと思うんですが。
相変わらず攻撃型のゲームよなあ。




7話。

照れるチヒロ。
夢の話になるとちょっと好意的になるけど普段生意気ですからね。
いい奴というほどでもないと思います(笑)。
その話を聞いて「いい返事だ」と言うテガマル、
コブシを入れたこの3人で全国大会に出場すると決意した。
おうおう、カッコ良いね(笑)。

ついに始まったヒーローチャンピオンシップ。
5000人出場ですか。
しかしだからってガンスリンガーとかいう形式は
厳しいんじゃないですか?
一回も負けずに8連勝とはう~ん、出来るもんなの?
運が絡むのがカードゲームって印象があるんですが。
物販コーナーやバトスピタワーが設置してあるのはリアルですね。
あとガンスリンガー後の机の片付けも(笑)。
実際もこんな感じ?

司会のギャラクシーと応援に来た(?)チャンピオン。
二人が肩を組むのは子供にとって兄貴分のような存在が
仲良さげにするいい光景であって変な意味じゃねえぞ、と思いますよ。
それにしてもギャラクシー、「バシン」の頃からいるよなあ(笑)。
時を越えた存在だね!

リアルバトルフィールドでのトーナメント戦に突入。
「太陽に吠えろ」な感じの人がとても気になる…(笑)。
テガマルの対戦相手にいきなり「お前、スピリットに愛はあるか?」と
聞き出すところ、結構好きですよ(笑)。
だから、主人公のライバルではあっても敵とか悪役じゃないんだよね。
あくまでバトスピが大好きな一人の少年という立ち位置は崩さない。
これはこのアニメのいいとこだと思います。

そんな主要キャラのバトルはなかなかいい一枚絵であっさり進み、
今回のメインはなんとコブシ。
対戦相手は通称・大噴火のヒデという少年で、
キースピリットはジーク・アポロドラゴン。
バトルはドルクス・ウシワカの活躍によりコブシが勝利。
空気弾を飛ばすところがカッコ良かったです。


といった感じの7話だけど、なんてこった、コブシが勝った(笑)!
普通は主要な登場人物が全員勝つのは不自然だからと一人は
負けさせるもので、そしてこの作品でその役になるのは
コブシ以外いないんだよね(笑)。

対戦相手も妙に個性的だし、だからまあ負けるよねって
自然なこととして思ってたのに(笑)。

しかしそれも最後を見て納得。
次で主人公・ハジメと戦うからだった。
あーなるほど、そっちにしましたか。
今回自体パターンの裏を行ってたし、いいと思います。
冒頭で「進化した緑デッキ」とウシワカのことを
ちらつかせてるのも憎い演出だった。

でもコブシが牛若丸の恰好をするのはどうだろうか。
コブシは見ての通り弁慶のイメージだから
牛若丸は全てにおいて違うでしょうよ(笑)。
かなりの違和感があったぞ。
ここは本来ならウシワカを使うのは別キャラにすると思うんだけど、
まあ緑属性とかスピリットの存在意義とか、弁慶と牛若丸、
コブシとテガマルの関係の兼ね合いもあったんでしょうね。
でも似合ってない(笑)。

驚きもあってそれなりの面白さだったと思う。

え?
生徒会長の弟も負けてるじゃないかって?
あれは主要キャラじゃないですから(笑)。




8話。

牛乳マニアのテガマル。
その日の体調、運勢、試合結果によって飲む牛乳を変え、
特にフルーツ牛乳は特別なときしか飲まないそうです。
それよりむしろ運勢を気にする方が驚きだよ(笑)。
見たくねええ、占いコーナーとかチェックするテガマル(笑)。
まあカードゲームは運がからむそうなんで
気にするのは分かりますけどね。

ハジメに勝つため、ふりかけご飯を山ほど食べたりテントで寝て
やぶ蚊に刺されたりと血のにじむような努力をしてきたコブシ。
ハジメになりきってたのは本気で面白かった(笑)。
恰好もそうだし「おっしゃー!上げてくぜ!」、「奴になりきるんだ!」
て口調まで似せてるのが特に(笑)。
チヒロに突っ込まれたときの「ん?」もコブシのくせに
可愛かったしね(笑)。
でもグラント・ベンケイ召喚時の四股はカッコ良くないです(笑)。

バーストカードが引けなくて困るハジメ。
ふりかけにまで祈ったのは面白かった(笑)。
祈りが通じて手にした双翼乱舞でグラント・ベンケイによって
失われた手札を一気に補充する。
逆に踏み台にしたこの展開は見事でした。
「今だ!桃龍剣!テイッ!」
最初は決めセリフも恥ずかしがってたのに今はノリノリで
スピリットのアタックに名前を付けるまでになってしまった。
冷静に考えさえしなければこういう演出っていいと思いますよ(笑)。

バトル後のテガマルたち。
口は出さないが閉店までコブシを見守っていたテガマル。
「いいバトルを見せてもらったぜ!」とフルーツ牛乳で祝杯を上げた。
アネゴがテガマルのオデコをつんつんするのが良いね。
お互い歳相応に感じられて。
基本的にこのアニメは悪人や悪者がいないんだよね…って
さっき書いたか(笑)。


今回はう~ん、最後がちょっとなあ。
勝負はハジメの勝ちでも内容はコブシの方が上だったということに
なってるのがいまいち理解できない。

確かにコブシは自分のカードを駆使して戦ってたよ。
でもハジメは運悪くカードが思うように出なかったわけで、
その中で手札を取り戻し勝ったハジメは素直に褒められて
いいはずでしょうよ。

運が影響するゲームで内容の優劣を勝敗より重視するのも
ちょっとどうかと思うし、いまいち釈然としないなあ。
要するにハジメの実力に不安があることを
見せたかったんでしょうけどね。

次はいよいよテガマルとバトル。
今回を見る限り二人の対決の結果は…?

返す返すもコスプレしたコブシは面白かった(笑)。



はい、以上が8話までですね。
続き、9話と10話はここからです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バトルスピリッツ 覇王「第8話 ドルクス・ウシワカ 逆襲のコブシ!打倒ハジメ!」/ブログのエントリ

バトルスピリッツ 覇王「第8話 ドルクス・ウシワカ 逆襲のコブシ!打倒ハジメ!」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2011/12/26(月) 15:57:32

◎バトルスピリッツ覇王第8話「ドルクス・ウ...

ハジメがニギリコブシと戦う。どうみても、ベンケイみたいな顔してるのだが、なんとデッキはウシワカデッキだった。ベンケイデッキにしとけよと思った。ハジメの2回戦の相手は、仁...

  • From: ぺろぺろキャンディー |
  • 2012/03/28(水) 21:24:09

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する