バクマン 2期 第3話

  • 2011/10/16(日) 02:06:05

今回の放送一時間前にサイコーとシュージンの声優二人を
特集した番組があったじゃないですか。

声優に詳しくないので二人共初めてちゃんと名前も顔も見たわけですが、
サイコー役の人はいいとして、シュージン役の人の顔が
誰かに似てるわけですよ。

お笑いコンビ・ザブングルのツッコミのようでもあり、
おぎやはぎの小木でもあり、グラサン次第では
ゴスペラーズの真ん中とも似ている。

そんな七色の顔でした。
全然笑わないのでもうちょっと愛想良くした方が
好感を持たれると思います。


ちなみに番組の方はアフレコの現場やプライベートの過ごし方を
追っかけたりしてて、ファンなら楽しめたんじゃないでしょうか。
アニメ8話のネタバレがあったのはいささか困りましたが。

サイコー役の人は幼い頃からアニメが好きで
声優になりたかったそうな。
シュージン役の人はボーっとしてる時間が大事なんだとか。

アフレコでは人が多い回を選んでいたので
他の声優の顔が見られたのが収穫でした。

ただアズキの声優の顔は見られたんだけどカヤの声優が
声は何度も聞こえるけど顔が全然出てこなかった。
2、3回くらいチラッと見られた程度で、
顔を出すのがNGな人なんだろうか。
タタタッと走って奥のマイクへ移動してましたね。

あと編集長役の人がやしきたかじんっぽくて
ちょっと怖い感じでした(笑)。


こういう声優の番組を見るのは滅多にないんで
なかなか貴重だったと思いますね。

では今回の内容に参りましょう。

あれ、もう長くなってる。
まずいなあ(笑)。



あーーあ、丁寧語ずっとで疲れんなちくしょう(笑)!
こっからは軽く行くぞォォ。

今回も面白かった。
バクマンの面白さで言うと2期の1話は平均で
それでも十分面白い部類に入るんだけど、
2話とこの3話はそれより少し高めの面白さに入る。

いい、ですね。
これからもこういう回が増えてもらいたいものです。



今回の主役、中井さん。

んー、男が女にしがみつくのはカッコ悪いよなあ。
見切るをつけるのは大事だな。

ガモウもそう思ったのか、蒼樹のこと以上に作品に惚れていて、
中井さんを動かしているのは漫画への情熱ということだったので
まあ面目は保たれたといったところ。

そのことは公園で福田と話したとき、蒼樹は意見を曲げようとしないが
それも情熱の裏返しだと、つまり女ではなく漫画家としての蒼樹を
語ったことから見ても間違いない。

中井さんには自信を持って頑張ってもらいたいですね。



もう一人のメイン、蒼樹紅。

たぶんバクマンの中でもかなり人気のあるキャラだと思うんだけど、
俺は相変わらずピンとこない(笑)。

特に今回はろくでもなかったですからね。
自分の都合や利益を考えてあっさりコンビ解消を決め、
伝え方も配慮がないどころか絵が悪いとはっきり抜かす始末。
しかも実はコンビ解消を悩んでるから寒空の中頑張る中井さんを
キープし続けるという、まさに人非人ですよ。

ところがところが、蒼樹は最後で中井さんに謝る展開に。
それも考えを改めるだけでなく、
なんと自分の原作が悪いと非を認めおった!

あ、あれ、ちょっといいキャラかもしれない(笑)。
人間的な心を持ってたんですね。

蒼樹の謝罪を引き出したのは中井さんで、この功績は大きい。
そもそも蒼樹のコンビ解消の判断を迷わせたのも
中井さんの情熱だったとも考えられるわけで。

うーん、そう思うと蒼樹もそんなに性格が悪くないのかも…というか、
キャラへの印象が収まるところに収まった感じがするところに
いかにもガモウの策略を感じなくもないですがね(笑)。
不良が現れる展開もベタですね(笑)。
その上大したことをせず去っていくのも。

まあ蒼樹もこういう可愛げのあるところを見せていくのなら
人気があるのも納得できることでしょう。

そういや部屋に誘われた中井さんのリアクションを見て驚いたときの
悲鳴が蒼樹らしくない変な声だったのは何なんだろうか。
力の入れ具合を間違えた?



福田先生。
バクマンで一番好きなキャラです。

今回はそこまで活躍しなかったけど、
蒼樹の悪口を言ったのは良かった。
あれを誰も何も言わないような作品であっちゃあいけません。

サイコーに中井さんは福田組の仲間と言われて
男気に火がついたのも楽しかったですね(笑)。
自身の作風に合った性格というか、性格に合った作風というか(笑)。



エイジ。

「それだけハイドアウトドアにかけてるんですね」が
妙に普通の会話っぽく聞こえて驚いた(笑)。
「エイジが普通に話せるなんて!」みたいなね(笑)。

中井さんについて「きっと漫画のことです」言ったのは
最初から中井さんは恋愛よりも漫画への情熱で動いていると
見抜いてたということなのか!?



サイコー&シュージン。

3位に落ち込まず港浦を若いから余裕がないなんて言うのに
危うさを感じてたんだけど、単純にアズキに面白いと言われて
満足してたというオチで安心すると同時に笑いました。

ギャグとはいえシュージンが中井さんと蒼樹を見て泣いてたのは
ちょっと驚き。
案外カヤとお似合い……というよりガモウの中ではもう二人が
ワンセットになってるのかもしれないな。

3位から8位に落ちちゃったけど、まあ3話かけて一つの話を
やるわけだから大事なのは次でしょう。



コージー。

また出てきたのもちょっと驚きですが、蒼樹に断られたことを
あっさり受けいれてたのに驚きました。

こんなに物分かりがいいようだと今度こそ出番は最後の気がする。



おっかしいなあ、また長くなっちゃったよ(笑)。

今回も絵が少し違う部分を感じた。
なんとなくだけど今期はカヤの乳を揺らさない予感がしました(笑)。
あと絵と声の演技が合ってないとこもあったね。
いかんと思う。

次回は平丸がエイジの元を訪れ、なんと福田先生に説教される!?
というかラッコ頭にスーツの漫画ってなんなんだ(笑)。

うーん、楽しみですね。
期待したいところです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する